日光特集

日光のホテルのおすすめはココ!日光千姫物語は食事もお風呂も最高!

大切な記念日の宿選び。
失敗はしたくないですよね(>_<)

何に対しても研究気質でこだわり派の私は、
いつも宿を決めるときは、ずっといろんなサイトと、
にらめっこしながら決めています。

そういうのが面倒だという方も多いようですが、
私は知的好奇心があるので調べることが好きなタイプ。
(何か調べて欲しいものがあればご相談ください。笑)

先月、結婚記念日のお祝いとして行った日光旅行では、
色々な口コミや、条件を調べて行ったホテルが大当たり
だったので共有しますね!

記念日旅行で宿を選ぶときの基準は?

私の中での評価基準はこのような感じです。

✅お食事で部屋食が出来る
部屋の中に露天風呂が付いている
その土地の名物の郷土料理がいただける
窓からの景色がいい
観光地までのアクセスが徒歩圏内

さらに、今回は赤ちゃん連れへの旅行だったので
特に「畳でごろんと寝れる和室+部屋食」の部分はマスト
でした( ・`д・´)

これらの条件を満たしている上に、できれば

・クレジットの事前決済が可能である
・口コミなどでの、接客対応がいい
・源泉100%かけ流し温泉(今回は違うけど💦)

という部分などを加味して選んだ宿がこちらです。

花衣の館 日光千姫物語✨ここは日光の観光名所である、神橋の近くにあるホテルです。

ちょっと周りは殺風景なのですが、中の作りは吹き抜けが高く開放感があって素敵です。
天井には、このように和を感じさせる照明がぶら下がっております。

夜になるとピアノの生演奏なども開催されていて、
きっと音響もいいかと思います(*^_^*)

チェックインの時に抹茶と日光の雅という和菓子のサービス
あります。

このお菓子はごまでできた饅頭で、もちもちしてとても美味しかったです♪

近くには、この土地の名産品の売店が併設されており、
ここでお菓子などのお土産や地ビールなどを買うことができます。
続いてはお部屋紹介です!

日光千姫物語のお部屋!露天風呂付き客室の和室が最高!

畳の色も新しく、とても清潔感がある和室の広いお部屋です。
これはかなりゆったりできそうな雰囲気♪

奥の方に進むと、外の景色を眺めながらゆっくり入れそうな
露天風呂お部屋の中についています。

露天風呂は木と石で作られていて、こちらも掃除が行き届いていて、素敵です。

窓の外には山が見えますが、雨でちょっと上の方には靄がかかっていました。

それでも、
露天風呂から緑を眺めながら入るお風呂が
最高じゃないはずがない!

家族風呂は赤ちゃんも一緒にみんなで入れるので、
アットホームな良い時間を過ごせますよ!
もちろんカップルの方も最高♪

普段は狭い家の布団の上にばかりいるあかりんも、
広い畳のお部屋に大喜びしていましたよ☆
ちなみに、お部屋は露天風呂だけじゃなくて内風呂もしっかりとあるし、
アメニティも一式揃っています。

ちなみにホテルにあったチラシ。
ワンコインで早朝6時半から1時間歩きながらガイドしてくれる
というものです。
日光を知り尽くしたベテランのガイドさんが
歴史ある場所を案内してくれる
なんて、素敵な企画ですよね(*´艸`*)
(私たちも参加しようと思ったのですが、朝が苦手なので行くことができませんでした。)

日光千姫物語の食事メニューは?湯葉などの郷土食ある料理が嬉しい!

さて、お次は一番の楽しみであるお食事の紹介です。

ここを予約した一番の理由は、
やっぱりご当地グルメの「湯葉」「とちぎ和牛」が味わえることと、
料理の内容にも力を入れているとのことだったからです。

コースメニューはこのような感じで13種類付いています。
まずはオリジナルカクテルからスタート。
これは自家製の食前酒で、梅酒でした。

ついでに売店でゲットした天然水仕込みの日光路麦酒(地ビール)
一緒にいただきます。

ピルスナー5%、苦味がしっかりしていてビールらしい味!
あまり飲み過ぎてしまうと料理の味がわからなくなるので、ほどほどにしておきました。


湯葉のお刺身。
金箔が上に乗っていてゴージャス感があります。

これを醤油につけて食べるのですが、食感は湯葉が薄くてなめらかな舌触り。
絹のようでした。


前菜は初秋を彩る盛り合わせ。
繊細な料理がたくさん!
茄子のとろろ・柿の種の大根巻きのオクラクコの実・鰹の酒盗・合鴨
サバの菊花寿司・濃厚なのチーズの味がする鮭のカステラ・いくらとサーモンキャビア・
栗とチーズ
です。

添えられている稲穂も可愛い♪


季節のお造りの盛り合わせです。
お刺身はマグロ・ヒラメ・エビ・ウニ・ホタテ。
エビはとってもぷりぷりで最高の食感でした。


鱧のお吸い物。
茶色いえのきや、おかひじきなどちょっと珍しい食材が入っていて楽しいです♪


鰆の西京焼き。
みょうがと卵の黄身の味噌漬けです。
自家製の卵の黄身の味噌漬けが出てくるとはテンションが上がります!


ハモと野菜と湯葉の炊き合わせ。
生麩のもみじが秋らしさを感じさせる仕上がり。
絶品です!

そしてこのお肉を見てください↓↓↓

美しい色をしているでしょ?
これが本日メインのとちぎ和牛しゃぶしゃぶに使われる和牛なんです。
テーブルの上でコトコトと野菜と一緒に火を通していただきます。

これは驚きの美味しさ!!!
だし汁にこだわりがあり、しっかりと味がついているので
何もつけなくても美味しいです。

料理はまだまだあります。

さんまとカニの酢の物。
ゼラチンで寄せてあるので、見た目はフレンチのようにとってもおしゃれ

そして珍しく写真を撮り忘れてしまった(^_^;)のですが、
最後は赤だしと生姜のご飯、香の物の盛り合わせがついておりました。


最後にデザート。
これもちょっと工夫した珍しい組み合わせだなあと感じました。

とっても満足な夕食でしたよ(●´ω`●)
一番美味しかったのはやっぱり、料理長が自信を持ってお勧めをしている
しゃぶしゃぶです!
これは本当に肉質が良く、だしの旨味がたっぷりで感動。
また食べたかったです。

日光千姫物語の朝食はさらに豪華で素晴らしかった!

いくら夕食が良くても、朝ご飯は割と手抜きだなぁ~というところって
ありません?
この宿は、朝ごはんまでぬかりない( ・ิω・ิ)☆!

今まで入った旅館の中でおそらく一番豪華じゃないか?と、
思われる朝の会席でした。

寝起きでしたが、これが部屋に運ばれた瞬間、
めちゃくちゃテンションが上がりましたよヽ(=´▽`=)ノ

彩りも美しいし、ボリューム満点、さらにおひつ、夜中にもご飯はたくさんあるので
何度もおかわりできちゃうんです!
普段は朝ごはんを食べない私でも美味しく完食しちゃいました。

特にすごかったのがこれです!

鮭のオリーブオイル焼きはとても脂が乗っていて、
アスタキサンチンたっぷりな感じのお味(←なんだそれ。笑)

そしてもう一つは、豆乳をコトコトと加熱して作られた豆腐です。
出来立ての手作り豆腐が味わえるなんて最高の演出です。

炊いたご飯もとても香ばしくて美味しかったし、
本当に文句なしのレベルでした!!

日光千姫物語のお風呂!大浴場について


ここはお部屋の中に、露天風呂と内風呂がついているのですが、
さらに大浴場と露天風呂もあります。

大浴場は花見の湯露天風呂は風花という名前です。
私はいつも夜遅めに行くので、大体お風呂は一人で貸切状態最高ですよ♪

誰もいないのをいいことに写真もバンバン撮っちゃいました(笑)

脱衣場も広くて開放感がありとても清潔な雰囲気です。

内風呂はこのような感じです。
湯けむりが上がっているので、なんだか幻想的な写真になっちゃいました。

そして露天風呂はこちら
ゴツゴツとした岩に気をつけながら入ります。
気持ちの良い温泉に大満足(^_-)-☆

強いて言えばここは、源泉かけ流しの天然温泉などではないのが
ちょっと残念です。
そこさえクリアできてたら本当に完璧でした。

やはり源泉掛け流しなど本物の温泉を求めるなら、
鬼怒川温泉の方がいいのかもしれませんね。

日光千姫物語の接客について

ちょっといい宿に泊まる時って、結構しっかりと仲居さんがついて、
おもてなしをしていただける分、仲居さんとの相性って大事
だと思うんですよ。

特に、若い雰囲気の私たちが泊まっていると、
テキパキと仕事をこなすおばちゃんのような仲居さんに
ちょっと無神経な(なめられてる?)態度をとられたり、
正直、過去に不快な思いをしたことも 何度かあるんですよね・・

なので、仲居さんがおもてなしをしてくださってるときって、
変な緊張感が漂ってたりするんです。笑

今まで、いくつか同じような宿に泊まりましたが、
ここは一番接客に嫌味がなくて、
さらっとスマートかつ丁寧で、好感が持てました。

あまり慣れているベテランの方ではなく、初々しい新人さんだったからか、
私たちには逆に相性が良かったかもしれません。
(ちょっと口うるさいおばちゃんは苦手。
若いスタッフいじめてそうな意地悪おばちゃん、たまにいますよね・・・)

こういう宿で働く人たちって、すごく大変だと思うんですよね。
あまりチップ文化がない日本ですが、
こうやって頑張っている方たちには、
どんどんチップを
差し上げたいものです。

そして、今回アップグレードをしていたためか、
チェックインが14時、チェックアウトが11時
割とゆったりめに滞在できるのも良かったですね。

とはいえ、あっという間に時間は過ぎていきました~。
こういうゆったり出来る旅館、最近は大好き。

ちなみに、このプランのお値段などの詳細が気になる方は
こちらに、詳しい内容がのっているのでご確認くださいね。

日光千姫物語のこのプランの詳細を見る!

バックパッカーの頃は、一人旅だからこのような場所に泊まろうと思わなかった。
日本一周した私でも、旅館巡りはまだまだ未開拓の領域。
これからもいろんなところを制覇して行けたらいいなと思います。

やっぱり旅はいいよね!

それでは!

さとみんの日光旅行記事一覧はコチラ

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています