LINE@で更新を受け取る!
旅行記

フィリピンのキリスト教のイースター祭りは夜が大賑わい!【マニラ旅行記】

旅する料理研究家さとみんです。
アジアの中で熱心なカトリック教徒が多いと言われているフィリピン。

Holy Week(聖週間)と呼ばれる期間は、
特に日本では決して見られないような知識やお祭りを目にすることができます。

私も2015年のホーリーウィークでは、
現地でどのような儀式を行われているのかを見に行きました。

今回はイースターの時期にマニラ市内はどのような様子だったのか?
についてお届けいたします。

マニラの聖木曜日(Holy Thursday)の様子

私がマニラに到着したのは4月13日の木曜日でした。
この日の夜はお店はあまり空いておらず、
いたるところにキリストのオブジェが展示されていました。
悲壮感の漂う表情で十字架を背負っているキリストのマネキンは
ちょっと怖いようにも見えますね(汗)

教会の前を通ると、カトリック教徒が集まり、歌を歌っている様子が見られました。
マニラ市内の周辺を散策すると、本当に静まり返っている様子です。

屋台は所々出ていた記憶があります。
たまたま空いていたフィリピン料理のチェーン店でも、料理はいつもと違いました。

復活祭の前は厳粛に過ごすために人々はお肉を避けているようで、
お肉の代わりにマッシュルームのアドボや魚の春巻きなど、
野菜料理や魚料理などが出されていました。
魚の春巻き。ちょっとしょっぱかった・・

マニラの聖金曜日(Good Friday)グッドフライデーの感想

4月14日、金曜日。
グッドフライデーはキリストが処刑された日のことを意味します。
毎年日付が変わります。

この日はマニラ市内を飛び出し、
パンパンガ州のサンフェルナンドという村へ向かいました。
そこではマニラ市内では見られない、更に衝撃的な光景がありました。

詳しい記事はコチラです。

https://lovebiotrip.com/pampanga/

パンパンガで儀式を見たあとは、夕方過ぎにマニラ市内に戻ってきました。
教会へ行くと、イエス・キリストが降ろされて
横たわっている姿ありました。なんかかわいそう・・!
カトリック教徒の人達はそのキリストの前に並び、
足などに触れながらお祈りをしていました。

その様子はまるでお葬式のようで、
磔の刑にされたイエス・キリストの悲しみを
みんなで感じているように見えました。

教会を出てマニラの川沿いを歩いていると、
驚くほどの人達がゾロゾロと橋の下を歩いていました。
その様子はなんだか町内会のパレードのようです。
何が起きているのか?
降りると、そこでは既に大規模なお祭りが開催されていました。とても豪華絢爛なキリストの像を運ぶ様子は、日本で言えばお神輿を担いでいるようです。
神様を担いで運ぶのだから、意味としてはおみこしと同じなのかもしれない。

そして、外には様々な手作り料理の屋台がありました。
とっても美味しそうなお餅を発見(๑º﹃º​๑)

これは早速食べたいと思ったのですが、実は私が屋台と勘違いしていたものは
販売しているものではありませんでした(´・ω・`)
これはお神輿に参加した町内の人達に配るものなのだそうです。
そのため、購入させていただくことはできませんでした。

そのまま、大きな教会の方に歩きました。
すると、キリスト教会はライトアップされて、
まるでクリスマスのイルミネーションかのように
光を放っていました。

中に入ると、教会の中の像には全て紫の布が覆いかぶされていました。
その奥には十字架を背負ったキリストの像や、
息を引き取ったキリストを見守るマリア像の姿がありました。

たくさんの人達が老若男女問わず、深夜でも外は賑わっています。
なんだか楽しい雰囲気です☆
先ほどまで人々はキリストが亡くなった時の悲しさに浸っている、
というのは私の勘違いだったのでしょうか?(笑)

この時期は治安が悪いと言われるマニラでも、
夜まで人々の温かさを感じるアットホームな雰囲気でしたので、
私も少し安心しました(*´-`)♡

路地を通っている時に、その炊き出し屋台の家庭料理を勉強がてら眺めていると、
日本語ができる方に話しかけられました。
そこからその女性と色々お話しし、料理の勉強をしているということを告げると
是非料理を食べてください、とのことでした。

お金を払いますと言いましたが、
これは売り物じゃないと言われご馳走になることにしましたΨ(。・∀・。)Ψ
その料理たちのあまりにおいしいこと
♡♡♡(๑´ㅂ`๑)♡♡♡

手作りの家庭料理は素朴な味わいで、心に染み渡りました❀.(*´◡`*)❀.
その後もフィリピンの人達は、キリスト教でも何でもない外国人の私に
炊き出しの料理をお裾分けしてくれました。

この出来事は、イスラム教のラマダンの時期にヨルダンの人達が
私にも料理をお裾分けしてくれた時のようでした。

EASTER(イースター)前日の聖土曜日は、深夜にお祭りがスタート

2015年4月15日、土曜日。
この日はスペインの面影が残るマニラの観光地、フォート地区へ向かいました。

ここにある大きな教会でも、磔(はりつけ)になったキリストの像が
全面に展示されていたり、中には横たわるキリストの像がありました。
しかし、これは特別に展示されているのか、
それとも常にあるのかどうかは定かではありません。

イースターの復活のお祭りは、この土曜日から日曜日に日付をまたぐ深夜に行われます。
詳しい会場もよく分からず、半信半疑のまま向かいましたが、すぐに会場は分かりました。
夜の11時頃もまた、先日仲良くなったフィリピン人の親戚などの場所で
お食事をお裾分け頂きました(*^_^*)

一つ一つ手作りのお惣菜はどれも美味しかったです。

カニも入っていて豪華でした!

深夜0時を過ぎると人がどんどん増えてきます!

様々なコーラスなどのステージパフォーマンスもありました。
周りを見渡しても現地人ばかりで、本当に町内のお祭りぽい感じです。

こんな深夜に子供達もたくさん元気にステージで
パフォーマンスしているというのがカルチャーショックでした。

そして0時40分を回る頃、たくさんの花火が空に上がりました。
教会にもたくさんの人がいて、お花をもらっている人の姿がありました。

お祭りは0時50分頃に解散ムードになっていたので、私は足早に宿へと戻りました。
栽培などは会場から歩いて行ける距離の繁華街に位置していたので、
暗い路地裏を通ることもなく、安全に帰ることが出来ました。

イースター当日の街の雰囲気は?

4月16日、日曜日。
この日はイースターの当日です。
街では引き続きお祭り騒ぎがあるのではないか?と思っていたのですが
予想にも反して、台風が去ったかのようにマニラの街は普通の日常
取り戻していました。

ネットでよく見たことのあるイースターのお祭りは大規模なものは見つけることができず、
あるとしたらショッピングモールの中で子供たちが遊んでいるぐらいでした。イースターのお祭りも夕方までにはいよいよ終了のようで、
私は15時前頃にエッグハントが行われている
ショッピングセンターにも足を運んだのですが、
もう終わっていると言われました(´・ω・`)

残されたのはうさぎと卵のオブジェだけです。
また、ところどころフェイスペインティングしている人たちの姿は見えました。

高級デパートではたまごやうさぎをモチーフにした
イースターのお菓子が販売されていました。
またマニラの大型ショッピングモールであるロビンソンズ・プレイスでは、
うさぎの耳をかぶった子供たちがたくさん遊んでいる様子が見られました。

まとめ

今回、カトリックの多いフィリピンではどのように
イースターを過ごしているのかということが気になり、
現地に行ったのですが、実際行ってみるとイースター当日よりも
キリストが処刑されたグッドフライデーと呼ばれる金曜日が
一番カトリック教徒にとっては宗教的な意味の大きな日なのだ
ということが伝わってきました。

血しぶきが飛ぶ儀式のレポートはこちら(閲覧注意)

あわせて読みたい
【閲覧注意】フィリピンの祝日イースターが怖い!血しぶきが飛ぶ儀式潜入レポ!旅する料理研究家さとみんです。 日本人にはまだあまり馴染みのないイースターですが、 キリスト教圏にとってはとても大切な祝日がもうすぐ...

イースターでは卵をよく食べるなど、よく聞いてはいたのですが
現地の人に聞いてみると、イースター料理というものは特になく
誰もそんなに意識して食べている人はいないよ、という返事でした。

百聞は一見にしかず、実際に現地でホーリーウィークに滞在したことによって
様々なことがわかりました。
この時期にフィリピンに行かれる方はきっと、いつもとは違ったアットホームさを感じるような街の表情が見えるかと思います(*^_^*)

そのローカルな温かさに触れられただけでも行って良かったなと思える旅でした。

それでは!!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.