メキシコのオーガニック情報・その1!~THE GREEN CORNER~

最初、旅を始めた目的は、オーガニックのお店を周るため!
というぐらい、オーガニック大好き&マニアの私。
最近は、食に対する興味の幅が、かなり広がっていきましたが、
今でも、どの土地に行っても、オーガニックショップ&レストラン巡りは欠かせません。
ということで、メキシコでもそのようなお店をチェックしていきました。

THE GREEN CORNER

早速潜入~☆

メイク、スキンケア用品コーナー。

おやつ類

Blue Skyのオーガニックコーラがこんなにたくさん!
いろんなフレーバーがあるみたいですね。

甘味料。

冷蔵商品。チーズやジュースがありました。



大好きなミルク系のラインナップもたくさん!

ココナッツジュースや、7穀ドリンク、ライスミルクなど色々♬  お米コーナー。ジャスミン米、バスマティ米、SUSHI米(ジャポニカ米?!)など多品種あります!
油もたくさんの種類があります。
キャノーラオイル、フラックスシード、グレープシード、ゴマ油
オーガニック野菜。
メキシコ料理に欠かせないアボカドもオーガニック♬
 テラスには、カフェスペースがあり、ドリンクや軽食がいただけます。
メニューはこんな感じです↓ 
miso soup、yakimeshi、Udonなどの日本語も、ところどころに見られます。

和食は、世界共通の自然食なのでしょうね✨(*^▽^*)

今回は時間がなかったのでオレンジジュースだけでしたが、
ここのお料理は、どれも安全なものを使っていると思うので、
メキシコで体調を整えたいときにはここで食事されてみてください♪
それでは!

THE GREEN CORNER


以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


辛い?甘い?唐辛子×チョコの不思議なソース「モーレ」に挑戦!


メキシコシティに着いて最初に食べて撃沈した激マズ料理、モーレ。
そのときの記事はこちら→ ~激マズ料理から始まる、世界一周目の始まり~

モーレソースとは、メキシコのプエブラ州発祥で、

正式には、モーレ・ポブラーノ(mole poblano、プエブラのモーレ)と呼ばれるもの。唐辛子とチョコレートをベースに、トマト、アーモンド、ピーナッツ、胡桃、ゴマ、干しぶどう、パン、トルティージャ、玉葱、ニンニク、胡椒、シナモン、砂糖、ラード、月桂樹の葉、シナモン、クミンや塩を材料とする、重複雑なソースです。
なんと、地元のお店が、ネットショップでモーレを販売してました→

日本でも食べられるところがあるとは・・・!

 

ということで、もう一度この料理をリベンジすべく、
モーレ発祥の地、プエブラで美味しいと評判の名店に行ってみました!
Fonda La Mexicana
これで美味しくなかったら、もう諦めがつきます。

店内はとてもオシャレで、オープンな雰囲気♬

まずはビール「victoria」をいただきます。135年の歴史あるビールなんだって!

パンはサービスでついています♬

店内がいい雰囲気だから、写真も映えますな~♬

まずは、手始めにこの地域のスープをいただきます。
「sopa poblana」(ソパ・ポブラナ)

プエブラの、コーンとトルティーヤ、大きなチリ・ポブラノの入ったボリュームあるスープです!
ズッキーニやチーズが入ったクリーミーな味で、トルティーヤはどっしり食べ応えがあります。
かなり好みの味♬このレストラン、期待できますぞ!(#^^#)


「more poblano con pollo」(モーレ・ポブラーノ・コン・ポジョ)
来ました!!今回のお目当ての、リベンジのモーレです!

Arroz Mexicana(アロスメヒカーナ)という、赤いトマトピラフも添えられていて、とっても綺麗!
鶏肉にたっぷりかけられたモーレソース。さて、お味はいかに・・・??

おおお、美味しい!!!
前に食べたものとは、全然違います✨
チョコレートと唐辛子の風味がマッチしているとは、やはり思えないのですが、
ちゃんと調和されていて、繊細な味わいで、鶏肉も美味しかったです(*^▽^*)!

美味しかったのでテンションが上がり、さらにModeloというビールも注文。

ついつい、ビールも進んじゃいました!飲みやすいビールです。

モデロ エスペシアル 355ml x 24本 [瓶]
[ケース販売] [メキシコ/Modelo especial/輸入ビール]

というわけで、当たりはずれの多いモーレは、このお店で決まりです✨
ぜひプエブラへお越しの際はいかれてみてくださいね♬

店名 Fonda La Mexicana

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


店名 Fonda La Mexicana

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


メキシコと中東のミックス料理、タコス・アラベ!(Tacos Árabes)@プエブラB級グルメ

メキシコシティから気軽に行ける人気の観光地、プエブラ!
バスターミナルに到着し、さっそく近くにあったお店に潜入しました。

El Harbano

バスで到着してからの最初のミッションは、
タコス・アラベという、プエブラ発祥のB級グルメを食べること♬
タコス・アラベは、プエブラに多いアラブ系(レバノン系)移民の影響を受けたタコスで、
ドネル・ケバブのように、マリネした薄切り牛肉や豚肉を串に刺していき、
塊にしたものをじっくりと焼いたものを薄く削って、具にしたもの。
これを、小麦粉で作られたトルティージャに巻いていただきます。

イメージとしては、シャワルマみたいなかんじでしょうか。
この、大きいほうがタコスアラベ、小さいのがタコスオリエンタル。
あ、ちなみに現地ではタコスのことをタコ🐙って言うんだよね。

メキシコのトウモロコシのトルティーヤは、予想以上に重たいのですが、
タコスアラベの小麦粉のトルティーヤは、さっぱりいただける感じがします♬


エビ出汁のピリ辛スープ、コンソメ・デ・カマロン。

タコスと相性のよいサルサソース風の海老のスープなのですが、
私には、濃厚すぎ&エビのモザモザ感が、ちょっと苦手でした。

プエブラに言ったら是非押さえておきたいグルメ紹介でした💗
店名 Tacos Arabes El Harbano
住所 Central de Autobuses de Puebla (Blvd. Norte 4222)72050 México

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


 

メキシコの美味しいビーフステーキ「Carne Asada(カルネアサダ)」!

※このお店は、2017年に閉店したとのことです。

メキシコの人気の料理、Carne Asada(カルネアサダ)。
牛肉を塩や唐辛子でマリネしたステーキのことです。
これが美味しいと有名な老舗に行ってきました。

fonda el Refugio(フォンダ・エル・レフヒオ)✨

高級感あふれる店内。
バックパッカーの私は、若干場違い感あり・・・・
メニューチェック。伝統的なメキシコ料理が色々ありました。

モーレも美味しいらしいですが、今回は、目的のカルネアサダまっしぐら✨


まずは、メキシコのボヘミアビールと、軽いおつまみで乾杯~♪
(※一人ですが。)

ボヘミアビールは、コクがあって美味しいです(^_-)-☆
そして、メインの料理が来ました!

CARNE ASADA A LA TABASQUENA(カルネアサダ・ア・ラ・タバスケーナ)
タバスコ州のテンダーロイン(ひれ肉)のステーキです!
ライス・フライドバナナ・リフライドビーンズ・ワカモーレが添えられています。
リフライドビーンズとは、ピントビーンズ(うずら豆)を柔らかく煮てつぶし、
さらに油で炒めたもので、タコスの具などのに用いられるペーストです。
さすが、人気店だけあり、お肉の質が良く、とても美味しかったです!

せっかくなのでデザートもいただいちゃいました。

NALLILAS(ナチラス)
スペイン発祥のスイーツ。メキシコ式クレームブリュレと記されています。
ミルク、砂糖、バニラ、卵、シナモンで作られたカスタードプリンです。
どことなく懐かしい味でした!

メキシコは、お肉は当たり外れが大きそうなので、
美味しいお店で是非カルネアサダを試してみてくださいね!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


プエブラのご当地バーガー!CEMITAS LA BOMBA(セミータス)@メキシコ

メキシコのカラフルな観光地、プエブラ
早速タクシーで向かったお店がコチラ!

✨Cemitas La Bomba(セミータス・ラ・ボンバ)✨

プエブラを代表する軽食が、このセミータスというハンバーガー!
「セミータス」は、ハンバーガーのことだけでなく、
バンズに使用されているご当地のパン自体の呼び名でもあり、
卵多めのブリオッシュ生地で、ゴマがトッピングされたものも意味しています。

そのセミータスで、色んな具材が挟まれたサンドイッチが人気ということで、
特に美味しいと言われている評判のお店、ラ・ボンバに行ってみました。

定番の具材は、ミラネサ(milanesa)という、薄いビーフカツレツのサンド。
注文してから、作ってくれるのでアツアツをいただけます。


さっそく完成品がやってきました~!!!

モジャっとしているのは、Queso(ケソ)というチーズ。細かく裂かれています。
野菜は、アボカド、タマネギ、チリ、パパロというメキシコの爽やかな香りのハーブ。
パパロは、消化を助ける作用があるそうです。

SIDRAL Mundetという、メキシコで人気のアップルサイダーもいただきました。
赤リンゴ、グリーンリンゴ、ゴールデンリンゴの3種類のフレーバーがあるみたいです。
これ、腹痛の家庭治療薬として使用されるんだとか。これで治るとは信じられないですが・・・!!

ボリュームたっぷりでお腹いっぱい。
ごちそうさまでした(*^▽^*)

<DATA>
■Cemitas La bomba (セミータス・ラ・ボンバ )
住所: 18B sur 4502, Piso PB, Interior C ,esquina Juan Pablo II,San Manuel, Puebla
TEL:222 233 4691
アクセス:プエブラ市中心部Centro HIstorico(セントロイストリコ)から車で約11 分。Centro de Idiomas Volkswagen (フォルクス・ワーゲン語学学校)からすぐ
営業時間:9:00~19:30/火~日曜
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


まるでフレンチ?なメキシコ料理「チレス・エン・ノガダ」(レシピ付)

前回、メキシコの絶品料理「チレス・エン・ノガダ」について書きましたが、
今回は、さっそく実践編として、作り方をご紹介します~!
(ノガダって何?という人はコチラを読んでね♪→メキシコの絶品料理・ノガダ!
現地語のレシピを翻訳しながら調べてみると、
具には、松の実やアーモンド、桃やレーズン、バナナやりんごやシナモンが使われていて、
「あれ、これスイーツだったっけ?」と思ってしまうような材料ばかり!
今回は、全部そろえるのが大変&万人受けするおかずとして使えるように、
日本で馴染みやすい味つけ&作りやすい材料でアレンジしてみましたよ~!

✨チレス・エン・ノガダ(Chiles en nogada)✨

<材料>4~5人分
ピーマン 大きめのもの7個
小麦粉(打ち粉)少々
油 適量

(フィリング)
玉ねぎ(みじん切り)1個
ひき肉 400g
卵 2個
小麦粉 大2
パン粉 1カップ
ガーリックパウダー 少々
塩 小1/2
赤ワイン 大1
ケチャップ 大6
ハーブソルト 少々
無添加コンソメ 少々

(ソース)
クルミ 1パック(90g)
牛乳 100㏄
生クリーム 100cc
クリームチーズ 50g~適当でOK
砂糖 大3
塩・胡椒 少々
シナモン(好みで)少々

(飾り)トマト、パセリ


<作り方>
①くるみをゆでて柔らかくし、ソースの材料をすべて合わせてミキサーにかけます。
本当は、クルミの皮をむくという作業があるのですが、あまりの面倒さに断念。(;’∀’)
いっそのこと、「ノガダ=くるみ(nogal)」の語源ガン無視して、
もう、カシューナッツとかで作ってしまってもいいかもしれません。

②フライパンに油をしき、玉ねぎを炒めて冷まし、フィリングの材料全てを混ぜ合わせます。

粘り気が出るまでよく混ぜたら、半分カットにしたピーマンに詰めていきます。
ピーマンに軽く小麦粉をはたいておくと、外れにくくなりますよ!
③フライパンに油をひき、お肉に火が通るまで両面焼いていきます。
・・・完全にピーマンの肉詰めやん。
なんだか、明日のお弁当のおかずになりそうな感じになってきました。
しかし、このソースで一気に異国感を取り戻していきますよ~!
④焼いたピーマンをお皿に盛り、クルミのソースをたっぷりかけて、
細かく刻んだトマトを散らせば、完成~(*^▽^*)💗

本来は、メキシコ国旗の赤を料理に入れるために、ザクロを使いますが、
こんなちょっとしたトッピングのために、わざわざザクロなんて買ってられないので、
ここは、実用的なトマトで行きました。※赤やけんよかろ~もん(博多弁)。
かなり本場の作り方と外れたので心配でしたが、味は相当美味しいですよ!
ピーマンの肉詰めって、クリームソースとも合うんですね♬

新しいピーマンの食べ方を、ぜひ試してみてください♪
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


メキシコの絶品料理ノガダの名店!「La Hosteria de Santo Domingo」

メキシコ料理のイメージといえば、何でしょう?
トマトや唐辛子の効いたサルサ、豪快に焼いたお肉のタコスやトルティアチップ・・・。
なんとなくスパイシーで、大雑把な料理が多いイメージのメキシコで、
意外にも、繊細で、まろやかで、手の込んだ料理を発見しました!!

その名は、
チレス・エン・ノガダ(Chiles en nogada)。

日本のメキシコ料理屋では、今まで見かけたことがなかったので、
メキシコで、この料理と会えるのが、一番の楽しみでした(^_-)-☆

チレスエンノガダ(以下、ノガダ)とは、
「ポブラノ」という大きなピーマンのような青唐辛子の中に、お肉や野菜が詰められていて、
クルミの入ったクリームソース(ノガダソース)をたっぷりとかけ、
上にザクロの種がちりばめられている、見た目美しく、華やかなお祝い料理です。

毎年9月15日の、メキシコ独立記念日に食べる料理で、
国旗に使われている3色を意識的に取り入れているんだって(^^♪
(緑:青唐辛子、白:クルミソース、赤:ザクロ)

せっかくだから美味しいお店で食べてみたい!ということでこちらへ行きました。

✨La Hosteria de Santo Domingo✨


入口に立っているおじさん・・・ちょっと怖い。笑

店内は、天井が旗で装飾されていて、楽しい感じの雰囲気(^_-)-☆
夕方ですが、品のいいおじさま達でにぎわっておりました。
私だけ、旅人みたいなカッコで、場違いだけど、ま~気にしない。

もちろん、ここの看板メニューはノガダですが、
ほかのメニューも、ドリンク含め、めちゃくちゃ豊富です。

まずは、メキシコのビール「TECATE(テカテ)」を注文♬
グラスのふちには、塩がまぶされていて、ソルティードッグみたいでした。

パンは、頼まなくてもついてきましたよ。



前菜は、知人にオススメされていたメキシコ料理、
Coctel de camarones(メキシカンシュリンプ(海老の)カクテル)を注文。

なんと斬新な盛り付けなのでしょう?!
まるでパフェのように、アボカドが豪快に盛り付けられています。
カクテルソースは、ケチャップの味がかなり強く、再現できそうな味!
ライムジュースとトマトの酸味で、さっぱり美味しくいただけました。

そして、お目当てのノガダが登場です(^◇^)
ば~ん✨

とっても美しいですね~💗
メキシコというより、フレンチレストランに出てきそう!!
たっぷりソースに覆われた、特大のピーマンをカットすると、
中からは ぎっしりと詰まったフィリングが出てきました。

くるみのクリームチーズソースと合わせると、とても美味しかったです!!
でも、このチレスエンノガタ、意外と好みが分かれる料理なんだって。
私はめっちゃ気に入りました♬ 日本でも再現できたらいいな!

<お店情報>
店名:La Hosteria de Santo Domingo(ラ・オステリア・サントドミンゴ)
住所: Calle Belisario Dominguez 72, Mexico City 06000, Mexico
電話番号: 55265276
営業時間 日 – 土 10:00 – 0:00

それでは!!以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


「Potzollcalli(ポソルカリ)」~激マズ料理から始まる、世界一周目の始まり~(メキシコ)


世界一周の記念すべき第一日目の夜ごはんは、
ゲストハウスの近くで、とりあえず様子見をすることに。
気軽に入れるこのお店に 行ってまいりました!

POTZOLLCALLI(ポソルカリ)

ここは、とにかくメニューが豊富!地元の人のファミレス的存在なのかな??

メニューはクリックで拡大します♪ スペイン語ですけどね(;´・ω・)

料理の写真が沢山あるので、スペイン語が分からない観光客にもありがたいです。
卓上に出る付け合わせは、チップとライム、そして数種類のソース達♪

とりあえず、手始めに軽いジャブとして、定番のメキシコ料理をオーダー。

Sopa de azteca(ソパデアステカ)

またの名を、sopa de tortilla(ソパデトルティージャ)と言います。
「これを語らずして、メキシコ料理を語るな」と言われる位の代表的な料理らしいです。
どんな料理かというと、揚げたトルティーヤ(とうもろこし)のチップが入っている、
トマトベース&とろけるチーズ入りの具沢山スープなのですが・・・
意外とあんまり美味しくない。

なぜだ・・・おなかにはたまるけれど。
この食材の組み合わせ、ハズしようがないと思うのですが・・・(;´・ω・)


・・・気を取り直し、もう一つ、別の料理をオーダーしてみました。

Enchilada(エンチラーダ)

トウモロコシのトルティーヤを巻いてフィリング(具材)を詰め、ソースをかけた料理です。
このお店は三種のソースがワンプレートで試せるメニューがありました。
左から、緑がサルサ・ヴェルデ、茶がサルサ・モーレ、赤がサルサ・ロハです。
緑は青いトマト、赤は普通のトマトをベースとしたソースなのですが、
特筆すべきは茶色のモーレ(mole)。
なんと、チョコレートと唐辛子のソースです。

食べた瞬間、体中に衝撃が走りました。
ま、まずい。。。。( ;∀;)
なんだこの甘さと唐辛子のミスマッチ。。。悲しいぐらいに、マズ過ぎました。

このままでは、モヤモヤするので、
 horchata(オルチャータ)
という珍しい飲み物も、懲りずに注文しました。
これは、 お米や種実類、メロンの種などを
水に浸けてから挽いて乳液状にし、
バニラやシナモンで香りをつけた
ミルクセーキ風の甘い飲み物です。

うーん・・・びみょう・・(;´・ω・)

というわけで、初日の教訓。
現地の料理を知りたいからって、とりあえずテキトーなお店に入ってしまうと、
その料理自体が日本人の口に合わないのか、
それとも、そのお店のクオリティの問題なのかが分からなくて、

結局、リベンジすることになり、二度手間になってしまう!!( ;∀;)
特に気になる料理があるときは、「その料理がイチオシのお店」をちゃんと調べるべきでした。
とくに、モーレは、あまりのマズサに、モーレの名店でリベンジしよう。と決意した次第でありました・・・!!(;´・ω・) このマズサは、果たしてデフォルトなのだろうか?!

※もちろん、このお店自体を非難するわけじゃありません。
全メニューを制覇したわけじゃないしね。
場所はここ。ペンションアミーゴの最寄り、レボルシオン駅の近くにあります。

 


色んなメニューがあるし、現地の料理を気軽に楽しむにはいいお店かと思います♪
それでは!にほんブログ村 料理ブログへ