旅情報

伊勢神宮初詣で食べ歩き!おかげ横丁グルメランキング♪伊勢うどんや赤福本店など

旅する料理研究家さとみんです。

あけましておめでとうございます!
2019年今年もよろしくお願いいたします。

皆さん、初詣は行かれましたか?
初詣の日本で一番定番のスポットといえば、三重県の伊勢神宮ですよね(^^)

私は2014年の初詣で伊勢神宮に行ってきました。

あわせて読みたい
伊勢神宮初詣1月5日日帰り感想!混雑・参拝時間・駐車場は?旅する料理研究家さとみんです。 2014年の1月は伊勢神宮に初詣に行きました。 伊勢神宮といえば、日本のパワースポットとして誰も...

そして参拝が終わった後には、お楽しみの食べ歩き!
三重県ならではのご当地グルメを堪能したいところです。特に、内宮のおかげ参道の通りにある
おかげ横丁&おはらい町にはいろんなお店があって、
伊勢神宮の歴史ある名物グルメの食べ歩きを楽しむことができます♪

今回は実際に行ってみて、食べたものをランキング順にレポート
していこうと思います!

第5位 伊勢うどん!まずいけどいい思い出になります

行きましたのは、おはらい町にある伊勢うどん・そばの岡田屋さん。
これは美味しいとか美味しくないとかそういう次元ではなく、
伊勢うどんを食べたことはない方は是非食べてみて欲しいと思い、
ランキングに入れました。

なので、この岡田屋さんを決してディスっているわけではないのです。
伊勢うどんの味に全く慣れない九州人の私にとって、
この料理は本当に理解できないしょっぱさ&ぶっとい麺の柔らかさなだけなのです。

なんじゃこりゃー!?と思いましたが
逆にこんなうどんは初めてで、面白さを感じました(^^)
個人的には美味しくないですが、
旅の思い出グルメとしては1位と言ってもおかしくないかもしれないです。

第4位 赤福本店!出来立ての赤福が唯一食べられるお店

東海地方なら新幹線駅など、どこにでもあるド定番お土産、赤福の本店
ここにあります。
その貫禄のあるお店の佇まいに、感動しました!

ここでは数ある赤福のお店の中で、
唯一、出来立ての赤福のお餅を頂くことができるんですよ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

夏にはかき氷・冬にはぜんざいが登場するのだとか。
ぜひ味わってみてくださいね♪

関連ランキング:甘味処 | 五十鈴川駅

第3位 名物へんば餅!おはらい町の歴史あるスイーツ

このお店は1775年から始まったお店だそうです。
名前の由来は、伊勢神宮に馬に乗って参宮する方が
このお店に立ち寄り、ここからまた馬を返して参宮に行ったため、
「返馬(へんば)餅」 と名付けたんだとか。
米粉で作られた生地には香ばしい焼き跡がついています。
中はこしあんで柔らかく、とってもまろやかでした。

第2位 豚捨のコロッケ!名前の由来はちょっと可哀想だが・・

最近では東京のKITTEにも進出したと言う
人気の名物グルメが豚捨のコロッケです。
このお店は明治42年から続く和牛の専門店なんだとか。
お店の佇まいからも歴史を感じました。

取り扱ってるお肉は誰もが知っているブランド牛、松阪肉の
元祖となると言われている伊勢牛だそうですよ!

名前の由来は牛肉にこだわって、飼っていた豚を捨てたからだそうです。
シンプルながらも絶対忘れない、すごい名前ですね。

コロッケは 一個90円。
小ぶりですが、コクがたっぷりでした。

第1位 カツオがねっとり!すし久の手こね寿司!

伊勢神宮にきたら、三重でしか食べられない郷土料理の
手こね寿司を是非食べてほしい!ということでこの料理が1位です。
食べ歩きのラストの締めにぴったりの1品ですよ!

詳細レポはこちらから

https://lovebiotrip.com/tekone/

スイーツの大好きな私は甘いものも色々セレクト!
食いしん坊なのでほかにも様々なご当地グルメをいただきました!

三重県のご当地ソフトクリーム!大内山ソフトクリーム

大内山酪農の新鮮な牛乳と地元の伊勢茶を使用していて、
無添加無香料のお茶の風味を楽しむことができますよ♪

豆腐庵山中のお豆腐ソフト

うの花ドーナツと大きく書かれた看板が目印です。
原材料の約55%に豆腐と豆乳を使用したという、豆腐感満載のソフトクリームです。

あっさりとしたヘルシーな味わいでした(*^_^*)

伊勢磯揚げまる天のじゃがバター天

北海道の男爵じゃがいもとバターを使ったという、
洋風の一風変わった天ぷらです。
青のりが印象的でした。

めはり寿司&さんま寿司

三重県にはてこね寿司を始め、この地域ならではの変わったお寿司がたくさんあります。
めはり寿司やさんま寿司は、和歌山で見かけたことがあったので、
和歌山だけの郷土料理かと思いきや、
「東紀州」と呼ばれる熊野地方全体の郷土料理のようです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ちなみに、めはり寿司とは、高菜の浅漬けの葉で包んだおにぎりのことを
指し、
「目を見張るほどに美味しい」のがその言葉の由来になっています。

他にもおはらい町通りには、
的矢かき松坂牛のお店があったり、伊勢海老やアワビの専門卸のお店があったりと
いろんなご当地グルメがありますよ☆

是非皆さんも伊勢神宮参拝の後は、三重県グルメを楽しんでくださいね(⌒▽⌒)

おまけ:大口屋の餡麩三喜羅(あんぷさんきら)

これは名古屋で帰りにゲットしたお土産です。
ここもかなり歴史のあるお菓子屋さんで、文政元年から続いています。
文政元年というと1818年からなので、約200年も続いているということに
なりますね。

ここの名物は 変わった名前の麩まんじゅう、
「餡麩三喜羅(あんぷさんきら)」です。
こしあんを包むのは独特の食感の生麩。
もちもちした歯ごたえですが、口の中ですっと溶けます。

賞味期限は二日間と短めなので注意ですが、珍しいのでお土産におすすめですよ( ̄ー ̄)b

日帰りでご当地グルメをかなり制覇できた良い一日でした♪
それでは!

こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.