11/28 美味しい!ベルギー料理のホームパーティー開催

世界で学んだ料理シリーズ✨

今回は、ベルギー料理!!
世界一周した中でも、とくに印象に残っているベルギー料理である、「ワーテルゾーイ」をはじめ、
普段は食べられない、手作りのベルギー料理でおもてなしします。
旅のお土産話などもしながら、楽しく一緒にごはん食べられたら嬉しいです(^_-)-☆

日時:11月28日(火)19時半~
場所:さとみんハウス(東急池上線久が原駅)
会費:3500円(手作り料理、ソフトドリンク付)

☆ベルギー料理は贅沢な材料が多いため、この会費はお得です!
(※参考までに、品川のアトレ内にあるベルギー料理店では、
カルボナード2380円、トマトサラダ1180円、ムール貝2400円、
ソーセージ1980円・・・と、2~3品で 大体5000~7000円ほどです。
現地のブリュッセルでも、だいたい3品で4500円~ぐらいでした。)

☆メニュー☆ ※内容は変更の可能性ありです。
・サラダ・リエージュ(リエージュ風サラダ)
・トマト・オークルヴェット(トマトと小エビのサラダ)
・ベルギー本場のウインナーのヒュッツポット(ウインナーとマッシュした野菜)
・フリット・サムライソース(ベルギー直輸入のフライドポテト)
・カルボナード・フラマンド(お肉のビール煮込み)
付け合わせ:フジッリのパスタ
・ベルギーの家庭で学んだワーテルゾーイ(鶏肉と卵黄のクリームシチュー)

出来れば・・・ムール貝の白ワイン蒸し、ベルギーワッフル、
ベルギーチョコやベルギービールまで、ご用意したいのですが、
ちょっと仕入れ&予算的に厳しいかも・・・( ˘•ω•˘ )。
出来る限りの範囲で、喜んでもらえるよう頑張ります!!

☆ベルギー料理とは??
郷土料理は、ワロン料理とフランドル料理の2タイプに大別されますが、
どちらも伝統的なフランスの料理を基礎とした料理です。
特徴は、フランス北部と同様にバターやクリームを大量に使い、煮込む料理とグラタンが多いこと。
フランス料理との相違点としては、フリッツ(フライドポテト)やマッシュポテトといった
ジャガイモが、主食にあたるものとして確固たる地位を築いていることです。
ワインより、ビールの種類が多く、煮込み料理にも使われます。

当日は、交流もお楽しみくださいね!(^_-)-☆

☆キャンセルポリシー
ご予約は、前日までにご連絡いただければ幸いです。
・前日のキャンセル・・・会費50%
・当日のキャンセル・・・会費100%をご負担いただきます。
ご理解・ご了承のほど、お願いいたします。

その他、11月~2018年1月までは、楽しいイベント盛りだくさんです!!
こちらから、要チェック!!→ 今後のイベント情報一覧ページ

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

さとみんの世界の料理制覇記録<もくじ>

とりあえず、未完成ですが、備忘録として残しておきます。随時更新。
ゆくゆくは、全てのページをレシピ記事とリンクさせていくつもり!
乞うご期待!!

<今まで作ったもの>

*東アジア(中華・韓国系)
・チヂミ(韓国)
・チャプチェ(韓国)
・トッポギ(韓国)
・ルーローハン:台湾風牛丼(台湾)
・鶏肉飯/チーローハン:台湾風鶏丼(台湾)
・芋圓:芋のもちもち団子(台湾)

*東南アジア(エスニック系)
・チェッウーヒン:ゆで卵のカレー(ミャンマー)
・トムカーガイ(タイ)
・ホーモック・タレー:卵とすりみの蒸し物(タイ)
・ガドガド:ピーナッツバターの和え物(インドネシア)
・テンペゴレン:テンペ炒め(インドネシア)
・サテ:ピーナッツバター焼き鳥(マレーシア)
・グリーン/イエロー/レッドカレー(タイ)
・マッサマンカレー:ピーナツペーストのカレー(タイ)
・ガイヤーン:鶏の照り焼き(タイ)
・バインセオ:お好み焼き風(ベトナム)
・海南鶏飯(シンガポール)
・チェー:緑豆白玉ココナツぜんざい(ベトナム)
・コラック:芋のココナッツぜんざい(インドネシア)
・ラクサ(シンガポール)

・南アジア(インド系)
・タンドリーチキン(インド)
・ビリヤニ(インド)
・本格スパイスのスリランカカレー(スリランカ)
・キチュリ:豆スパイスごはん(バングラデシュ)
・ポルサンボル:ココナッツフレークの和え物(スリランカ)
・バターチキンカレー(北インド)
・ライスプディング(インド)
・チャイ:南アジア全域

・中南米
・ワカモーレ(メキシコ)
・エンパナーダ(アルゼンチン)
・チミチュリソース:ハーブソース(アルゼンチン)
・アロスコンポジョ:鶏炊き込みご飯(ペルー)
・ロモサルタード:牛肉ポテトトマト炒め(ペルー)
・パヴォ・レッジェーノ:ローストチキン(ペルー)
・パパ・ア・ラ・ワンカイーナ:ジャガイモのチーズソース(ペルー)
・ノガタ(メキシコ)
・フェジョアーダ(ブラジル)

・ヨーロッパ
・ワーテルゾーイ:鶏のクリーム煮(ベルギー)
・ヒュッツポット:野菜のコンソメマッシュ(オランダ)
・カリーブルスト:ウインナーのカレーソース(ドイツ)
・パン・コン・トマテ(スペイン)
・イベリコ豚とチーズのピンチョス(スペイン)
・スパニッシュオムレツ(スペイン)
・アヒージョ(スペイン)
・サルピコンソース(スペイン・アンダルシア地方)
・カルド・ヴェルデ:青菜とジャガイモのスープ(ポルトガル)
・バカリャウ・ア・ブラッシュ:干ダラのポテチ炒め(ポルトガル)
・ピエスカビッツァ/チェバブチチ:パプリカ肉団子(セルビア)
・ショプスカサラダ:フェタチーズのサラダ(ブルガリア)
・タラモサラダ:たらこのサラダ(ギリシャ)
・ポミドロヴァ:濃いトマトスープ(ポーランド)
・ピエロギ:東欧風ギョーザ(ポーランド)
・パドゥルジャンクレーム:茄子のクリームペースト(ハンガリー)
・チルケパプリカーシュ:パプリカチキン(ハンガリー)
・グーラッシュ(ハンガリー)
・サラタデイクレ:魚卵のクリームサラダ(ルーマニア)
・ボルシチ:赤ビーツのスープ(ウクライナ)
・ハルシュキ(スロバキア)

・中東&北アフリカ
・クルファスリエ:白いんげん豆と牛肉スープ(トルコ)
・フムス:ひよこ豆ディップ(レバノン等の中東全域)
・コシャリ:米・パスタ・豆のトマトソース丼(エジプト)
・イマーム・バユルドゥ:茄子の野菜詰め焼き(トルコ)
・クンピル:じゃがバターヨーグルトソース(トルコ)
・メルジメッキ・チョルバス:赤レンズスープ(トルコ)
・キョフテ:スパイスハンバーグ(トルコ)
・ドルマ:ピーマンやトマトの肉&米詰め(トルコ)
・マンサフ:鶏の炊き込みご飯&ヨーグルトスープ(ヨルダン)
・サンブーサ(ヨルダン)
・ブリック:半熟卵のギョーザ(チュニジア)
・ストラッチ:ライスプディング(トルコ)

・中央アジア(スタン系)・コーカサス地方
・オズギョン米で炊いたプロフ(キルギス)
・マントゥ/ハニム(ウズベキスタン)
・にんじんのサラダ(Корейская Морковь)(ウズベキスタン)
・アチチュク(アチク・チュチュク)サラダ(ウズベキスタン)
・ドゥンダマ(キルギス)
・ラグマン(カザフスタンetc…)

・中央・南アフリカ
いってないので未開拓

・オセアニア
独特の文化が少なく再現しにくいため未開拓(カンガルーなど?!)

<これから作りたいもの>
・ムサカ(ギリシャ)
・カヤトースト(シンガポール)
・ポンデケージョ(ブラジル)
・ブザル(クロアチア)
・タアメイヤ(エジプト)
・フッケンミー(マレーシア)
・セビーチェ(ペルー)
・ビーフストロガノフ(ロシア)
・アロス・ド・ポルヴォ(ポルトガル)
・ムケッカ(ブラジル)
・コシーニャ(ブラジル)
・キッベ(ブラジル)
・チヒルトゥマ(ジョージア)
・モモ(ネパール)
・オランデーズソース(フランス)
・ドラニキ(ウクライナ)
・アヒージョ(スペイン)
・クスクス(モロッコ)
・オジャ(チュニジア)
・レチョー(ハンガリー)
・ロヒケイット(フィンランド)
・チキンキエフ(ウクライナ)
・トゥーロゴンボーツ(ハンガリー)
・蒸し春巻き(ベトナム)

などなど!
みなさん、食べてみたいものあればリクエストくださいね♪
また整理しますー!!

 

にほんブログ村 料理ブログへ

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

【みかんのみっちゃん】有田町からみかんが届いたーーーー!!!

和歌山県有田町で、自らがゆるキャラとなり、
みかんの美味しさを伝え続けている みっちゃん。

彼が身に着けるものは、全てオレンジ色で、
それも年々エスカレートし、見た目はもはや芸人ですが(笑)、

本業は、真面目な有田みかん農家。

       
今年は、私も初めて有田町に足を運び、
みかんの料理をプロデュースさせていただきました。


(左)開発途中のみかんジュレ。ココナッツとの相性抜群。しかし衛生上の問題でボツに。。
(右)みかんのフレンチトースト。みかんジュースをたっぷりしみこませて焼きました。
バターとココナッツソースの相性抜群の、美味しいホットスイーツとなりました。


(写真右)開発したミカンメンチカツ。みかんの皮を煮て、お肉と混ぜました。
フルーツとお肉がちゃんと調和した爽やかな香りと酸味のある1品。リピーター続出でした!

このメニューを引っ提げ、京都の音楽フェスでみかんブースを出したり、
サプライズプロポーズのお手伝いをしたりと、とっても大事な仲間です!



そんなみっちゃんの旬のミカンが、有田町より届きました!!

有田みかんは、今まさに最高に美味しい時期で、
一口食べると、その甘さ、みずみずしさに感動!!
博多弁でいうなら、「たまがった~(びっくり)!」という感じです。

 

皮が薄く、小ぶりなので、パクパク食べられて、
あっという間に5kgがなくなりそう・・・。
気付けば、あと10個ちょっとしかありません(;´・ω・)汗

 

口コミで紹介したくなるようなみかんなのです。
SNSでは、すごい勢いで拡散され、注文殺到しております。
他の農家にはない、素晴らしいプロモーション戦略で、

日本全国、みかん中毒としか言いようがありません。
いやむしろ、これがみっちゃんの言うみかん革命なのか?!

 

ぜひ、みかんが好きで 毎日食べている方には、
みっちゃんのみかんをオススメします~~!!

↓食べたい方は、以下から直接メッセージ注文してね!↓
みかんのみっちゃんFBページ
それでは!!

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.