ウガンダの映画プロジェクトが本格始動しました!

先日、映画監督の内田俊介氏による、
ウガンダの映画上映会がありました。

内田監督は、「旅する映画監督」という肩書きを持ち、
世界各国を舞台に活躍している映画監督です。

“旅をしながら活動する”、というスタイルから共通点も多く、
よく一緒にコラボさせていただいている、大事な仲間でもあります。

彼の映画制作活動で、私が尊敬しているところは、
単純な面白さや刺激を追求するのではなく、
それぞれ見る人によって、様々な視点から、考えさせられたり、
気付きを与えるような、隠れたメッセージ性を残しているところ。

また、映画のない国で映画を作り、届けることで、
多くの現地人を、笑顔にしてきている行動力。
その反響が、彼にしか出来ない使命感を掻き立てられ、
大きな原動力になっているのだろうな、と感じています。

今までの作品では、
カンボジアと日本の子どもをテーマとした「君と僕と世界はひとつ」や、
カンボジアの地雷問題をドキュメンタリーにした「地雷ときどき僕」などがありますが、

今回、彼が挑戦しようとしている国は、
おそらくカンボジアの数倍ハードルが高いであろう、ウガンダ

・・・ウガンダってどこだ???(;’∀’)

↑ここです。首都はカンパラ。
55ヶ国を周った私でも、ウガンダを知る機会はなく、
どんな国なのか、全く分からないのですが、
イメージとしては、治安、貧困、衛生など大変そうで、
東南アジアと比べ、行ったことある人も少ないのではないでしょうか。

だからこそ、この映画が広まったら、
きっと世界のことを知るきっかけが増え、
とても意義のある作品になると思います。
映画って本当に素晴らしいツールです。


さて、こっからは、イベントレポ!!

ロックバンドGreenworld、TAKAさんによるライブ。
京都で活躍されている、熱いミュージシャンです!
「ある少女の物語」という歌が、個人的に好きです。
PVはこちらをクリック!

また、今回、ウガンダ産の紅茶を使用した、
トロピカルアフリカンティーの監修をさせていただきました。

味の決め手は、フルーツを砂糖漬けにした酵素シロップ!
甘くて、香りのよいアイスティーが出来ました(*^▽^*)
レシピはコチラです。→トロピカルアフリカンティー

ウガンダの食文化も、知れてよかった♬
マトケとウガリは、ずっと前から食べてみたいんだよね。(*^▽^*)

そして、メイン・内田監督によるウガンダムービーの上映!

今回は、本編ではなく、今後のための視察報告も兼ねた映像でした。
ワークショップでは、色んな方の意見が飛び交いました。
映画は、2本計画しているようで、一つは少年兵、一つは現地の子をテーマにしています。
歴史などに関しては、見る側によっての認識が違うため、
とても繊細な問題だし、きっと大変だと思いますが、
これから、どのような映画が仕上がるのか、楽しみです!!!

彼の活動を続けるためには、沢山の制作費が必要です。
現在、その資金集めを「ウガンダ100プロジェクト」と題し、
応援サポーターを1口1万円~、募集しております。
私ももちろんそのサポーターの一人です!
みなさんも是非一緒に、この映画の完成までを見届けませんか?
プロジェクトページはコチラ!!

素敵なお時間をありがとうございました!

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


有田町からみかんが届いたーーーー!!!

和歌山県有田町で、自らがゆるキャラとなり、
みかんの美味しさを伝え続けている みっちゃん。

彼が身に着けるものは、全てオレンジ色で、
それも年々エスカレートし、見た目はもはや芸人ですが(笑)、

本業は、真面目な有田みかん農家。

       
今年は、私も初めて有田町に足を運び、
みかんの料理をプロデュースさせていただきました。


(左)開発途中のみかんジュレ。ココナッツとの相性抜群。しかし衛生上の問題でボツに。。
(右)みかんのフレンチトースト。みかんジュースをたっぷりしみこませて焼きました。
バターとココナッツソースの相性抜群の、美味しいホットスイーツとなりました。


(写真右)開発したミカンメンチカツ。みかんの皮を煮て、お肉と混ぜました。
フルーツとお肉がちゃんと調和した爽やかな香りと酸味のある1品。リピーター続出でした!

このメニューを引っ提げ、京都の音楽フェスでみかんブースを出したり、
サプライズプロポーズのお手伝いをしたりと、とっても大事な仲間です!

そんなみっちゃんの旬のミカンが、有田町より届きました!!

有田みかんは、今まさに最高に美味しい時期で、
一口食べると、その甘さ、みずみずしさに感動!!
博多弁でいうなら、「たまがった~(びっくり)!」という感じです。

 

皮が薄く、小ぶりなので、パクパク食べられて、
あっという間に5kgがなくなりそう・・・。
気付けば、あと10個ちょっとしかありません(;´・ω・)汗

 

口コミで紹介したくなるようなみかんなのです。
SNSでは、すごい勢いで拡散され、注文殺到しております。
他の農家にはない、素晴らしいプロモーション戦略で、

日本全国、みかん中毒としか言いようがありません。
いやむしろ、これがみっちゃんの言うみかん革命なのか?!

 

ぜひ、みかんが好きで 毎日食べている方には、
みっちゃんのみかんをオススメします!!

↓食べたい方は、以下から直接メッセージ注文してね!↓
みかんのみっちゃんFBページ
それでは!!

 

【食を変えると、運命が変わる】

誰も 信じられなくなった時期がある。
心と身体は、驚くほどに 連動していた。

脈は遅く、寒さに震え、体重は減少し、
衰弱した肉体では、階段を上ることさえままならない。
通院生活で、精神安定剤とホルモン剤に 頼る毎日。

みんな、何がそんなに楽しいんだろう・・、
こんな廃れた心を、見透かされるのが 怖かった。

そんな中、唯一、心の支えとなったものは、
「食を学びたい」という情熱だけだった。

私は、この命の 時間の限りを使い、
自分の人生を翻弄させる「食」の研究を始めた。

そんなあるとき、転機は訪れた。
食の講演会で、八百屋の社長が言った、
「食を変えると、運命が変わる」という言葉で。

何をやっても 悲観的だった私は、
その一筋の希望の光に 縋るような想いで、
そのオーガニック八百屋への 就職を決めた。

管理栄養士としての 進路を捨てたことで、
家族達からは、たくさん 批判の声を受けた。

たしかに、経営困難な 八百屋での勤務は、
普通の新卒社員では ありえない体験の連続だった。

しかし、どんな状況でも、お店の想いは、
「身体に優しく 美味しい、本物の食を届けたい」
そこだけは、一切ぶれることがなかった。

私はこのお店で、通常業務だけでなく、
菓子製造販売や、イベントに 挑戦したり、
断食スタッフや、農家訪問を 体験したり、
様々な内容の講義にも、参加させていただいた。

この店は、もはや、食の本質だけに留まらず、
いのちや、心の本質を学ぶ 原点の場だった。

そこから、私の人生は 加速し始めた。


「食を変えると、運命が変わる。」

そのお店は、今はもうないけれど。
その言葉を信じて、
社長に ついてきてよかった。
自分の直感は 間違っていなかった。

あれから 社長は、何度もガンになり、
入院、手術、闘病を繰り返している。

先月、福岡に帰省した際、社長と再会したが、
医者からは 余命1年だと 言われているそうだ。

それでも、当時と 想いは全く変わることなく、
社長は 今でも、本物の食を 人に届け続けている。
社長は こう言っていた。

「この人生に、足跡を残したいんだよ」と。
限りある命を 何に使おうか?
時間は いつも 待ってくれない。

私は、そんな 社長の意志を継ぎ、
今回、2つのことに 挑戦しようと思います。
1つめは、お米の販売を 受け継ぐこと。
私が就職したてのころ、社長はまず
佐賀県の嬉野に 連れていってくださった。

そこで出会った 農家の太田さんは、
完全循環型農法で、無農薬・
無化学肥料で お米や茶葉を作られていた。

農法を変えたあと、畑の生態系が変わり、
小鳥が さえずるようになったという話が、
とても印象的な、素敵な生産者だった。
そんな思い入れある、良質のお米を、
全国で、多くの人に食べていただきたい。
そのお米の名は「嬉野よろこび米」。

安心・安全な 九州の自然農法米です。
みなさん是非、ご賞味いただけませんか?
2つめは、この社長を 東京にお招きし、
お話会を 都内で開催すること。
テーマはもちろん、
「食を変えると、運命が変わる」。
本物の食を 体感できる空間を作りたい。

日時は、4月21日 夜19時~、懇親会もあります。
こんな機会、滅多に作れないので、
予定を空けていただけますと、嬉しいです。

「お前、東京で こんなに頑張ってたのか!」
って、社長からも 認めていただけるような、
アットホームで いい場にしたいと思っています。
みなさん、是非 お話を聞きにいらしてください。
お米がほしい方、お話会に行きたい方は
優先的に ご案内いたしますので、
コメントなど頂けたら 嬉しく存じます。
シェア大歓迎です( ;∀;)
長文、駄文、失礼いたしました。
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。(^^)

株式会社KitchHikeの新オフィスへ潜入!

今日は、渋谷から上野に移転された、
株式会社 KitchHike(キッチハイク)のオフィスへ訪問いたしました!
実は、今年一番の目標は、この株式会社キッチハイクの
代表である、山本雅也さんにお会いすることだったのです。
その想いは念願かなって、2016年二月に達成しました。

そのときの記事はコレ。(FB内の記事になります)
この時は、自分から連絡をする勇気もなく、とにかく周りの人に
意思を伝えまくって、共通で繋がっている人から、FBで繋げていただいて、
わざわざ時間を割いていただくことに 申し訳なさも感じながら、
心臓が張り裂けそうにドキドキして 渋谷のオフィスに伺ったことを覚えています。

それがこの一年で、どんだけ成長したことか。
「会いたい人に会いに行く」を、どんどん出来るようになった。
「自分から会いに行っていいんだ。」って思えるようになったのは、
少しずつ、自信がついたからなのかもしれない。
そして、人は出会えば、何かが加速することを、色々な経験をしていくうちに、確信したのだと思う。



まぁ、そんな話は置いといて、いざ潜入。
新オフィスは、上野駅から徒歩7分ぐらいです。

スタッフさんは、お昼のまかないがちょうど終わったようで、
オフィスには美味しそうな香りが漂っていました。
いいなーいいなーここの社員になりたい。。笑
そして、イベントスペースへ・・・

なんてオシャレなんだ~っ!!!!

前のオフィスもスタイリッシュで素敵だったのですが、
こちらも、本屋と併設?しているのか素敵な空間が演出されまくり!!

そして、これがキッチンです。
ば~ん!

ん、キッチンどこ?(・・)

・・って感じですよね。
でも、よく見ると、キッチンに板のカバーがしてあり、
上に観葉植物を置いているんです。
よく見たら、ちゃんと下には調理器具もあります。緑がある空間って、やっぱり落ち着きますね~。

私が世界一周する前の KitchHikeは、
世界中の料理を作る人と、食べたい人を繋げるという、旅要素の強いマッチングサービスだったのですが、
海外・旅要素をやめ、現在はPOP-UPに特化。
具体的には、「料理人に焦点を当てた企画のポータルサイト」と言えばいいのかな~。
でも見てみると、やはり世界の料理や、オーガニック傾向が強く、
も~本当に、私の興味をくすぐられまくりなんですよね。
そして、このサービス、誰もがCOOK(料理人)となり、そのサービスを利用できます。
みなさんも良かったら、サイトを覗いてみられてくださいね (^^♪

HPはコチラ→KitchHike

それでは~♬