野菜たっぷり!中央アジアの肉うどん「ラグマン」(レシピ付)

中央アジア各国の定番の麺料理、ラグマン!!
現地に行ったときに、楽しみだった1品です。

ラグマンは、パプリカなどの野菜がたっぷりの具沢山の手延べうどん。
現地でいただいたときは、その麺の長さにまずびっくりしました。切れない!!笑
そして、コシと小麦の風味がしっかりした麺が絶品。味付けも、日本人好みの味でした。

こちらは、カザフスタンで食べた、回族料理のレストラン
(ウイグル自治区の郷土料理)のラグマン。

麺が長すぎて、取り分けようとしても、全然切れない。笑

ラグマンは、うどんでいうなら野菜の「ぶっかけ」スタイルと、
汁に浸かっている「かけうどん」スタイルがあります。
こちらは、ウズベキスタンでいただいた、汁スタイルのラグマン。

やはりこちらも、麺が長くてコシがあります。

今回、このラグマンを、さぬきうどんで代用して作ってみました!
ぶっかけスタイルで、食べやすく美味しいですよ(*^▽^*)

✨中央アジアの手延べうどん、ラグマン✨

<材料>8人分ぐらい
牛バラ肉 300g
にんにく(みじん切り) 1片
にんじん(角切り) 1本
パプリカ(角切り) 2個
玉ねぎ(角切り) 2個
じゃがいも(角切り) 2個
カットトマト 300g
油 適量

塩大さじ1
クミン大さじ2
コリアンダー 小さじ2
チリペッパー 少々
胡椒 少々

さぬきうどん 500gぐらい


<作り方>
野菜は全部角切りにします。
鍋に油をひき、にんにくをいため、香りが出たら具材を炒めていきます。

トマト缶と適量の水を注ぎ、塩・スパイスで味付けします。

味見して、塩加減は調整してみてください♪
これを、茹でたさぬきうどんの上にかければ、完成です✨

パセリなど緑のものを散らすと、彩りキレイになります。
うどんって、しょうゆや麺つゆのイメージですが、
パプリカやトマト、そしてクミンなどのスパイスとも、意外と合うんですよね。
※実際、現地でラグマンばかり食べていると、醤油味がむっちゃ恋しくなりますが。笑
他の各国料理レシピ集はコチラをクリック!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

包まない餃子?!ウズベキスタン料理・マンティ/ハニム(レシピ付)

中央アジアで食べた、小籠包ならぬ大籠包、マンティ(manti/мәнті)。

とっても大きくて、食べ応えのある蒸し餃子なのです。
小麦粉と塩で作られた生地に、中身は挽肉(牛肉や馬肉や羊肉)と玉ネギが入っています。
スメタナ(サワークリーム)やバター、トマトソースなどでいただくのが現地流。

これと同じような料理に、(グリ:花)ハニム(hanum)というものもあります。
こちらは、小麦の生地を大きく伸ばして、具をのせ、
巻きずしのようにクルクルとまき、包丁でカットして蒸したもの。
具材は、マンティのようにひき肉をはじめ、じゃがいもやかぼちゃなどもあります。

これはウズベクで食べたハニム。じゃがいもでボリュームたっぷりでした!

今回は、このハニムを現地では使用しない豚肉で作りました。
(中央アジアはイスラム教なので、通常豚肉は用いません)

包まない餃子!豚肉のハニム✨

<材料>大12個分
(生地)
小麦粉 375g
水 200g弱 (170cc~こねて、様子を見ながら調整します)

(具材)
豚ミンチ 340g
玉ねぎ(スライス) 1.5個
塩 小さじ1.5
コリアンダーパウダー 小さじ1.5
クミンパウダー 小さじ1.5
牛乳 小さじ3
胡椒 少々
(ソース)
・トマトソース
・ヨーグルト+塩のソース


<作り方>
①生地は、小麦粉に水を加えて、滑らかになるまでこね、寝かせます。
強力粉を使うともちもち食感になりますが、今回は薄力粉で作りました。
強力で作るときはもう少し水分が必要になるかもしれません。
②具材をボウルに入れ、全部しっかり混ぜ合わせます。
スプーンではうまく混ざらないので、手でコネコネしました。
 
③生地を麺棒で薄く伸ばし、具材を薄くまんべんなく広げていきます。

④クルクルと手前からまき、包丁でカット。
⑤クッキングペーパーにのせ、強火で15~20分ほど、お肉に火が通るまで蒸せば完成!

このままでも、味がありますが、トマトソースをかけるとすごく合います。
現地ではスメタナというサワークリームを添えるのですが、代用として
ヨーグルトに少し塩を加えたものでもOK。
そして、トマトソース&ヨーグルトソースのミックスが一番美味しいです!
乾燥したり冷めると固くなるので、ラップをして温めなおしたり、
トマトソースでそのまま煮込みにしても、美味しいですよ。
包まないスタイルの餃子なので、一気に作れてラクチンです!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

12/5 【残席3名】旅好き集まれ!中央アジア料理の会 開催☆

世界で学んだ料理シリーズ✨

今回は、中央アジア料理!!
ちょうど今年(2017年)の9月行ったばかりの、最新エリアです。

現地の料理を探索しに行って思ったことは、
中央アジア料理は、脂が多いのなんの!!!
カザフスタンなんて、ラム肉、馬肉、牛肉のオンパレードで、
かなりヘビーだった記憶があります。(そして、飽きる。。。)
それでも、食文化のアイデアは、本当に良い刺激になりました!!

そこで、今回は、そんな中央アジア(カザフ、ウズベキ、キルギス)で
食べた料理からヒントを得て、現地よりもヘルシーにしたものをお届けします!
日本人ウケする味に、もっと美味しくアレンジしてご提供いたします♬

なんといっても、今回のメインは
キルギスの市場で買った「オズギョン米」という品種のお米で作る、
”プロフ”という、中央アジアではメジャーな炊き込みご飯です。
現地ではこのお米が、プロフには最高と言われています。
貴重なこのお米を使える機会はこの時だけ。失敗は許されません(ドキドキ)

旅のお土産話などもしながら、
楽しくごはんを食べていただけたら嬉しいです(^_-)-☆

日時:12月5日(火)19時半~
場所:さとみんハウス(最寄り:東急池上線久が原駅)
会費:3500円(手作り料理、ソフトドリンク付)
今回のメインとなる対象:40代~の旅が好きな方
(40代以下の方でもご参加可能です!お気軽にご連絡くださいね。)

☆メニュー☆ ※内容は変更の可能性ありです。

・キルギス市場のオズギョン米で炊いたプロフ(炊き込みご飯)
・マントゥ(または、ハニム)
・マスタヴァスープ
・にんじんのサラダ(Корейская Морковь)
↑”Morkovcha”といって、朝鮮半島の影響を受けているサラダなんだとか。
・アチチュク(アチク・チュチュク)サラダ:トマトのさっぱりサラダ。
こってり三昧の中央アジア料理の救世主。このサラダなしでは、乗り切れなかった!笑
・ドゥンダマ(キルギス肉じゃが)
・ラグマン(野菜たっぷりのうどん)
・乾燥チーズの試食
・アゼルチャイ(アゼルバイジャンのお土産)
※アルコールは用意しておりません(イスラム圏だけに。)
※お酒を飲まれたい方のお持ち込みは、大歓迎です。

出来る限りの範囲で、喜んでもらえるよう頑張ります!!

☆中央アジア料理とは??
文化の交差点・シルクロードを感じさせるような、さまざまな料理があります。
代表的なものは、ラグマン(ウドン風)、マントゥ(餃子)、プロフ(ピラフ)の3本柱です。
特徴は、基本的に肉料理がメインとなり、中でも羊肉と牛肉が中心になります。
鶏肉はやや高級品で、豚肉は宗教上の理由もあってか、ほとんど登場しません。
油っこいものが多いので、お茶と一緒にいただくことをお勧めします。

当日は、旅好きな方同士の交流もお楽しみくださいね!(^_-)-☆

☆キャンセルポリシー
ご予約は、前日までにご連絡いただければ幸いです。
・前日のキャンセル・・・会費50%
・当日のキャンセル・・・会費100%をご負担いただきます。
ご理解・ご了承のほど、お願いいたします。

その他、12月~2018年1月までは、楽しいイベント盛りだくさんです!!
こちらから、要チェック!!→ 今後のイベント情報一覧ページ

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.