【ベジ】ヒット作!赤レンズ豆のトマトスープ☆(レシピ付)


先日のラ・カネラのランチでいただいた、
赤レンズ豆のスープが とても美味しかったので、
さっそく 似たようなものを 作ってみました
興奮冷めやらぬうちに、早めに更新しときます

✅ 赤レンズ豆とは?その魅力は?

赤レンズマメは、英語で言えばレッドレンティル。
使っていて便利な点は、他の豆と違って、火どおりが早いこと!
むしろ、圧力鍋などで煮るとどろっどろに溶けちゃいます。
皮をむいているので、豆特融のモザモザ感が残ることがありません。
食感は、じゃがいものようなホクホク感がありますので、
「何に使ったらいいか分からない!」という方は、
まずはじゃがいも料理の代用として使ってみるといいかも🎵
スープだけでなく、カレーやサラダにもよく使われます。
栄養は、高タンパクで低カロリー。ダイエットにもオススメです。

赤レンズ豆のスープはトルコでも定番!
トルコのおふくろの味のスープに、赤レンズ豆は使われています。
赤レンズ豆のスープは「メルジメッキチョルバス
mercimek çorbası」とよばれ、日本で言えば味噌汁的な存在。
現地のものは、玉ねぎベースで、さらにシンプルな味がしました。
レモンが添えられていることもあり、さっぱりヘルシーに召し上がれます♬

それでは、レシピ行ってみましょう(^^♪

赤レンズ豆のスープ

<材料>4~5人分

赤レンズ豆(アリサンがオススメ) 1カップ
玉ねぎ 1個
にんにく 1片
オリーブオイル 少々

水 2カップ
有機ホールトマト缶(アルチェネロを使用) 300g

トマトケチャップ 大さじ1
塩 適量
昆布茶 少々
ブラックペッパー 少々

<作り方>

にんにく、たまねぎを みじん切りにし、
オリーブオイルを熱した 鍋で 炒めます
火が通ったら 赤レンズ豆も加え、
水を注いで 豆が柔らかくなるまで 煮込みます

ホールトマトもいれて、味付けをして煮込み、
火からおろして バーミックスで ポタージュ状にします

塩コショウで 味をととのえて完成~

オレンジのスープに パセリの緑が映えます
とっても美味しくて 好みの味で、我ながら感動しました(笑)
トマトクリームパスタの、パスタソースのような味

(わたくし・・・、トマトクリームパスタやら、ブルーベリーヨーグルトやら、
マヨネーズやら、サワークリームやら、ラズベリーレアチーズケーキやら、
とにかく、やたら「酸味+クリーミー」な味の組み合わせが好きなんですよね~

今まで ポタージュといえば、じゃがいもやかぼちゃなどの
芋類か 根菜類で作るイメージしかなかったのですが、
小豆や 緑豆などの 豆類で作ってもいいですねっ
それに、牛乳や豆乳を入れなくても 美味しいな~と思ったし、
自分の中の ポタージュのイメージが広がりました

様々な豆と、色々な調味料で 新しいスープを作ってみよう
これからのスープ作りが、すっごく 楽しみです
それでは!

スープストックトーキョー
赤レンズ豆と白身魚のトルコ風スープ 180g

価格:525円
(2018/4/20 21:15時点)

カスターニョ オーガニック ビーンズパスタ(赤レンズ豆 フジッリ) 250g[MIE PROJECT カスターニョ]

価格:690円
(2018/4/20 21:17時点)

以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。

にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


【ベジ】ダイエットにもオススメ!野菜だけでイエロー☆カレーポタージュ(レシピ付)

【コチラの記事はFC2ブログより移転、2013年5月に書かれた記事です。】
毎週木曜日は、福岡県古賀市の古賀駅前のひふみにて、
マクロビのランチを 作らせていただいていました。
この日のランチは こんな感じでした。↓

お店にある 無添加の調味料や加工食品、
無農薬の玄米や野菜、豆を使った、
肉、魚、卵、乳製品、白砂糖不使用のランチです。
毎回、違ったものを出すように 工夫しています。


