料理修行旅 in アルゼンチン ~ウミータ&エンパナーダ~


料理修行旅・第四弾はアルゼンチンのブエノスアイレス。
今回は、初めてのご家庭訪問なのでドキドキです!

・・・とはいえ、かなり治安が悪いとされているこの国。
「突撃!隣の晩ごはん」的なノリで、見知らぬ家に突入できるわけもなく・・

※こんな調子でブエノスアイレスを歩いてたら、ケチャップ強盗の格好の餌食ですからね・・・!!

ということで、今回は「KitchHike(キッチハイク)」を使うことにしました。
今はサービス内容が変わっていますが、当時のこのサイトは、
世界にいる料理を作る人と 食べたい旅人のマッチングサイトでした。
帰国後、Kitch Hikeのオフィスを訪問した記事はコチラ!

このサイトで出会った、アルゼンチン人の「PABLO」さん。
料理を教えてほしいとお願いし、お会いできることになりました!
実際お会いすると、ひげもじゃで口数の少ない、一見とっつきにくい感じの男性です。
”あれ・・私嫌われてる・・?もしかして迷惑・・??(;´・ω・) ”と不安になりましたが、
そこは、必殺「あえて空気を読まない作戦」で乗り切ります。笑

料理の話をして、PABLOさんとも徐々に打ち解けられるようになりました。
最初はちょっと不安でしたが、いい人でよかった!
そう、だいたいの心配は、単なる被害妄想に過ぎません。
そんなことで委縮して 動けなくなっている場合はないのです! キリッ(`・ω・´))ノ

さて、今回教えていただいた料理は「ウミータ」と「エンパナーダ」。
まずはウミータ(Humita)から!
ウミータは、トウモロコシの皮を活用した蒸し料理。
このような感じの料理は、南米・中南米でよく見られますが、
国により具材が違っていたり、ちょっとずつ特色があります。

とうもろこしを粗くすりおろし、蒸したカボチャと混ぜます。
 
これをコーン粒、パプリカ、玉ねぎを炒めたものと混ぜ、
とうもろこしの皮で包み、火が通るまで蒸します。

※ぼけーっとしていて、包み方を忘れました。果たして再現できるかな・・・??(;´・ω・)
これを加熱し、蒸し上がれば、完成~~✨↓↓

おお、思ったよりもベットリ・・・苦笑。
でも、素材感があって、とても美味しかったです!
具材もチーズ入れたり、色々と応用出来そうな料理でした。

お次はエンパナーダ(Empanadas)です。
エンパナーダも、南米でよく見られる具入りのパイで、
やはり各国違いがあるのですが、アルゼンチンのものは特に絶品✨
日本人の味覚に合う料理で、滞在中は、色んな味を試しました!(^▽^)

作り方は、とても簡単。
なぜなら、アルゼンチンには、エンパナーダ専用のパイ生地があるからです。
(これ、日本にも売っていればいいのにな~!)
中に入れる具材は色々で、ウミータのとうもろこしや、マーマレード&チーズ、
鶏肉とトマトソースなどを、大きな餃子を作る要領で 包んでいきます。

手先は割と器用です。(飽きたら一気に雑になります。)

これを、オーブンに並べまして、生地に火が通るまで加熱します。
中の具材には火が通っているので、外がカリカリしたらOK! 結構時間がかかりました!
完成したエンパナーダは、音を聞いてわかる通り、パリパリです!

日本で生地を代用する場合は、春巻きの皮というよりかは、
冷凍パイシートで作ると 現地のに近いものが出来ると思います。

美味しいので、是非試してみてね!

料理修行旅 inチリ ~絶品家庭料理・カスエラ~

料理修行旅・第三弾は、チリの家庭的な郷土料理です!

カスエラ(Cazuela)

カスエラは、フランスでいうポトフのような、
骨付き肉と大きな野菜がゴロゴロ入った煮込み料理。
カスエラという単語は「キャセロール(鍋)」という意味を持つようです。

今回、この料理を教えてくださったのは、
私が滞在していたサンティアゴの日本人宿「La frontera」の茂木夫妻。

「あなたの国のソウルフードは?」という質問には、
「Porotos con riendas(ポロトスコンリエンダス)」との回答が。
これは、豆と野菜の入った、炭水化物もりだくさんなパスタのことです♪

娘・みどりちゃんは、日本人の旦那さんと チリ人の奥様とのハーフです。
とっても優しいこの3人の家族が、温かく迎え入れてくれました。
 
「La frontera」は、日本人宿というより、ホームステイに近いような居場所。
入口も、大きく看板があるわけでなく、最初はここで合っているのか?不安でした(;´・ω・)
詳しいエピソードは、チリ旅行記で また投稿しますが、
ここでたくさんの思わぬ出会いがあり、本当に行ってよかったです♪



さて、本題のカスエラに話題を戻します。

カスエラは、野菜をゴロゴロ大きく切り、鶏肉・米とスパイスで一緒に煮込むだけ。

・・・作り方が簡単すぎて、説明が一行で終わってしまいました。(;´・ω・)汗

あまりにもシンプルすぎるので もっと具体的に説明すると、
じゃがいも、たまねぎ、にんじんを大きめにカットし、
骨付きの鶏と、 にんにく、コンソメでコトコト煮込みます。
あとは、少量のごはんも途中で投入。日本と品種が違うので、パラッとしていました。
 
※いかにも、自分が料理を作っているかのように書いておりますが、
実際には 簡単すぎて私の手伝う余地はなく、みどりちゃんとセルフィーで遊んでました笑
最期に、味の決め手は、クミンパウダー・塩・オレガノです。
チリ料理の特徴は、オレガノをよく使うこと。国ごとに特色があるのが面白い!

味見してびっくり。
素材がいいのか、こんなに簡単なのに、驚くほどに美味しい!
そして、すごく優しく、温かい気持ちになりました。
今回の世界一周で、家庭料理とレストランの違いを感じたのは、このときが初めてです。
身体の中に染みわたっていくような、ジーンとくる美味しさでした。

これはいい!!また日本でも冬に食べたらいいなと思う一品でした。
馴染みやすい味だし、そのうち日本でも、「カスエラ鍋」とか流行るのでは?
※「チゲ鍋」と同じように、直訳すると「鍋、鍋」という意味になっちゃいますけどね(;´∀`)汗

さて、お次の料理修行旅は、アルゼンチンです!
それでは!



料理修行旅 INペルー② ~アヒージョ&アヒ・デ・ガジーナ~

さぁ、パパ・ア・ラ・ワンカイーナを作った後は、
ペルーの代表料理である、セビーチェ(Cebiche)を作ります!

セビーチェは、生の魚をマリネした、ペルー料理。
世界的にみると、生魚を食べる文化の国って
少ないんですよ。
「ペルーは海外でも珍しく、生魚を食べる文化があるのか・・・(*’▽’)」
・・・と思いきや、先生の口から「JAPANESE」という単語が・・・?

どうやらこれ、ペルーに移民した日本人が、刺身が恋しくて開発した料理だそうです!
地球の裏側で、こんな日本人のエピソードが聞けるなんて、なんか嬉しい~(^▽^)

まずは、生食用のお魚を、角切りにカットしていきます。
しかし魚は本当の生でなく、必ず冷凍した魚を 解凍してから使うそうです。
やはり、そのままでは鮮度、品質保持に影響があるんだとか。
すると、参加者が私に向かって「日本もお寿司などの魚は一度冷凍するの?」との質問が。
私は、ここぞとばかりに「NO, Japanese fish is very fresh!!」と、ドヤ顔で答えました。
こんなことで羨ましがられるなんて。日本人代表で良かった。(*´▽`*)

味付けは、醤油とワサビ・・・ではなく、
ペルー風に ライムと塩コショウと唐辛子、コリアンダーや、パセリです。
そして驚くべきは、無糖練乳。斬新すぎる!
ライムの酸味や唐辛子の辛みを中和させるためかな?

長時間おいておくと、酢が締まりすぎるので、ササッと和えます。
赤玉ねぎもマリネして、お芋やジャンボコーンも盛り付けて、
あっというまに完成です~♬

美しいー💗
ただ、やはり魚の味は、日本には敵わないですね(←えらそう)
日本で再現したら、きっとさらに美味しいものが出来るんじゃないかな✨楽しみです!



さて、最後に教えてもらった料理は、

アヒ・デ・ガジーナ(Ají de Gallina)🐓

これは、ほぐした鶏肉と、パンの煮込み料理です。
ペルー料理は、ごはんにパンにじゃがいも、コーンと、炭水化物のオンパレード!

鶏むね肉は茹でて、細かく裂き、ゆで汁はとっておきます。
パンは、ちぎってチキンブイヨンと牛乳に浸し、ミキサーでペースト状にします。
みじん切りしたにんにく、玉ねぎ、ペカンナッツを油でいため、
そこに、少量のターメリック、そして、またここでも黄唐辛子のペーストを投入。
コックコートで行ったのに、結局エプロンを着せられる。まぁ、コック服は、コスプレみたいなもんですから・・・。

鍋にミキサーにかけたパンと、鶏肉を入れ、パルメザンチーズ、
少量のクミン、ピスコサワー(蒸留酒)、塩コショウで味付けて完成~ ❕

前回のパパ・ア・ラ・ワンカイーナ同様、
唐辛子ペースト+乳製品の組み合わせは 最高に合いますね。
簡単で新たなアイデア盛りだくさんで、楽しい&美味しいひと時でした!
クリスティーナ先生、丁寧なご指導、ありがとうございました。

帰りにお土産で、唐辛子ペーストもいただきました♬

SKY KITCHENオススメです。ぜひ行ってみられてくださいね☆
HPはこちら→ SKY KITCHEN(ペルー・リマ)

次回の料理修行旅は、チリ・サンチアゴからお届けします!



料理修行旅 inペルー① ~パパ・ア・ラ・ワンカイーナ~


料理修行旅2か国目は、ペルー!
首都のリマでは、いくつかの観光客向けの料理教室があります。
さっそく予約し、はりきってコック姿で向かいました。笑
しかし、教室はもちろん英語。果たして理解できるのだろうか・・・?!

行ったのは、リマで最も治安の良い ミラフローレス地区にある
「Sky Kitchen」というクッキングクラス。1回194ソル(7000円)程度です。
参加者は、日本人はもちろん、アジア人すらいない。
胸にJAPANの国旗を付けている私は、アジアの代表になったような気分だ!(=゚ω゚)ノ笑



今回、作った料理は3品。
この記事で紹介するのは、こちら!
✨パパ・ア・ラ・ワンカイーナ(Papa a la Huancaína)✨

※注※「パパ・洗わん・痒いーな」ではありません。(爆)
これは、私の大好きなペルー料理で、
じゃがいもに、黄色いクリーミーなソースがかかったものです。
さっそく、作り方を見ていきます。

ペルーは、じゃがいもの原産地。とんでもない種類のじゃがいもがあります!
さらに、唐辛子の原産でもあるため、昔からペルーにこの料理はありました。
もともとこの料理には、乳製品は使われなかったようですが、
統治国であったスペインの影響により、ソースにチーズやハーブが使われるようになったそうです。
 
色んな品種のジャガイモをゆでます。
(昔、インカの目覚めという品種が流行りましたね♪)
にんにく、玉ねぎ、そして鮮やかな色のソースの決め手となる
「アヒ・アマリージョ(ají amarillo) 別名(黄唐辛子:イエローホットペッパー)」を炒めます。

この唐辛子は日本にないから、帰国して再現できるかな~?((+_+))と思いましたが、
オレンジのパプリカなら、香りは似ているし、そんなに辛くないので、代用できるかも♪
ちなみに、1から作らなくても、市販のソースペーストが、色んなメーカーから出ています。
なるべく添加物の入ってないものを選んでください、と先生は言っていました。
・・・おぉ、英語は分からないはずのに、なぜか意味が伝わっているー!(嬉)
   
これと、ペルーのチーズ(フェタチーズのようなもの)、牛乳、ライムジュース、
塩コショウをミキサーに入れ、
なめらかになったら、ソースは完成♪
クリーミーで香りがよく、とっても美味しい!
ゆでたジャガイモをスライスしお皿に並べ、ソースを上からかけて、
ゆで卵とオリーブの実を飾れば、完成~☆


見た目が鮮やかでパーティー料理にもいいし、なんてったって美味しい💗
ちなみに、ソースが作るのが面倒という方は、渋谷の「ミラフローレス」っていう
ペルー料理店でも食べられるので、ぜひ食べてみてくださいね♬

ペルー料理教室ネタ、まだまだ続きます✨
それでは!!



料理修行旅 inメキシコ ~ゲストハウスの朝ごはん~

記念すべき 第一回目の料理修行!
最初は、どうやって現地の方に料理を教えていただいたらいいのかよくわからず、
見知らぬ人やレストランに 声をかける勇気もなかったため、
まずは手始めに、「宿泊しているゲストハウス内の朝食作りの手伝いをする」
というところから、チャレンジしました。宿泊していたメキシコシティーの日本人宿、「ぺんしょんあみーご」。

今回、料理を教えていただいたのは、あみーごのオーナー、マリアさんです。

「あなたのソウルフードはなんですか?」という問いに、
「MOLE DE OLLA ENCHILADA」(トルティーヤ(タコス)をチョコと唐辛子ソースに浸したもの)
「PANCITA」(牛の胃袋のチリ煮込み)と答えるマリアさん。…私の苦手なものばかりです(;’∀’)汗



さて、本題。

ゲストハウスの朝食作りは、夜明け前の真っ暗な時間から始まります。
今日は、卵サラダとトーストでした。
・・えっ、これ、メキシコ料理じゃないんじゃないかって??
まぁ今回はウォーミングアップということで許してください((;´・ω・))汗

 
フジッリ(ねじれているマカロニ)をゆで、玉ねぎとニンニクをみじん切りにします。
その間に、大量のゆで卵を 包丁で刻んでいきます。
 
空中で器用に 手際よく卵を刻むマリアさん。私は 少々緊張しております(;´・ω・)
 
油でニンニク、玉ねぎをしっかり炒め、そこにゆで卵とパスタを投入。
日本の卵サラダは玉ねぎを炒めないし、にんにくも使わないので珍しかったです。
粗熱を取り、ライムジュース入りのマヨネーズで和えます。
メキシコはホント、アボカド&ライム率が高い!!

あっというまに完成~~~☆彡

ザ・家庭料理!という優しい味で、トーストとの相性抜群で美味しかったです。
本当は毎日でも起きてお手伝いしたかったけど、疲れと眠気で無理でした(・_・;)
毎朝こんな早くから、朝ごはんを作るって本当に凄いことだ!!

次回の料理修行は、ペルー!お楽しみに(^_-)-☆