LINE@で更新を受け取る!
韓国

ソラリア西鉄ホテル釜山西面の感想ブログ!アクセスは便利?部屋は狭い?

旅する料理研究家さとみんです。
韓国プサン旅行二日目は旦那と合流して、
一日目に宿泊したホテルとは別の西面の四つ星ホテルに宿泊しました。

今回はそのホテルについての感想を紹介します。

ソラリア西鉄ホテル釜山のアクセス・周辺について

ソラリア西鉄ホテル釜山は、
西面駅の南の方へ10分程度歩いたところにあります。

ガラス張りの入り口に入ると一階にはカフェがあり、開放感があります。
エレベーターで3階に登ると受付のフロントがありました。ちょっと駅から遠いかな・・?と気になってはいたのですが、
普通に歩いているといろんなお店があるし、
私はあまり遠いとは感じませんでした(^^)
体感では西面駅から5分ぐらいで着く感じなんですけどね~。

周辺にはGS25というコンビニがちょこちょこあったり、おしゃれカフェがあったり、
夜になるとホテルの前に2・3軒ほど深夜まで開いている韓国屋台が出たりするので
治安も悪くないし、立地としては便利だと思います☆

ちなみに向かいにはこんな面白い、スタバのパクリのようなお店がありましたよ(笑)

ソラリア西鉄ホテルのコンセント状況

ソラリア西鉄ホテルでは、
コンセントに関しては全く気にする必要はありません
(๑•̀ㅂ•́)و✧
普通に使うことができたので、変換プラグを持って行く必要はありませんでした。

ちなみにもちろんwi-fiも完備なのですが、さらにフロントで受付をすれば
1日300円で使うことができるモバイルwi-fiルーターを貸してくださるそうです。
1日300円はかなりお得ですよね( ・`ω・´)

ソラリア西鉄ホテル釜山は大浴場やサウナがある

今回この宿でいいなと思っていたのは、大浴場があるところです。
旅の疲れを癒すのに大浴場があるのは嬉しいな、と思っていたのですが、
残念ながらこちらは無料ではなく有料サービス(5000ウォン)とのことです。

まあわざわざお金を払ってまで大浴場でゆったりする時間の余裕はなかったので、
今回はパスしました。
(そもそも、時間が11時までだったのでどちらにしても間に合わなかった)

ちなみに昔は無料だったみたいですね。
ホテルでゆっくりしたい派の方は利用してみるといいかと思います。

ソラリア西鉄ホテル釜山のお部屋と感想

今回は一番シンプルなシティビューのスタンダードダブルのお部屋に宿泊したのですが、
お部屋はこのような感じでした。

広さは18平方メートルの禁煙だったのですが、
思ったよりもちょっと狭い印象を受けました。
というのも、前日の宿泊したダブリンホテル26平方メートルだったので、
なおさら比較でそう感じてしまったのかもしれません。

ダブリンホテルの記事はこちら

あわせて読みたい
ダブリンホテル
【コスパ最高】釜山西面ダブリンホテルの感想ブログ!周辺の治安は?一人旅におすすめ♪旅する料理研究家さとみんです。 釜山旅行1日目は一人旅で韓国のグルメを食べ歩きしました。 一人旅の時はあまり宿は気にせず、とりあ...

部屋にはテレビやサービスのお水、ポットなどが一通り揃っていました。

こちらは洗面所です。

バスタブがなく、シャワーのみとなっていました。

トイレはこのようになっていました。歯ブラシ・カミソリなどのアメニティは一通り揃ってました。

お部屋の雰囲気はクラシカルで落ち着く感じがしました。
またベッドはとてもふかふかで、旅の疲れは取れそうな印象でした(^^)

ただ、正直値段はこのグレードに対して決して高くない、
むしろキャンペーン価格で予約できたときは本当に破格なのですが、
ホテルのグレードにこだわらなければ、
同じ値段でももっといいホテルもあるんじゃないかなあ?
というのが正直な感想です。

実は前日のダブリンホテルは、
このソラリア西鉄ホテル釜山の宿泊料金の半額
お部屋は約1.5倍の広さ。

バスタブもパソコンもついていて、ソミョン駅からのアクセスももっと近い、清潔、
となると、わざわざソラリア西鉄ホテル選ぶ理由もないかなと個人的には思いました。

ソラリア西鉄ホテル釜山はおすすめ?

今回宿泊していて思ったことは、このホテルで特におすすめなのは、
旅の初心者で日本語が対応できるスタッフが常駐しているホテルを探している方や、
少しホテルでゆったりしながら大浴場やサウナを楽しみたいという方
接客やサービスの質や、安心感を求めている方
出張で来ているビジネスマンの方にはとてもおすすめのホテルかと思います。

逆に、私のように旅慣れしていて、コスパを重視したり、
ホテルは短時間寝るだけしか利用しない、
手厚いサービスなどは特に求めていないという方は、
ダブリンホテルでも十分満足感は変わらないのではないかなと思います。

フロントロビーの解放感は圧倒的にソラリアホテルのほうがいいし、
建物のつくりもしっかりしているという点ではよかったですけどね。
あと、もちろん接客も丁寧です。

それぞれのホテルは時期によって宿泊料金が違うので、
こちらでチェックしてみてくださいね。

⇒ソラリア西鉄ホテルプサンの宿泊料金ページへ

⇒ダブリンホテル釜山の宿泊料金ページへ

みなさんも、自分の旅のスタイルにあったホテル選びをしてみてください。
それでは!!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.