LINE@で更新を受け取る!
トレンド

究極のマルゲリータ登場!オービカモッツァレラバー六本木の感想!

旅する料理研究家さとみんです。

新鮮なモッツァレラチーズのミルクの風味ってたまらないですよね。
この度、六本木ヒルズにあるオービカというモッツァレラバーが、
日本誕生10周年を迎えるということで、
その記念に究極のマルゲリータ
2019年5月7日(火)~5月31日(金)期間限定で発売します。

今回は、ひと足お先にそのマルゲリータをいただいてきましたので、
その内容をレポートします!

究極のマルゲリータとは?値段は?

このピザを提供しているオービカというお店は、
カンパーニャ州の質の高い水牛モッツァレラチーズ
ふんだんに楽しむことができる人気のモッツァレラバーです。

今回私が行ったのは六本木ヒルズ店ですが、
他にも国内では東京ミッドタウン横浜大阪の梅田高輪店の計5店舗で
展開しています。

今回10周年を記念して発売される究極のマルゲリータは、
一つ一つの素材にこだわり尽くした特別なマルゲリータです。

値段は税抜き3,000円思ったよりもお手頃だと感じました(*^_^*)
水牛モッツァレラチーズを始め、手摘みのオリーブで作った
コールドプレスのオリーブオイル原種のサンマルツァーノトマトを使用しています。
これがこだわりのオリーブオイル!ポップなイラストが可愛い♪

究極のマルゲリータピザの感想

早速運ばれてきたマルゲリータがこちらです。

薄い生地の上にはたっぷりのトマトと、
とろとろの真っ白な水牛モッツァレラチーズDOPが乗っていて、
見るからに美味しそうです( * ´﹃` * )

ピザ生地は香ばしく、小麦の風味がふわっとします。
ピザ生地に使われる小麦は、
エミリアロマーニャ州ピアチェンツァモリーノダラジョバンナ産
石臼で挽いたタンパク質を多く含む小麦と雑穀です。

見た目も、普通のピザのように丸くはありません。
実はこちら、正確に言うとピザではなく、
古代ローマ時代からの伝統的なレシピに基づいた「ピンサ」
と呼ばれる特別なメニューなのだとか。
この「ピンサ」も日本初上陸させたのが、このオービカなのです。

上に乗ったフィリングはとってもジューシーです(*´Д`*)
主役となるチーズには、水牛モッツァレラチーズDOPを含め、
カチョカバロ、パルミジャーノレッジャーノDOP、
24ヶ月熟成ストラッチャテッラの4種類のチーズが使われています。

フレッシュなトマトソースがたっぷりと乗っているので、
手では上手に持ち上げきれない程!
なのでフォークとナイフでいただきました(๑>ڡ<๑)🍴💕

いただいてみるとトマトの酸味と甘み、チーズのコクとバジルの香りが絶妙に調和して
至福のひとときです(●´ω`●)
薄い生地ですが、ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。

本物にこだわる究極のマルゲリータは、5月31日までの期間限定メニューなので
是非この機会をお見逃しなく!

スパークリングワインとの相性も抜群でした💗

オービカでは、このスパークリングワインが2時間飲み放題付きのお得なプランもあります!運が良ければ30%引きのタイムセールもあるので、以下からプランの料金をチェックしてみてくださいね♪

⇒オービカの特別なプラン一覧を見る!

それでは!!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.