メキシコ

メキシコシティは治安が悪い?安全なエリアにある日本人宿は?

メキシコシティに来て、一番心配だったのは治安の問題です。
中南米では、銃所持者、ドラッグ中毒、強盗が多いと聞いていたので、
まずは情報収集したり、先輩方の意見を聞けるように、
渡航中は なるべく日本人宿に滞在するようにしていました。

メキシコシティにある、メジャーな日本人宿は2つ。
「ペンションアミーゴ」と「サンフェルナンド館」です。
今回、私が滞在したのは、ペンションアミーゴのほうですが、
その感想や、周りから聞いた話などをお伝えできればと思います♪

✨ペンションアミーゴ✨

アミーゴは、レボルシオン駅の近くにあります。
立地としては、駅から近く、大通り沿いで、人も多くて安心でした。
そして近くには、夜まで空いているお店や、美味しいタコスの屋台があり、
治安の悪いメキシコシティの中でも、夜まで街歩きを
楽しめるエリアなんじゃないかな?という感じです。(ザ・夜行性なので!)

ただ、この宿は、お世辞でも綺麗とはいえないですけどね。苦笑
女性専用シェアルームに滞在しましたが、ラッキーなことに
お部屋は貸し切り状態で、のびのびと利用することができました。

お部屋には3つ平置きのベットがありましたが、
チェックアウトするときに、別の女性から、
「ダニに噛まれなかったの?!ラッキーだね!」と言われました。笑
どうやら、3つあるベットのどれかに、ハズレがあったみたいです(こわっ。)




朝は、朝食がついていて、トーストとおかず、ドリンクなどがあります。

おかずは、日替わりで手作り感があり、とっても美味しいですよ。  
→「ペンションアミーゴの朝食を作ってみた」という記事はコチラ♬

オーナー・マリアさんの手作り朝ごはんは、毎朝の楽しみでした!
そして、朝食の時間は、旅人たちとの、一番の情報交換タイムになります。

そんな平和なはずの朝食タイムで、一度だけ、衝撃だったことがありました。
朝一番にリビングに行き、韓国人女性と一緒に朝ごはんを食べようとしていたときのこと。

パンをトーストしようと、袋に手を伸ばすと、
カサッ・・・
と言い、なんと、パンの袋から、中サイズのゴ〇ブリが出てきました。
私と韓国人女性は、言葉の壁を越え、一緒に発狂しまくりました(;’∀’)汗
あ~~~こわかったああああああ。
日本だったら大クレームでしょうね。
でも、メキシコだから、まぁ、いいや。笑

さて、アミーゴで滞在していたメンバーですが、
どちらかというと、長期滞在者(いわゆる沈没者)が結構多かったです。
日本じゃ絶対に会うことがないような、異世界の人種の人にビビりつつ、
話しかけてみると、結構まともで、いい人だったりするギャップが面白かったです。
さすがに、旅情報もめちゃくちゃ詳しくて、話もぶっ飛んでいて、興味深いし。
でも詳しく話を聞くと、ドラッグの取引したときに、銃を突きつけられたとか、
なんやかんや、とんでもない非常識な話も、出てくる出てくる・・・(;´・ω・)
色んな意味で、みんなキャラが濃く、カオスでした。(嫌いではないけど。)
料理の先生をしている人もいたり、色んな出会いを楽しめる宿でした。

【情報収集について】

旅の情報源としては、旅人の残したノートや、大きなマップがあり、とても参考になりました。
マップでは、行ってはいけない危険エリアのことも書かれていました。
こういう情報は本当に大事ですね。
興味半分とかでは、絶対行かないほうがいいですよ。
正直、治安の悪さは分からなかったですが、気をつけるに越したことはないです!
とても印象に残ったノートのページはコチラ↓。

この、旅人料理人さんの料理メモは、大変刺激になりました!お会いしたかったな~。

そして、ペルーリマの情報は、せっかく記録していたのに、ちゃんと読み返しておけばよかった。
そしたら、あんなことにならなかっただろうに・・・(涙)

あわせて読みたい
【悲報】世界一周7日目で盗難被害!ペルーでパスポートや財布を紛失。~事件の詳細と、その後感じたこと~ 4月27日、正午。 私は、ペルー・リマの日本人宿「桜子」の近くにある、 ボスケーという市場...

【※ペルー盗難被害の記事に続く。】

リアルな情報収集が出来るのは、日本人宿の最大のメリットかもしれませんね。

もう一か所の宿も、どんな感じか気になったので、
空いた時間で「サンフェルナンド館」の様子も 見に行きました。

こちらは、がっしりとした格子で覆われていて、目の前には教会があります。

中は、アミーゴよりも綺麗そうで、落ち着いた雰囲気でしたよ。
宿泊料金は、アミーゴよりも少しお高めみたいです。
残念ながらオーナーさんは不在で、リビングにいた旅人に話を聞きました。
※アミーゴにいる強烈沈没者よりも、まともな大人の短期旅人が多いイメージ。笑
カオスな人が苦手な人は絶対こっちのほうが合っているかと思います。

・・・ただ、出てくる話は、やっぱりちょっと怖かったです。
こちらの宿の目の前は、公園になっているのですが、
ここは夜になると、ドラッグ中毒者がたむろしているのだとか。
旅人は「まぁ、大丈夫ッスよ」と、フツーに言ってましたが、
この情報を聞いてしまったら、もうここに泊まる選択肢が消えました。笑
宿の周りは、昼でも静かな感じだったので、
夜になったら、どんよりして暗そうだし、ちょっと怖い雰囲気を感じました。

というわけで、ちょっと汚くても、パン袋からゴ〇ブリが出ても、
沈没者がクレイジー&カオスでも、ダニのトラップベッドがあっても、
私はアミーゴのほうにまた泊まるかな・・・と思います。笑
みなさんの、メキシコ滞在の参考になれば幸いです。

安全なスポットに宿を確保したら、思う存分食べ歩きを楽しんでね!
私がおすすめするメキシコ料理はこれです↓よかったら参考にしてみてね!

あわせて読みたい
【決定版】メキシコ旅行グルメ!おすすめメキシコ料理ランキングメキシコ旅行に行くときに、何を食べようかなと迷われている方必見!! 現地で食べた沢山の料理から、特にこれは外せない!というものをピック...

それでは!

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.