この日のメニューは、黒米小豆玄米ご飯、
オートミールとレンズ豆のコロッケ、ズッキーニのそぼろあんかけ、
じゃがいものしゃきしゃきサラダ、スープです。

今日は このスープの作り方を紹介します。
ポタージュと言っても、牛乳なしの簡単レシピです(^_-)-☆

✨イエロー☆カレーポタージュ✨

✅ 豆知識 スープとポタージュの違いって??
ポタージュの意味を調べてみました。
ポタージュ(potage)は、英語と思いきや、実はフランス語。
potageの「ポ」は、「ポット(pot、鍋)」から来ており、
鍋で作られた洗練されたスープ全般を指す言葉 
だそうです。
日本語は「汁物」、英語は「soup」、フランス語は「potage」。
ということは、普通に使われる「ポタージュスープ」って
要約すると「スープスープ」という、ちょっと変な言葉だったのですね。
「頭痛が痛い」とか、「チゲ鍋=鍋鍋」などと似たものを感じます。
ちなみに、とろみのついたものは「ポタージュ・リエ (potage lié)」、
澄んだものは「ポタージュ・クレール (potage clair)」と呼びます。
ポタージュはどろっとしたものだけを指すイメージでしたが、意外でした!

それではレシピです!
<材料>
昆布・椎茸のだし 400cc
黄色ズッキーニ 1本
玉ネギ 大1/2個
じゃがいも 大1個
にんじん 1/2本
カレー粉 大さじ1/2
オリーブオイル 適量
塩麹 適量
白みそ(やさかのものがおすすめ) 大さじ1~2
ハーブソルト 少々
有機豆乳(マルサンがオススメ) 200cc



<作り方>

全ての野菜は、火が通りやすいように小さめに 切っておきます。
鍋にオリーブオイルを熱し、カレー粉と 野菜を 焦がさないように炒めます。
全体が 馴染んだら 出汁を加え、野菜が柔らかくなるまで 煮込みます。
これをミキサー(フードプロセッサー・ブレンダー)にかけ、
塩麹と白みそで味をととのえて、鍋に戻します。
豆乳を加えまぜ、味見しながら、
ハーブソルトや塩麹で 味を整えたら完成です☆彡
ミキサーは私はハンドブレンダータイプが超便利。
私はブラウンのマルチクイック(バーミックス)を愛用しています。

鍋のまま移し替えず使えるので、洗い物が楽でオススメです🎵

器に盛り、上にかるーく豆乳をたらして、
あれば 刻んだパセリなどを 添えると彩りがいいですよ。
ちなみに、豆乳を加える前の段階では、「スープの素」として冷凍保存することが出来ます。
ジップロックや製氷皿で冷凍し、食べるときに豆乳を加えて伸ばせばOKです。
豆乳や牛乳を加えたスープは傷みやすいですが、
冷凍だと2週間~1ヶ月程度の保存ができますよ♪

4つの野菜が調和した 濃厚でコクのある色鮮やかなスープなので、
今人気のカラーダイエットを実践されている方にも、おすすめです。🎵
植物が持つ色素には 様々な栄養素があり、いろいろな色の野菜や果物を摂ることで
栄養の偏りなく、必要な栄養素を補給しつつ、健康的に痩せることができます。

スムージー推し

これは、カラフルな6色のスムージーで、オシャレに健康的に楽しめる
カラーダイエットの定番、「セブンデイズカラースムージー」というものです。

1週間の単位で、色鮮やかな6色のスムージーを、日々順番に飲むだけのダイエット法です。
味はそれぞれ、白桃アロエ(白)、アセロラリンゴ(赤)、ミックスベジタブル(緑)、
マンゴーオレンジ(橙)、アサイーベリー(紫)、レモンジンジャー(黄)。
160種類の野菜と、36種の果物の栄養素を たっぷりと摂ることが出来ます。

しかも、4月20日までは特別キャンペーン中らしく、
なんと、今だけ、90%オフの980円でお試しすることが出来ますよ。
せっかくなので、私も、注文してみて、これから試してみようかなと思っています(*^▽^*)

