ペルー

ペルー料理ロモサルタードの名店「jose Antonio」に感動!

ペルーの旅立ちの日の締めくくりは、やっぱり美味しい レストランに行きたい!

ということで、最後にいったのはjose Antonioというレストランでした!

高級感のある店内。 客層は少し豊かな方達が多いように見受けられました。

私のような小汚いバックパッカー が来てもいいのかなと、
少し肩身が狭いような感じがします(^_^;)

こういうお店ばかり行っていたなら、
きっと盗難事件なんてあわなかったんだろうなぁ~。

このお店に来た目的はただ一つ。
ここのロモサルタードがめちゃくちゃ絶品という噂を聞いたから!

しかし、せっかくなので今回食べ残していたペルー 料理である、
ロコトレッジェーノというパプリカの中にチーズが入った料理
注文してみることに。

まずはペルーを代表するビール「クスケーニャ」で乾杯!
(* ´ ∀`)-o█”█o-(´∀`* )


店員さんが私の写真を撮ってくれました(*^^*)
ペルーでは色んなことがあり、かなりくたびれた状態でお恥ずかしいのですが・・・。

早速、ロコトレッジェーノがやってきました!!

思った以上に大きくて可愛いです(♡>艸<♡)
こういうのをインスタ映えって言うのかしら?

左はポテトとチーズを重ねたような料理でした。
そして右がお目当てのロコトレジェーノです!!
一口いただくと驚くようなおいしさ!

中はこのようになっております( ・`ω・´)
手作り感のあるミートソースと、とろけるチーズパプリカの中に詰められていて
グラタンのようでした。

これがペルー料理だなんて思えないようなおしゃれさと馴染みやすさです♪
西洋料理っぽいですよね。

実際にチーズを使う料理が多いのはスペインが統治していた影響があるのです。

そしてお待ちかねのロモサルタードがこちらです(๑•̀ㅁ•́๑)✧

今回注文したのは「LOMO SALTADO ”JOSE ANTONIO” 」
52ソルです。

「tacutacu」スタイルと言って、ご飯と豆を炒めたものを付け合わせに
添えてあり、目玉焼きとフライドバナナも一緒に提供されました。

お味は・・・・美味しすぎる!!

このロモサルタードは、テンダーロイン(柔らかい牛ヒレ肉) が使われていて
感動するほど絶品だったのです!
これは是非リマに行った時は食べてみてほしい一品です。
素材ひとつひとつが、質の高いものを使っているのがわかりました。

特にお肉は美味しいです♪


卓上にはオリーブオイルも添えられていましたが、
結局使わなかったな~。

フライトまでの時間があまりないので、慌ててそのまま持ち帰ることにしました。
待たせていた専属のドライバーさんにも買ってあげたかったけど、断られてしまいました。
あまりに美味しかったので一口だけでも味見してみて欲しかったんですが、
余計なお節介かな?笑

そして、この後は世界一周第3カ国目にあるチリに移動!
ホルヘチャベス国際空港へ向かいました。


ドライバーさん、本当にありがとうございました!

それでは、チリにつづく!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.