LINE@で更新を受け取る!
韓国

韓国チキンのチーズパウダースノー味を釜山西面でテイクアウト!食べ歩きに最高♪

旅する料理研究家さとみんです。

今回のプサン旅行の目的のひとつが、人気の韓国チキンを堪能すること!
ということで、初日は南浦洞エリアにある、
人気の韓国チキン専門店ナリチキンへ行ってきました。

あわせて読みたい
釜山南浦洞の本場韓国チキンのおすすめ!ナリチキンのメニューは? 今回の釜山旅行のミッションの一つが、韓流チキンの本場の店に行くことでした。 そこで探して見つけたお店についてご紹介します。 釜...

さて二日目は、西面エリアで滞在した時たまたま見つけて気になっていた、
韓国チキンのお店に行ってみることにしました。

釜山西面の韓国チキンテイクアウト専門店

お店の名前を紹介したいのですが、ハングル文字で書かれているため、
残念ながらわかりませんでした(´・ω・`)
目印としては地図のこの場所にあります。

ここに、Rolling Factory(ローリングファクトリー)という、
手作りのロールアイス専門店があるんですよね。

その左側にできたお店のようです。
Googleマップのストリートビューではまだ表示されていなかったので、
割と最近できたお店なのかなと思います。

こちらでは、3種類のサイズから好みの味のチキンを選ぶことができます。
一羽分まるまる使ったものが12,900ウォン
大きなカップに入ったものが7,900ウォン
小さなカップのものが3,000ウォンでした。

ほとんどの韓国チキンのお店はほとんどが1羽分での販売という
大きなサイズでの販売なので、
小さなカップが選べるのは嬉しいところです(*^_^*)

それならば、気になる味を3種類、全部小さなカップで注文して
食べ比べしてみよう!と思ったのですが、

残念ながら実は、選べるサイズとフレーバーには制限があり
小さなカップはスイートチキンしか注文ができない
とのことでした。

他にも種類はチーズパウダー辛いものや、シンプルなフライドチキンなどが
あったのですが、仕方がないので今回は悩んだ結果、
スイートチキンの小さいサイズ
チーズパウダーチキンの大きなサイズのカップの
2種類を注文してみました。

西面の韓国チキン店のチーズパウダーチキンとスイートチキンの味は?

早速ホテルにチェックインしてCassという韓国ビール
一緒に치맥:チメッ(※ビールと一緒にチキンを楽しむこと)してみました。

まずはスイート味のチキンからいただきました。
見た感じはヤンニョムチキンのようで、甘辛い味付けなのかなと思っていたのですが

辛さは全然なく、甘いタレが
とってもおいしいです(๑´ڡ`๑)

チキンは骨が入っていなくて一口サイズにカットされているので、
とても食べやすいですね♪
これは食べ歩きにもぴったりだと思いました。

そして中の方にはトッポギも入っていて、食べ応えたっぷりです!
お祭りの屋台などでこういうメニューがあったら、日本でも売れそうな気もします。

お次は初めてのチーズパウダーチキンにチャレンジしてみました。
先ほどのスイートチキンと比べると表面はさらっとしていて、
食感もカリカリとしていて香ばしさを感じます。
そして濃厚なチーズの風味とハーブの香りが広がりました!
これはお酒が進んでしまう味ですね( ・`ω・´)

同じようにトッポギも入っていましたが、
チーズパウダーとトッポギの相性はちょっと微妙かもしれません。
しかしチキンはどちらもとっても柔らかく、
食べやすくておいしいです(๑>؂<๑)۶

なんとなく入ったお店でしたが、とても良い味付けで、
気軽に韓国チキンを楽しむのには最適なお店だと感じました。
他にも色々なフレーバーがあったので、また試してみたいお店です!

釜山西面で気軽に韓国チキンを楽しみたい時は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
それでは!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.