切迫早産と診断されて・・・【この9カ月を振り返る】

福岡で、出産予定の産婦人科に行くなり、
切迫早産で要治療だと診断されました。

出産予定日まで あと一ヶ月あり、
あかにゃんも、完全に発達していないのに、
既にもう出てきても、おかしくないような状態。

今、産まれてしまったら、あかにゃんに
障害が出たり、最悪、命に関わるかもしれない…

2週間の外出禁止、家事も禁止の絶対安静。
福岡での全てのスケジュールを、緊急変更。
強いお薬を一日4回も飲まなきゃならず、
手の震えや動悸などの副作用がひどいです。

胃酸があがり、胃痛や胸焼けがひどく、
逆流性食道炎にならないかと不安になる。

それでも、一日一日、
幸せを噛み締めることが出来るのは、
いまここにある命に感謝をしているから。




学生の頃、摂食障害になり、ホルモン異常で
3年以上、ずっと生理が来ない時期があった。
男性が怖いという心理状態もあったし、
体重も30kgを下回り、臓器にも支障が出て、
下手したら、脳がダメになってしまい、
一生、子供が出来ない可能性もあった。

大学卒業後、自然食のお店で働くうちに
心身ともにみるみると回復し、現在に至るけど、
子供が出来るのかは、ずっと分からないままだった。

自信がないのは、体質だけじゃなかった。
だって、社会不適合だし、変人・自由人だし、
発達障害気味だし、トラブルメイカーだし。

いつでも波瀾万丈な人生を突っ走る私は、
自分が結婚したり、親になったり、
普通の幸せな家庭を気づいている状態が
全くイメージ出来ず、半ば、諦めていた。

でも、こんな欠陥だらけの私でも、
受け入れてくれるような人が現れたこと、
そしてあかにゃんがやって来てくれたこと、

そんな奇跡の連続を思えば、
感謝の気持ちで、涙が溢れそうになります。

トツキトオカのアプリをみながら、この9カ月を振り返ってみました。

2017年7月。脳貧血で倒れることが2回あり、妊娠が発覚。

つわりと情緒不安定で、めちゃくちゃしんどかった。廃人状態。。。

8月。福岡の家族に報告した。31歳の誕生日を迎えた。

9月。大阪で入籍。やっと安定期を迎え、中央アジアの旅も出来た。


10月。戌の日に、水天宮の安産祈願のお参りに行った。
  

11月。性別も女の子だと分かった。


12月。あっというまに妊娠中期が終わり、後期に入る。
 
おなかが大きくなったり、動悸だったり、電車がきつかったり、
身体の変化にはいつも戸惑いを隠せないけど、ちゃんと育ってくれている証拠だ。
※今のところ、まだ、妊娠線は出来ていないから、それは本当によかった!
(妊娠線の予防にはアースチャイルドの無添加オイルがオススメですよ(^_-)-☆)

1月。血液検査、尿検査に異常があったが、何とか精密検査には至らずに済んだ。
今まで一度も、検査で引っかかることはなかったが、身体にだいぶ負荷がかかっているみたい。
せーじくんは毎回、必ず検診に一緒についてきてくれたり、
私が無理しないように、何でもサポートしてくれて、助かりました。(T_T)
 
2月。福岡に帰り、すぐに両親学級へ。


さて、明後日から、とうとう臨月に入ります。
本当に、ここまでの道のりは、とても長くて長くてたまらなかった。

きっと、あかにゃんも、好奇心旺盛で、
早く外の世界に飛び出したがってるのかな・・・。
気合い入ってんのか、日々、胎動が激しいです。
(普通は、だんだん落ち着くらしいけど…)

あかにゃん!この世界は、素晴らしいよ!
だけど、おねがいだから、
もうちょっとだけ待っててね…!m(__)m

安静にとは言われておりますが、
母子、心身ともに元気なので、ご安心ください✨
周りには、妊婦の友達も沢山いるので、心強いです。

それでは!
マインドガードDX粒タイプ
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Published by

12 thoughts on “切迫早産と診断されて・・・【この9カ月を振り返る】

コメントを残す