FOOD

ドイツのピザは白い!?フラムクーヘンのレシピ(アルザス料理)

ドイツで美味しかったものとしてフラムクーヘン( flammkuchen)という料理があります。

フラムクーヘンとは?

フラムクーヘンは、アルザス地方のドイツ郷土料理
(ちなみにアルザスは、ドイツ南西部&フランス北東部の国境をまたがる地域なので、
フランスの郷土料理とも言えますね。フランスでは「タルトフランベ」と言います。)
ドイツ語では、フラムが、クーヘンはケーキを意味します。
つまり要約すると、「炎で焼いたケーキ」なのですが、
実際にはケーキではなく、パリパリの薄い生地の白いピザなのです。

私は世界一周中に、ドイツのハンブルグでこの料理と出会いました。
そのときの写真がコレ↓

シンプルな材料なのに美味しく、とっても感動しました!
このフラムクーヘン、最近は、国内でも食べられるお店が増えてきました。
東京都文京区の目白台にレッカーマウルというフラムクーヘン専門店があったり、
私は、神楽坂のフレンチボン・グゥでりんごのタルトフランベをいただいたことがあります。

今回は、この料理を、身近にある餃子の皮で、手軽に作ってみました。


餃子の皮で簡単!フラムクーヘンのレシピ


<材料>12枚分
餃子の皮 12枚
サワークリーム 80g
玉ねぎ(本場は赤玉ねぎ) 1/4玉
ハーフベーコン 4枚
塩コショウ 少々
(好みで)ネギ 適量

<作り方>
オーブントースターの天板にクッキングペーパーをしき、餃子の皮を並べます。

ここに、6~7gずつ、サワークリームをスプーンの裏で薄く塗っていきます。
ちょっと常温に戻しておくと柔らかくなって塗りやすいかも。

その上に、ベーコン・薄くスライスした玉ねぎをのせていきます。

ちなみに、ベーコンは添加物の少ない、無着色・無塩せきベーコンを使っています♬
市販のものでは、グリーンマーク(信州ハム)と書いてあるベーコンがオススメですよ♪

そして、粗挽きの塩コショーをかけます。

↑ついでに、サワークリームの代用になるかも?と思い、パルテノをつかって、「ギリシャヨーグルト」バージョンも作ってみることに。実験大好き(=゚ω゚)ノ

あとは、これを1000wのオーブントースターで5~6分ほど焼けば完成!!

おっと。。。ちょっと焼きすぎたかも。(;´・ω・)
ということで、第2弾は、3分焼いて、そのあとはアルミをかぶせて3分ほど焼いてみました。
完成~~!!

やっぱり、アルミをかぶせたほうが、このように火加減がちょうどよく仕上がります!
お好みでネギをかけてくださいね。緑の彩りでさらに料理が引き立ちますよ♬


お味は・・・中央は少ししんなりしていますが、優しめに焼き色をつけたほうが、
しっかりパリパリに焼いたものよりも素材の風味がしっかりと分かりやすく、美味しいです!
塩コショウはそんなにしなくても、ベーコンの塩気だけで、十分美味しくいただけます。
(むしろ一回目の時は、結構しょっぱくなっちゃいました。おつまみにはピッタリですけどね!)
ギリシャヨーグルトバージョンは、サワークリームのような濃厚さはないものの、
これはこれでさっぱりとして悪くはないです。リーズナブルで低脂肪なのが良いところ♬
味だけで見ると、やっぱサワークリームのほうが美味しいですけどね!

一口サイズでパーティーメニューにも使えそうなフラムクーヘン。
つぎは、りんごバージョンにチャレンジしてみよっと♬
それでは!!

【関連・人気記事】

お肌のハリが気になる人に!国産野菜のスゴイ美容液が現在セール中!
KFCの味を自宅で?!フライドチキンを再現してみた
木村屋総本店のふんわり蒸しケーキを作ってみた
スパイスが香る!本格絶品スリランカカレー♬
大絶賛の台湾B級グルメ「ルーローハン」の作り方
レッドカレーペーストで簡単・シンガポールのココナッツカレー麺「ラクサ」

【完全保存版】さとみんのレシピ集・全記事一覧はコチラから!

【完全保存版】世界一周・日本一周の全記事一覧はコチラから!


以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室や講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを作る。 その後、さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています