FOOD

魅惑のフィリピンフード~お土産編~

海外の旅で一番わくわくするのは、珍しい食材を 大人買いすること!!
今回のフィリピン旅でも、面白いものを 沢山GETしてきました。

ちなみに、さとみんの珍しい食材の選定基準は、

①日本では購入できない(その国で製造されている)
②その国にしかないフレーバーや食材である
③新しいアイデアや発想がある

この条件が揃っているほど、私の興奮度も上がります。笑
いくつか、例を挙げてみましょう。

ちなみに今回、定番のドライマンゴーやバナナチップはスルーです。

左:カラマンシーという、南国の柑橘のお茶! ハーブティーかと思いきや粉末でうすら甘い。
右:タマリンドキャンデー。これまた予想を裏切る、固さ&酸味&辛さ!唐辛子入ってるのか??

左:「ポルボロン」。スペインのお菓子なのですが、ホロホロと口で溶けていくクッキーです。
フィリピンはスペイン統治だったので、食文化が融合し、新しいものが出来上がっています。
ちなみに  このポルボロンですが、一口で食べたら、口の中がモッサモサになります。
先日、友人にあげたら、一口でパクッと豪快に食べてしまい、
その後「口の中が砂漠・・・!!!」と悶えていました。

笑えた。

右:ローストピーナッツの チキンアドボ味。
チキンアドボというのは、フィリピンの家庭の味。
日本で言うなら、肉じゃが味のピーナツかな?あったら意外と売れそうです。
お酒のおつまみにいい感じでした。




そのほか、現地の伝統料理が即席で作れる、○○の素シリーズも、
珍しくて買ったりするのですが、作った試しがありません(;´・ω・)
トルコでも2年前に買ったスープの素が いまだにあるのですが、
正直、海外の食品は当たりはずれが多いため、
なかなか、チャレンジする勇気が持てないままでいます。
(↑なら買うなよって感じですよね。笑)

みなさんも、ぜひ海外では珍しい食材発掘を楽しんでみてくださいね。
それでは!!(^_-)-☆

旅する料理研究家 森山さとみ



ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています