LINE@で更新を受け取る!
タイ

バンコクからパタヤの行き方には要注意!?移動トラブル失敗談!【タイ旅行】

旅する料理研究家さとみんです。

2019年タイ旅行2日目は午前中にオプショナルツアーで
メークロン市場、ココナッツファーム、水上マーケットを周り、
午後からはパタヤで南国リゾートを満喫することにしました!

今回はパタヤに移動した時の失敗談・注意点などお伝えしようと思います。

バンコクアソーク駅からパタヤへの行き方は?

バンコクからパタヤへは、車で約2時間半程度かかります。
タクシーをチャーターした場合の相場は1500バーツ程度
最安値になるかと思いますが、バスで行けばさらに安いです。

今回はバスで向かうことにしました。
バンコク市内からパタヤ行きのバスがいくつか出ていますが、
私は東バスターミナルのあるエカマイ駅という場所から出発しました。

アソーク駅からエカマイ駅までは電車でたった3駅
バスターミナルも歩いてすぐの場所にあったので、
とてもスムーズに行くことができました☆

これがバスターミナルの外観です。

バンコクエカマイ駅からパタヤのバス料金は?

バスターミナルに入ると、パタヤ行きのバスは3~4箇所から出ているようでした。
大きなバスでは30分おきの運行で、
小さなミニバンでは10分おきに出ているということでした。
かなり急いでいた私たちは、30分後に出発する大型バスよりも
10分おきに出ているミニバンで行こう!と思い、
17番のイーグルスパタヤというところでチケットを購入しました。
宿泊先を地図で見せると、
「パタヤビーチで降りるといい」と言われ、一人当たり140バーツを支払いました。

その後、気づいたのですが
30分おきに出ている大型バスの方のほうが108バーツと安かったです。

大型バスの方がゆったりしていてよかったのに、さらに安いとは!

この時点で若干後悔しつつも「ミニバンなら2時間で着くよ!」と言われたので、
あまり時間がなかった私は、ミニバンなら早く着くに違いない!
と思い、バス乗り場へ向かいました。

トラブル発生その1。パタヤ行きの乗り場がわからない!

108バーツの大きなバスは14番から出発しているようでしたが、
小さなミニバンはどれに乗ったらいいのかわからない(;´Д`)

沢山のミニバンが停まっていますが、全部タイ語!!

周りの働いている人たちに聞きまくったのですが、
皆、適当なことばかりを言って、たらい回しに遭いました。

そして、とうとうここだよ!と教えてもらったのですが・・・

その運転手のおばちゃんは、
ひたすら携帯で電話をしていて、出発する気配なし。

一体いつ出発するの!?と聞いても
「大丈夫、ちょっと待っていなさい」としか返事をしません(汗)
仕方なく待っていましたが、この時点で最初に聞いた
「10分おきに出発する」という話とは違っています。

いや~な予感は的中。

・・・・その後。

20分以上待っても出発する気配なしーーー!

痺れを切らした私たちは、他のスタッフにもう一度聞きに行くと、
「こっちだよ!」と言われ、またもや、たらい回しに・・・。

別のミニバンに連れて行かれ「ここだ!」と言われました。

・・・じゃあさっきのおばちゃんは一体何だったんだよ???

その新しいミニバンの運転手は、「これはパタヤ行きだ」と言い、
私たちは、すぐにミニバンの中に乗せられました。
いつ出発するの?と聞いても、返事はなく、とんでもないアホ面を返してきました。
よく見ると、歯はガタガタ、目がイっちゃってて、ちょっとヤバイ顔なのですが。。。
大丈夫か!?!?!

不安でしかない( ;∀;)

この時点で、大型バスの方は、もう出発してしまってました。

こんなにたらい回しになるのなら、
分かりやすい&安い大型バスの方に
乗っておけばよかったと後悔しました(´・ω・`)

トラブル発生その2。信用ならないマイペースなタイ人たち!

まぁ、何はともあれ、やっとこれで出発できる!と一安心 したの束の間。

・・・全然ミニバンが出発しません(汗)

これも、全然10分おきじゃないじゃないか!

その上、運転手はタバコを吸って周りの人達と談笑しているし、
一体どういうことなのでしょう?!
運転手は全くミニバンに乗る気配なし!
それどころか、どっかに行ってしまい、またもや車の中で待ちぼうけ状態です。

ミニバンの中でさらに20分ほど待ち、
またもや痺れを切らした旦那が、放浪している運転手をとっ捕まえてきましたww

そうしてやっとミニバンは出発しました。
東バスターミナルに着いたのが、14時50分頃だったのに、出発したのは16時前頃でした。
タイミングが悪かったのかもしれませんが、
この待ちぼうけの1時間が、本当にもったいなかったです!!

ミニバンの受付では10分おきと言っていたけど、これはウソです。
もしかしたら人が埋まるまで出発しないのでは・・・?
そうとしか思えません!

・・・さらに悲劇は続きましたorz

トラブル発生その3。途中で停車するミニバン。なにパン食ってんだよぉぉぉ~!

やっと出発し始めた~!と安心したのもつかの間、
まだ1/6の距離も進んでいない時に、ミニバンは道路沿いに停車しました。

次は何だ!?と思うと運転手はまたどこかへ行き、
戻ってきたと思ったら、乗客を待たせたまま、
外でパンを食べているではありませんか!!
何サボってんだこいつ・・!!!(怒)

時間がおしているというのに、ここで更に10分以上が経過・・
あまりのマイペースぶりに唖然です。

・・・と思いきや、その場所でさらに乗客が現れました。
待ち合わせをしていたのかもしれませんが、
も~~本当に勘弁してくれという感じでした:(;゙゚’ω゚’):

トラブル発生その4。やっと到着したが・・・ここはどこだぁ!?

移動中、うたた寝してしまっていた私。
すっかり辺りは真っ暗です。
すると突然起こされて、パタヤに着いたと言われたので、
慌ててミニバンを飛び降りました。

チケットを購入する時は、パタヤビーチに着くと言われたはずが
・・・一体ここはどこなんだ???
繁華街でも海沿いでもない、明らかに観光客のいない大通り沿いに、
私たちだけがポツン降ろされました。
GPSを見るとパタヤビーチまでは随分離れている場所ではありませんか!!

しかも着いた時間はもう19時です。
本当は17時すぎについていたはずなのに、もう色々と話が違いすぎます(^ω^)号泣。

困っている私たちを見つけて、ふっかけてくるバイクタクシー。
パタヤはタクシーが禁止されているエリアも多いようで、
ソンテウの乗り方も分からなかった私たちの交通手段は、
この目の前のおじさんに頼る以外にありません。

原チャを運転するおじさんは、私のスーツケースを前に抱え、
その後ろに私、さらにその後ろに旦那が座りました。
日本ではありえない、ノーヘルメット+原チャリ3人乗り+
スーツケースを抱っこしながらの運転です。
怖すぎましたが、一番、旅らしい瞬間だったかもしれない・・・。

なんとか、バイクタクシーで見つけてホテルにたどり着きましたが、
もう二度とミニバンに乗るもんか!と心に誓ったさとみんでした。

パタヤからバンコクに戻る時は大型バスで!

この時の失敗を活かして、帰りはパタヤの北バスターミナルから
大型バスに乗って移動しました。

パタヤのソンテウを使いこなし、なんとかバスターミナルへ到着!

エカマイ駅に向かうバスよりもモーチット駅につくバスの方が出発が早かったので、
モーチット行きのバスに乗りました。

大型バスは時間ちょうどに出発する上に、とてもわかりやすくてよかったです(*^_^*)

スムーズに移動することができました。

モーチットは、すごくローカルな雰囲気。

ただ、またここで予想外の出来事が。。。
バンコクのモーチット駅で降り、カオサン行きのバスに乗ろうとすると、
なんとここから2時間もかかると言われました。

混雑のせいか?ルートが遠回りなのか?
さすがに2時間は長すぎます。
慌ててバスを途中で降り、別の交通手段を探ることに。

結局、ベストな方法としては、
途中のナショナルスタジアム駅まで電車で移動し、
そこから
トゥクトゥクでカオサンに向かうことにしました。

しかし、
モーチットのバスターミナルと、
電車のモーチット駅は離れていたので
乗換にタクシーを使わなければいけなかったという非効率さ(;´∀`)

やっぱりエカマイ駅の東バスターミナル行きのバスに乗れば良かったなと、これまた後悔。
時短したはずが、いろいろと判断ミスでした~。

まとめ

結論としては、バンコクとパタヤの交通手段は
エカマイ駅から108バーツで行ける大型バスでの往復にすれば良かったな、
と痛感しました!
時間がなくて焦ると逆に失敗してしまう。
急がば回れってやつですな・・・

ちなみに、移動が不安だという方や、
パタヤエリアでさくっとビーチリゾートを満喫したい方は、
下記のオプショナルツアーのプランの方がオススメですよ。
ラン島までの交通費や、ランチもついていて、
日帰りで夕方にはバンコクに帰ってこれるというコースです。

⇒日帰りパタヤのラン島ツアーをくわしく見る!

皆さんも、移動の時の参考にしてみてくださいね。
それでは!!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.