TRIP

料理修行旅 inメキシコ ~ゲストハウスの朝ごはん~

記念すべき 第一回目の料理修行!
最初は、どうやって現地の方に料理を教えていただいたらいいのかよくわからず、
見知らぬ人やレストランに 声をかける勇気もなかったため、
まずは手始めに、「宿泊しているゲストハウス内の朝食作りの手伝いをする」
というところから、チャレンジしました。宿泊していたメキシコシティーの日本人宿、「ぺんしょんあみーご」。

今回、料理を教えていただいたのは、あみーごのオーナー、マリアさんです。

「あなたのソウルフードはなんですか?」という問いに、
「MOLE DE OLLA ENCHILADA」(トルティーヤ(タコス)をチョコと唐辛子ソースに浸したもの)
「PANCITA」(牛の胃袋のチリ煮込み)と答えるマリアさん。…私の苦手なものばかりです(;’∀’)汗



さて、本題。

ゲストハウスの朝食作りは、夜明け前の真っ暗な時間から始まります。
今日は、卵サラダとトーストでした。
・・えっ、これ、メキシコ料理じゃないんじゃないかって??
まぁ今回はウォーミングアップということで許してください((;´・ω・))汗

 
フジッリ(ねじれているマカロニ)をゆで、玉ねぎとニンニクをみじん切りにします。
その間に、大量のゆで卵を 包丁で刻んでいきます。
 
空中で器用に 手際よく卵を刻むマリアさん。私は 少々緊張しております(;´・ω・)
 
油でニンニク、玉ねぎをしっかり炒め、そこにゆで卵とパスタを投入。
日本の卵サラダは玉ねぎを炒めないし、にんにくも使わないので珍しかったです。
粗熱を取り、ライムジュース入りのマヨネーズで和えます。
メキシコはホント、アボカド&ライム率が高い!!

あっというまに完成~~~☆彡

ザ・家庭料理!という優しい味で、トーストとの相性抜群で美味しかったです。
本当は毎日でも起きてお手伝いしたかったけど、疲れと眠気で無理でした(・_・;)
毎朝こんな早くから、朝ごはんを作るって本当に凄いことだ!!

次回の料理修行は、ペルー!お楽しみに(^_-)-☆



ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています