ペルー

ペルーでカジノ体験&リマの西麻布?バランコ地区を散策!

ペルーで盗難被害に遭った私を助けてくれた命の恩人、モニカ。
彼女は、私をはるかに上回る経験ばかりしている旅の猛者だったのです!
そのときの話はこちら↓

あわせて読みたい
【必読】海外女性一人旅は危険!ゾッとした実体験エピソード。こんにちは、旅する料理研究家さとみんです。 海外の女性一人旅。不安なことも多いかと思います。 私も生きて帰れるか、出発した時は、...

事件で肩をおとしていた私を元気づけようと、
モニカは色んな場所へ私を案内してくれることに。

「ペルーの思い出を悪かったものにしてほしくない、
いいところもいっぱいあるよ」

と言っていた彼女。

本当に彼女がいなかったら、どうなっていたのだろうと思います。
さて、モニカはどこに案内してくれるのでしょうか・・!

ペルーでカジノに初挑戦!

右も左も分からないまま、まず最初に連れて行ってもらったのは、
ペルー、リマのカジノでした!

ギャンブルなんて全く興味のない私はこれでお金がなくなってしまうのではないのか
ビビりましたが、モニカはペルーのカジノ文化を見せてあげたかったそうです。

カジノの中は思った以上に広い!!
日本のパチンコのようなタバコ臭さはなく、大人のゲーセンといった感じです。
するとモニカは、
ペルーのカジノは飲み物も食べ物もオーダーし放題なんだよ♫
ということを教えてくれました。
それには驚きですΣ(゚∀゚ノ)ノ


実際にパンやお酒やアイスクリームをいただきました。
カジノとはいえどもほとんどお金を使わなかった私は、
これってお店は赤字にならないのかなと逆に心配になりました。

そして素朴な疑問として、
貧しいホームレスたちがたくさん来るんじゃないの?
とモニカに尋ねると、警備員が身なりなどをチェックしているから大丈夫だ
ということです。

それにしてもサービスの良さには本当に驚きました。

そして、カジノの結果ですが、
なんと、全財産を紛失・・・

・・・するほどさすがにアホではありませんのでご安心ください。笑
たぶん、500円ぐらいしか使ってないのではないかなぁ・・・?

さとみん
さとみん
ギャンブルする気ゼロの慎重派なのです。

使った500円はすぐなくなってしまったけれど、
これを入場料+ビール代+アイス代+経験料と思えば安いもんです。
(実際には上記の料金は無料ですよ!)

ペルーの新たな一面!バランコ地区を散策

夕方になるとペルーのおしゃれなスポットである、
バランコ(barranco)地区というところを案内していただきました!


こんな雰囲気の場所がリマにあるなんてびっくりです。
お金持ちの人達が遊びに来そうなリゾート感のあるエリアですが、
調べてみるとやはり、
リマの富裕層や外国人の別荘地としてヨーロッパ風の建物が建てられ、
このコロニアル調のヨーロピアンな雰囲気が出来たんだとか!

傾斜になっていて、
上の方からは夕焼け空がとても美しく見えました(´∀`*)

治安もかなり良さそうな場所で、おしゃれなお店も多く
ゆったりとした時間を過ごすことができました☆

ちなみに歩いているとこんなトラックを発見しました!

トラックの中がまるまるくりぬかれていて、お部屋になっています。
きっとインテリア家具などの広告の車なのでしょうが、
すごくインパクトがあり斬新だなと感心しました。


ここもよくわからないまま連れて行ってもらったのですが、
隠れ家のようなかなりおしゃれな一戸建てのバーでした。

お城のような作りになっていて、彫刻などの芸術品もたくさんあり、
the 大人の遊び場という感じです。

ここはペルーの西麻布といった感じのエリアなのかしら?

リマの絶品オーガニックアイスのお店Blu

アイスが好きということで意気投合した私たちは、
モニカがとてもおすすめだというBluというジェラート屋さんへ行きました。

ここは無添加のジェラート屋さんで、ペルーのスーパーフードのフルーツたちが
色々と使われている珍しいお店です。
どれにしようか本当に迷いました!


お店の中はとても清潔感があり、おしゃれな雰囲気でした。

ジェラートで乾杯です🍻
さすがおすすめのお店と言うだけあり、
ジェラートのクオリティがめちゃめちゃ高いです!!!
私好みの味で大満足でした(⌒▽⌒)


もし近くにあれば通いつめたいところです笑

豪華列車のお店「Expreso Virgen de Guadalupe」

次に行ったお店はココです。

cafe cultural restaurante
「Expreso Virgen de Guadalupe」

次に行ったお店はまた、
びっくりするほどクラシカルでおしゃれなカフェ
なんです。

外にあるのですが入り口がこのようになっていて、列車のようになっているんです。
実際に使っていた列車を改装して作ったのだそうですよ!


店内は赤い絨毯が敷かれていてさらにクラシカルな雰囲気。

夜はライブミュージックも行われる日があるようです。
これはとても大人の遊び心のあるお店ですね~♪

こちらではガーリックトーストパルタレッジェーナ(palta rellena)
(アボカド🥑の詰め物)を注文。
サーモンとブロッコリーをマヨネーズであえたものがアボカドの中に入っていて、
とても美味しい一品でした。

とてもおしゃれでペルーにいることを忘れてしまうようなバランコ地区散策。
一人旅だったらきっと行くことはなかったエリアです。
貴重な経験をさせてくれたモニカには、大変感謝しています。

そう思えば、全部この経験は盗難事件がきっかけになったので、
ここから得られたものも多かったのかもしれない・・・(前向き)。

盗難の記事はこちら↓

あわせて読みたい
【悲報】世界一周7日目で盗難被害!ペルーでパスポートや財布を紛失。~事件の詳細と、その後感じたこと~ 4月27日、正午。 私は、ペルー・リマの日本人宿「桜子」の近くにある、 ボスケーという市場...

それでは!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.