レシピ

本格ムサカのレシピ!ギリシャ本場仕込みの絶品グラタン料理の作り方♪

福岡の実家にあって、東京の自宅にないもの…それは

オーブン。

なので、実家にいるうちは、ひたすらオーブン系の料理を実験しまくりました✨

今回は、世界一周中にギリシャのアテネで教えていただいて以来、
ずっと作ってみたかったムサカを再現してみました✨

ギリシャ料理ムサカとは?

ムサカとは、ギリシャを代表する料理のひとつで、
ラザニアのような感じで、見た目は四角にカットされていることが多いのですが、
パスタは入っていません。
なすやジャガイモなどの野菜と、ミートソース、チーズが入ったベシャメルソースが層になった、
重ね焼きのチーズグラタンです。(^_-)-☆
聞いただけで、なんだか美味しそうでしょう?
私が一番好きなギリシャ料理で、特に手作りは最高にうまい!!
それではレシピ行ってみましょう♬


ギリシャ本場の美味しいムサカのレシピ(作り方)

〈材料〉2~3人分 寒天の流し缶1台分

(ミートソース)
にんにく 1片
玉ねぎ 半分(スライス)
合いびき肉 160g
トマト缶 200g
オリーブオイル 適量
塩コショウ 少々
マギー無添加コンソメ 半分
(あれば)生バジル 2~3枚

(チーズソース)
バター 30g
小麦粉 30g
牛乳 250g
チーズ 30g
卵黄 1個
塩コショウ 少々
マギー無添加コンソメ 半分

なす 1本
じゃがいも 2個
オリーブオイル
塩コショウ 少々

飾り パセリ 少々


〈作り方〉

①なす、じゃがいもはスライスしてトースターの天板にのせ、オリーブオイルをまわしかけて、トースターで火が通るまで加熱します。
本当は揚げるのだそうですが、ここでカロリーダウン✨

②にんにく、たまねぎをみじん切りにし、油で炒めてひきにくを投入。
トマト缶も入れて、塩コショウ、コンソメで味をつけ、ミートソースにします。

バジルがある方は、ここらへんで適当にちぎって投入してね。

今回使ったトマト缶はこちら!
なんと、チェリートマト(プチトマト)のトマト缶です。
見た目は可愛いけど、ちょっと皮はもざっとするから刻んだほうがいいかも。
③お次はチーズホワイトソース作り。
  バターで小麦粉を炒め、牛乳を少しずつ加え、そこにチーズを入れます。
最後に卵黄を加え、塩コショウで味を整えます。
このチーズソース、味見してみたところ、あまりの美味しさに感動!
他にも色々な料理に使えそうです❗

④これで、下準備は終了。
耐熱皿に、じゃがいもをならべ、なす、ミートソース半分、チーズソース半分、じゃがいも、なす、ミートソース…と層になるように、交互に重ねていきます。 ⑤最後に、チーズソースを流し、チーズをかけて、オーブンでこんがりするまで焼きます。
私は1000wで20分ぐらい加熱しました。
オーブンなら200度で20分ぐらい、チーズに焦げ目がつくまで焼けばOKです。
完成~!グツグツ、熱いうちにいただきましょう!

それぞれの味がうまく調和していて絶品です✨
ぜひお試しくださいね。

それでは!

【完全保存版】さとみんのレシピ集・全記事一覧はコチラから!

【完全保存版】世界一周・日本一周の全記事一覧はコチラから!

 

以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.