FOOD

メキシコの玄関口・メキシコシティ空港で楽しむご当地グルメ!

その土地のグルメを、手っ取り早く・効率よく知るには?
私は現地に着いたら、早く目的地へ行きたい気持ちを抑えつつ、
まずは、降り立った「その土地の主要駅or空港」をパトロールします(^^♪
その地域における玄関口と言われるような場所には、
だいたい、その土地を代表する料理のレストランが入っていたり、
お土産からも、現地の食文化が見えるため、この確認作業は外せません♪
最初に、何があるかチェックしておけば、帰りの出国するときに立ち寄って、
食べ損ねた現地の料理を食べたり、買い物もスムーズになります(^◇^)。

ということで、メキシコの離発着で食べた空港料理をメインにご紹介します。

✨メキシコシティ国際空港(MEX)✨

空港には、沢山のフードコートが立ち並んでいました。(写真はクリック拡大します)


初めて見る単語・料理のオンパレードに胸が高鳴ります(^◇^)♪
まずは、「ブリトー (burrito)」を注文。

これは、小麦粉のトルティーヤで肉などの具を巻いた北部の料理です。
中には、野菜、アボカドディップ、チーズなどが入っています。
しかし、よく考えると、これはテイクアウトできるから、
ここで、おなか一杯になってしまうと勿体ない!ということで、お持ち帰りすることにしました。
そして、イートインで決めたお店はこちら♪
✨Antojitos(アントヒートス)✨

OLA~~♪おじさん、言語わからないけど、よろしくお願いいたします!!

あっというまに、料理が出来上がりました!

右・・タコス (taco)  肉や野菜など様々な具をトルティーヤに挟んだ、メキシコ料理の代表格!!
本場メキシコでは軟らかいトウモロコシのトルティーヤを使っていて、たまに日本でも見かける
パリっと揚げたタコシェルを使ったタコスはテクス・メクス式です。
トマト味のお米と、野菜が入っていました。



左・・・ケサディーヤ (quesadilla)
タコスにたっぷりチーズソースがかかっています。ほぐした鶏肉が入っていました。
どちらも、とても美味しい!初めての本場のタコスは、日本で食べるのと全然違って驚きました。
なんというか・・・重い。笑
生地が、いかにもとうもろこしの粉で作りましたー!!って感じで重いのです。
この生地だと、あんまりたくさんは食べられないですね。

左は、サルサベルデという、緑のトマトで作られたソースです。
メキシコはソースが別添えでつけられ、好みでプラスしていただけることが多いです。
定番はこの緑のソースと、赤のサルサロハ、そしてアボカドで作られるグアカモレ(guacamole)、玉ねぎや唐辛子が効いたサルサメヒカーナ(salsa mexicana)などがあります。

右は、アグア・デ・ハマイカ (agua de jamaica) というジュース。
つづりを見ると「ジャマイカ」と呼んじゃいそうなのですが、スペイン語なので「ハマイカ」。
(JAPANも「ハポン」だしね。)ローゼルという甘酸っぱいジュースです。美味しかった!

出国前も、このフードコートでお世話になりました♪
最後に食べ残した料理はこちらでコンプリートしちゃいます(^◇^)

これは、チラキレス (chilaquiles)という料理。
トトポス (totopos) という、トウモロコシのトルティーヤを小さく切って乾燥させ、揚げたものをサルサで煮た料理。何とも言えない食感で意外とおなかにたまります。日本では食べられない味です。

最後にビールは「パシフィコ(PACIFICO)」というものを。
低アルコールでさっぱりしますよ。
もうこれで、メキシコのご当地グルメに悔いはありません!!笑
このお店はオススメなので、ぜひ空港で時間のあるときは立ち寄られてみてくださいね♪

それでは!!にほんブログ村 料理ブログへ




ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています