LINE@で更新を受け取る!
日本47都道府県

有馬温泉子連れ旅行・元湯龍泉閣の宿泊レポ!赤ちゃんとの楽しみ方は?

旅する料理研究家さとみんです。

あかりん一歳の誕生日は有馬温泉へ旅行に行きました。

今回は赤ちゃん連れに優しい宿として定評のある元湯龍泉閣という旅館に宿泊したので、館内の様子や実際に泊まった感想をレポートします。

元湯龍泉閣の場所・アクセスは?送迎を利用すべし!

元湯龍泉閣は有馬温泉駅から歩いて約10分ほどの場所にありました。

私たちは三宮からバスで移動し、太閤橋で降り、そこから歩いて行くことにしました。

しかし途中で送迎があったことを思い出し、
送迎をお願いしなかったことを少し後悔しました(´・ω・`)

なぜならば、普段は徒歩で約10分ほどの場所なら余裕なのですが、
この道のりはひたすら坂道で、スーツケースと赤ちゃんを抱っこしながらの移動が
なかなか大変だったからです。

また周辺は特に見所もありませんので、
駅から電話してお迎えを呼ばれることをお勧めします。


フロント。お土産品のある売店やソファがあります。

龍泉閣のお部屋について

今回宿泊したのは、このプランです。


お部屋はマウントビューで、バルコニーから大自然が見えます。

側に洗面台があるのはちょっと珍しいかもしれません。

部屋の内装にはこだわらなかったので、普通かなーといった感じです。
全体的にちょっと古びたイメージがありますね。

お部屋のお風呂はゴツゴツとした石になっていて、雰囲気がありました。
檜のお風呂もあるようですが、内風呂はほとんど入らないのでこだわりませんでした。
卓上には有馬の銘菓である炭酸せんべいや金泉焼などのサービスがありました。

元湯龍泉閣は赤ちゃん向け館内施設が充実!

最初この旅館に入った印象としては、ちょっと古いかな、という感じはしました。
しかし、今回この宿に宿泊した理由としては、子連れで遊べる館内施設が充実しているところです。なんといっても1歳の記念日ですしね♪

キッズスペース

1階の売店の横にはキッズスペースが設けられていて、夕食後に赤ちゃんと遊びました。

絵本は自由に部屋に持ち込んで読むことができます。
色々スタッフさん同士で工夫して作られた場所のようで、温かみが伝わってきました。

あかりんもトンネルに大はしゃぎしたり、
ハイハイしながらたくさん運動できたので良かったです(^^)

温水プール

一番楽しみにしていたのがこの温水プールです!!
チェックインして夕方頃に利用したのですが、誰もいなくて貸切状態でした。

しかし更衣室はかなり古臭く、立て付けも悪く寒いので、
露天風呂で着替えることをお勧めします。

温水プールもちょっとぬるめなのですが、
あかりんは初のプールで何とも言えない、
ちょっと楽しそうな表情を浮かべていました(๑•᎑•๑)♬


浮き輪などのおもちゃもあったので、家族で広いプールを占領して
楽しく遊ぶことができたので良かったですヽ(=´▽`=)ノ

あかりんのための可愛いビキニもこの日のために購入しました。
あかりん、1歳にしてグラビアモデルデビューか!?笑


しかし、水遊び用のオムツは持ってきてなくて、どうしようかと思ったのですが、
旅館で1枚200円で販売されていたので良かったです。

また子供の水着やバスタオルは貸し出しをしていたので、何も準備していなくても
プールを楽しむことができるというのはありがたいサービスだなと思いました(*^_^*)

浴衣コーナー

この旅館ではお部屋には浴衣が置いておらず、一階の浴衣コーナーで
自分の好みのサイズの浴衣を選ぶようになっていました。

赤ちゃん用の浴衣もあったので着せてあげました。



元湯龍泉閣のお食事

今回の夕食のプランは但馬牛のミニステーキ付のプランでした。
部屋食ができるというのはとても嬉しいところです(⌒▽⌒)

有馬麦酒とありまサイダー「てっぽう水」を注文しました。
サイダーは今まで飲んだことのない独特の味でした!
ビールは濃厚で重ための印象でした。

お品書きはこのようになっています。


右の但馬牛の有馬煮はごはんが欲しくなる一品。
ということで懐石なのに、最初っからごはんもいただいてしまった。w

お造り。

煮アナゴやタコ、タイは瀬戸内海を感じさせますね~! 
こちらは太刀魚の炙り。ちょっと珍しいかも!

タラのみぞれ鍋。おさかなたっぷりです。

あんかけ茶わん蒸し。

但馬牛のステーキです。自分たちで好みの加減に焼くスタイル!

ごはんとみそしる、香の物。

デザートは生はちみつがでてきました!アイスも六甲のアイスですごく美味しい!!

食事はまあまあ美味しいといったところです。
感動するようなものは特にはなかったので、あまり期待しすぎない方がいいかもしれません。しいていえば、炊きたてのお米はたっぷりとあって、美味しかったです(´~`)♪
あとは神戸六甲アイス!。。ってこれは売店でも買える商品なんですけどね(;’∀’)

また、赤ちゃん御前もあったので別途で注文しました。
料金は1000円です。

これも伊香保温泉の時の松本楼のときの離乳食と比較しますと、
うまく表現できないのですが、料理に気がこもってないという印象です(; ・`д・´)

あわせて読みたい
伊香保温泉松本楼レポ!子連れ旅行や記念日に最高の宿!離乳食プランあり♪旅する料理研究家さとみんです。 2018年のクリスマスは家族で伊香保温泉に旅行に行きました。 その時に宿泊した旅館が子連れ家族に...

元湯龍泉閣の朝食

朝食は二つの時間帯で選ぶことができ、私たちは遅い方の8時20分からにしました。
かなり寝坊してしまったので、朝食会場に着いたのは9時頃だったのですが
バイキング形式になっていました。

離乳食などもあったのですが、正直言いますと
この旅館の朝食は・・・美味しくなかったです(´・ω・`)
どれも冷凍食品や加工品や既製品だなぁという印象でした。

他の旅館も全て手作りというわけではないと思うのですが、
一つや二つは美味しい料理があるけれど、
ここの朝食はどれもいただけませんでした・・・。

黄色や緑の離乳食も、食べさせて大丈夫なのかな・・・?と心配になるような不思議な味でした。
ここはもうちょっと改善してほしいところです。



元湯龍泉閣のお風呂について

この宿の一番良かったところは、濃厚な温泉に入ることができたことです☆
源泉が沸き出ている様子も見ることが出来ました。
塩分濃度の高い金泉は、とても柔らかく、少し体が浮くような感覚がします。

また、24時間お風呂に入れるのも魅力でした。
みんなが寝静まった後、深夜に貸切でゆっくりお風呂に入る時間は
至福のひとときです⁎ˇ◡ˇ⁎

有馬温泉は金泉と銀泉があり、どちらも楽しむことができました。

内風呂



脱衣所はよく清掃されていて、清潔感があります。

子供が喜びそうな可愛らしい浅めのお風呂に、
 
お風呂の奥の方には金泉と銀泉がありました。

金泉は結構ぬるめで、長湯できそうなイメージです。

露天風呂

この旅館の面倒なところは、露天風呂と内風呂がかなり離れているところです。
深夜露天風呂へ向かう時はちょっと怖いかもしれません。

お風呂はとても良かったです!
 
深夜に貸切で入る露天風呂は最高でした♪

有馬温泉は何かとルールが厳しい?

今回初めて有馬温泉に宿泊したのですが、今まで様々な温泉宿に入った中で
一番規則が厳しいな~~と感じました。

これはこの宿のルールというより、
有馬温泉でそのようになっているのかもしれませんが、
例えば飲み物などの持ち込みは厳禁となっていて、
このお店で買ったもの以外のものがあると罰金を取られます。

その他にも門限があったり、おねしょをしてしまった時の罰金なども
しっかりしているのでちょっと厳しい印象を受けました(;´Д`)

また有馬温泉は他の温泉街と比べると、やはり少し旅館が高いと言うか
お部屋に対するコスパとしてはあまり良くないような気もします。

関西の奥座敷ということで、有馬温泉ブランドだから仕方ないのかもしれませんが・・。

嬉しい誕生日プレゼントサービス

今回は娘の一歳の誕生日ということを伝えていたのですが、
お食事の準備の時に”お誕生日おめでとう”というメッセージと、
アンパンマンのぬいぐるみをくださるという
予想外のサービスをしてくださいました‧˚₊*̥(∩´͈ ᐜ `͈∩)˖*˚₊*̥(写真左にあるやつ)

これは大変嬉しかったです♪

元湯龍泉閣のまとめ・口コミ

この宿はかなり賛否両論が分かれる宿かなという印象を受けました。
この宿はやはり子連れファミリーにおすすめしたい宿ですね。
逆に子連れじゃなければ、この宿に泊まるメリットはあまりないかなという印象です。

有馬温泉の旅館の中では比較的リーズナブルに泊まれる方とは思うので、
料金を抑えたい方にもいいかもしれません。

逆に料理にこだわりたい人や、神経質な方などにはお勧めできないです。
建物は古く、ちょっと色々と気になる点があるかもしれません。

有馬温泉はコスパがいい宿が少なく、
その上に子連れ歓迎の宿というのは他にはなかったので
選択肢としてはこの宿一択でした。

実際泊まってみて、家族で赤ちゃんとプールが楽しめたことやキッズルームで遊べたり、
温泉はとても良かったと思います。トイレなども子づれに優しいですね。

その部分に重点を置いている方にとってはおすすめの宿なので、
ぜひ利用してみてくださいね。
詳しい口コミはこちらを参考にされるといいかと思います。
⇒口コミをみる

帰りに記念写真を撮っていただきました!

いい記念になりました!

⇒元湯龍泉閣の宿泊プラン一覧を見る!


ちなみに、有馬温泉など全国各地の温泉宿・リゾート施設に、
1泊2食付き500円で泊まる方法をご存知でしょうか?
ウソのような本当の話です。
詳しくは
コチラに書いてありますので、見てみてくださいね。

これは1回だけの体験宿泊キャンペーンなのですが、
かなりお得ですので、ぜひ、試してみられることをオススメします!!


それでは!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.