FOOD

スープカレーレシピ!人気メニューがカレー粉&スパイスで簡単・本格的に出来る!

前回に引き続き、ナス大量消費レシピ 第2弾 のご紹介!
※第一弾はこちら。

スープカレーと言えば、北海道の札幌で人気ですよね。
私も北海道に行ったときは、本場のスープカレー食べ歩きしました。
でも、現地のは、野菜を揚げたり、結構手が込んでいるなぁという印象。
なので今回は、簡単さを重視し、ひき肉使用&野菜も揚げないレシピにしました。
カレールーはつかわずに、カレー粉とスパイスで仕上げていきます。
トマトの酸味が爽やか&夏野菜のナスをたっぷり使った、
旨みたっぷりのスパイシーなスープカレーです!!

なすとひき肉の札幌スープカレー✨

<材料>
ナス 600g
ひき肉 200g
玉ねぎ 280g
油少々
にんにく 一片
生姜 一片

カレー粉 大さじ1
クミン 小さじ1
ガラムマサラ 大さじ1
粉末乾燥バジル  小さじ2
カットトマト缶 400g
ローリエ1枚

塩 小さじ2
マギー無添加コンソメブイヨン 2本
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ1
水 800ml

<作り方>
にんにく・生姜はすりおろし、玉ねぎは粗みじん切り、ナスは一口大
切っておきます。

深めのフライパンに油を熱し、にんにく・生姜を炒めます。

香りが出てきたら、ひき肉とカレー粉とクミンを加え、油が滲むまでしっかり炒めます。

そしてその後ナスを入れ、ひき肉から出た油をしっかりと吸わせていきます。

前回のひき肉とナスの味噌チーズ炒めと同様、
ナスが旨味を吸ってしんなりとするまでしっかりと炒めるのが
ポイントです。

全体が合わさったら、トマト缶と水と調味料、ローリエ、塩コショウ、醤油、砂糖、コンソメを加えて
コトコトと煮ていきます。
最初はちょっとあっさりし過ぎかなと感じられますが、少し煮ることでトマトの酸味も
まろやかになり、だんだん美味しくなる感じがしました。

最後の方で、バジルとガラムマサラを加えて煮込めば完成です((´I `*))♪  札幌スープカレーの決め手はこの粉末バジルを加えることですね( ・`ω・´)

【オーガニック】 バジル 20g
【アリサン】 / バジルリーフ

普通のカレーにはあまり加えないので新たな発見でした(・д・oノ)ノ
また、カレー粉がちょっと辛すぎる場合は砂糖を加えると優しくなるかと思います(^^)

このままでもいいですが、よりおいしく召し上がりたい場合はこれを一旦冷まして
馴染ませた方が格段に味が良くなるように感じられました。

ちなみにこのターメリックライスは、お米3合に対してターメリックを小さじ2杯
ほど入れました。

炊き上がったらバターを適量絡めると風味がアップします!

このターメリックライスとスープカレーを合わせると、気分は本格カフェごはん(*˘︶˘*).。.:*♡

今回はひき肉で行ったけど、骨付きチキンや大きめのごろっとした野菜を素揚げして入れると
さらに札幌で食べたスープカレーに近い感じになります。

カレールーなしでも、美味しくできるので皆さんも是非試してくださいね♪
ちなみに、スパイス料理もっと楽しみたい!という方は、
ぜひ、こちらのスリランカカレーにも挑戦してみてね。

(このブログの人気ナンバーワンレシピです。)

それでは!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.