世界の料理

【簡単】グヤーシュのレシピ!本格ハンガリー料理の決め手は〇〇!

ハンガリーのご家庭で教えていただいた料理を再現!

✨ハンガリアングーラッシュ✨

実は、この料理、同じ名前でも国によって全然違います。
ハンガリーのグーラッシュ( gulyásleves)は、
どちらかといえば「グヤーシュ」と呼ばれていて、
野菜とお肉をパプリカ粉で煮込んだ
サラッとした感じのスープなのですが、
チェコのグーラッシュと言えば、
ビーフシチューのようなドロッとした濃い感じの料理でした。
↑↑写真で比較!(左:ハンガリー/右:チェコ)全然違うでしょ??
どちらもとっても美味しかったな~(^◇^)♡
ハンガリー料理の特徴と言えば、とにかくパプリカパウダーを使うこと。
ハンガリーでは、パプリカの甘みやうまみが、味のベースになっていて、
日本ていうなら、昆布やかつおでダシを取るような感覚で使われています。

普段は、サラダや前菜にちょこっと振りかけられている脇役のパプリカ粉が、
こんな主役になれる可能性を秘めていたとは、思いもよらなかったです。笑
それでは早速作り方です♪


グヤーシュ(ハンガリアングーラッシュ)のレシピ

<材料>4人分ぐらい
牛肉(薄切り)200g
玉ねぎ 1個
人参 1本
じゃがいも 大1個
にんにく 1片
トマト 1/2個
サラダ油 少々
パプリカ粉 小さじ2
無添加コンソメ 1本
塩・胡椒
ハーブソルト
(付け合わせ)フジッリパスタ 適量
(トッピング)パセリ

<作り方>
①にんにくはみじん切り、それ以外の野菜は全て角切りにします。
牛肉は食べやすい大きさにカットしておきます。
②鍋に油を熱し、にんにくを炒め、玉ねぎ、牛肉を炒めます。
にんじん、トマト、じゃがいもも軽く炒め、ひたひたの水を入れ煮込みます。
③塩コショウ、コンソメ、ハーブソルト、パプリカパウダーを入れ、
味見をします。全体の味がなじむまで煮込んだら、完成です☆

今回はちょっと汁気少な目、具が多めに作ってみました。
(というか、私が作ると、いつも無意識に 具の比率が多めになっちゃうんです(;´・ω・))
茹でたパスタと一緒に食べるときは、ちょい塩気強めにするといいですよ(^^♪

しかも、日本でも揃う材料ばかりで、異国料理なのに、なじみ深い味。
パプリカ粉をうまく使えば、新たな味のバリエーションが広がります。
ぜひお試しあれ💗
それでは!
にほんブログ村 料理ブログへ




ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.