980円推し

ぜひ、みなさんもこの機会に、チャレンジしてみてくださいね♬
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


風邪に効く!とろ~りコラーゲンサムゲタン【参鶏湯】(レシピ付)

韓国料理の人気メニューのひとつ、参鶏湯(サムゲタン)。
鶏肉を丸ごと使った、おかゆのようなスープです。
新大久保(東京のコリアンタウン)にも、美味しいお店は沢山ありますが、
たまにはお家で、楽しんでみるのもいかがでしょうか?(^_-)-☆

本格的に作るには、クコの実やなつめなどの薬膳材料や、
少量のもち米など、ちょっと材料をそろえるのが面倒で、
ハードルが高い料理として敬遠してしまっていました。

でも、これらを一切使わなくても、少ない材料で
とっても簡単で美味しいサムゲタン(風)スープが出来ちゃうのです。

こちらは、クックパッドのレシピを参考に、アレンジして作りました。
圧力鍋で身はホロホロ、スープにはコラーゲンが溶け出しています。
生姜入りで風邪の日にオススメのほっとするレシピです。(*^▽^*)

✨風邪に効く!とろ~りコラーゲン参鶏湯【サムゲタン】✨

<材料>
手羽元 6本(手羽先でもOKです)
下ごしらえ用の塩(海の精) 小さじ1
下ごしらえ用のお酒 少々
水 500ml
お酒(みやこの料理酒) 100ml
生姜(すりおろし) 2片
にんにく(すりおろし)1片
お米 大さじ2
長ねぎの白い部分(スライスする) 1本
しめじ 1/2パック
塩・コショウ 適量



<作り方>
とっても簡単!
鶏肉には、あらかじめ塩とお酒をもみこんでおきます。
圧力鍋に全ての材料を入れ火にかけます。
沸騰したら蓋をし、圧がかかったら15分ほど加熱します。
塩コショウで味を調えたら完成です!
お好みでブラックペッパー・ごま油などを加えてくださいね♪

お味は・・・、とっても美味しいです!!!
塩とお酒だけでこんなに美味しくなるのか?!と感動しました。
圧力鍋のない方は、炊飯器でも出来ますよ!
材料をいれて、普通に炊飯のスイッチを入れたらOKです♪(#^^#)
白菜など、お好みの野菜を入れてもいいかもしれません。

また、やっぱり本格的なサムゲタンをお家で楽しみたい!という方は、
宮崎のふるさと納税の参鶏湯がおすすめですよ✨

宮崎県ブランド認定のみやざき地頭鶏を使用し、にんにく、なつめ、もち米、栗、高麗人参を詰め込みじっくり煮込んだサムゲタンです。鶏肉、もち米、にんにくは地元産で、
高級食材である高麗人参は5年根を使用しています。(6年根が最上級品です)
無添加だし、納税しながら、楽天ポイントもたまるのでオススメですよん(^_-)-☆

あぁ、記事書いてたらおなかすいてきた・・・(-_-)
それでは!
スムージー推し
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!

ベルギーの最高にウマい前菜「トマト・オ・クルヴェット」(レシピ付)

ヨーロッパの料理の定番といえば、フレンチ、イタリアン、スペインが人気ですよね。
でも、ベルギー料理も、繊細で大変美味しく、隠れた美食の国だなぁ~と感じています。
その中でも印象に残った料理の一つがこれ!

Tomates aux Crevettes(トマト・オー・クルヴェット)✨

これは、ベルギーのフランドル地方(オランダ語圏)の名物となる前菜。
トマトまるまる1個をくりぬき、そこにクルヴェット・グリーズ ( Crevettes Grises ) と呼ばれる、
北海でとれる灰色の小エビと茹で卵を詰めた、マヨネーズ仕立てのサラダです。

この小エビがとても美味しかった!「北海のキャビア」とも呼ばれているんだって。
今回は、むきエビで代用し、このお料理に挑戦します(*^▽^*)

<材料>ミディトマト9個分
むきエビ(茹でる) 150g程度
ゆで卵 2個
マヨネーズ 適量
ケチャップ 適量
パプリカパウダー 少々
ウイスキー 小さじ半分程度
塩コショウ 少々
パセリ 少々

ミディトマト 9個



<作り方>
ミディトマトは、上面をカットし、スプーンで中をキレイにくりぬきます。

茹で海老、ゆで卵を刻み、マヨネーズをまぜ、塩コショウで味付け。
ちなみにマヨネーズは、松田のマヨネーズがお気に入り。辛口がオススメです!

【 松田のマヨネーズ 辛口 300g 】
マヨネーズ 松田 ななくさの郷

 

ケチャップも少し入れ、パプリカパウダー少々を振って軽く赤みをつけます。

隠し味にウイスキーを入れます。パセリも少し加えます。
これを、スプーンでくり抜いたトマトに詰めていきます。

あっというまに完成です~🎵

これ、結構シンプルな材料であるにもかかわらず、
ビックリするほど美味しい。
一口で食べると、全部が一体化してるような味。ミディトマトで作って正解かも?
トマトと海老とゆで卵。ありそうでなかった最高の組み合わせでした。
ちょっとくり抜くのはメンドイけど、ぜひお試しくださいね♬
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


牛肉なしのハヤシライス!激うまハッシュドポーク(レシピ付)

突然、ハヤシライスがムショーに食べたくなる時って、ありません??笑
ハヤシライスといえば、牛肉(ビーフ)で作るのが 基本ですよね。
でも、面倒くさがり&引きこもり症の私は、
別に無理に牛肉を買いに行かなくても、ストックしてた豚こま肉で出来るんじゃね?と思い、
今回は牛肉よりお手頃価格の豚肉で、気軽にハヤシライスにチャレンジしてみました!

ハッシュドポーク✨

<材料>
にんにく(みじん切り) 1片
バター 10g
ローリエ 1枚
玉ねぎ(スライス) 1個
しめじなどのキノコ類(小房に分ける) 1パック
A 豚こま肉 250g
A 小麦粉 大2
A 塩 小1/2
赤ワイン 100cc
カットトマト缶 1缶(400g)
水 200g
塩、コショー しっかり
無添加コンソメ 2本
ケチャップ 大2
中濃ソース(またはウスター) 大1
みそ 小1
しょうゆ 小1
クローブ(あれば)3粒
(飾り)イタリアンパセリ
(付け合わせ)ごはん



<作り方>
①豚こま肉は適当な大きさに切り、Aの材料は混ぜ合わせて、なじませます。
②鍋にバターを溶かし、にんにく、たまねぎ、ローリエ、クローブを炒め、Aの豚肉を炒めます。
③しめじ(キノコ類)を加えたら赤ワイン、水、コンソメ、塩をいれて、
圧力鍋で5~10分かけるか、コトコト全体に味がなじむまで良く煮込みます。

④トマト缶、ケチャップやソース、醤油、味噌を加え、さらに煮込みます。
味見をして、塩コショウで調整し、全体が調和したら完成ですー(^_-)-☆

これ、作りたてのときは、本当に味付けに悪戦苦闘しまくりでした。
ただ、一日寝かせておいたら、一気に味がなじみ、美味しくなりました(^◇^)
(翌日のお弁当にしたところ、味が落ちるどころかレベルアップした!と家族も驚いてました。)
味に深みが出るかな?と思い、味噌、醤油を入れましたが、それがいい選択だったのかも?
自然食のトマトベースシチューにも、よく八丁味噌を隠し味にいれるんですよね(^^♪

出来立てよりも、前日仕込みでいただくのがオススメの、作り置きにぴったりメニューです♪
今回は白米ですが、バターライスにしても良さそう(^◇^)。熱いうちに召し上がれ!

最後に豆知識ですが、実は、ハヤシライス/ハッシュドビーフは、日本の料理。
ハヤシライスの語源は、ハッシュドビーフをごはんにかけた「ハッシュドライス」がなまった説のほか、丸善の創始者である早矢仕有的(はやしゆうてき)氏が考案されたとする説もあるそうです。
後者が語源だとするならますます、世界の料理感がなくなりますよね。笑 雑学ネタでした~。

それでは!にほんブログ村 料理ブログへ