TRIP

メキシコの絶品料理ノガダの名店!「La Hosteria de Santo Domingo」

メキシコ料理のイメージといえば、何でしょう?
トマトや唐辛子の効いたサルサ、豪快に焼いたお肉のタコスやトルティアチップ・・・。
なんとなくスパイシーで、大雑把な料理が多いイメージのメキシコで、
意外にも、繊細で、まろやかで、手の込んだ料理を発見しました!!

その名は、
チレス・エン・ノガダ(Chiles en nogada)。

日本のメキシコ料理屋では、今まで見かけたことがなかったので、
メキシコで、この料理と会えるのが、一番の楽しみでした(^_-)-☆

チレスエンノガダ(以下、ノガダ)とは、
「ポブラノ」という大きなピーマンのような青唐辛子の中に、お肉や野菜が詰められていて、
クルミの入ったクリームソース(ノガダソース)をたっぷりとかけ、
上にザクロの種がちりばめられている、見た目美しく、華やかなお祝い料理です。

毎年9月15日の、メキシコ独立記念日に食べる料理で、
国旗に使われている3色を意識的に取り入れているんだって(^^♪
(緑:青唐辛子、白:クルミソース、赤:ザクロ)

せっかくだから美味しいお店で食べてみたい!ということでこちらへ行きました。

✨La Hosteria de Santo Domingo✨


入口に立っているおじさん・・・ちょっと怖い。笑

店内は、天井が旗で装飾されていて、楽しい感じの雰囲気(^_-)-☆
夕方ですが、品のいいおじさま達でにぎわっておりました。
私だけ、旅人みたいなカッコで、場違いだけど、ま~気にしない。

もちろん、ここの看板メニューはノガダですが、
ほかのメニューも、ドリンク含め、めちゃくちゃ豊富です。

まずは、メキシコのビール「TECATE(テカテ)」を注文♬
グラスのふちには、塩がまぶされていて、ソルティードッグみたいでした。

パンは、頼まなくてもついてきましたよ。



前菜は、知人にオススメされていたメキシコ料理、
Coctel de camarones(メキシカンシュリンプ(海老の)カクテル)を注文。

なんと斬新な盛り付けなのでしょう?!
まるでパフェのように、アボカドが豪快に盛り付けられています。
カクテルソースは、ケチャップの味がかなり強く、再現できそうな味!
ライムジュースとトマトの酸味で、さっぱり美味しくいただけました。

そして、お目当てのノガダが登場です(^◇^)
ば~ん✨

とっても美しいですね~💗
メキシコというより、フレンチレストランに出てきそう!!
たっぷりソースに覆われた、特大のピーマンをカットすると、
中からは ぎっしりと詰まったフィリングが出てきました。

くるみのクリームチーズソースと合わせると、とても美味しかったです!!
でも、このチレスエンノガタ、意外と好みが分かれる料理なんだって。
私はめっちゃ気に入りました♬ 日本でも再現できたらいいな!

<お店情報>
店名:La Hosteria de Santo Domingo(ラ・オステリア・サントドミンゴ)
住所: Calle Belisario Dominguez 72, Mexico City 06000, Mexico
電話番号: 55265276
営業時間 日 – 土 10:00 – 0:00

それでは!!以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています