TRIP

生後4か月・初めての赤ちゃん連れ旅行!愛知旅行記~後編~

旅行記の前編はコチラ!

アートの島、佐久島を観光!世界一周夫婦のご自宅訪問。

佐久島行きの最終便は17時50分。
なんとか この便にギリギリ間に合い、船に乗ることができました。(~o~)
今回の 旅行では高速バス・レンタカー・ フェリー ・新幹線
一気に4つの新しい乗り物を 経験したあかりん。
旅人レベルが一気にアップしたのでは?

佐久島には 西港と東港があり、今回は東港で 降りました。
港では友人の垣花和馬くんがお出迎え。久しぶりの再会です!和馬くんは、とっても面白い生き方をしている、素晴らしい経営者。
彼の生き方は、コチラのブログをご覧ください(^_-)-☆
年下やけど、メッチャ尊敬してます!!

悲しいことに、翌日は雨だそうで、観光は この日しか難しいとのこと。(T_T)
なので、佐久島の観光名所であるイーストハウスおひるねハウス
弾丸で案内していただくことに。

前回 行けなかったので、とっても嬉しかったです(*^▽^*)
あとは、今回は見れなかったけど、佐久島は夕日もおすすめですよ!


その後、 和馬君の おうちへ移動。
奥さんのあやみちゃんと、ちょうど 生後2ヶ月の青くんとご対面!あおくん、とっても可愛い &イケメン💕
とっても情緒が 安定していて 落ち着きがありました。
また、男の子だからか やっぱ骨格がしっかり引き締まってる感じ!
あかりんのムチムチ感が際立っていました。笑

他の赤ちゃんに会わせるのはこれが初めて。あかりん、初めてのボーイフレンドができてよかったね💖片方が泣き出すと シンクロして泣き出したり して 色々な反応が 面白かったです。
また、奥さんのあやみちゃんは栄養士で とっても料理上手✨
和馬君が作った 自家菜園の野菜を上手に調理し、ご馳走していただきました。
自分で作った野菜や島で採れた海藻などでいただくごはんです。 最高の贅沢だと感じました 。

島に溶け込んだライフスタイル や、お店の営業の話など とても面白く 刺激的で、
こんな生き方素敵だなぁ~と 感じました。
この夫婦が、佐久島に行きたくなる原動力。何よりも「人」が一番の観光スポットです✨

帰りには、自家製野菜を お土産に いただきました。
トマトやシシトウ、きゅうりなど、昔ながらの香りがする野菜で、懐かしさを覚えるような味。
とても美味しかったです!!
本当にありがとう。ぜひみなさんも、垣花夫妻の経営するカフェaohanaに遊びに行ってみてね!!


翌朝。
雨が降るとのことで早々 島を出ることにしました。
残念ながら この日はさかな市場もお休みです。
次こそは三度目の正直で 行ってみたいなぁ。
そして 再びレンタカーで ドライブ。

途中で(太字)天然酵母パンと旬の味 海音(かのん)に 立ち寄り、
パンを 頬張りながら 名古屋市内へ戻ります。
https://lovebiotrip.com/kanon
さてその後は 軽くぶらぶらして名古屋のご当地グルメの 山本屋本店へ!

名駅近くの味噌煮込みうどんのおすすめは、エスカの山本屋本店で決まり!

紛らわしいのですが、山本屋という名前の味噌煮込みうどん屋さんは、
山本屋本店と山本屋総本家の2つが存在します。

これらは別店舗 になります。
(そして、お互い仲が悪いというお決まりのパターン。)
私が 行った のは 名古屋駅のエスカの地下にある 山本屋本店のほう。
食べ比べしたところ、私は山本屋本店推しです。
メニューはこちら。
今回はシンプルな味噌煮込みうどん 1200円 を注文! グツグツ煮込まれた 熱々のうどん が登場です 。

フタの裏を 取り皿代わりにして、冷ましながらいただきます。しかし こんな時に突然ぐずりだすあかりん…(T_T)
すると店員のおばちゃん が 「だっこするよ~」 と言ってくれました 子守 までしてくれる店員さん… なんて親切なお店なんでしょう。
チェーン店なのにとてもアットホーム で、ありがたかったです。

麺はしっかりした食感でコクが たっぷりの味噌煮込みうどん。
とっても美味しかったです💕

東京への帰路では、新幹線のぷらっとこだまを利用。
通常より少し割引 で乗ることができます。

もちろん赤ちゃんは無料です。
最後に旅の疲れが出たのか、とうとう ギャン泣きし始めるあかりん。

ほとんど 座席に座れず、車両の間のスペースに逃げ込み避難するうちに、
あっという間に 東京に到着しました。
カバンをなくしたり 船がギリギリだったり 雨で観光ができなかったり、
予想外の ハプニング続出な旅行でしたが、 旅にトラブルはつきもの。
みんな無事に帰れて よかったです💖
これにて あかりんは 生後4ヶ月にして
福岡・ 東京・大阪・名古屋の4大都市を制するのであった。それでは!

こんな記事も読まれています