福岡のオーガニック野菜農園を見学!農業体験で学んだ大切なこと


【福岡県大木町】楽しい!無農薬の野菜農家、「宇っちゃん農園」の魅力に迫る!

今年のGWは、三潴郡大木町の「宇っちゃん農園」へ、7年ぶりに行ってきました。
私は長年、自然食品店(有機野菜宅配の八百屋)で働いていたのもあり、
オーガニック農家の見学は、仕事であり、趣味であり、ライフワークでもあります。
これまで、様々な農家さんを訪問いたしましたが、宇っちゃん農園のチョさんは、
今までに類を見ない、超・元気をいただける農家さんなのです!

今回は、2度目の訪問です。
(以前の記事はコチラ→大木町ツアー・宇っちゃん農園1回目
あれから、気付いたら7年も経つなんて。時間が過ぎるのは早いな~!

今回は、旦那のせーじくんと一緒に行きました。彼は畑に行くこと自体が人生初めて。
きっと、いい経験になることでしょう!笑

 農家さんの元気の源は、あの野菜だった?! 

まずは、たくさんの野菜を育てている畑を見せてもらいました。(これはじゃがいもです)

この農園を営む、農家のチョさんは、とっても陽気な中国人です。
しかし、日本の歴史や政治などについて、驚くほどに知識豊富だし、
日本語のジョークもばんばん飛ばす、とってもユニークなキャラの方です。
いつでもパワフルでエネルギッシュな、チョさんの元気の源はここにありました。

にんにくです!

これを、毎日チョさんは生で食べているんだとか。スタミナつきそう。
にんにくの芽をカットすると、目の前で切り口から水滴がしたたり落ちます。

スゴイ!!なんてみずみずしいのでしょう。
「かじってみて!」と、勢いよく旦那に差し出すチョさん。

せーじくん「うわー!!効きそう!」
ちょうど風邪気味だった彼には、きっといい薬になったに違いありません。

宝石のように輝くにんにく。これを食べればめっちゃ免疫力がつきそうですね!!


 優柔不断はアカン!?スナップエンドウの収穫 

さらに、玉ねぎ、じゃがいも、ねぎを見ました。

スポッとひっこぬいて、現れる玉ねぎ。感嘆の声が上がります。

他にもロメインレタス、ごぼうなど、多品種にわたる無農薬野菜が作られています。

知っていました?ねぎって、大きくなったら、こんなカワイイ「ねぎぼうず」が出来るんですよ。

そして、今が時期のスナップエンドウを収穫させていただきました。

効率よく進めるポイントは、瞬時の判断力と、常に先を見て、どれを取るか決めることです。
「迷わず取る!身がふくらんでいるものを選ぶ!」
「手は動かしたまま、目線は先に先に!日が暮れるぞ~」
旦那は、チョさんから喝を入れられていました。笑

収穫したスナップはお土産としてお持ち帰り。食べるのが楽しみ♬

 ニワトリ社会も、人間社会も同じ構図である。 

チョさんはニワトリも育てていて、平飼い有精卵を作っています。
そこには、卵を守る番犬や、雑草を食べてくれるヤギさんなど、
まるで動物園状態のカオスな(?)光景が広がっていました。

ニワトリにも個性があり、強そうな子や、小さい子など様々います。
「一番身体が大きくて強いやつは、いつでも一番というプライドがあるから、
負けたとき、一気に心が折れてダメになる。だから、一番強いのは二番手なんだ。」
「身体が小さくていじめられる子もいるけど、そういう子は生きる力が強いんだ。
餌をまいたときも、誰よりも早く餌を食べて、ササっと逃げるから足も速いよ!笑」

チョさんの言葉には、ちょこちょこ、本質的な部分が出てくるから面白い。
さらに、そんな個性豊かなニワトリから出来た卵は、殻の色もサイズもバラバラ。

チョさん「同じ日本人でも、みんな顔も、身長も、同じなんてありえないでしょう?
鶏も同じで、十人十色みたいに、十鶏十卵。これが本来の姿なんだな~!と思わせられる瞬間でした。


 草を食べている動物はクサくない?! 

チョさんが可愛がっているのは、ヤギの「イチゴ」ちゃん。

草をもぐもぐ食べていて、癒し系の穏やかな子でした。
すると、おもむろに、ヤギの糞を素手で拾いだすチョさん。
なんてワイルドなんだ。
すると、チョさんは、「におってみて!!!」と渡してきました。
・・ナヌ!?(@_@;)
おそるおそる嗅いでみると、まったくの無臭。
私「・・・あれ、においがしない!」
チョさん「もちろん!だって、草しか食べていないから!!
動物がいたら、糞がクサイって思ってるでしょ?全然臭わないよ!!」と力説。
これは、「クサだからクサくない」・・とダジャレを言いたいだけではないのです。
たしかに、人間も、そうなんですよね。
お肉や添加物などを多く食べると、腸の中で腐敗し、それが悪臭になる。
野菜をしっかり食べると、腸の状態が良くなり、体臭が改善する。
無農薬の雑草(?)だけを食べているヤギさんが、それを証明してくれました。

 ゴミよりも、草に目くじらを立てる社会 

チョさんは無農薬栽培をしているため、除草剤をまいていません。
草も抜いていないので、畑の脇道には、草がボーボーに生えているのです。
慣行農法が大多数の世の中。そんな自然農法を理解できず、文句を言う人もいるんだとか。
その一方で、チョさんの畑には、誰かが車道からポイ捨てしたゴミが転がっていました。
「ゴミは、落ちてても知らん顔なのに、草が自然に生えてるのには、文句を言うんだよ。おかしくないか?」
社会の理不尽さのようなものを、チョさんの言葉から感じました。

 うわべだけを見ても、本質は分からない 

ピーマンの苗を植えさせていただきました。

チョさん曰く、植物の生命力を調べるには「根」を見ることが大事だそうです。
どんなに見た目がしっかりした苗でも、根が少ないとすぐダメになります。
根を使ったことわざは「根気」「根性」「根幹」などありますが、
やはり、根がしっかりしている苗は根性があり、強く育つそうです。

ピーマンの苗は、一本の芽に対して、何本もの根が張り巡らされていました。

根がしっかりしているのは、厳しい環境でも耐えていける生命力の強さがあるという証拠。
ちなみに、東洋医学では人間の「根」に当たる部分は腸を指しています。
腸をしっかり整えることで、身体の根幹が整うので、確かにその通りですね。
自然食でも「根菜を食べると根気がつく」と言われていますし、
何事も「根」は見た目よりもはるかに大事な部分なのですね。
どんなピーマンができるのか、楽しみです♬

 <まとめ> 農業体験で学べることは、決して農業だけではない 

チョさんは、もともと現在と真逆な、添加物だらけの食品業界で働いていました。
そのときに、食の安全に疑問を持ち、脱サラして農家に転身。
「本当の商売とは、人に安全・安心・良いものを提供することでしょう!」
と、熱い想いを語ってくれました。

チョさんの一番の願いは、みんな幸せで平和な世界になること。
そんな願いを込めながら作られる、生命力ある野菜からは、
食べ物は命である」というメッセージをひしひしと感じました。



<その後>
いただいた野菜をシンプルに調理して食べてみました。
スナップエンドウは塩ゆでにします。

びっくりするほど甘いです!
さらに、スナップエンドウのゆで汁とにんにく、玉ねぎで中華風のスープにしました。

どちらも、やっぱり根がすごく元気です。
さらにもう一品。にんにく&にんにく芽と玉ねぎをごま油で炒めて塩コショウして卵とじ。

どんぶり風にご飯にのせました。卵の黄色がとても美しいのです。
じゃ~ん!

お肉がなくても、満足感や贅沢感を感じる食卓になりました。
感謝の気持ちでいっぱいになり、お腹だけでなく、心も満たされるような食事でした。

チョさん、本当にありがとうございました!!

ちなみにチョさん。
「博多華丸・大吉のなんしようと?」の番組にも出演されたことがあるんですよ。

チョさんの野菜が食べたい方は、以下にご連絡くださいね♬
宇っちゃん農園のFACEBOOKページはコチラ!

それでは!

【関連・人気記事】

お肌のハリが気になる人に!国産野菜のスゴイ美容液が現在セール中!
KFCの味を自宅で?!フライドチキンを再現してみた
木村屋総本店のふんわり蒸しケーキを作ってみた
スパイスが香る!本格絶品スリランカカレー♬
大絶賛の台湾B級グルメ「ルーローハン」の作り方

【完全保存版】さとみんのレシピ集・全記事一覧はコチラから!

【完全保存版】世界一周・日本一周の全記事一覧はコチラから!

以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.


Published by

コメントを残す