トレンド

世界が認める燕三条の金属技術!GINZASIXに限定ショップオープン・商品の感想!

旅する料理研究家さとみんです。

今回は珍しく食べ物の話ではなく、
食べ物と切っても切り離せない器に関するお話です。

新潟県の燕三条金属加工が有名な町として知られています。

今回、そんな燕三条の伝統の職人技で作られたキッチンツールや酒器などの
期間限定ポップアップショップ銀座シックスにてオープンしました。

早速その魅力についてレポートいたします!

燕三条スタイルショップの期間はいつまで?


販売期間は2018年12月26日水曜日~2019年1月15日火曜日まで
となっています。

場所は銀座シックスの4階の特設会場。
営業時間は 10時半から20時半まで です。

燕三条とはどんな街?

燕三条は新潟の中心地に位置する町なのですが、
ここは昔からものづくりの町として栄えてきました。

特に職人ワザとして、世界に通用する金属加工技術がすごい町なのです。

元々は和釘作りの町として知られていたそうなのですが、
そこから時代は移り変わり、様々なものづくりの町としてブランド化されているのです。

燕三条の酒器で日本酒を試飲!そのお味は?

ものの良さはやはり実際に目で見て、そして使ってみてわかる部分も多いですよね。

ということで、実際にこの燕三条の作品を使って、
お酒とそれに合う料理を合わせてみることにしました。

この器とお酒とお寿司の大人のマリアージュを楽しませていただいたのは、
銀座にあるはっこくというお店。

今回は3種類の酒器をつかい、3種類のお酒と料理をいただきました。

実際に試した感想は以下の通りです。

大吟醸八海山と玉川堂の鎚起銅器

まず最初に頂いたのは、八海山の中でも最高峰の大吟醸という
山田錦を40%までしっかりと精白した贅沢なお酒です。

created by Rinker
八海山
¥3,700
(2019/01/19 07:31:54時点 Amazon調べ-詳細)

これを冷酒でいただくのですが、熱伝導率の高い銅の酒器を使うことによって
冷たいものを注ぐと同時に器も一瞬で冷えます。

そのため、口につけたと同時にひんやり感が伝わり、
お酒と器の境目のわからない自然な口当たりで、
お酒の味もとてもまろやかになり、驚きました!

試しにガラスの器との飲み比べをしてみたのですが、全く味が違います。

ガラスの方はお酒の味がとがっていて、強い印象を受けました。
銅イオンの作用もあるのか、器を変えるだけでこんなにお酒が美味しくなるとは
新たな発見でした!

これに合わせた料理は青森県の大間のマグロの手巻き寿司

赤酢のシャリに、風味の良い有明海苔が使われていて、
お酒との相性が抜群でした(๑•̀ㅂ•́)و✧

特別本醸造八海山と2重ステンレスのメッキ付ショートタンブラーぐい呑み


お次に試したお酒は特別本醸造の八海山というお酒で、
これは新潟の人が普段からよく飲んでいるお酒です。


スタンダードな味わいで、冷やでも燗でも楽しめる八海山の代表格。
今回は温かくしていただきました。

created by Rinker
八海山
¥2,580
(2019/01/19 07:31:54時点 Amazon調べ-詳細)

温かい日本酒に合う器はステンレスがおすすめです。
なぜかと言うと、ステンレスは先ほどの銅と違って熱伝導率が悪く、中に入れた物の温度をしっかりとキープしてくれる作用があります。
ですので、お茶やアイスの器として使うのもおすすめなんです♪
それに手にした時に、火傷をすることもありませんよね。

このお酒と合わせたお料理はあん肝のお寿司でした。

あん肝のお寿司を口に含み、そのままお酒を一緒にいただくと、
お酒の温度であん肝の香りがふわっと華やかに広がりました。

これぞ料理の味を最高に際立たせるお酒の飲み方なんだな、と感動しました!

純米吟醸八海山しぼりたて原酒「越後で候」と山崎研磨工業の鏡面研磨の「満月」


そして最後に試した物が
特にインパクトの大きい、魔法のようなお酒と器でした!

純米吟醸八海山しぼりたて原酒「越後で候」は、
年に一回だけの限定生原酒アルコール度数は17.5%と高め。
しぼりたてのフレッシュなお酒です。

created by Rinker
八海山
¥3,888
(2019/01/19 07:31:55時点 Amazon調べ-詳細)

これに合わせる器は、球体の形をした鏡面研磨のステンレスの芸術「満月」
という器です。
底が安定しておらず、ゆらゆらと揺れる様子と器の中に浮かび上がる丸い球体
大変不思議な作品になっています。


実際にこれを製作された方のお話も聞かせていただいたのですが、
これを一つ作るのにはまるまる1日かかるのだそうです!
鏡状態になるまで徹底的に磨き上げて、口当たりもなめらかかどうか、違和感がないか、
全部チェックしているという究極の作品です。

磨き上げた表面は本当にツルツルで水滴もつきません。

これは世界が認めた技術として本当にすごいです!
これで頂いたお酒がまた最高に美味しくて驚きましたΣ(゚∀゚ノ)ノ
口当たりがとてもまろやかなのです。


これと合わせるのは、デザートのような卵焼き
お酒との相乗効果で旨味をアップさせてくれました(●´ω`●)


これはプレゼントとしても喜ばれること間違いなしの究極の作品
だと言えるでしょう。

ちなみにビアグラスもあるのですが、
こちらはしっかり泡が立つように工夫されているんだとか。

こんなに器によってお酒の感じ方が変わったり、
料理が美味しくなるということを実体験してみて
感動するとは思ってもみませんでした。

燕三条スタイルショップは1月15日までの期間限定となっています。

皆さんも是非銀座シックスの4階で、世界に通用する日本の技術の凄さを
確かめてみてくださいね(*^_^*)

それでは!!

こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.