HUMAN

波乱万丈・怒涛の出産レポート<後編>

怒涛の出産レポート<前編>からの、続きです。

コタツでゴロゴロしながら、
よくわからないまま、陣痛の間隔を計測していた私。


付は変わって、3月5日。
時刻は、朝5時をまわっていました。

寝ぼけてて、途中で、計測が正確ではなくなっていました。
寝れる余裕があるということは、まだ大丈夫なのかな。

5時半ごろから、眠気もおさまり、引き続き計測を再開。

ズーンの間隔が、なんとなく5分を切りそうな感じ。
痛みも、ちょっと、重くなってきている気がする。
そろそろ、また病院に連絡したほうがいいのかなぁ・・・。

そんなことを考えながら、パソコンをいじっていると、

ドゴンッ!!

とお腹から、今までにない爆発音が。

?!?!?どうした?!?!?!
あかにゃん、カメハメ波でも出したのか?!

と思うのもつかの間、
ダーーーーっと、ダムが決壊したように、一気に水が出てきました。

やばい。

破水した!!!!

しかも、とんでもない勢いで!!!

その瞬間、
数分前までのん気にしていたのが信じられないほど、
突然、言葉では表現できない、「死にそうな状態」になりました。

痛い!!!!

動けない!!!

というか、もう、一気に出てきてしまいそう!!!

まさか、自宅のコタツで!?!?!!

助けて!!!
死ぬ!!!

隣の部屋で寝ているせーじくんに、
声をふりしぼり、助けを呼びました。
起きねぇぇ!!!!(´;ω;`)

すかさず、LINE通話!!!
なんとか、起きてくれました( ;∀;)

急いで、タクシーを呼ぼうとしてくれましたが、
このとき、時間は朝6時すぎ。
ほとんどのタクシーが出払っているようで、
配車できる車が、どこにもない・・・。


5分起きの「ズーン」という激痛が来るたびに、
あかにゃんが、どんどん進んできてるのがわかる。
どうしよう。
怖すぎる!!!
このままでは、病院に間に合わない。
生まれてしまう。
どうしたらいいの?!
呼吸は困難、意識は朦朧としていました。

私の死にそうな様子に、せーじくんもパニックに。
救急車を呼びました。
来るまで、5分かかるとのこと。
私にとっては、あまりにも長すぎる時間でした。
部屋に、救急隊員がたくさん来て、私は担架で運ばれました。

病院までは、車で20分もかかります。

規則的に来る激痛を、あかちゃんが出ないように、
力をいれずに、こらえなければいけません。
やり方も分からないし、何の知識もなかった。

意識の仕方を変えよう・・・。
もう、この痛みと格闘するのではなく、
この陣痛と、新しい命に、感謝しよう。
全力でこの激痛を、愛そう。
それしか、思いつく方法はなかったです。

私は、陣痛が来るたびに、「ありがとうございます」
と、一心不乱に、心の中で唱えました。

悟りを開いて、成仏しそうな勢いでした。

この、「ありがとうございます念仏法」のおかげで、
なんとか、病院まで、持ちこたえました。。。!

実は、今回のバースプランは無痛分娩だったのです。
こんだけ痛い思いして、今さら・・って感じもしますが、
「とにかく早く麻酔してくださいぃ~~!!」
と、最後の力をふりしぼり、意志を伝えました。
時刻は、夜明けの7時前。

麻酔が効くまでに、さらに20分・・・・。

麻酔が効いて、分娩の準備が始まる。
ううう、やっと落ち着いた・・・

着いた時点で、すでに、子宮口は全開だったみたい。(;´・ω・)

時刻は、7時半ごろ。
助産師さん「いきんでみてください」
私「いきむってなんですか?!?!??!

よくわからないまま、お腹に力をいれてみました。
助産師さん「そうそう、そんな感じ。」
助産師さん「もう一回、やってみてください」

静まりかえった部屋に、助産師さんと2人きり。
私「・・・これって、練習ですよね?!」
助産師さん「本番ですよ

・・・・えっ!?!??!(゚д゚)!!!

ということで、もともと立ち合い希望だったせーじくんを慌てて呼ぶ。
あやうく、置いてきぼりにしてしまうところでした。

助産師さん「そうそう、上手にいきめてますよ」
・・・ちょっと待って、
私、何にも力入れてないんですけど・・・!笑

とりあえず、今から本番だ!という気持ちで、力を入れてみる。
助産師さん「はい、もう力入れなくていいですよ、
胸の前で、三回息を吐いてくださいね~~~」

オギャ~~~

えええええ!!!
生まれてしまった!!!!

あっけない!!!!笑
時刻は、7時50分でした。
もう、あまりにもツッコミどころが多すぎて・・・・!!

怒涛すぎる2時間。
病院に到着して、たった1時間弱。

さぁ、今から産むぞー!って気持ちになり、
実際に産まれるまでにかかった時間、たぶん1分ぐらい。。。

そのときに頭をよぎった言葉。
これこそまさに、「案ずるより産むが易し」・・・

初産だし、身体は小さいし、
きっと長時間の難産になるだろうなって思ってた。

旦那も、声をかけたり、背中さすったり、
ずっと立ち会ってサポートするイメージだったので、
あまりのスピード出産に、拍子抜けしておりました。

というか、無痛分娩にしてたというのに、
こんな痛みを味わうことになるとは、思ってもみなかった。苦笑
ある意味、一回のお産で、どちらも経験できたから良かったのか・・・(前向き)
救急車の時点で、すでに産まれておかしくない状態だったみたいだし。
最近ニュースで見た、電車で破水して出産したお母さんの状態がすごく分かりました。
はぁ~~~コタツで生まれなくてよかった・・・(T_T)

お産のエピソードって、十人十色。
これも、波乱万丈な、自分らしい出産なのかもしれません。笑

まぁ、なにはともあれ、
元気に生まれてよかった!!

その夜は、優しいオルゴール音が響く病院で、
ベランダで春の兆しを感じる夜風に当たりながら、
今までに感じたことないような、
胸がキュッとなる、切ない感覚になりました。

この10か月間、一心同体だった赤ちゃんが、
もう、このお腹の中にいないという不思議。

ホルモンバランスのせいなのか、
感受性がすごく敏感になっていて、
毎日、嬉しさや、切なさで、ママは、涙腺がゆるみっぱなしです。
 
とっても愛くるしい、あかにゃん。
生まれてきてくれて、ありがとう。
これから大事に育てていくからね。

長くなりましたが、
お読みいただき、ありがとうございました。
それでは!!

※妊娠・出産での学び・必要なもの、役に立ったものなどの
まとめページを作りました。今後出産を控えている方はぜひ参照ください☆彡
妊娠・出産で学んだこと・オススメのサービス&グッズまとめ。



以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています