料理修行旅 in アルゼンチン ~ウミータ&エンパナーダ~


料理修行旅・第四弾はアルゼンチンのブエノスアイレス。
今回は、初めてのご家庭訪問なのでドキドキです!

・・・とはいえ、かなり治安が悪いとされているこの国。
「突撃!隣の晩ごはん」的なノリで、見知らぬ家に突入できるわけもなく・・

※こんな調子でブエノスアイレスを歩いてたら、ケチャップ強盗の格好の餌食ですからね・・・!!

ということで、今回は「KitchHike(キッチハイク)」を使うことにしました。
今はサービス内容が変わっていますが、当時のこのサイトは、
世界にいる料理を作る人と 食べたい旅人のマッチングサイトでした。
帰国後、Kitch Hikeのオフィスを訪問した記事はコチラ!

このサイトで出会った、アルゼンチン人の「PABLO」さん。
料理を教えてほしいとお願いし、お会いできることになりました!
実際お会いすると、ひげもじゃで口数の少ない、一見とっつきにくい感じの男性です。
”あれ・・私嫌われてる・・?もしかして迷惑・・??(;´・ω・) ”と不安になりましたが、
そこは、必殺「あえて空気を読まない作戦」で乗り切ります。笑

料理の話をして、PABLOさんとも徐々に打ち解けられるようになりました。
最初はちょっと不安でしたが、いい人でよかった!
そう、だいたいの心配は、単なる被害妄想に過ぎません。
そんなことで委縮して 動けなくなっている場合はないのです! キリッ(`・ω・´))ノ

さて、今回教えていただいた料理は「ウミータ」と「エンパナーダ」。
まずはウミータ(Humita)から!
ウミータは、トウモロコシの皮を活用した蒸し料理。
このような感じの料理は、南米・中南米でよく見られますが、
国により具材が違っていたり、ちょっとずつ特色があります。

とうもろこしを粗くすりおろし、蒸したカボチャと混ぜます。
 
これをコーン粒、パプリカ、玉ねぎを炒めたものと混ぜ、
とうもろこしの皮で包み、火が通るまで蒸します。

※ぼけーっとしていて、包み方を忘れました。果たして再現できるかな・・・??(;´・ω・)
これを加熱し、蒸し上がれば、完成~~✨↓↓

おお、思ったよりもベットリ・・・苦笑。
でも、素材感があって、とても美味しかったです!
具材もチーズ入れたり、色々と応用出来そうな料理でした。

お次はエンパナーダ(Empanadas)です。
エンパナーダも、南米でよく見られる具入りのパイで、
やはり各国違いがあるのですが、アルゼンチンのものは特に絶品✨
日本人の味覚に合う料理で、滞在中は、色んな味を試しました!(^▽^)

作り方は、とても簡単。
なぜなら、アルゼンチンには、エンパナーダ専用のパイ生地があるからです。
(これ、日本にも売っていればいいのにな~!)
中に入れる具材は色々で、ウミータのとうもろこしや、マーマレード&チーズ、
鶏肉とトマトソースなどを、大きな餃子を作る要領で 包んでいきます。

手先は割と器用です。(飽きたら一気に雑になります。)

これを、オーブンに並べまして、生地に火が通るまで加熱します。
中の具材には火が通っているので、外がカリカリしたらOK! 結構時間がかかりました!
完成したエンパナーダは、音を聞いてわかる通り、パリパリです!

日本で生地を代用する場合は、春巻きの皮というよりかは、
冷凍パイシートで作ると 現地のに近いものが出来ると思います。

美味しいので、是非試してみてね!

料理修行旅 inチリ ~絶品家庭料理・カスエラ~

料理修行旅・第三弾は、チリの家庭的な郷土料理です!

カスエラ(Cazuela)

カスエラは、フランスでいうポトフのような、
骨付き肉と大きな野菜がゴロゴロ入った煮込み料理。
カスエラという単語は「キャセロール(鍋)」という意味を持つようです。

今回、この料理を教えてくださったのは、
私が滞在していたサンティアゴの日本人宿「La frontera」の茂木夫妻。

「あなたの国のソウルフードは?」という質問には、
「Porotos con riendas(ポロトスコンリエンダス)」との回答が。
これは、豆と野菜の入った、炭水化物もりだくさんなパスタのことです♪

娘・みどりちゃんは、日本人の旦那さんと チリ人の奥様とのハーフです。
とっても優しいこの3人の家族が、温かく迎え入れてくれました。
 
「La frontera」は、日本人宿というより、ホームステイに近いような居場所。
入口も、大きく看板があるわけでなく、最初はここで合っているのか?不安でした(;´・ω・)
詳しいエピソードは、チリ旅行記で また投稿しますが、
ここでたくさんの思わぬ出会いがあり、本当に行ってよかったです♪



さて、本題のカスエラに話題を戻します。

カスエラは、野菜をゴロゴロ大きく切り、鶏肉・米とスパイスで一緒に煮込むだけ。

・・・作り方が簡単すぎて、説明が一行で終わってしまいました。(;´・ω・)汗

あまりにもシンプルすぎるので もっと具体的に説明すると、
じゃがいも、たまねぎ、にんじんを大きめにカットし、
骨付きの鶏と、 にんにく、コンソメでコトコト煮込みます。
あとは、少量のごはんも途中で投入。日本と品種が違うので、パラッとしていました。
 
※いかにも、自分が料理を作っているかのように書いておりますが、
実際には 簡単すぎて私の手伝う余地はなく、みどりちゃんとセルフィーで遊んでました笑
最期に、味の決め手は、クミンパウダー・塩・オレガノです。
チリ料理の特徴は、オレガノをよく使うこと。国ごとに特色があるのが面白い!

味見してびっくり。
素材がいいのか、こんなに簡単なのに、驚くほどに美味しい!
そして、すごく優しく、温かい気持ちになりました。
今回の世界一周で、家庭料理とレストランの違いを感じたのは、このときが初めてです。
身体の中に染みわたっていくような、ジーンとくる美味しさでした。

これはいい!!また日本でも冬に食べたらいいなと思う一品でした。
馴染みやすい味だし、そのうち日本でも、「カスエラ鍋」とか流行るのでは?
※「チゲ鍋」と同じように、直訳すると「鍋、鍋」という意味になっちゃいますけどね(;´∀`)汗

さて、お次の料理修行旅は、アルゼンチンです!
それでは!