「Potzollcalli(ポソルカリ)」~激マズ料理から始まる、世界一周目の始まり~(メキシコ)


世界一周の記念すべき第一日目の夜ごはんは、
ゲストハウスの近くで、とりあえず様子見をすることに。
気軽に入れるこのお店に 行ってまいりました!

POTZOLLCALLI(ポソルカリ)

ここは、とにかくメニューが豊富!地元の人のファミレス的存在なのかな??

メニューはクリックで拡大します♪ スペイン語ですけどね(;´・ω・)

料理の写真が沢山あるので、スペイン語が分からない観光客にもありがたいです。
卓上に出る付け合わせは、チップとライム、そして数種類のソース達♪

とりあえず、手始めに軽いジャブとして、定番のメキシコ料理をオーダー。

Sopa de azteca(ソパデアステカ)

またの名を、sopa de tortilla(ソパデトルティージャ)と言います。
「これを語らずして、メキシコ料理を語るな」と言われる位の代表的な料理らしいです。
どんな料理かというと、揚げたトルティーヤ(とうもろこし)のチップが入っている、
トマトベース&とろけるチーズ入りの具沢山スープなのですが・・・
意外とあんまり美味しくない。

なぜだ・・・おなかにはたまるけれど。
この食材の組み合わせ、ハズしようがないと思うのですが・・・(;´・ω・)


・・・気を取り直し、もう一つ、別の料理をオーダーしてみました。

Enchilada(エンチラーダ)

トウモロコシのトルティーヤを巻いてフィリング(具材)を詰め、ソースをかけた料理です。
このお店は三種のソースがワンプレートで試せるメニューがありました。
左から、緑がサルサ・ヴェルデ、茶がサルサ・モーレ、赤がサルサ・ロハです。
緑は青いトマト、赤は普通のトマトをベースとしたソースなのですが、
特筆すべきは茶色のモーレ(mole)。
なんと、チョコレートと唐辛子のソースです。

食べた瞬間、体中に衝撃が走りました。
ま、まずい。。。。( ;∀;)
なんだこの甘さと唐辛子のミスマッチ。。。悲しいぐらいに、マズ過ぎました。

このままでは、モヤモヤするので、
 horchata(オルチャータ)
という珍しい飲み物も、懲りずに注文しました。
これは、 お米や種実類、メロンの種などを
水に浸けてから挽いて乳液状にし、
バニラやシナモンで香りをつけた
ミルクセーキ風の甘い飲み物です。

うーん・・・びみょう・・(;´・ω・)

というわけで、初日の教訓。
現地の料理を知りたいからって、とりあえずテキトーなお店に入ってしまうと、
その料理自体が日本人の口に合わないのか、
それとも、そのお店のクオリティの問題なのかが分からなくて、

結局、リベンジすることになり、二度手間になってしまう!!( ;∀;)
特に気になる料理があるときは、「その料理がイチオシのお店」をちゃんと調べるべきでした。
とくに、モーレは、あまりのマズサに、モーレの名店でリベンジしよう。と決意した次第でありました・・・!!(;´・ω・) このマズサは、果たしてデフォルトなのだろうか?!

※もちろん、このお店自体を非難するわけじゃありません。
全メニューを制覇したわけじゃないしね。
場所はここ。ペンションアミーゴの最寄り、レボルシオン駅の近くにあります。

 


色んなメニューがあるし、現地の料理を気軽に楽しむにはいいお店かと思います♪
それでは!にほんブログ村 料理ブログへ




Published by

2 thoughts on “「Potzollcalli(ポソルカリ)」~激マズ料理から始まる、世界一周目の始まり~(メキシコ)

コメントを残す