ペルー・リマの美味しい&安い!ロモサルタードのお店@ミラフローレス地区

この日の私は、美味しいロモサルタードを求めて、ペルーの首都リマのミラフローレス地区をさまよっていました。
ロモサルタードとは、ペルー料理の中でも特に日本人の口に合い、美味しいと人気の料理で、
フライドポテトと牛肉、トマト、玉ねぎなどを、クミンや醤油で味を付けて炒めたものです。
(南米なのに醤油を使うのは、中国からの影響があるそうです。)

さて、このロモサルタード。
リマでも治安が良いミラフローレス地区では、どこに行っても観光地価格。
そりゃあ夜も安心して出歩ける分、保険代だと思えばいいのかもしれませんが、
出来れば、安くて美味しいものを見つけたいのが旅心(??)。
私は、アンテナを張り巡らせて散策していました。

まずは、セビーチェの超人気店、Punto Azul(プントアズール)のメニューをチェック!

店内はとても素敵な雰囲気。
一人旅で来てそうな人はいないので、ちょっと寂しいですな~。
メニューをちょっと見せていただきました。(クリックで拡大)

お目当てのロモサルタードを発見!ここは40ソルでした(約1400円)。
う~ん、ちょっと高いなぁ。それにここ、シーフード専門のお店だしなぁ。
きっとこの店ならハズレないだろうなーと思いつつも、スルーしました。


お次はこのお店。PAULINAです。

ここも、清潔感があって入りやすい雰囲気。
こちらでも、メニューを確認。ロモサルタードはあるかな~??

お!ありました!ここのロモサルタードは、34ソル。1100円ぐらいですね。
う~ん、もう、ここでもいいかな!と入店したところ、
残念ながら、この料理は今日はもう終わったと言われてしまいました。
ありゃま~~。BADタイミングです。
泣く泣くお店を出ました。
どんどんお店が締まっていく中、通りすがりの道にこのお店を発見!

”Restaurant Natalia“と書かれた、緑の屋根のお店です。

場所は、このあたりにあります。

看板を見ると、どうやらロモサルタードがありそうです。
なんだか超ローカル感があるお店ですが、思い切って行っちゃえ!
店内は、現地のおばちゃんたちでのんび~りした雰囲気。
こういうローカルな場所、嫌いじゃないですね。
それでは、恒例のメニューチェーーック!!

ロモサルタード15ソル(500円)キターーーー!!!
周辺価格の半額以下の金額で提供されておりました!
英語の通じないペルー人のおばちゃんに、指差ししながら即決で注文!


さて、ここでヌカ喜びしていてはなりません。
問題は料理のクオリティですからね。
いくら安くてもヒドイものが出てくることもありますから。(経験あり)
ドキドキしながら、料理を待ちました。
そして、やっと出会えたロモサルタードはこれです!

美味しそう~~~!!!!

実際のお味は・・・・、とっても美味しいーーー!ご飯が進むお味です。
味のバランスが絶妙!牛肉もうまみたっぷり。おばちゃん、やるな~♬
じゃがいも、牛肉、トマト、玉ねぎ、クミンと醤油って、
日本でも今までありそうでなかった組み合わせですね!
本当にめちゃくちゃ合います!!大満足でした♪
調子に乗って、これはビールを飲むしかない。(=゚ω゚)ノ

Pilsen CALLAOという、歴史あるペルーのビールです。
色は綺麗なゴールデン色。癖がなく飲みやすいですね。

苦労して探した分、その美味しさもひとしおです。
とっても大満足のディナーでした♪(^_-)-☆
他のメニューもかなりリーズナブルなので、
色々なペルー料理を試してみられたい方にもいいと思います!
それでは!

【完全保存版】さとみんのレシピ集・全記事一覧はコチラから!

【完全保存版】世界一周・日本一周の全記事一覧はコチラから!

以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


【決定版】メキシコ旅行グルメ!おすすめメキシコ料理ランキング

メキシコ旅行に行くときに、何を食べようかなと迷われている方必見!!
現地で食べた沢山の料理から、特にこれは外せない!というものをピックアップしました。

旅する料理研究家さとみんがオススメする、メキシコ料理・トップ5

それでは行ってみましょう。

第5位から♬

ソパ・ポブラーナ(SOPA POBLANA)

プエブラに行かれることがあれば、ぜひ食べていただきたいご当地スープ。
ソパポブラーナは、とうもろこし・ズッキーニ・トルティーヤ・チレポブラーノ(大きいピーマン)などが入った具だくさんのスープ。そして、味の決め手はチーズです♬
これだけでもとっても満足感のある料理でした。
ソパ・ポブラーナの美味しいお店はコチラ


 第4位!

エンサラーダ・デ・ノパレス: サボテンのサラダ(ENSALADA DE NOPALES)

ノパレスのサラダです。
ノパレスとは、メキシコのウチワサボデンのこと。
私は、タコスの具としていただきましたが、
想像以上に臭みや癖がなく、トロっとした粘りがあり、
まるで茎わかめ?のような感じで美味しかったです!
メルセー市場では、お店の人々が沢山のノパレスのトゲの下処理をしている様子が見られますよ。
メキシコ人の台所・メルセー市場の詳細はコチラ
日本ではめったに食べられない食材なので、ぜひ現地でお試しくださいね♬

第3位!

モーレ・ポブラーノ(MOLE POBLANO)

これも、珍しいのでぜひ食べていただきたい料理!
モーレとは、チョコレートと唐辛子をベースに、スパイス、野菜、果実、
胡麻などの種子類、焼いたアボカドの葉などで作った超・複雑なソース。
最近はその煩雑さから、メキシコでも手作りされる家庭は少ないそうです。
モーレポブラーノはプエブラで、モーレネグロはオアハカ州のものを言います。
このソースを鶏肉にたっぷりとかけていただくのがスタンダードな食べ方です。
しかし、お店によってかなり当たり外れがあるので要注意です。
最初に適当に入ったメキシコシティのお店のモーレは、あまりのマズさに卒倒しました。
その後、モーレ発祥の地であるプエブラで、モーレが美味しいと評判のレストランで
いただいたときは、美味しくいただきことが出来ました。
→ここならハズレなし!美味しかったモーレのお店情報はコチラ
基本日本人の口にはすぐには合わないかもしれませんが、だんだんとクセになる人もいるそうですよ。

第2位!

チレス・エン・ノガダ(CHILES EN NOGADA)

これは、美味しさもさることながら、見た目の美しさ、
繊細さにも感動したお祝いの日向けのメキシコ料理!
ポブラノという大きいピーマンのような唐辛子にひき肉・野菜・果物をつめ、
フライしたものにクルミのクリームソースをかけ、ザクロの実を散らした料理。
メキシコの国旗である赤・白・緑が入っていることから、
独立記念日に食べられるおめでたい料理だそうですよ♪
本当に美味しかった~💗ボリュームあるので覚悟してください!
→日本でも作りやすいノガダのレシピはコチラ
→絶品ノガダの食べられるレストラン情報はコチラ


 そして第1位は、やっぱりこの料理!

タコス(TACOS)

説明するまでもなく、日本でもメジャーなこの料理。
とうもろこしの粉で作ったトルティーヤに、焼いた肉などをはさみ、
サルサ・ロハやサルサ・ヴェルデと呼ばれる野菜のソースをかけていただきます。
メキシコでは、タケリア(Taqueria)と呼ばれるタコス屋台がたくさんあり、
色んな場所で気軽にタコスを楽しむことが出来ますよ♪
こんな具沢山のタケリアもあります!@メルセー市場にて
手がベトベトになるので、ウエットティッシュは持参したほうがいいかも。

お味ですが、日本で気軽に食べていたタコスとは全然違いました。
日本でよくあるのは、小麦粉ベースのトルティーヤ生地なのですが、
メキシコのものは、(お店にもよるけど)ザ・トウモロコシ!!って感じで
もっさり重たい食感で、かなりおなかにたまる感じがしました。
それに、具を挟むというより、メキシコでは「乗せる」という感じですね。
→とくに私が美味しいと感じたタコスやさんはこちら♬
お肉の種類とソースで、楽しみ方は千差万別です!
また、メキシコ人はとっても陽気で明るく、屋台で食べていると仲良くなれたりしますよ。
ぜひ、みなさんもローカルグルメ旅を頼んでみられてくださいね♪

それでは!!

【完全保存版】さとみんのレシピ集・全記事一覧はコチラから!

【完全保存版】世界一周・日本一周の全記事一覧はコチラから!

以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


行かなきゃ後悔するよ!ペルーの安ウマご当地グルメは、地元ローカルの「マグダレナ市場」におまかせ!

旅先で、世界の料理を色々楽しみたいあなた!
食に興味があるなら、レストランでなくローカルな市場に行くことをオススメします。

グルメ旅でローカルな市場がオススメな理由

私がローカルな市場にいくのは、このような理由があります。

・少量で、色んな料理を気軽にちょこちょこと楽しめる
・沢山の料理を実際に自分の目で見ることが出来る
・その国の特徴的な農産物をはじめ、食文化が集約されている
・観光価格ではないため、とてもリーズナブル などなどです。

なので私のように、 「その国の食を最大限に楽しみたい!」 という方には特におすすめです。

逆に、ローカル市場のデメリットな部分としては、
・当たり外れが大きい(日本人の口に合わないときもある)
・現地の言語で書かれているので、ある程度の予備知識がいる
なので、「確実に美味しいと分かっているものしか食べたくない」「旅の中で食に重点を置いていない(食に興味がない)」タイプの方は、観光客向けレストランのほうが、無難かもしれません。

ですが、ローカルな市場巡りは、1度ハマると、未知の冒険のようで、とっても楽しいですよ。
万が一、激マズな料理に出会ってしまっても、それもまた、いい旅の経験になりますしね!(^^♪ 笑

というわけで、今回は、ペルーのリマの中で一番オススメの市場をご紹介します。

「MODERNO MERCADO MAGDALENA(マグダレナ市場)」へ行こう!

ここは、ガイドブックなどに載っているのを見たわけではなく、たまたま見つけた市場です。
泊まっていた日本人宿(江田イン)の近くにあったので、気軽な気持ちで行ってみました。
しかし、侮るなかれ、ここは、ほかの市場よりも、お店が密集していてまわりやすく、
様々な料理があり、ペルーの安うまグルメを堪能できるオススメスポットなのです。
超ローカルな市場のため、観光客はほとんどいません。なので言語も、もちろんスペイン語です。
だからこそ、観光用のレストランでは、出会えない楽しさが待っていますよ~♬
それでは行ってみましょう!

マグダレナ市場の場所・付近の治安は?


住所は Jirón Leoncio Prado, Magdalena del Mar 15086 peru です。

市場に行くオススメの時間帯は、やっぱり朝!
午前8時ぐらいから開いているので、江田インに滞在し、朝ごはんを調達しに行かれるのもいいですね♬
江田インの宿からは、歩いて5分ほどの場所にあります。治安は悪くないエリアのようです。
途中には、ここがペルーであることを忘れるような、美しい建物もありました。

左はどうやら、大学の学部の建物みたいです。カラフルでおしゃれ~。

途中にも、ちょこちょこ地元の商店街があり、平和な雰囲気です。
日本では見られないお店もあり、ゆっくり散策されるのも面白いですよ。
  おもちゃ屋さんにて。オラフやミニオンのハリボテがあり、かなりシュールでした。笑

さて、お目当ての市場に到着しました~✨

中に入ると、見たことのない果物や野菜がたくさん!
南米の未知の食材に触れることが出来て、テンションが一気に上がります(*^▽^*)!!

ペルーの市場にいったらコレを食え!食文化紹介

 まずはアマゾンの恵み・トロピカルフルーツ!! 


アマゾンの恵みたっぷりの珍しい果物たち。栄養価も抜群です。

どの国でも、バナナは人気です♬
江田インでいただいたグラナディーヤは、ぜひともかじってみてもらいたい果物の一つです。

果物は、カラフルで見ていて飽きませんね~♬

メキシコでよく見かけたアボカド。ペルーでも、たくさん見られました。
とっても大きくて、日本のアボカドの3倍ぐらいのボリュームがあり綺麗です。
このサイズをまるまる一個食べたら、脂質の取りすぎで胃もたれしちゃいそうですね。笑

他にもたくさんの生々しいお肉やお魚もありました。動画で雰囲気が伝わればと思います。

※素人セルフィーのため、カメラワークがめちゃくちゃですんません(;’∀’)汗

 ペルーが原産地の野菜① とうもろこし 

ペルーはさまざまな野菜の原産地となっていて、とうもろこしもそのひとつです。
この手前の黒いものは、マイス・モラードと呼ばれる、紫色のとうもろこしです。

お米で言うなら黒米的な存在なのかもしれませんね。ポリフェノールたっぷりだし。
とうもろこしは、ペルー人には大切な主食。さまざまな料理に加工して食べられています。
 
ペルーのジャイアントコーン。粒が大きくて白っぽく、「チョクロ(Choclo)」と呼ばれます。

(左)マイス・カンチャ(Maiz Cancha)。ペルーの巨大乾燥とうもろこしのフライです。
日本ではジャイアントコーンとしておつまみで食されるやつですね。
(右)チチャ・モラーダ (chicha morada) という紫トウモロコシのドリンク。いったいどんな味なんだろう、とおそるおそる飲んでみると・・・あまりの香りのよさと美味しさにびっくり!なぜかフルーティーな赤ワインのようで、甘くてハマる味なのです。

 ペルーが原産地の野菜② じゃがいも 

そして、ペルーと言えば、じゃがいもの原産地でもあります。

昔「インカの目覚め」という芋が流行りましたが、それどころでなく、ペルーにはなんと4000種類ものじゃがいもがあるのです。ちなみに、写真の右下は、「ユカ芋(マンジョッカ)」といいます。

芋の種類が多いということは、その分フライドポテトの種類も色々あって楽しい!
手前は「カモテ」というサツマイモを上げたフライです。

ユカ芋のフライを、試食がてらに買ってみました。長いものような、あっさりした味でした。
そのほか、トマトや唐辛子などのポピュラーな野菜も、ペルーが原産地なのです。
すごいな、ペルー。
私たちはほぼ毎日のように地球の裏側にあるペルーが原産の食材を口にしていたのですね。

また、海外では珍しく生のお刺身を食べる国のペルーでは、
 セビーチェ専門店(セビッチェリア:Cevicheria と呼ばれるお店) もよく見られます。
※セビーチェについては、この記事をどうぞ↓
「ペルーの人気料理!セビーチェを作ってみた(料理教室)」

大量の白身魚で、セビーチェが仕込まれていました。オレンジ色のソースが珍しいですね!

ちなみにペルーのお刺身は、 tiradito(ティラディート)と呼ばれます。セビーチェとの違いですが、セビーチェは魚がキューブ状にカットして軽くマリネされているのに対し、ティラディートはスライスされてソースにつけていただくようになっています。



この土地だからこそできる、特別な野菜ばかりで作られるお惣菜たち。

豆の種類も、豊富にあります。

南米の食材には、キヌア・カムカム・マカなど、スーパーフードが目白押しです。
抗酸化作用がある、パワフルな食材が多いように感じました。

手作りのスープがいただけるお店もあります。

左は爽やかな味で、セビーチェをそのままスープにしたような味。
右はパリウェラ(parihuela)という、魚介類たっぷりの贅沢なスープです。
カウンター越しに、作っているところも見せていただきました♬ ごちそうさまでした。

そして、この市場で、一番テンションの上がる料理がこれ。

 スイーツのような美しさ「カウサレジェーナ(CAUSA RELLENA)」 


まるでケーキのような色鮮やかなこの料理。なんとポテトサラダなんです。
じゃがいもの原産地ペルーならではの、斬新なアイデア料理だと感心しました。

円柱なものや立方体のもの、丸められたものなど、形はさまざま。
どれも、中に野菜が入っていて、上にオリーブの実がちょこんと飾られています。

ちなみに、ペルーのラッキーカラーは「黄色」とされています。
メキシコ料理が、赤・白・緑を取り入れることを大事にしていたように、ペルー料理は、黄色が基調なんです。よく考えたら、日本もお祝い事には紅白を意識していますし、国によっておめでたいカラーがそれぞれ違うのって面白いですね。

ペルーの大人気飲料である、これまた黄色のインカコーラと一緒にいただきました。
こんなフォトジェニックなポテトサラダがあるだろうか?
日本でも、インスタ映えする料理として流行りそうです。
ただ、じゃがいもの品種が違うのか(はたまた着色しているのか?)
日本で同じように作っても、こんなに鮮やかな黄色になるとは思えないですね。

ポテトつながりで(?)コロッケもいただきました。

Papas rellenas(パパスレッジェーナ)という、ポピュラーな具入りコロッケです。手作り感があるソースが乗っていて、中にはレーズンなどが入っていて独特です。

この市場はご当地グルメが満載で、絶対行くべき!という理由がお分かりになっていただけましたでしょうか?
ここでは紹介しきれないほどの色んな料理や、食材があふれていますので、ぜひペルー渡航の際には行かれてみてくださいね♬

それでは!!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


【リピート必至】観光にもオススメの創作居酒屋&郷土料理!「博多 弁天堂」@福岡


今回は、福岡観光にもオススメの、最近のお気に入りの居酒屋の紹介です💗

 博多 弁天堂 ✨ 

場所は、大名小学校の近くにあります。
日曜日でしたが、お客さんは結構入っていたので、予約しておくのをオススメします。

個室は満席だったので、テーブル席へ。
古民家を改装した店内には中庭があり、とてもいい雰囲気♬

ビールで乾杯~🎵
お通しは手作り感のあるさつま揚げです。
ビールは、プレミアムモルツとモルツがあります。
どっちもあるなんて、結構珍しいかも?

それでは、メニュー行ってみましょう!

大人のポテトサラダ ~柚子胡椒風味~ 518円

大好きな半熟卵が、とろ~っとついているポテトサラダ!
「大人の」ってついているのは、柚子胡椒の風味が効いているからかな?(^_-)-☆

もつ鍋屋の極とろポン酢 842円

めちゃくちゃ美味しい~!もともと、もつ自体はあまり好きではないし、
酢もつも、普段は頼まないのですが、これは、とろ~っとしていて絶品です!
もつの臭みもないし♬

 玄海の幸 刺身八種盛り合わせ  1,609円(一人前)

玄海灘の天然地魚をはじめとした、全国各地の新鮮な旬魚が盛りだくさんー♬
しばらく生のお刺身食べていなかったので嬉しかったです(*^▽^*)

元祖 明太紅白出汁巻き玉子 853円
これはとても珍しいです! 白い黄身のだし巻き卵なのです。
健康な鶏に米粉を食べさせた、白い黄身のプレミアム玉子・・・
・・・もはやそれ、黄身と呼べないのでは。笑
博多名物の明太子と合わせて紅白ってアイデアが素晴らしいね♬

名物 胡麻サバ 1,058円
福岡に来たら絶対ハズせないのが、郷土料理のゴマサバ!!
この「ごまさば」は、サバの種類ではなくて、料理の名前です。
こちらでは、生のサバをゴマ醤油で和えていただく文化があるのです。
鮮度が命のこのメニューは、海が近い博多ならでは!
食中毒がこわいので、みなさん、決してお家でマネしちゃだめですよ~!笑

弁天堂名物 こだわりの鶏唐揚げ 734円
からあげは、安定のおいしさ! レモン汁をかけてさっぱり~💗

博多 鉄鍋 ひとくち餃子 羽根付き(一人前12個)788円
ここ、本当に博多の名物をそろえてますな~♬(感心)
鉄なべの一口餃子も有名なのですが、そのほか、炊き餃子までちゃんとある!
まぁ、炊き餃子は、池田商店が有名なので、今回はひとくち餃子にしました。
小ぶりなので、ぺろっと行けちゃいます。

そして、〆は黒毛和牛極トロもつ鍋 1,490円!(一人前)※二人前~
秘伝の醤油スープの『黒醤油もつ鍋』、鶏味噌コラーゲンスープの『金味噌もつ鍋』
鶏塩コラーゲンスープの『白湯塩もつ鍋』、韓流旨辛スープの『赤旨辛もつ鍋』の
4種類のスープから選べます。

・・・でも、本当はね、もつ鍋を食べたいわけじゃないのです。

その理由はのちほど。

チョイスしたのは、 「極トロもつ鍋 白湯塩味 鶏塩コラーゲンスープ」 
もうおなかいっぱいだから、入らんやろ~…と思いきや、美味しいので食べれてしまった!
にんにくが入っていないのが、個人的にはGOODでした。(^_-)-☆

しかも、厳選した鶏ガラを8時間かけてしっくりと煮込んだスープが
とっても美味しくて、このあと、最後のお楽しみがあるのに、
スープがなくなってしまうのではないか・・・と心配に(汗)。
まぁ、結局店員さんが継ぎ足してくれたから良かったんだけどね♬


そして、最後のお楽しみがきた~~!
もつ鍋の〆は花畑牧場のラクレットチーズリゾット!!1人前 788円
これが食べたかったゆえに、もつ鍋を頼んだのです。
もつ鍋なしで、このリゾットだけでよかったのですが、それは出来なかったので・・・
結果、もつ鍋も美味しく食べられたから良かったんだけどね💖
目の前でチーズを入れるパフォーマンス付きです。

あの美味しいスープの出汁に、とろ~りラクレットチーズと、
大葉・海苔のアクセントが効いたリゾット・・・
これでもかって組み合わせが、美味しくないはずがない!!

しかし・・・思った以上にチーズの風味が濃厚!
もしかしたら、私、ラクレットチーズ初体験だったのかも?!
初めての味と風味でした!

もう大満足・・・と思ったけれど、最後にデザート。笑

プリンにマンゴーソースがかかったものです。←説明が雑。笑
は~幸せー!(*´ω`*)

このお店は、博多の食材や食文化を意識して作られていて、
アイデア盛りだくさんなので、料理研究家の観点から見ても、
ワクワクするメニューが多かったし、味もハズレがないし。
しいていえば、タバコの煙がちょっと気になったので、禁煙席にしたがいいかもしれません。
でも、煙の分を差し引いても、美味しかったので、どちらにしても気に入りました~💗

ところで、こんなに美味しい料理が多いと、飲みすぎが気になりますよね💦
酔いすぎてしまうと、味が分からなくなって せっかくの料理が台無しになったり、
翌日の朝の二日酔いやだるさが残って、しんどい思いをすることってありませんか?
そういうときに超・オススメなのが、レバレズムというサプリです✨↓↓
レバリズム-L
↑これは、 オルニチンサプリメント比較ランキング・総合評価NO.1 の人気製品で、
国産天然由来の静岡産のしじみと、広島産の牡蠣、千葉産の鮫油である「スクワレン」が入ったものなのですが、二日酔いや胃もたれ(油やけ)はもちろん、肝機能の数値に関しても、
97%の方が満足というデータがあるほどの、優れたサプリなんですよ!(*^▽^*)

しかも、5月いっぱいまでは、先着500名限定で、通常価格5980円を
→なんと キャンペーン価格980円でモニターを実施
 しているので、
生活習慣が気になる方は、このチャンスに一度、お試してみてはいかがでしょうか(^_-)-☆
お父さんのプレゼントにも、いいかと思いますよ💛

モニターキャンペーンの詳細はこちらのページです(*^▽^*)

お酒は健康的にたしなむのが一番ですからね~(^^♪
ぜひ、博多弁天堂で、美味しいお食事とお酒を楽しんでみてくださいね!
それでは♬

店名  博多 弁天堂
電話番号 050-3476-6422
住所 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-41
営業時間
月・火・木~日 ランチ 11:00~16:00(L.O.15:00)
月~木・日・祝日 ディナー 17:00~23:30(L.O.23:00)
金・土・祝前日 17:00~24:30 (L.O.24:00)
定休日  毎週水曜日 ランチ休

最近書いた一番おすすめの記事です↓

※今だけ!福岡の会社・JIMOSの自然派の無添加スキンケア「coyori」が、通常7000円→破格の980円セール中!その人気の秘密とは?

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


 

謎のB級スポット、怪しい少年少女博物館&まぼろし博覧会@伊豆

伊豆って、ヘンテコな博物館がたくさんあるんですよね。
今回は、中には立ち寄ってないですが、
立ち寄って、外観だけ写真を撮ってきました!

怪しい少年少女博物館

怪しいなんて、言うまでもなく、外観からして、非常に怪しい・・・

ペンギン伯爵や、小便小僧ならぬ、小便二宮金次郎がおります。
入口には、めちゃめちゃ安い昭和のおもちゃや、変な本が販売されていました。   中は、お化け屋敷やレトログッズの展示があるみたいです。



まぼろし博覧会✨

アホとボケの楽園(パラダイス)だそうです。

こちらも、今回は時間がないので、外観だけ見てきました。
 
外観だけでも十分見ごたえがあり、ツッコミどころ満載でした。
アベックベンチや、屁リンピック会場などがあります。

 
神社の鳥居があり・・・いろんなナゾの神様がいます。

まぼろし神社
 
左のは桃太郎と鬼さんの仲直り神社・・・
右のは、足柄山の逆立ち金太郎らしい。

ゴリラのものは、美少女神社・・左の気持ち悪いのは、トモダチ神社らしい。
ティラノザウルスもいました。謎すぎる。

受付嬢が怖い。貞子みたいになっています(;´・ω・)
外観はここまで。ここから先は、入場料がかかるとのことでした。
もう、中に入らなくても十分満足してしまった。笑

この同系列では、ねこの博物館というものもあるようです。
たぶん、こっちは真面目なかんじかと思われます笑
個人的には、地獄について知ることが出来るという、伊豆極楽苑に行ってみたいな。
伊豆に行かれた際は、ぜひ謎の博物館シリーズに
立ち寄ってみて感想をお聞かせください。
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!



全国ナンバーワン!グランイルミの異世界体験!@伊豆

全国イルミネーションランキング1位のスポットに行ってきました!

✨伊豆ぐらんぱる公園

夜のライトアップは21時半まで、料金は1500円です。
ここは、東京ドーム2個分の敷地に、600万個のLEDが敷き詰められており、
電球の数は、世界一の高密度なんだとか!
アクセスはあまり良くないので、車で行くのがオススメですよ。
お昼は公園なので、トランポリンなどのアスレチックや、
ジップラインなど、ちょっとしたアトラクションも楽しめますよ。

虹のゲートをくぐり、早速潜入です✨
たんぽぽの草原エリア!なんとその数、30000本以上です。
カラフルなたんぽぽがとっても幻想的でした。
動物のオブジェなどもたくさんありました。
その先には、「夢のトンネル」を発見!

くぐっていくと、だんだん色が赤色メインに変わっていきます。
異世界の始まりって感じでした!
トンネルを抜けると、とてつもない大きさの大画面があり、
そして、30分に一度ある、光と音のレーザーショーがあっていました。

迫力ある大画面・・・本当にでかいっ!!

こんな凄いロケーションなのに、ほとんど人がいなくて貸し切り状態。
 
まるでディズニーランドの世界に迷い込んできたみたい!!!
 海底をイメージした空間には、お魚さんが沢山いました。

広い敷地内。どこからみても絶景です。

公園の奥からの全体ショット。
写真では、この規模感を伝えられません。
こちらはスイーツランタンエリア。とっても可愛いオブジェがたくさんでした!



そうこうしているうちに、今度は、
10分に1回のイルミネーションショーが始まりました。
セカオワの音楽に合わせて、壮大な空間が動き始めます。

もう、すごいとしか言い切れない、非日常の体験でした!
イルミネーションといえば、三重のなばなの里もかなりの人気ですが、
私は圧倒的に、こちらのほうが好みでした~(*^▽^*)♬

たくさんの工夫を凝らしたグランイルミ。
大満足間違いなしのオススメスポットですよ~♬
みなさん、ぜひ行ってみてね。

HPはこちら!!

期間:2017年11月11日(日)~2018年8月末日(予定)※2018年4月以降平日定休日あり
場所:伊豆ぐらんぱる公園内「グランイルミ」特設エリア
時間:16時30分~21時30分(予定)※季節により変更があります。
入園料金:大人(中学生以上)1,500円 小学生800円 幼児無料 ※小学生以下は要保護者同伴
駐車場:約1,000台 夜間駐車料金無料
お問い合わせ:伊豆ぐらんぱる公園 伊東市富戸1090 0557-51-1122(代)

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!