イルミネーション

あしかがフラワーパーク光の花の庭イルミネーション2018感想レポ!混雑は?

旅する料理研究家さとみんです。
いろんなことを攻略したがる、収集癖のある私。
最近は関東近郊のイルミネーションスポットにちょこちょこ行くようになりました☆

その中でも一番今年注目していたのが、今年で18回目の開催となる
足利フラワーパークのイルミネーションです。

あしかがフラワーパークは日本三大イルミネーション認定&3年連続第1位

「足利フラワー イルミネーション マップ 2018」の画像検索結果
今年開催された夜景観光コンベンションビューローが主催する、
第6回イルミネーションアワードでは足利フラワーパークが
イルミネーション部門ランキング全国第1位を獲得したんだとか。

今まで聞いたことがなかった足利フラワーパークですが
実は今回の受賞は3年連続とのことで気になり、行ってみることにしました。

ちなみに第2位は三重県桑名市のなばなの里のイルミネーション
第3位は伊豆ぐらんぱる公園のグランイルミです。
これで私は1位から3位の全部を制覇したことになります( ・`ω・´)

しかし、
このランキングはどうして長崎県佐世保市のハウステンボスが
入ってないのだろう?

と思ったのですが、
ハウステンボスは部門が違うようで、
総合エンターテイメント部門ではやはり
ハウステンボス光の王国が6年連続単独1位を受賞しています。
すごい人気ですね!!

前に行ったときの感想レポはこちら↓

あわせて読みたい
ハウステンボス光の王国の感想!2018~2019年の期間・料金・注意点は?※この記事は 2011年12月ブログ記事を移転させたものです。 クリスマスのスイーツ配達を 無事に済ませたあと、 今年のクリスマ...

ちなみに 今年の日本三大イルミネーションは、

 ・足利フラワーパーク「光の花の庭」
 ・ハウステンボス「光の王国」
 ・さっぽろホワイトイルミネーション

の三つだそうですよ♪

足利フラワーパークイルミネーションの期間・料金・マップは?

開催期間は2018年10月27日 土曜日から2019年2月5日 火曜日まで
点灯時間は16時30分から21時
土日祝日は21時30分まで営業しています。

入園料金は夜の部ですと15時半から21時まで
大人900円、子供500円と比較的リーズナブルです。

開催期間中は定休日はありませんが、大晦日の12月31日のみ休園日となります。

園内マップはこちらです↓↓↓

足利フラワーパークの混雑状況

私が行ったのは2018年12月19日と比較的混雑が予測されるクリスマスに近い期間です。
しかし、平日というのもあり、全く混雑を感じる場面はありませんでした。

今回はツアーで行ったので、時間はだいたい17時頃から
一番混雑が予測される時間帯ではありましたが、それでも全く問題ありませんでした。
おそらく祝日だったら、もっと混むんでしょうね(;´∀`)

ただ、上の画像のフラワーキャッスルのところだけは
結構行列ができていました。

足利フラワーパークはなぜか高齢者が多い

すごく不思議だったのですが、足利フラワーパークの園内では、
かなり平均年齢が高い人が多いという印象を受けました。

おじいちゃんおばあちゃんが手を繋いで、
イルミネーションを見ている様子はほっこりします(●´ω`●)

また 美しいイルミネーションを見ながら、
「私もあの世に行ったら、こういう世界に行けるのかしら~」などという
すごい会話も後ろから聞こえてきましたww

17時頃という早い時間帯で、ツアーの方が多いからというのもあるかもしれません。

もしかしたら夜遅い時間帯になると、カップル層が中心になるのかもしれませんね。

足利フラワーパークの滞在時間のおすすめは?

今回はツアーなので、スケジュールがが決まっている状態での参加となりました。
自由時間は80分間でしたので、少し駆け足ペースではありましたが
園内のすべてのイルミネーションを見ることができ、
かなり満足感がありました。

私は観光はじっくり一つ一つ眺める派というよりかは、
ささっと効率よく回り、写真を撮れたら満足派なので、
ちょうどよかったような気がします(*^_^*)

しかし、ここにお食事の時間を設けたり、もっとひとつひとつゆっくり見たい派の方ですと
おそらく2時間半ぐらいあった方がいいかもしれません。

ですが、クリスマス時期の園内はとても寒く、長時間外にいると結構寒さに震えて
しんどさを感じたので、こまめに室内に入り、ドリンクなどで温まったり、
防寒対策をしっかりされることをお勧めします。


スノーハウスのところには、暖炉とホットドリンクの販売があり、助かりました・・・!
ホワイトのホットチョコレートをいただきました。甘くて美味しかったです。

また、入口にはお花売り場やお土産屋さんもあるので、ゆっくりお買い物されたい方は
時間に余裕をもって予定を組まれることをオススメします。


私は、80分間だけでは、このエリアを見ることは出来ませんでした!

足利フラワーパークの感想&おすすめの見どころは?

全部の場所をひととおり回りましたが、
その中でも印象に残っているイルミネーションを3箇所
ご紹介しようと思います!

レインボーマジック

まず入り口を入ってすぐに見えるクリスマスらしいイルミネーション、
「 レインボーマジック」のインパクトが凄いです!!

とても大きくて、イルミネーションがアニメーションになって動くので、
しばらく見入ってしまいます。

フラワーキャッスル

たいへん華やかで可愛らしさのあるエリア。ここが一番好きでした!

お城は階段を登れるようにもなっていましたが、
大人気で結構行列になっていたため、近づいて登るのは断念しました(´・ω・`)

奇蹟の大藤

あしかがフラワーパークを代表する花と言えば、初夏の藤ですよね。
園内には、藤をモチーフにしたイルミネーションがたくさんありました。

この大藤をイルミネーションで再現しているイルミネーションは
幻想的な雰囲気で、つい足が止まってしまう美しさでした。

この3つが特に印象に残ったイルミネーションでした。

その他にも、

ピラミッド

日本の四季「心の故郷」

花占い(人気でした!)

みんなの地球


水面に移るイルミネーションがキレイで、ポップで可愛らしかったです。

クリスマスツリー

スノーハウス

クリスマスらしさがあるものが多い印象で、
今の時期に行くと、気分もさらに盛り上がりますね。

スノーハウスでは、子供向けにプレゼントもいただけました。
キラキラ光る小さなバッジのようなものでした。

あしかがフラワーパークは屋台フードメニューも充実【フードテラス】

足利フラワーパークはただの軽食だけではなく、
地域の郷土料理やご当地グルメが食べられるお店もあるのが
魅力的でした♪

 特に群馬の有名なひもかわうどんや足利シュウマイ、耳うどん、
園内限定藤のソフトクリームなどが興味をそそられました。
今回は、足利シュウマイがツアーにセットで付いていました。


足利シュウマイの定義とは、
なんとお肉が入っていないシュウマイなのです!

では具が何が入ってるかというと、玉ねぎと片栗粉だけでできていて、
醤油ではなく独特の辛みがあるソースをかけていただくようになっています。

何も知らずに食べてしまい「何か変わった味だな~」と思っていたので、
玉ねぎだけのシュウマイだと知って、納得しました。

足利フラワーパークのイルミネーション動画

あしかがフラワーパークはお得なツアーを活用しない手はない!!

ちなみに足利フラワーパークは、ツアーで行かれることをおすすめします!
東京からあしかがフラワーパークは、
往復4000円台から入場料付きで行くことが出来ますよ。

思った以上にリーズナブルな料金で、チケット代もついていて大変お得なんですよ♪
新幹線で行ったりレンタカーを借りたりするより、はるかに安く、ラクチンです。

本当に時間をかけてじっくり周りたいというタイプでは、
ツアーは拘束されている感じでストレスになる方もいるかもしれませんが、
園内では基本自由な動きが出来ますし、私は全然気になりませんでした。

以下のようなツアーを活用されることをお勧めします(๑•̀ㅂ•́)و✧

⇒あしかがフラワーパークのツアー一覧をみる

特におすすめなのが、2019年2月6日に開催される
「足利グルメ祭り」とのセットプラン。
8990円で内容がかなり充実していますよ!

⇒詳細はこちらから確認してみてくださいね

みなさんも日本一のイルミネーションを、ぜひ楽しんでくださいね
✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

それでは!

こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.