LINE@で更新を受け取る!
トレンド

ジャン・ジョルジュトウキョウの数量限定バレンタインチョコレート2019の感想!

旅する料理研究家さとみんです。

今回は東京・六本木のけやき坂にある高級フレンチレストラン、
ジャン・ジョルジュ トウキョウが期間限定で販売している
2019年のバレンタインチョコレートについてご紹介します!

JEAN-GEORGES TOKYO(ジャン・ジョルジュトウキョウ)とは?

ジャンジョルジュとは海外のセレブ御用達の
ニューヨーク最高峰高級フレンチレストランです。
その特徴としては、本格的なフランス料理の要素に
アジアの食材やスパイスやハーブのエッセンスを巧みに取り込んでいるというところです。

そんなモダンフレンチの味を東京でも楽しめるようになったお店が
けやき坂通り1階に位置するジャン・ジョルジュトウキョウです。
東京でもミシュランガイド東京にて5年連続星を獲得している人気店なんですよ。

店内の雰囲気も良く、大切な方との記念日に利用したい素敵なレストランです。

ジャン・ジョルジュトウキョウが限定チョコレートを販売

今回このチョコレートを手がけたのは
パティシエの田中俊大(Tanaka Toshihiro)さん。
ひとつひとつ丁寧に手作りで仕上げていらっしゃいます!
このお店に入ってまだ1年もたたないそうなのですが、
お店の看板を背負ったチョコレートを完全なる
オリジナルレシピで任されるなんてすごいですねΣ(*⁰꒨⁰ノ)ノ

今回のチョコレートは4種類のアソートセット。お値段は税込1700円です。
パッケージはこのような感じに、シックなブルーのボックスに入っていました。
中身はこのようになっています。赤・白・茶と美しい黄色&グリーンの4色で、
形も一つ一つ全部違うこだわりの逸品になっています。
コンセプトとしてはジャンジョルジュのレストランの料理を語る上で
欠かせない特徴である、ハーブ&スパイスをアクセントにしているというところです。
田中さんによると、この4種類のチョコレートには食べてほしい順番がある
とのこと。

それでは実際におすすめの順番の食べ方でご紹介していきます!

まずはこちらから。

ココナッツ✕レモングラス


J Gのロゴが印象的なホワイトチョコレートです。
このロゴが入っている理由としては、一番お店のコンセプトを体現しているから
なんだとか。

タイカレーを想像しながら作られたチョコレートは、
ココナッツミルクベースにレモングラスとバイマックルーと呼ばれる
コブミカンの葉のアジアンハーブやスパイスが加えられています。
実際にお店でもこの組み合わせのソースが料理として提供されているのだそうです。レモングラスとバイマックルーの入ったチョコレートは初めてですが、
これがホワイトチョコレートと非常によく合うのです!
無理やり合わせた感じでもなく、
絶妙に調和していてこれは驚きの味でした(✽ ゚д゚ ✽)

元々バイマックルーが好きな私にとって、
このチョコレートはかなり感動的なスイーツでした!

テキーラ✕ブラックペッパー


アネホと呼ばれるメキシコ産の高級熟成テキーラとマダガスカル産のブラックペッパーを
合わせたチョコレートです。

↑これがアネホ。
色々試した結果、これが一番しっくりきたのだとか。
四角いチョコレートの角にはブラックペッパーの粒がアクセントとして乗っています。
一口かじると中は大変柔らかで、とろっとしています。アルコールが入っているのですが、そこまでカーっとはしなかったです。

これはとても大人なチョコレートだなあと感じました。
男性も喜びそうですね(*^_^*)

ジュニパーベリー✕ラズベリー


お次は鮮やかで真っ赤なハートが一際目を引くチョコレートです。
ノンアルコールカクテル(Mocktail)をイメージしたこのチョコレートには、
ジンの香り付けに使われる、ジュニパーベリーというスパイスを使用しています。

私はジュニパーベリーと呼ばれるスパイスは初めて知りましたが、
セイヨウネズという低い木の果実を乾燥させたデトックス効果の高い食材なんだとか。
うすい外側のコーティングチョコの中には柔らかいガナッシュが入っています。ラズベリーの果実感豊かなチョコレートでした。

そして最後がこちら。

オレンジ✕タイム


そしてこちらがラストの一品。
見ているだけでうっとりする、エメラルドの宝石のようなチョコレートです。
緑、黄色の色素を使い、一筆ずつ丁寧に書いているのだとか。

ガナッシュ部分は他のものより割としっかりめの仕上がりで、
口に入れるとブラッドオレンジの酸味とタイムの香りがふわっと広がり、
大変個性的な仕上がりです。
コアントローが少々入っているとのことでした。

甘さはかなり控えめなのですが、とても美味しいチョコレートでした♥

チョコレートの食べ方について


どうしてこの順番で食べて欲しいかというと、
だんだんと食べて行くごとに香りは強くなるように、甘さは弱くなるように
設計しているのだそうです。

しかし田中さんは理論的に計算するというより、
アーティスト気質な方でご自身の感性を大事にしながら、
時には試行錯誤もしながら大切にこのチョコレートを作られたのだな、
ということがとても伝わってきました。

甘みはなるべく抑えめに、素材の風味は最大に生かすように
工夫されたチョコレートはまた、コーヒーと合わせて飲むことにより、
その香りがいっそうひきたちます。

ひとつのチョコレートに対してこれほどの制作秘話ストーリーを聞く機会もなかったので、大変感動しました(ㅅ´ ˘ `)♡

これは期間限定&数量限定なので是非皆さんにもお試しいただきたい作品です!
販売期間は1月30日から2月14日までで、現在、予約受付中です。

ネットなどでの通販もしていないのでお店にご予約&お受渡しになります。
詳しくはお店へお問い合わせくださいね。

ジャン・ジョルジュトウキョウのページはこちら(食べログ)

大変素晴らしい作品に触れることができて良い1日でした♪
パティシエの田中さんの今後の更なるご活躍にも期待ですね!
ありがとうございましたm(_ _)m

それでは!!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.