行かなきゃ後悔するよ!ペルーの安ウマご当地グルメは、地元ローカルの「マグダレナ市場」におまかせ!

旅先で、世界の料理を色々楽しみたいあなた!
食に興味があるなら、レストランでなくローカルな市場に行くことをオススメします。

グルメ旅でローカルな市場がオススメな理由

私がローカルな市場にいくのは、このような理由があります。

・少量で、色んな料理を気軽にちょこちょこと楽しめる
・沢山の料理を実際に自分の目で見ることが出来る
・その国の特徴的な農産物をはじめ、食文化が集約されている
・観光価格ではないため、とてもリーズナブル などなどです。

なので私のように、 「その国の食を最大限に楽しみたい!」 という方には特におすすめです。

逆に、ローカル市場のデメリットな部分としては、
・当たり外れが大きい(日本人の口に合わないときもある)
・現地の言語で書かれているので、ある程度の予備知識がいる
なので、「確実に美味しいと分かっているものしか食べたくない」「旅の中で食に重点を置いていない(食に興味がない)」タイプの方は、観光客向けレストランのほうが、無難かもしれません。

ですが、ローカルな市場巡りは、1度ハマると、未知の冒険のようで、とっても楽しいですよ。
万が一、激マズな料理に出会ってしまっても、それもまた、いい旅の経験になりますしね!(^^♪ 笑

というわけで、今回は、ペルーのリマの中で一番オススメの市場をご紹介します。

「MODERNO MERCADO MAGDALENA(マグダレナ市場)」へ行こう!

ここは、ガイドブックなどに載っているのを見たわけではなく、たまたま見つけた市場です。
泊まっていた日本人宿(江田イン)の近くにあったので、気軽な気持ちで行ってみました。
しかし、侮るなかれ、ここは、ほかの市場よりも、お店が密集していてまわりやすく、
様々な料理があり、ペルーの安うまグルメを堪能できるオススメスポットなのです。
超ローカルな市場のため、観光客はほとんどいません。なので言語も、もちろんスペイン語です。
だからこそ、観光用のレストランでは、出会えない楽しさが待っていますよ~♬
それでは行ってみましょう!

マグダレナ市場の場所・付近の治安は?


住所は Jirón Leoncio Prado, Magdalena del Mar 15086 peru です。

市場に行くオススメの時間帯は、やっぱり朝!
午前8時ぐらいから開いているので、江田インに滞在し、朝ごはんを調達しに行かれるのもいいですね♬
江田インの宿からは、歩いて5分ほどの場所にあります。治安は悪くないエリアのようです。
途中には、ここがペルーであることを忘れるような、美しい建物もありました。

左はどうやら、大学の学部の建物みたいです。カラフルでおしゃれ~。

途中にも、ちょこちょこ地元の商店街があり、平和な雰囲気です。
日本では見られないお店もあり、ゆっくり散策されるのも面白いですよ。
  おもちゃ屋さんにて。オラフやミニオンのハリボテがあり、かなりシュールでした。笑

さて、お目当ての市場に到着しました~✨

中に入ると、見たことのない果物や野菜がたくさん!
南米の未知の食材に触れることが出来て、テンションが一気に上がります(*^▽^*)!!

ペルーの市場にいったらコレを食え!食文化紹介

 まずはアマゾンの恵み・トロピカルフルーツ!! 


アマゾンの恵みたっぷりの珍しい果物たち。栄養価も抜群です。

どの国でも、バナナは人気です♬
江田インでいただいたグラナディーヤは、ぜひともかじってみてもらいたい果物の一つです。

果物は、カラフルで見ていて飽きませんね~♬

メキシコでよく見かけたアボカド。ペルーでも、たくさん見られました。
とっても大きくて、日本のアボカドの3倍ぐらいのボリュームがあり綺麗です。
このサイズをまるまる一個食べたら、脂質の取りすぎで胃もたれしちゃいそうですね。笑

他にもたくさんの生々しいお肉やお魚もありました。動画で雰囲気が伝わればと思います。

※素人セルフィーのため、カメラワークがめちゃくちゃですんません(;’∀’)汗

 ペルーが原産地の野菜① とうもろこし 

ペルーはさまざまな野菜の原産地となっていて、とうもろこしもそのひとつです。
この手前の黒いものは、マイス・モラードと呼ばれる、紫色のとうもろこしです。

お米で言うなら黒米的な存在なのかもしれませんね。ポリフェノールたっぷりだし。
とうもろこしは、ペルー人には大切な主食。さまざまな料理に加工して食べられています。
 
ペルーのジャイアントコーン。粒が大きくて白っぽく、「チョクロ(Choclo)」と呼ばれます。

(左)マイス・カンチャ(Maiz Cancha)。ペルーの巨大乾燥とうもろこしのフライです。
日本ではジャイアントコーンとしておつまみで食されるやつですね。
(右)チチャ・モラーダ (chicha morada) という紫トウモロコシのドリンク。いったいどんな味なんだろう、とおそるおそる飲んでみると・・・あまりの香りのよさと美味しさにびっくり!なぜかフルーティーな赤ワインのようで、甘くてハマる味なのです。

 ペルーが原産地の野菜② じゃがいも 

そして、ペルーと言えば、じゃがいもの原産地でもあります。

昔「インカの目覚め」という芋が流行りましたが、それどころでなく、ペルーにはなんと4000種類ものじゃがいもがあるのです。ちなみに、写真の右下は、「ユカ芋(マンジョッカ)」といいます。

芋の種類が多いということは、その分フライドポテトの種類も色々あって楽しい!
手前は「カモテ」というサツマイモを上げたフライです。

ユカ芋のフライを、試食がてらに買ってみました。長いものような、あっさりした味でした。
そのほか、トマトや唐辛子などのポピュラーな野菜も、ペルーが原産地なのです。
すごいな、ペルー。
私たちはほぼ毎日のように地球の裏側にあるペルーが原産の食材を口にしていたのですね。

また、海外では珍しく生のお刺身を食べる国のペルーでは、
 セビーチェ専門店(セビッチェリア:Cevicheria と呼ばれるお店) もよく見られます。
※セビーチェについては、この記事をどうぞ↓
「ペルーの人気料理!セビーチェを作ってみた(料理教室)」

大量の白身魚で、セビーチェが仕込まれていました。オレンジ色のソースが珍しいですね!

ちなみにペルーのお刺身は、 tiradito(ティラディート)と呼ばれます。セビーチェとの違いですが、セビーチェは魚がキューブ状にカットして軽くマリネされているのに対し、ティラディートはスライスされてソースにつけていただくようになっています。



この土地だからこそできる、特別な野菜ばかりで作られるお惣菜たち。

豆の種類も、豊富にあります。

南米の食材には、キヌア・カムカム・マカなど、スーパーフードが目白押しです。
抗酸化作用がある、パワフルな食材が多いように感じました。

手作りのスープがいただけるお店もあります。

左は爽やかな味で、セビーチェをそのままスープにしたような味。
右はパリウェラ(parihuela)という、魚介類たっぷりの贅沢なスープです。
カウンター越しに、作っているところも見せていただきました♬ ごちそうさまでした。

そして、この市場で、一番テンションの上がる料理がこれ。

 スイーツのような美しさ「カウサレジェーナ(CAUSA RELLENA)」 


まるでケーキのような色鮮やかなこの料理。なんとポテトサラダなんです。
じゃがいもの原産地ペルーならではの、斬新なアイデア料理だと感心しました。

円柱なものや立方体のもの、丸められたものなど、形はさまざま。
どれも、中に野菜が入っていて、上にオリーブの実がちょこんと飾られています。

ちなみに、ペルーのラッキーカラーは「黄色」とされています。
メキシコ料理が、赤・白・緑を取り入れることを大事にしていたように、ペルー料理は、黄色が基調なんです。よく考えたら、日本もお祝い事には紅白を意識していますし、国によっておめでたいカラーがそれぞれ違うのって面白いですね。

ペルーの大人気飲料である、これまた黄色のインカコーラと一緒にいただきました。
こんなフォトジェニックなポテトサラダがあるだろうか?
日本でも、インスタ映えする料理として流行りそうです。
ただ、じゃがいもの品種が違うのか(はたまた着色しているのか?)
日本で同じように作っても、こんなに鮮やかな黄色になるとは思えないですね。

ポテトつながりで(?)コロッケもいただきました。

Papas rellenas(パパスレッジェーナ)という、ポピュラーな具入りコロッケです。手作り感があるソースが乗っていて、中にはレーズンなどが入っていて独特です。

この市場はご当地グルメが満載で、絶対行くべき!という理由がお分かりになっていただけましたでしょうか?
ここでは紹介しきれないほどの色んな料理や、食材があふれていますので、ぜひペルー渡航の際には行かれてみてくださいね♬

それでは!!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

メキシコの土曜限定・露天市「ティアンギス」で食べ歩き!

メキシコでは、 「ティアンギス(tianguis)」 と呼ばれる青空市場が、
いろんな場所で、曜日ごとに開催されています。
ティアンギスで売られているものは様々。
屋台グルメや食材はもちろん、衣類、工具や日用品、骨董品など、
珍しいものが色々あり、歩いているだけでとっても楽しいです♬

今回は、滞在していたペンションアミーゴの近くにあり、
毎週土曜日に開催されているティアンギスに行ってきました☆彡

ジュージューと焼かれる美味しそうな音!!
気になるけれど、まずは全体をパトロールしなければ。 ←マイルール。笑
こちらは、メキシコ料理に欠かせないトルティーヤやパンです。

トルティーヤって、粉から作るのは面倒なので、こういうのあると便利ですね。

これは、はちみつです。プーさんの絵は、勝手に使っていいのかしら?。笑

お肉コーナー。形も色も様々なウインナーがぶら下がっています。
おじさんが、すかさずピースしてくれました。メキシコ人は陽気でいいね♬

これは CHICHARRON(チチャロン) です。

豚の皮をカリカリに揚げたスナックです。おつまみにいいですね。


こちらは、お菓子コーナーです。

手前にあるのはポルボロン。スペイン菓子です。
メキシコはスペインの植民地だったので、こういうものがあるのですね!

こちらは、焼き立ての 「PAN DE NATA(パン・デ・ナタ)」 と呼ばれるお菓子。

見ていると、店員さんがひとつくれました(*^▽^*) ありがとうございます~♬
味は、小さいリッチ生地のミルクパンといったところでしょうか。
調べると「Gorditas de Nata」で出てくるけど、正式名称はどっちだろう??

さぁ、ぐるっと回ったところで、気になる料理を食べてみましょう♬

屋台って、作っているところが見れるからワクワクしますよね~(^_-)-☆

まずはコレ!
メキシコ料理の朝ごはんの定番、 Tamal(タマル)または、複数形でTamales(タマレス) です。

これは、とうもろこし粉を練り、
具を入れて味付けをし、バナナの葉やとうもろこしの葉でくるんでゆでたもの。

お味は。。。トウモロコシ粉のムチムチの食感が、名古屋のういろうを思い起こさせます。笑
お腹にたまる味ですが、正直、そんなに美味しいとは言えないような・・・(;´Д`)

気を取り直して、次の料理に行ってみましょう!
アボカドとクリームの乗ったタコスです!
おお☆彡これは美味しい💗(^_-)-☆
タコスの皮も、パリッと軽やかなハードタイプなので、
クラストピザ感覚でペロッと行けちゃいました。

ほかにも、色んな屋台があり、家族連れのメキシコ人で大賑わい。
みなさんも、ローカルな青空市場で、地元グルメを味わってみてね。

<お得ニュース☆>
※海外旅行にオススメの、モバイルデータ通信レンタル
イモトのWiFi」が、1500円オフのキャンペーン中です。
↓ここからキャンペーンページに行くことが出来ます。

イモトのwifi」は、世界200以上の国と地域のエリアをカバーしているので、
今後海外渡航が決まっている方は、この機会に予約してみてね♬

それでは!

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

メキシコシティ庶民の台所、ラ・メルセー市場へ行こう!

メキシコシティ内の市場で、一番行ってよかったところがココ!

メルセー市場

料理の勉強には、まず、その土地の食文化について知ることから!(^^♪
メキシコシティにあるメルセー市場(Mercado Merced)には、
メキシコでしか見られない、独特の食材がたくさんあり、魅力的です!!

さっそく潜入!
(何か暗くて、ちょっと怖いけど・・・・?!)

まずは肉コーナー!!!

リングイーサ(Longaniza)という、唐辛子入りのウインナーや、
チチャロン(Chicharon)という豚の皮をカリカリに揚げた加工食品から、

海外の市場でよくある、グロテスクな生肉類までたくさんあります。
生肉エリアは、衛生的に大丈夫なんかなっていうニオイのきつさで、しんどかったです(;´・ω・)

お次は、大好きな野菜コーナー♪

まるでプラスティックかのような、ツヤツヤの可愛い唐辛子たち。

市場の色んなところで見られるノパレス(Nopales)。
ウチワサボテンです!トロっとしたインゲンのような味がするんですよ~!
メキシコと言えばアボカドですよね。
本場のものはとっても大きくて立派です。

お次はスパイスや調味料などのコーナー。

たくさんの乾燥唐辛子やチリソース。 
これは、モーレの素です!
モーレとは、チョコレートと唐辛子のソースのこと。
見た感じでは、土以外の何物にも見えません!!笑

これはいったい何なんでしょう?ジュースの素なのかな・・・??
それぞれに、色んなフレーバーの名前が書いてありますが、
色があまりにもきつすぎて、まったく試してみたいとは思えない、謎の粉末でした。

コックコート類や、調理関連用品も充実していました。

ちょうど、私もコックコートのネクタイをなくしていたため、探してみました!
エンジ色のタイをゲット!すぐ見つかってよかったです♪


さぁ、こっからは食べ歩き♪
市場の周りには、色々なお店が出ています。
たくさんの人が集まっているタコスやさんへ!

具材は、指さし形式で注文。なんだか手作り感があってとっても美味しそうです。
野菜のツナサラダっほい感じ。めちゃくちゃおいしくてビックリ!!!

これは、チキンとノパレス(サボテン)!
サボテンは初体験でしたが、とっても美味しい味付けでした!

次は、チキンスープ(CALDO DE GALLINA)を探しにいきました!
 
念願のスープが来ましたが、イメージとなんか違う・・・・
アボカドがのってない( ˘•ω•˘ )
ということで、買っていたアボカドをスプーンでカットして乗せました。笑

これで満足です。笑
中には、ひよこ豆なども入っていて、癖がない美味しさのスープでした♪

※注意※
2017年、ここで日本人が首絞め強盗にあった事件がありました。
邦人を狙った強盗犯罪は年々増加しているそうなので、
市場に行かれるときは、スリ・強盗にくれぐれも注意してくださいね!!

名前 Mercado de la merced(メルカド・デ・ラ・メルセー)
住所:Calle Rosario s/n, Merced Balbuena, Zona Centro, 15810 Venustiano Carranza, CDMX, メキシコ
地下鉄1号線メルセー(Merced)駅下車すぐ

営業時間:毎日5:00頃~19:00頃まで(店によって変わる)
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

熱海&伊豆旅行記@静岡・ダイジェスト!

夜逃げか!というぐらい大量の荷物で、東京を出発。
里帰り出産のため、福岡まで帰省する道すがら、
彼の誕生日お祝いも兼ねて、熱海&東伊豆旅行へ行きました♬

目的地は、彼には内緒のミステリーツアーとして こっそり企画していたのに、
アホな私は 何気ない会話の中で、「静岡の予約はもう完璧だよ!」と、
うっかり途中で行き先を 本人に暴露してしまうという始末・・・。(;´・ω・)汗
まぁ、それでも、喜んでもらえて嬉しかったです✨

熱海までは東海道本線で向かい、そこからレンタカーで伊豆半島に南下。
途中で道の駅をパトロールし、ご当地の珍しいお菓子などを購入したり、
美味しいあさぎり牛乳のソフトクリームをいただきました。
※道の駅パトロールは、私にとって欠かせない習慣です。笑

今回は、伊豆・熱川温泉の旅館「たかみホテル」に滞在しました。
海が見える客室は、源泉かけ流しの露天風呂つき!
20人ほど入る、大浴場の露天風呂まで貸し切りできました♪
また、伊豆会席プランのお料理では、この地域で有名な金目鯛を、
煮付け&しゃぶしゃぶ&お茶漬けの3品でいただきました。
このオススメ宿の情報は、別記事に詳細レポを書いています↓
絶景露天風呂のコスパ最強宿・たかみホテルの詳細レポはコチラ!

夜は、日本一と受賞されたグランイルミヘ。

幻想的な異空間が広がっていて、すごかったです。
グランイルミの詳細レポはコチラ→ 全国ナンバーワン!グランイルミの異世界体験

100℃の源泉が吹き出ている、お湯かけ弁財天では、
小銭を洗うと、金運が上がると言われていますが、
隣の老夫婦をみると、まさかの万札まで洗ってる!!
ユニークな夫婦に便乗し、私たちも熱湯に万札を投入。

なんだかお金のブロックが外れそうな体験でした。笑
お湯かけ弁財天の詳細レポはコチラ→金運アップのパワースポット!?お湯かけ弁財天

この近くに、ガラス工芸体験が出来る工房「さくら坂」があり、
初めてのステンドグラスづくりにもチャレンジ!
さくら坂の詳細レポはコチラ→ガラスアート体験!さくら坂@伊豆
お互いマイペース+私は凝り性、彼は不器用なため、
平均所用時間である1時間を、遥かにオーバー。
結局3時間以上かかり、その後の予定は全て中止に…汗
それでも、納得いくものが出来てよかったです。
グラスアートすごく楽しい!新たな趣味が増えそうです。


また、伊豆と言えば、B級スポットの博物館がいっぱいなことで有名です。
怪しい少年少女博物館や、まぼろし博覧会という看板を見て、
ずっと前から気になっていたので、少しだけ外観をぐるっと見ました。
今度時間があれば、ここや、伊豆極楽苑にも行ってみたいなぁ。

また、伊東駅近くの「スイートハウスわかば」で、
人気の手作りソフトクリーム(300円)をテイクアウト。
 
見た目がこんもりしてて可愛い☆滑らかかつ、後口さっぱりとした懐かしい味でした。

熱海駅でレンタカーを返した後は、2つの商店街を食べ歩きしました!

平和通り名店街と仲見世名店街、どちらも17時ごろ締まっちゃうお店が多いのでバタバタ!
でも、熱海駅内にあるラスカ熱海にも同じものあるやん!ということに後から気付きました。笑

暗くなって、來宮神社のライトアップを見にいきました。

ここは「来福・縁起」の神としてこの地で古くから信仰されているパワースポット!
また、来宮神社の大楠には「健康長寿」「心願成就」の御神徳があるそうです。

誰もいないので、とても不思議な感じでした。

大楠のライトアップはとても幻想的な世界感がありました。
願い事を念じながら反時計回りに周ると、願いが叶うと言われているそうです。
照明は、23時ごろまでついているとのことでした。

最後の熱海グルメの食べ収めは、
魚ごころ季魚喜人(きときと)本店へ!

ご当地名物のイカメンチや桜エビのかき揚げ、アジのたたきなどをいただきました。
美味しかったです♬(^_-)-☆ 詳細グルメレポはコチラ!→魚ごころ季魚喜人(きときと)本店@熱海
その後、小田原まで戻り、彼の実家の大阪に数日滞在した後、
伊丹空港から飛行機で移動。先日、福岡に辿り着きました。

なにはともあれ、無事に旅を終えることが出来てよかったです。
今回、私の身体に負担がかからないようにと、
何一つ文句言わず、荷物を全部持ってくれた旦那には、感謝感謝です( ;∀;)。

里帰り出産のため、夫婦一緒に移動するって、普通は 珍しいことなんだろうなって思います。
関西人の彼にとっては、慣れない九州の地で、新たな仕事見つけるのも大変だし、
違う文化や環境に馴染めるかとか、うちの実家に住むのもストレスになるかもしれない…

それでも、なによりも家族を優先してくれて、
育児も最初から共にやっていくという姿勢で、
福岡でも一緒にいてくれて、本当に有り難いことです。(T^T)
私にとって、なくてはならない大事なパートナーです✨

最初で最後になるかもしれない、夫婦水入らずの二人旅。
初めての体験がたくさんで、ワクワクの旅でした。
それでは!!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

怖い?ユニーク?メキシコの「呪術市場」へ潜入!

旅をしていて、欠かせないのが、その国の市場巡り!
市場には、その土地の食文化や、風土のヒントがいっぱいあります。

メキシコシティの市場をリサーチ中、一番驚いたのが、
ここには、通称「魔女市場」と呼ばれる呪術の市場があるのです( ゚Д゚)!
呪術=呪い?といえば、日本なら「丑の刻参り」のような、
ドロドロで立ち入ってはいけないタブーなイメージがありますが、
メキシコではどんな感じなのだろう?
早速行って参りました!

ソノラ市場(Mercado Sonora)
これが外観。想像していたよりも、かなり大きい市場です。
しかも、めちゃめちゃ人で賑わっております。


市場内は、沢山の区画に分かれていて、迷路のようです。
さまざまな商店があり、怪しいグッズが所狭しと並んでいます。

これは香辛料のようですが、呪術に使う薬草なのでしょうか・・・??
まるで、ドラクエの世界のようで、ワクワクしますね。

死神のオブジェがたくさんあります。
                       
おおお、かなりなんか不気味な感じです・・!
と、思いきや、
・・・いきなりシュールなオブジェたちが登場。カオスです。
ミッキーも、ソノラ市場の手にかかれば、何とも言えない異彩を放ちだします。
・・・まぁ、100%商標とってないだろうけど。笑
これ、一体誰が何のために買うのかな??というか、呪術関係あるのか??

ドッキリに使えそうなイモリやネズミのオブジェがてんこ盛りです。
呪術というより、もはや嫌がらせ用品なのか、何なのか。


これは、たくさん並んだ白い袋・・・??

おお、興味深いものを発見しました!!これらは、惚れ薬(媚薬?)などだそうです。
何の成分が入っているのか気になります。本当に効くのか、買って飲んでみればよかった!
でも変になって世界一周の目的を見失ったら大変なので、ここは自粛しました。笑

奥に行けば、ペットコーナー・・呪術に使われる動物たちがおります。

ヒヨコやヤモリ?などの小規模なものから、

ヤギや、ニワトリまで・・・てか、柵から出てきて普通に歩いているやん!!!
何から何まで、シュールでツッコミどころ満載の、刺激的な市場でした!

メキシコは、呪術師や祈祷師の文化が根強くあるということがよく分かりました。
とても興味深い場所なので、話のタネに、ぜひ行ってみてください♪

場所は、こちらです。

最寄りはmerced駅。メルセード市場の近くにあります。

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!



 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

※悲報※出発7日目にして、ペルーで盗難被害に遭いました

~事件の詳細と、その後感じたこと~

4月27日、正午。
私は、ペルー・リマの日本人宿「桜子」の近くにある、
ボスケーという市場まで 歩いて向かいました。
 
治安が良くないとされる このエリア。
警戒はしていたけれど、周りを見わたすと、
そこには楽しく遊ぶ子供たちや、
地元のゆったり・のんびりした雰囲気が漂っていました。


露店に座り、マカとキヌアのジュースに初挑戦。
ほんのり甘くて美味しく、想像以上に、ほっとする味。

おばちゃんは、言葉の分からない私にも、
スペイン語で楽しそうに話しかけてくれました。
なんだ、お昼なら、思ったよりも平和そうです。


そして、市場に到着。市場自体は 大して賑わっていませんでした。
私は、今回の旅でずっと探していた、ペルーの魚介料理である
Parihuela(パリウェラ) というスープを発見し、そのレストランに入りました。

店内は すいていたので、
私は 店内の 6人用テーブルの 壁側にひとりで着席し、
左側の椅子を 自分の近くに引き寄せて、
そこに赤いカバンを 置き、料理を待ちました。

食卓の上には、ライムやソースなど、
ペルー独特の調味料がありました。

しばらくすると、右側のテーブルに座っていたお客さんが、
この調味料について 何か言ってくれましたが、
私はスペイン語が 理解できませんでした。



その後、スープが 運ばれてきました。

すごい、すごすぎる!!!
あまりの豪華さと、大きさにビックリした私は、
料理と一緒に、驚いている感じの写真を撮って、遊んでいました。
  
まさかこのあと、さらに驚くことになるとはねぇ・・!!(号泣)

とりあえず、一眼カメラで写真を撮ろう!と横を向くと、
左側に置いているカバンは、あとかたもなく消えていました。
スープの豪華さに 感動したのも つかの間、入店してから 数分の出来事です。
気が付けば、右隣のお客と思っていた 男性も消えていました。

そう、これは 複数人による犯行でした。
一人がお客を装い 入店・着席し、右側から私に 話しかけ 注意を引き、
そのタイミングで、もう一人が 左から入店し、赤いカバンを盗み、逃げ出したのです。
防犯カメラにも、この通り バッチリ映っております。

せめて、料理勉強ノートだけでも返してくれぇ~~~!!!!( ;∀;)
とはいえ、どうしても不思議で仕方がない。
だって店員さんは、この狭い店内に 4人もいたし、
しかも荷物は テーブルの壁側、視界に入る真横に置いていました。(下図参照)

まさか、こんな至近距離まで テーブルの反対側から 手が伸びるの?
しかも、全く気配を感じさせずに??まるで手品のようでした。
信じられなさ過ぎて、あまりにもあっけなさすぎて、何度もイスの下を確認しました。

ペルーの泥棒のプロの手さばきは、巧妙で見事だと、
毎日聞いてはいましたが、改めて 痛感しました。

一番に感じた感覚は、とにかく「不気味」。
そこにあるはずのもの・いたはずの人が 忽然と消え、
ただそこには 静かに時間が流れ、ゆっくりと風が吹いていました。
それは 今までに 感じたことのない、気味の悪さでした。

そして身体が熱くなり、脈が速くなるのを感じました。
でも、生まれて初めてのこの感覚を 客観的に見ている自分もいました。

あと、せめて先にスープを 一口飲んでおけばよかった~と、
いまだにスープの味を気にしている アホな自分もいます。(笑)
あんな驚いてる写真とか撮ったりせず、さっさと食べておけばよかった・・・(;´・ω・)

警察で紛失届をいただき、タクシーで日本領事館へ。
日本領事館では、テレビから日本の番組が流れていました。
「渋谷は雨。今日は肌寒く、上着が必要です」という、
なんら変鉄もない天気予報を見て、自然と涙が溢れていました。
ほっとしたのか、切なかったのか、よく分かりません。

一日で、色々なことがあり、気づきも 色々ありました。
多くの方に助けていただき、旅程を変更することなく
旅を続けられるのは 奇跡に近い出来事だと思います。
感謝としかいいようがないです。申し訳ないけど、ツイてる!!
これからも、前向きに、旅を続けてまいります。(^◇^)

ありがとうございます。
ごめんなさい。
ゆるしてください。
愛しています。

それでは!

<おまけ>
やはり、あのスープをあきらめられなかったので、
翌日、こりずに別の市場まで、同じスープを探しに行きました。
そして、やっと見つけたものがコレです!

うーん、昨日のと全然違うー!!やっぱり、あれが食べたかった~( ;∀;)笑



Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.