家庭料理

超ズボラさんのピーマンの肉詰めレシピ【簡単&手も汚れない!】

育児をするようになると、赤ちゃんは私が台所に行くたびに泣いてしまうので、
ゆっくりと料理をする気持ちの余裕がなくなりました(´・ω・`)

家事は後回しで 育児と仕事に専念したいというように
優先順位が変わったのもあるかもしれませんが、
最近はご飯のおかずになる簡単料理を大量に、一気に作り置きする作戦
実行しています。

そんな時に家にピーマンがいくつかあったので、
ピーマンの肉詰めが食べたいなと思いつつ、ちょっと手間が面倒だなーと思っていた私。

すると、旦那が「全部一緒に炒めたら同じじゃない?」
一言アドバイスをくれました!
確かに同じ材料で同じ味付けでしたらいいかも??ということで、

タイトルにはピーマンの「肉詰め」とありますが
中には詰めないレシピでございます(笑)

ご飯のおかずになりとっても美味しかったのでおすすめですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧
それでは作り方、行ってみましょう!!

ピーマンの肉詰めレシピ!簡単すぎるけどご飯のおかずに最高です♪

<材料>
玉ねぎ 適量
ピーマン 5個
しめじ 1パック
油 少々
塩コショウ 少々
ウスターソース 適量
ケチャップ 適量

とにかく面倒なことを最大限に省いたこのレシピ。
普通のピーマンの肉詰めでしたら玉ねぎをみじん切りして炒めたものに、
ひき肉を混ぜ、卵やパン粉を入れハンバーグのタネをつくり、
半分にカットしたピーマンに小麦粉をはたいて剥がれないようにして、
肉だねを中に詰めてじっくりと焼いてソースをつけて食べるのですが、

そんな面倒なことやってられない!!

ということで「切る→炒める」の2ステップのみでいってみましょう!

まず玉ねぎは簡単にくし形切りにします。
ピーマンもザクザク切っちゃいます。

ひき肉はそのままミンチ状なので、まな板やボウルを汚さず使えます。

後はフライパンに油をひき玉ねぎを透き通るまで炒め、ひき肉を入れます。

火が通ったらピーマンとしめじを入れて塩コショウで味付け。

全部に火が通ったら、最後にウスターソースとケチャップを
半々ぐらいの割合で適当に投入して、汁気が飛ぶまで煮込みます。

普通のハンバーグって、ウスターソースとケチャップを混ぜたものを
上にかけたりしますよね?
それを先に作っちゃって一緒に煮込んじゃうという作戦なのです(ΦωΦ)フフフ…

あっという間に完成です!
包丁とまな板とフライパンだけで洗い物も少ないし、手も汚れません。
それでいてもちろん味はピーマンの肉詰めと変わりません。

味をしっかりつけたらご飯のおかずに最適なピーマン丼
出来上がりますよ!

確かに手間ひまかけることは愛情を感じるし、正義です。
美味しさもそこにプラスされるのかもしれませんが、
これだってキーマカレーの ような感覚で美味しくいただくことができるし、
「手抜き」じゃなく「これは新しい料理です(๑•̀ㅁ•́๑)✧」
堂々としたっていいじゃないですか!笑

ということで、忙しいママさん達におすすめの料理の紹介でした☆

それでは!!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.