妊娠・出産で学んだこと・オススメのサービス&グッズまとめ。

※まだ読んだことない方は、こちらもどうぞ!
怒涛の出産レポート<前編>
怒涛の出産レポート<後編>

今回、妊娠中~出産後で大活躍したものやサービス、
また、今回の学びより、次回から利用したいものを紹介します。
みなさんの参考になりましたら幸いです!

<今回の学び・反省点>

・入院の準備は、なるべく早めにしておくこと。
お産って、いつ始まるか、どんな速度で進むか分からない。
カバンにひとまとめにして、すぐ入院できる状態にスタンバイすべし!
揃えるのが面倒な方には、以下のような出産準備セット などもありますよ(^_-)-☆

ママのための出産準備セット(ピンク)

 ○アメジストママとベビーの水だけぬれコットン40包入 1個
○ママ色ニッパー(伸縮腹帯) 1枚  ○オサンパットロイヤルタッチL1入 1袋
○オサンパットロイヤルタッチM10入 1個
○オサンパットロイヤルタッチS10入 1個 ○アメジスト母乳パッド36枚入 1個
○授乳ブラ水玉ピンク 1枚  ○産褥ショーツ水玉ピンク 1枚

・陣痛が来たら、なるべく早めに、病院へ行くこと!!
私は、家でギリギリまで待機し、大変なことになってしまったので・・・。
引き返されてもいいから、早めに行っておけば良かった!と本当に後悔しました。

・無痛分娩は、本当にオススメ!
リラックスした状態でお産が出来るので、母体のダメージも少なくて済みます。
痛みはないけれど、ちゃんとお腹が張って、陣痛が来た瞬間は分かるので、
いきむタイミングも分かったし、出産している感覚はちゃんとありました。

<妊娠中のお役立ちアイテム>
神アプリ「トツキトオカ」

ダウンロードしている友人も多い、このアプリ。
出産予定日に合わせて、カウントダウンしながら
アプリの中の赤ちゃんが、成長していきます。
毎日セリフが変わるから、日付が変わって
アプリを開くのが楽しみだったな~。
ポーズも色々あり、パパともアプリ連携が取れます。
出産して、このアプリを使わなくなったのが
ちょっと寂しい・・・(´・ω・`)
ぜひ、産まれたその後の育児バージョンも、
開発してほしい!
トツキトオカのダウンロードはコチラ
トツキトオカ(Android)

マタニティフォト
最近、マタニティーフォトや、ベリーペイントされるママ多いですね!
私はやらなかったですが、お腹の成長記録はたまに自宅で撮っていました。
産後になり、やっぱり、写真に収めててよかったな~と思っています(^_-)-☆
プロの方に撮ってもらったり、ベリーペイントもしたいという方は、
スタジオエイメイ」のマタニティフォトが、業界最安値で良いみたいですよ(^^♪
マタニティフォトの料金表はコチラ

・スイカ
夏につわりが一番ひどい時期で、とにかくスイカには助けられました。笑
つわりの時、脂っこいものや酸っぱいものが食べたくなったら男の子、
甘いものが食べたかったら女の子という言い伝えがありますが、
私はひたすら甘いものが食べたかったので当たっていました。
他の人がどうだったのかも、聞いてみたいな。

犬印本舗の腹帯
妊娠5ケ月目、安定期に入った戌の日あたりから腹帯を付け、
お腹を温めたり、お腹を支えると良いとされていますが、
今回、私は一度も腹帯を使いませんでした。
ちょうど冬の時期もあり、冷えたのか、切迫早産になったので、
もっとお腹を温めたり支えるのに、必要だったかなぁ~と思いました(・_・;)。

妊娠線予防クリーム
miteteの妊娠線予防クリーム(2800円→最安値は3個で6720円)
女性100人の声から生まれた、妊娠線予防にオススメのクリーム。
妊娠線を消したい方に、産婦人科でも紹介される商品だそうです。
お手頃価格でちょっとしたプレゼントにも最適。

初産婦は50~60%、経産婦は80%の確率で、妊娠線が出来ると言われています。
大丈夫だった・・と安心していたら、臨月に一気に出来るケースも多いです。
特にやせ型の人や、乾燥肌の人はしっかりケアしておくことをおススメします!

「快適スルン」などの、完全無添加の便秘薬
産前、産後の友人からよく耳にするのが、便秘の悩み。
本来はしっかり野菜や食物繊維、水分をとっていれば大丈夫なのですが、
それでもやっぱり便秘に悩むママが多いみたいです。
妊娠中や授乳中は、せめて赤ちゃんへの影響が少ない
快適スルンのような、完全食物由来の便秘薬がオススメですよ。
ちなみに私は、いつも八百屋から焼き芋を大量に買っていたので、
便秘とは無縁の妊娠生活でした。焼き芋パワーは凄いですよ!笑

ベリーローズの香りの愛肌ソープ
洗うだけでデリケートゾーンの臭いを改善する美容石鹸。ベリーの香りの可愛いパッケージです。

足のむくみに「するっと小町」
妊娠後期の足のむくみに。赤ブドウの葉が、足を引き締めてくれるサプリです。
運動不足の方や、長時間のフライトで足がむくみやすい方にもオススメ。

<出産時のお役立ちサービス>
アプリ「陣痛きたかも」
すごくシンプルかつ、分かりやすい陣痛計測アプリです。
「陣痛きたかも」「おさまったかも」のボタンを押すだけで、
陣痛が来た時刻・陣痛の間隔・持続時間を計測、記録してくれます。
この間隔が、お産の進行や入院のタイミングの目安になるので、
ダウンロードしておくことをおススメします☆彡

・陣痛タクシー
私は、早朝に突然破水してしまい、タクシーが捕まらず、辛い思いをしました。
今回は、本当にヤバい状態だったので、なんとか救急車が来てくれましたが、
一般的には、陣痛で救急車が来てくれることってあまりないようです。
また、普通のタクシーでは、清掃代などを後から請求されることもあるそうなので、
ちゃんと陣痛タクシーを、事前登録しておけば良かった・・・と思いました。
詳しくは、全国子育てタクシー協会のホームページを参考にされてみてくださいね。

<産後すぐ必要になったもの・あると便利なもの>
アプリ「授乳ノート」

陣痛きたかもアプリの、授乳版です!
慣れない授乳で手こずりながら、
時間を測ったり、時間を記録したりするのは大変。
このアプリを使えば、育児管理が簡単に出来ますよ(^_-)-☆

母乳パッド
初めて母乳が出たときは、身体の神秘に感動!!
・・・と思うのもつかの間、
数日後には、勝手に母乳がポタポタ出てきて、困ったことに!!(;’∀’)
個人差はあると思いますが、事前に準備しておくと安心です~。

授乳クッション
 産婦人科で使っていました。これを使うと、授乳がしやすかったです!
まぁ、よく考えたら、座布団を二つ折りにしてもいいのかも?購入検討中。

・「エマムール」のおくるみ
産後、すぐ必要になるグッズが、赤ちゃんのおくるみ。
準備するなら、さらに機能性があるものを!と調べていると、
エマムールのおくるみを見つけました。

これは、「赤ちゃんの睡眠を促す新しいおくるみ」らしく、
他のおくるみとの違いは、適度な締め付けで、母体内を再現し、
赤ちゃんが安心して夜泣きせず寝てくれる、安眠おくるみなのです。
寝かしつけが大変なので、試してみる価値あり!!

ミルトン

産婦人科で、使うようにと言われたのですが、
疑ぐり深い私は、コレ、本当に使うべきなのか、悩みました。
(なんか、薬剤で消毒するって、危なそうだなぁとか思って。)
でも調べたところ、やはり新生児は常在菌にも弱いので、
念のために、最初だけは使ったほうがいいかな、という結論に至りました。
(本当は、煮沸消毒のほうが、より良いのかもしれませんが・・・)
自然派育児をしたいけど、完璧にやりすぎると、ちょっと身が持たない。
ある程度の妥協もしつつ、出来るところは努力していけたらなと思います✨

ピジョンのさく乳器
これは、必要ない方もいるかもしれませんが、
赤ちゃんが同じ日に退院できなかったり、
すぐに母乳をあげられない状況のときには、
とってもおススメのグッズです!
ハンドルを握ると、吸引圧で母乳がしぼれます。
この母乳を、専用の冷凍バックにいれておけば、
いつでも手軽に母乳を飲ませることが出来ます。
母乳、特に初乳は免疫成分がたっぷりなので、なるべく飲ませてあげたいのですが、うちの赤ちゃんは低体重で、まだ病院に居残り中。
なので、これで母乳をちょこちょこ保存しては、持って行っています。
搾乳って、思ったよりも楽しい。。。笑
牛さんになった気分を味わっております。笑


<これから、使えそうなもの>
アプリ「ぐっすりんベビー」
あかちゃん快眠の音楽が流れるアプリです。
これで寝かしつけの時間が半分になるらしい!

クマイリー
最近、話題になっている、ぐずり泣き防止グッズです。

見た目は、ただのクマのぬいぐるみなのですが、
研究を重ねた効果音や、ママの声の録音機能により、
あかちゃんのぐずり泣きがピタッと止むらしい!
お出かけ時や、誰かに預かってもらうときに重宝しそうです✨

メディパラソル
妊娠するとメラニンが増える結果、シミが増えやすくなっちゃうんですよね。
飲むだけで簡単に美白を目指せるサプリ。

赤ちゃんとママに使えるシャンプー「SEDY」
産後の抜け毛や髪トラブルにおすすめな上に、
完全無添加で赤ちゃんも一緒に安心して使えるシャンプー。
市販の添加物まみれのシャンプーは使いたくないけど、
石けんシャンプーはやっぱりキシみが気になる・・という方にオススメです。

ルイボスティー
授乳中は、どんどん水分がとられるので、良質な水分補給が肝心!!
オーガニック・ノンカフェインのルイボスティーがオススメです♪
これは、「ルイボス」というマメ科の植物の葉を乾燥させたお茶なのですが、
原産国の南アフリカでは、「奇跡のお茶」と呼ばれています。
マグネシウム・亜鉛・カリウム・カルシウム・リンなどミネラルが豊富に含まれていて、
便秘の改善や整腸作用もあります。味も、飲みやすいですよ(^_-)-☆↓


・甘酒(※米と米麹のみで作られたものに限ります。)
「飲む点滴」とも言われる、私の大好物の甘酒!!
母乳の質を良くするのにも最高なので、これからどんどん飲もうと思います♬
オススメは、古町糀製造所のと、八海山の乳酸発酵の麹あまさけです。
乳酸発酵したものは、飲む植物性ヨーグルトのようで、身体が喜んでいるのが分かります。
 
麹を用意して、炊飯器で自分で作る甘酒も、酵素が生きていてまた格別ですよ~。
作り方は、また後日アップしようと思います☆

スイマーバ
youtubeで赤ちゃんがスイマーバで浮いているのを見て、とっても可愛いな~と思ったので(^_-)-☆
早くスイマーバで一緒に遊びたい。

赤ちゃんの乾燥肌対策に!ぬくもりミルクローション
赤ちゃん=スベスベのお肌と思っていましたが、現実は意外と荒れやすい・・・
うちの子はまだマシなほうらしいですが、乳児湿疹に悩むママは多いみたいです。
でも首はすぐただれちゃうので、無添加のローションがあったほうがいいかも(^_-)-☆

他にも色々ありますが、今日はこの辺で!!
それでは(^_-)-☆

美しく完成させるアミノ酸サプリの「アミノスパルタンGOLD」



Psホワイトクリーム

ナノインパクト

premiumgood

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

波乱万丈・怒涛の出産レポート<後編>

怒涛の出産レポート<前編>からの、続きです。

コタツでゴロゴロしながら、
よくわからないまま、陣痛の間隔を計測していた私。


付は変わって、3月5日。
時刻は、朝5時をまわっていました。

寝ぼけてて、途中で、計測が正確ではなくなっていました。
寝れる余裕があるということは、まだ大丈夫なのかな。

5時半ごろから、眠気もおさまり、引き続き計測を再開。

ズーンの間隔が、なんとなく5分を切りそうな感じ。
痛みも、ちょっと、重くなってきている気がする。
そろそろ、また病院に連絡したほうがいいのかなぁ・・・。

そんなことを考えながら、パソコンをいじっていると、

ドゴンッ!!

とお腹から、今までにない爆発音が。

?!?!?どうした?!?!?!
あかにゃん、カメハメ波でも出したのか?!

と思うのもつかの間、
ダーーーーっと、ダムが決壊したように、一気に水が出てきました。

やばい。

破水した!!!!

しかも、とんでもない勢いで!!!

その瞬間、
数分前までのん気にしていたのが信じられないほど、
突然、言葉では表現できない、「死にそうな状態」になりました。

痛い!!!!

動けない!!!

というか、もう、一気に出てきてしまいそう!!!

まさか、自宅のコタツで!?!?!!

助けて!!!
死ぬ!!!

隣の部屋で寝ているせーじくんに、
声をふりしぼり、助けを呼びました。
起きねぇぇ!!!!(´;ω;`)

すかさず、LINE通話!!!
なんとか、起きてくれました( ;∀;)

急いで、タクシーを呼ぼうとしてくれましたが、
このとき、時間は朝6時すぎ。
ほとんどのタクシーが出払っているようで、
配車できる車が、どこにもない・・・。


5分起きの「ズーン」という激痛が来るたびに、
あかにゃんが、どんどん進んできてるのがわかる。
どうしよう。
怖すぎる!!!
このままでは、病院に間に合わない。
生まれてしまう。
どうしたらいいの?!
呼吸は困難、意識は朦朧としていました。

私の死にそうな様子に、せーじくんもパニックに。
救急車を呼びました。
来るまで、5分かかるとのこと。
私にとっては、あまりにも長すぎる時間でした。
部屋に、救急隊員がたくさん来て、私は担架で運ばれました。

病院までは、車で20分もかかります。

規則的に来る激痛を、あかちゃんが出ないように、
力をいれずに、こらえなければいけません。
やり方も分からないし、何の知識もなかった。

意識の仕方を変えよう・・・。
もう、この痛みと格闘するのではなく、
この陣痛と、新しい命に、感謝しよう。
全力でこの激痛を、愛そう。
それしか、思いつく方法はなかったです。

私は、陣痛が来るたびに、「ありがとうございます」
と、一心不乱に、心の中で唱えました。

悟りを開いて、成仏しそうな勢いでした。

この、「ありがとうございます念仏法」のおかげで、
なんとか、病院まで、持ちこたえました。。。!

実は、今回のバースプランは無痛分娩だったのです。
こんだけ痛い思いして、今さら・・って感じもしますが、
「とにかく早く麻酔してくださいぃ~~!!」
と、最後の力をふりしぼり、意志を伝えました。
時刻は、夜明けの7時前。

麻酔が効くまでに、さらに20分・・・・。

麻酔が効いて、分娩の準備が始まる。
ううう、やっと落ち着いた・・・

着いた時点で、すでに、子宮口は全開だったみたい。(;´・ω・)

時刻は、7時半ごろ。
助産師さん「いきんでみてください」
私「いきむってなんですか?!?!??!

よくわからないまま、お腹に力をいれてみました。
助産師さん「そうそう、そんな感じ。」
助産師さん「もう一回、やってみてください」

静まりかえった部屋に、助産師さんと2人きり。
私「・・・これって、練習ですよね?!」
助産師さん「本番ですよ

・・・・えっ!?!??!(゚д゚)!!!

ということで、もともと立ち合い希望だったせーじくんを慌てて呼ぶ。
あやうく、置いてきぼりにしてしまうところでした。

助産師さん「そうそう、上手にいきめてますよ」
・・・ちょっと待って、
私、何にも力入れてないんですけど・・・!笑

とりあえず、今から本番だ!という気持ちで、力を入れてみる。
助産師さん「はい、もう力入れなくていいですよ、
胸の前で、三回息を吐いてくださいね~~~」

オギャ~~~

えええええ!!!
生まれてしまった!!!!

あっけない!!!!笑
時刻は、7時50分でした。
もう、あまりにもツッコミどころが多すぎて・・・・!!

怒涛すぎる2時間。
病院に到着して、たった1時間弱。

さぁ、今から産むぞー!って気持ちになり、
実際に産まれるまでにかかった時間、たぶん1分ぐらい。。。

そのときに頭をよぎった言葉。
これこそまさに、「案ずるより産むが易し」・・・

初産だし、身体は小さいし、
きっと長時間の難産になるだろうなって思ってた。

旦那も、声をかけたり、背中さすったり、
ずっと立ち会ってサポートするイメージだったので、
あまりのスピード出産に、拍子抜けしておりました。

というか、無痛分娩にしてたというのに、
こんな痛みを味わうことになるとは、思ってもみなかった。苦笑
ある意味、一回のお産で、どちらも経験できたから良かったのか・・・(前向き)
救急車の時点で、すでに産まれておかしくない状態だったみたいだし。
最近ニュースで見た、電車で破水して出産したお母さんの状態がすごく分かりました。
はぁ~~~コタツで生まれなくてよかった・・・(T_T)

お産のエピソードって、十人十色。
これも、波乱万丈な、自分らしい出産なのかもしれません。笑

まぁ、なにはともあれ、
元気に生まれてよかった!!

その夜は、優しいオルゴール音が響く病院で、
ベランダで春の兆しを感じる夜風に当たりながら、
今までに感じたことないような、
胸がキュッとなる、切ない感覚になりました。

この10か月間、一心同体だった赤ちゃんが、
もう、このお腹の中にいないという不思議。

ホルモンバランスのせいなのか、
感受性がすごく敏感になっていて、
毎日、嬉しさや、切なさで、ママは、涙腺がゆるみっぱなしです。
 
とっても愛くるしい、あかにゃん。
生まれてきてくれて、ありがとう。
これから大事に育てていくからね。

長くなりましたが、
お読みいただき、ありがとうございました。
それでは!!

※妊娠・出産での学び・必要なもの、役に立ったものなどの
まとめページを作りました。今後出産を控えている方はぜひ参照ください☆彡
妊娠・出産で学んだこと・オススメのサービス&グッズまとめ。



以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

波乱万丈・怒涛の出産レポート<前編>

うまれたぁぁぁ!

予定日の3月12日よりも、
ちょうど一週間早い、3月5日(39週0日)に、
元気な女の子の赤ちゃんが生まれましたー✨

ということで、記憶が鮮明なうちに、
この1か月間を振り返り、書き綴ろうと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

福岡に帰省したのは、2月初旬。
34週6日目で、切迫早産と診断され、
突然の外出禁止・自宅安静生活を余儀なくされました。

2週間の投薬治療は、
子宮の収縮を抑えるための薬の副作用がしんどくて、
動悸や眠気で、あまり動けませんでした。

37週目を過ぎ、やっと外出許可が出ても、
薬をやめたら、すぐ産まれちゃうんじゃないかと思うと、
ビビってしまい、何も出来ない日々が続きました。

初めての出産に対する恐怖。
今までにない心身やホルモンの変化。
産後、私の人生はどうなっていくのかな・・、

そんな、漠然とした沢山の不安を
落ち着かせてくれたのは、
「いま・ここ」という大好きな言葉。

どんなに過去を嘆いても、
どんなに未来に怯えても、
人は、「いまとここ」しか、生きることができない。

いま・ここを生きることに、集中しよう。
いま・ここを、全力で生ききろう。

そう思うと、今すべきことが、自然と見えてくる。

答えはシンプルで、
一分一秒、悔いのない選択をしていくだけのこと。
・・・よし、今出来る限りのことをやろう!

そんな「いま・ここ」の精神と、
なんだかんだ、まだ生まれないだろう!
という楽観的思考があいまって、
だんだん、調子に乗り出す私。笑

朝まで料理を作ったり、
企業の展示会に話を聞きに行ったり、
大濠公園をお散歩したり、
友人と再会し、新たな面白い出会いがあったり。

車の運転は、毎日していたし、
一人で勉強しているうちに、帰りが夜中になることもあった。
↑※臨月の妊婦さんはマネしないでね。笑

そして、38週6日目の、3月4日。
この日は、行きたいお店があったので、福岡市内を脱出。
朝からお父さんと那珂川町&春日市まで、ドライブしました。

お昼は、インド人もびっくりなほど日本人向けにアレンジされている、
インドカレー屋さん「アバシ」でランチをすることに。(美味しいよ!)

お手洗いに行くと、軽く出血していることに気づきました。

これは「おしるし」と呼ばれる、出産の兆候だ・・・!!

こんな遠方で、いきなり出血するなんて。
かなり、かなり動揺しました。(´・д・`)

しかし、お父さんは、私を上回る楽観主義者なうえ、
タクシードライバーなので、陣痛や破水した妊婦さんを見慣れているのか、
「大丈夫、問題ない」と、戸惑う気配なし。
少しは、心配してよ・・・!と思いました。笑

もう、カレーどころではなかったので、テイクアウトしようとしましたが、
出来ないと言われたため、結局、完食。
(こんなときでも、食べ物は、大事なのです。笑)

まぁ、この時期の出血は、よくあることで、大丈夫みたい。
ということで、引き返さずに、予定を続行しました。

夕方になり、お父さんは遊びに行くとのことで、
私を送ることもなく、途中で解散。(どこまでも心配されてない。)
私は、家から15km離れたお店で、引き続き、買い物をしていました。


あっという間に暗くなり、時刻は、夜19時半。
全ての用事を終え、今から家まで帰ろうとしたとき・・・、
何となく腹痛があり、お手洗いに行きたくなったため、店員さんに場所を確認しました。

しかし、そのお店にお手洗いはなく、
外に併設された公衆トイレは、真っ暗で危ないため、
他のところに行ったほうが良いとのこと。

わざわざ探すのも面倒だったので、
そのまま我慢し、家に帰ることにしました。

無事に、運転して帰宅し、お手洗いへ。
お腹に力を入れると、また少し出血しました。

そのあと、部屋でゴロゴロしていると、
なんか、いつもとは違う感覚が来てる??
ということに気づきました。

今までのお腹のハリは、上の外側にグーっと伸びる感じだったけど、
このときは、下の奥側にズーンと引き下ろされるような感じ。

もしかして、これが本陣痛・・?

しかし、本陣痛はめちゃ痛くて、誰でもわかるらしい。

私は、そこまで痛くなかったので、
マイペースに入院準備をし、普通に過ごしていました。
そろそろ、このお腹とお別れかな?と思い、記念に写真を撮りました。

でかいな~~~~(゚д゚)!※見苦しくてすみません。
お腹の形も、この数日間で一気に、丸くなりました。
超心配だった妊娠線は、出来ないまま、
綺麗なお腹をキープできたから、よかったです(^▽^)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※余談:妊娠線について※
妊娠線が出来るのが気がかりだったので、色々と研究しました✨
妊娠線予防には、このストレッチマークオイルが、オススメですよ。
もし、すでに妊娠線・正中線が出来てしまった方は、
この「NOCOR」のクリームが、妊娠線を消す作用は強いと思います。
でも、これら2つは高いので、もう少しリーズナブルなものが良ければ、
こっちの「プレマーム」のクリームが、安いので、たっぷり使えますよ。

(↑初回だけ73%引き・送料無料なので、試してみるのにおススメ。)

臨月になると、一気におなかが大きくなるので、
妊娠線で不安な妊婦さんは、是非、試してみてくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、夜、23時すぎ。
その、ズーンが規則的に来ていることに気がつき、
陣痛きたかも」というアプリで時間を計ることにしました。

間隔は、バラバラですが、
ズーンという重みは、約1分で治まっていました。
でも、やはり、「メッチャ痛い!!」ってほどではない・・

横になっていたら、こらえきれる痛みです。
これは陣痛なのか、なんなのかも分からない。

ひとまず、病院に連絡しました。
痛みはひどくなく、破水もしてないことを伝えると、
初産は 陣痛が途中で遠のくことも多いので、
しばらく様子を見て、メッチャ痛くなるか、
間隔が五分きりそうなら、また連絡くださいとのことでした。

とはいえ、全てが初体験。
計測は、痛みの始まりと終わりにボタンを押すだけなのですが、
「痛い・・のかな、これは?」などと考えてるうちに、
タイムラグが生じて、正確に測定も出来ない。
そもそも、これが本陣痛なのか、確信も持てていない。

あっというまに、夜中3時。

家族も寝しずまり、私もコタツでウトウト・・
気づいたら40分ぐらい、寝てしまっていました。

起きて、ハッとしました。

もし入院することになるなら、
今日買ったケーキを今のうちに食べておかねば!!笑

・・・と、また食べ物のことを考え、深夜のスイーツタイム。

甘いもので満足した私は、またコタツでうたたねしてました。

このときは、その後、突然の悲劇が待ち受けているとは、思いもしなかった・・・・

後編につづく→【こちらをクリックしてね。】
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.