LINE@で更新を受け取る!
日本47都道府県

【悲惨】人生初のネットカフェ宿泊に挑戦!のはずが、ネカフェ難民になった話。

旅する料理研究家さとみんです。

今回は2013年に、私が初めての一人旅で神奈川県に滞在していた時に、
1日だけホテルの予約が取れなくて、人生初のネットカフェデビューをした時の悲惨な出来事についてお伝えいたします。

武蔵溝ノ口(溝の口)駅周辺のネットカフェを求めて・・

その日私は 地元の中学校の同級生と、川崎市で再会していました。
友人とは、焼き鳥居酒屋に行き、遅い時間に解散。
その日は宿がなかったのですが、同級生の友人は男性だったので
さすがに泊めてもらうわけにもいかない。

なので、初めてのネットカフェに挑戦してみよう!!
という計画を立てていました。

友人を駅で見送った後、
早速インターネットで調べたネットカフェに向かうことに。「武蔵溝ノ口 」の画像検索結果

しかし私は何も知らなかったため、考えが非常に甘かったのです。

当時、武蔵溝ノ口駅にはネットカフェが二つあったのですが、
私がネットカフェに辿りついた終電頃の時間は、既にどちらも満席状態だったのです。

さとみん
さとみん
ネカフェってそんなに深夜の時間帯が人気だったの!?(今となっては常識・・!)

他に空いているお店もなく、私は完全に出遅れたネカフェ難民になってしまったのです。

なぜか「店員のおじいさんの親戚」役にされる

「ネカフェ フリー 画像」の画像検索結果ネットカフェがどこも満席ということを聞いて私ががっかりしていると、
おじいさんの店員さんが有力な情報を教えてくれました。

店員さん「ここに入ってる人のほとんどがナイトパックプランだから
恐らく朝まで席が空くことはないよ。
でも、そこの手前に座っている男の人は一人だけナイトパックじゃないから、
もうそろそろ時間だから、もうすぐ帰る可能性がある。
まぁ、最悪、朝まで延長することもあるかもしれないが・・・」

さとみん「そうなんですか・・・。
私、福岡から来たので、この周辺は右も左もわからないし、始発で帰れる場所もなくて。
ネットカフェも初めて来たので、こんなに混んでるとは知らなかったんですよ(゜-゜)(。_。)」

店員さん「それは大変だ。
本当はこの店は、お客さんが待っていてはいけないことになっているんだ。
だけど、行くあてがないなら、今から椅子を出すから
カウンターの横に座って待っていなさい。
おじさんの親戚が遊びに来たという設定にしておくから。」

親戚の子が勤務中のおじさんを訪ねて深夜に遊びに来る・・・!?

ネカフェって、そんな裏ワザのような
謎の設定が通用する場所なのか・・?w

そういうわけでおじいさんの隣に座り、いろんな旅の話をしたりしていました。
なんかもう、だんだん本当に親戚の商店に遊びに来たような気がしなくもなかったです。

お客さんのチェックアウトをひたすら願った4時間

最初のうちは、時間がきっと解決してくれるはず。
誰か一人ぐらい出て行く人がいるに違いない・・
ということを期待していました。

しかし、なかなか思い通りにならないのが旅の醍醐味・・・w

唯一ナイトパックで入らなかった希望の星である男性の頭が
フロントから見えるので、早く出てくれぇぇぇと、
その頭に向かって念力を送り続けていました。

「PC使う 人 フリー素材」の画像検索結果すると念力が通じたのか、その男性がおもむろに席を立ったではないですか!!

やっと出てくれるのか?!?!?
喜んだのはつかの間、その男性は私の前を横切り、トイレに行ってしまいました。
・・・・残念だ(´・ω・`)

さらに念力を送り込む私(ノ`・ω・´)ノ‥━☆

時間はあれから2時間ほど過ぎて夜も更けていました。
するとまたその男性は立ち上がり、今度はフロントの方に来ました。

ヤッター、お会計や!
やっとこれで私も休めるぞヽ(=´▽`=)ノ

・・・と思いきや、その男性は片手に携帯を持っていて
「電話しに行ってきます」とそのままエレベーターを降りて行ったではないですか!

お会計じゃないんかいーーー!!

まさかこの男性も自分の行動で、こんなに一喜一憂しているやつが
目の前にいるとは思ってもみなかったでしょう。

そのままなかなか帰ってこない男性。

もうだめだ・・・・orz

そういうわけで4時間ほど待ったのですが、
ネットカフェは一人も出ていくことがなく、私は待つことを諦めました・・・。

時刻は朝の4時頃。
もうひとつのネットカフェの方を再度尋ねてみると、やっと1席分が、空いたとのこと!!

やっと初めてのネットカフェデビューを果たせる!
・・と思ったのですが、この時点ですでに疲労はピーク。
受付を済ませたと同時にブースで意識不明状態(つまり爆睡)になってしまったので、
実際にはネットカフェを利用したという記憶は、全く残っていません(;´Д`)

そこでは漫画を読んだり、ドリンクバーやシャワーを利用することもなく、
ただただ眠っただけで、私の初めてのネットカフェデビューは幕を終えたのでした・・・。

この時に学んだ教訓

「DICE 画像」の画像検索結果

ネットカフェが少ない場所で、夜遅い時間にネットカフェ宿泊をあてにするのは危険。

早めに空席状況を確認して、
満席にならないうちに席を確保しよう!!

ネカフェだけじゃなく、
24時間営業のファミレスやマックがある場所だと、万が一の時に安心( ・`д・´)

やっぱりホテルじゃないと疲れは取れないorz

帰る家があるって何て幸せなんだ・・・(´;ω;`)

もうホテル以外の滞在はこりごりだと思っていたのですが、
その後ネットルームに住みだす事になるとは、この時は思いもしていませんでした。

以下の記事へ続く・・・(?)

あわせて読みたい
ネットルームマンボーは危険?ホームレスコミュニティにビビった体験談!旅する料理研究家さとみんです。 私は約4年間ほど、アドレスホッパーと言われる、 拠点を持たずに移動しながら生活する生き方をしてい...

それでは!

 

 

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.