絶品ペルー料理が食べ放題?!リマのレストランは「Aromas」のビュッフェで決まり!

前回、ご当地グルメを楽しむなら「ローカル市場巡り」がオススメという記事を書きましたが、
今回は、それとはまったく違う観点からの、オススメグルメのご紹介です♬

グルメ旅を楽しむコツは、ビュッフェにあり!

滞在日数が少ない旅程で、効率よく現地の料理を制覇していくのって、
なかなか大変で、コツがいりますね。
そんなときにオススメなのが、「観光向けビュッフェレストラン」です。
こういうお店は、ローカル市場とはうってかわって、
どの場所にも必ずあるわけではありませんが、首都などには割とあるかと思います。
こういうお店をうまく活用することで、旅先グルメの満足度が上がること間違いなしです♬

ビュッフェレストランお店選びのコツは??

もちろん、ビュッフェだからといって、どこにでも入ると痛い目に遭います。笑
旅先グルメを楽しむお店選びとして、私なりの基準を紹介します。

 現地の料理がメインのビュッフェレストランであること 

これはもう最低条件で、そうでなければ、論外です。笑
わざわざペルーに来ているのに、イタリアンや中華の食べ放題に行ったところで、
美味しくお腹を満たすことは出来たとしても、旅先グルメを満喫したとは言えません。
もちろん、メニューの全てが現地料理じゃなきゃ!とは思いませんが、
最低でも半分ぐらいは、現地の料理があると嬉しいですね。

 一人では多すぎる料理や、単品で頼むつもりがない料理をカバーしてくれるお店 

・一人では多すぎる料理
例えば、鍋のような料理。一人で食べるには量が多くて飽きるし、これだけでお腹いっぱいになってしまうのはもったいない。。。というようなメニューも、ビュッフェなら、気軽に味わうことが出来ますよ。
・単品で頼むつもりがない料理
例えば、私なら内臓系の料理が苦手なのですが、おそらく1人前を食べるのはちょっとキツイとか、ハードルが高い・・・というような、わざわざオーダーまではしない料理のことを言います。
これも、ビュッフェだと、試食がてら食べることが出来て、「頼まなきゃよかった」や、逆に「食べておけばよかった」と後悔することが少なくなります。
意外と美味しかったり、新たな発見があることもありますよ。ぜひ気軽に未知の現地料理にチャレンジしてみてくださいね。

 ちょっと、いいお店であること 

ビュッフェでは、なるべく予算やサービス面において、高級感のあるお店を選ぶようにしています。
理由ですが、ビュッフェというのは基本、食べ放題なのでコストを抑えないと経営が成り立ちませんよね。なので、食材が粗悪だったり、料理の種類が多いため一つ一つの味付けが雑でイマイチなところが多いのです。
それではせっかく行ったのに、結局もう一度美味しいお店で食べなおしたいというモヤモヤした気持ちになってしまいます。
ですので、サービス・評判がよく、ちょっと高めのお店を選ぶことで、そのリスクは少なくなります。

 観光客を意識しているお店であること 

これは、「料理一つ一つに説明があるか」、そして「説明が理解できるものであるか」という部分が大切な基準となります。
色々な種類の現地の料理を食べれた~!」とその時は満足しても、振り返ってみたら、結局あれは何の料理だったのか?よく分からないままテキトーに食べてしまえば、記憶は薄れていくばかりです。
ただでさえ、ビュッフェってごちゃごちゃしすぎているので、食べたものって印象に残りませんよね。せめて、これはなんの料理なのか、説明を読んで食べることで、現地の料理をしっかり味わった
という満足感を得られることが出来るかと思います。
もちろん現地語だけではなく(スペイン語圏はまだしも
アラビア語圏など読解不能。)
英語で親切に書いてあるお店がオススメですよ。

以上です。旅先ではいつも、このような視点で、お店を探しています。

そんな基準を全て満たしているお店を今回は紹介します!


✨Aromas Peruanos(ペルー料理店)✨

場所は、ペルーの首都・リマの、サン・イシドロ地区にあります。


店内は、高級感があり、とても良い雰囲気。
ここが、治安の悪いペルーであることを忘れさせてくれるような、安全でキレイな空間です。
それでは、ビュッフェの料理を見ていきましょう。
 
写真から見ても、丁寧に作られている感じが伝わってくるかと思います。

ただ、今回やらかしてしまったのは、かなり遅いランチタイムに行ってしまって、料理がかなり少なくなっていたことです。
もう少しボリューム感があれば、さらに華やかな料理の乗ったテーブルが撮れたかと思います。
グルメ旅の楽しみは、現地のビールと一緒に料理をいただくこと♬

スペイン語でビールはCERVEZAS(セルべザ)と言います。

ペルーで人気のクスケーニャクリスタルをいただきました♬
は~💗なんて優雅で幸せなひととき・・・✨
そして、ビュッフェ料理はこんな感じです(^_-)-☆

黄色が基調のペルー料理。華やかですね~。
料理は、ちゃんと繊細に作られていて、
お味も、とっても美味しい!

やっぱりこのお店はアタリですっ(*^▽^*)

ジャイアントコーンフライとスープ。スープも色々な種類がありました♬
さぁ、第二弾いきましょう!

手前にあるのはアンティクーチョ(Anticucho)と呼ばれる牛ハツの焼鳥です。
冒頭では、「内臓系が苦手」とか言ってる私ですが、これはとっても日本人受けする味で、とても美味しかったですよ!!

こちらは第三弾です。

一皿目のときはキレイに盛り付けるのですが、だんだん盛りつけにくいものが増えて、
お皿が汚くなってしまうのは、「ビュッフェあるある」ですな。(それでも頑張りましたよ!!)
このパスタもカルボナーラと見せかけて、実はペルーのソースなのが嬉しいところです。
ご飯はアロスコンポジョ(Arros con polloという、鶏肉の炊き込みご飯。私の大好物です💗

最後にデザートも全種類制覇しまっせ~。

デザートまでぬかりなく、ペルーの独自の食文化が、モリモリ詰まったスイーツばかり♪
奥の紫色は、マサモラモラーダという、紫とうもろこしのゼリーです。珍しいですよね♬


ビュッフェでいただけるメニューの一部をご紹介!

この日の、ビュッフェで出されていた料理のプレートの一部です。

以上です♬

これだけの美味しいペルー料理を一度にいただけるお店ってなかなかないので、
本当に行ってよかったなぁと思っているお店です♬
ぜひ、みなさんもAromasで美味しい沢山のグルメを楽しんでいただけたらと思います!
それでは!!

【完全保存版】さとみんのレシピ集・全記事一覧はコチラから! 【完全保存版】世界一周・日本一周の全記事一覧はコチラから!

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


行かなきゃ後悔するよ!ペルーの安ウマご当地グルメは、地元ローカルの「マグダレナ市場」におまかせ!

旅先で、世界の料理を色々楽しみたいあなた!
食に興味があるなら、レストランでなくローカルな市場に行くことをオススメします。

グルメ旅でローカルな市場がオススメな理由

私がローカルな市場にいくのは、このような理由があります。

・少量で、色んな料理を気軽にちょこちょこと楽しめる
・沢山の料理を実際に自分の目で見ることが出来る
・その国の特徴的な農産物をはじめ、食文化が集約されている
・観光価格ではないため、とてもリーズナブル などなどです。

なので私のように、 「その国の食を最大限に楽しみたい!」 という方には特におすすめです。

逆に、ローカル市場のデメリットな部分としては、
・当たり外れが大きい(日本人の口に合わないときもある)
・現地の言語で書かれているので、ある程度の予備知識がいる
なので、「確実に美味しいと分かっているものしか食べたくない」「旅の中で食に重点を置いていない(食に興味がない)」タイプの方は、観光客向けレストランのほうが、無難かもしれません。

ですが、ローカルな市場巡りは、1度ハマると、未知の冒険のようで、とっても楽しいですよ。
万が一、激マズな料理に出会ってしまっても、それもまた、いい旅の経験になりますしね!(^^♪ 笑

というわけで、今回は、ペルーのリマの中で一番オススメの市場をご紹介します。

「MODERNO MERCADO MAGDALENA(マグダレナ市場)」へ行こう!

ここは、ガイドブックなどに載っているのを見たわけではなく、たまたま見つけた市場です。
泊まっていた日本人宿(江田イン)の近くにあったので、気軽な気持ちで行ってみました。
しかし、侮るなかれ、ここは、ほかの市場よりも、お店が密集していてまわりやすく、
様々な料理があり、ペルーの安うまグルメを堪能できるオススメスポットなのです。
超ローカルな市場のため、観光客はほとんどいません。なので言語も、もちろんスペイン語です。
だからこそ、観光用のレストランでは、出会えない楽しさが待っていますよ~♬
それでは行ってみましょう!

マグダレナ市場の場所・付近の治安は?


住所は Jirón Leoncio Prado, Magdalena del Mar 15086 peru です。

市場に行くオススメの時間帯は、やっぱり朝!
午前8時ぐらいから開いているので、江田インに滞在し、朝ごはんを調達しに行かれるのもいいですね♬
江田インの宿からは、歩いて5分ほどの場所にあります。治安は悪くないエリアのようです。
途中には、ここがペルーであることを忘れるような、美しい建物もありました。

左はどうやら、大学の学部の建物みたいです。カラフルでおしゃれ~。

途中にも、ちょこちょこ地元の商店街があり、平和な雰囲気です。
日本では見られないお店もあり、ゆっくり散策されるのも面白いですよ。
  おもちゃ屋さんにて。オラフやミニオンのハリボテがあり、かなりシュールでした。笑

さて、お目当ての市場に到着しました~✨

中に入ると、見たことのない果物や野菜がたくさん!
南米の未知の食材に触れることが出来て、テンションが一気に上がります(*^▽^*)!!

ペルーの市場にいったらコレを食え!食文化紹介

 まずはアマゾンの恵み・トロピカルフルーツ!! 


アマゾンの恵みたっぷりの珍しい果物たち。栄養価も抜群です。

どの国でも、バナナは人気です♬
江田インでいただいたグラナディーヤは、ぜひともかじってみてもらいたい果物の一つです。

果物は、カラフルで見ていて飽きませんね~♬

メキシコでよく見かけたアボカド。ペルーでも、たくさん見られました。
とっても大きくて、日本のアボカドの3倍ぐらいのボリュームがあり綺麗です。
このサイズをまるまる一個食べたら、脂質の取りすぎで胃もたれしちゃいそうですね。笑

他にもたくさんの生々しいお肉やお魚もありました。動画で雰囲気が伝わればと思います。

※素人セルフィーのため、カメラワークがめちゃくちゃですんません(;’∀’)汗

 ペルーが原産地の野菜① とうもろこし 

ペルーはさまざまな野菜の原産地となっていて、とうもろこしもそのひとつです。
この手前の黒いものは、マイス・モラードと呼ばれる、紫色のとうもろこしです。

お米で言うなら黒米的な存在なのかもしれませんね。ポリフェノールたっぷりだし。
とうもろこしは、ペルー人には大切な主食。さまざまな料理に加工して食べられています。
 
ペルーのジャイアントコーン。粒が大きくて白っぽく、「チョクロ(Choclo)」と呼ばれます。

(左)マイス・カンチャ(Maiz Cancha)。ペルーの巨大乾燥とうもろこしのフライです。
日本ではジャイアントコーンとしておつまみで食されるやつですね。
(右)チチャ・モラーダ (chicha morada) という紫トウモロコシのドリンク。いったいどんな味なんだろう、とおそるおそる飲んでみると・・・あまりの香りのよさと美味しさにびっくり!なぜかフルーティーな赤ワインのようで、甘くてハマる味なのです。

 ペルーが原産地の野菜② じゃがいも 

そして、ペルーと言えば、じゃがいもの原産地でもあります。

昔「インカの目覚め」という芋が流行りましたが、それどころでなく、ペルーにはなんと4000種類ものじゃがいもがあるのです。ちなみに、写真の右下は、「ユカ芋(マンジョッカ)」といいます。

芋の種類が多いということは、その分フライドポテトの種類も色々あって楽しい!
手前は「カモテ」というサツマイモを上げたフライです。

ユカ芋のフライを、試食がてらに買ってみました。長いものような、あっさりした味でした。
そのほか、トマトや唐辛子などのポピュラーな野菜も、ペルーが原産地なのです。
すごいな、ペルー。
私たちはほぼ毎日のように地球の裏側にあるペルーが原産の食材を口にしていたのですね。

また、海外では珍しく生のお刺身を食べる国のペルーでは、
 セビーチェ専門店(セビッチェリア:Cevicheria と呼ばれるお店) もよく見られます。
※セビーチェについては、この記事をどうぞ↓
「ペルーの人気料理!セビーチェを作ってみた(料理教室)」

大量の白身魚で、セビーチェが仕込まれていました。オレンジ色のソースが珍しいですね!

ちなみにペルーのお刺身は、 tiradito(ティラディート)と呼ばれます。セビーチェとの違いですが、セビーチェは魚がキューブ状にカットして軽くマリネされているのに対し、ティラディートはスライスされてソースにつけていただくようになっています。



この土地だからこそできる、特別な野菜ばかりで作られるお惣菜たち。

豆の種類も、豊富にあります。

南米の食材には、キヌア・カムカム・マカなど、スーパーフードが目白押しです。
抗酸化作用がある、パワフルな食材が多いように感じました。

手作りのスープがいただけるお店もあります。

左は爽やかな味で、セビーチェをそのままスープにしたような味。
右はパリウェラ(parihuela)という、魚介類たっぷりの贅沢なスープです。
カウンター越しに、作っているところも見せていただきました♬ ごちそうさまでした。

そして、この市場で、一番テンションの上がる料理がこれ。

 スイーツのような美しさ「カウサレジェーナ(CAUSA RELLENA)」 


まるでケーキのような色鮮やかなこの料理。なんとポテトサラダなんです。
じゃがいもの原産地ペルーならではの、斬新なアイデア料理だと感心しました。

円柱なものや立方体のもの、丸められたものなど、形はさまざま。
どれも、中に野菜が入っていて、上にオリーブの実がちょこんと飾られています。

ちなみに、ペルーのラッキーカラーは「黄色」とされています。
メキシコ料理が、赤・白・緑を取り入れることを大事にしていたように、ペルー料理は、黄色が基調なんです。よく考えたら、日本もお祝い事には紅白を意識していますし、国によっておめでたいカラーがそれぞれ違うのって面白いですね。

ペルーの大人気飲料である、これまた黄色のインカコーラと一緒にいただきました。
こんなフォトジェニックなポテトサラダがあるだろうか?
日本でも、インスタ映えする料理として流行りそうです。
ただ、じゃがいもの品種が違うのか(はたまた着色しているのか?)
日本で同じように作っても、こんなに鮮やかな黄色になるとは思えないですね。

ポテトつながりで(?)コロッケもいただきました。

Papas rellenas(パパスレッジェーナ)という、ポピュラーな具入りコロッケです。手作り感があるソースが乗っていて、中にはレーズンなどが入っていて独特です。

この市場はご当地グルメが満載で、絶対行くべき!という理由がお分かりになっていただけましたでしょうか?
ここでは紹介しきれないほどの色んな料理や、食材があふれていますので、ぜひペルー渡航の際には行かれてみてくださいね♬

それでは!!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


【最安値!】農家さんの想いが詰まった大人気の無添加スキンケア「coyori」がキャンペーン破格の980円!その人気の秘密を探る。

無添加化粧品の「coyori」って知っていますか?

自然派・エイジングケアの通販コスメ市場・
3年連続・売上第一位の人気スキンケアブランドなのですが、
先日HPを見たところ、通常価格7,000円以上相当するトライアルセットが、
破格の1480円→さらに現在キャンペーン中で980円まで割引されていました!
coyori オイル訴求
⇧1480円って書いているけれど、このサイトでは、現在980円になっています。

今まで、美容やスキンケアには、正直あまり興味なかったのですが、
ここの原材料は自然素材を53種使っていて、無添加情報開示が正直なところと、
日本各地の様々な農産物を使っているというところに、とても魅力を感じました。
これが、その生産者マップです。↓

よくこんなに日本全国の農家さんを集めたなぁ~。
青森県を見ると、あの「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さんの無農薬リンゴも入っている!!

こんな熱い生産者の想いがつまった化粧品って、めったにないので、
こういうの見ると、食べ物大好き人間として、感心しちゃいます!



また、情報開示が正直というのはどういうことかというと、
私は自然食品業界に勤めていたプロなので、その視点からみると、
「無添加を謳った化粧品」で、本当に完全無添加なものなんてほとんどないんです。
ある一部の添加物を入れていない=無添加とアピールしている商品が大多数なんですよ。

食べ物で例を挙げるなら、福岡名物の辛子明太子。
表には「無添加」って文字だけ大きく書いてあるのに、
裏の表記をよく見たら、無添加なのは着色料だけで、
発がん性のある保存料などの添加物は、思いっきり使われているパターンがほとんどです。
「騙された!!」と文句を言う前に、消費者もある程度、賢くならないといけません。
着色料が「無添加」であることは、決してウソではないですし、
企業は基本、セールスポイント=都合のいい部分しかアピールしないのが普通ですから。
(こういう食品関係のことは詳しいので、またいつかお伝えしますね。)

それを踏まえて、coyoriの美容液の表記はコレ。↓

都道府県の産地はもちろん、添加物が、合成由来かどうかなど、
都合の悪いことまでちゃんと正直に開示している部分が、誠実さを感じました。

こんなに野菜などを使っているの凄いなぁ~料理出来そう・・と思ったら、
実際、ここの会社は、千葉にオーガニック農園も運営していて、
「coyoriレストラン」というイベントも全国各地で開催しているんだって!
これは、化粧品で使われている農家さんの食材を、フルコース仕立てでいただける場だそうです。
日本の素材の素晴らしさと、ものづくりにかける情熱を、「食」を通じて体感するイベントって素敵ですね。毎年開催しているので、これは、めっちゃ行ってみたい!

普段食べるものが何から出来ているか、その野菜は誰が作ってどこから来ているのか。
そこには、人の手間ひま、命があるということは、わりと意識しているけれど、
普段身に付けるスキンケア製品の材料を作っている農家さんがいて、
そこにも人の人生=命があることを、意識したことは、今までなかったです。

・自然派化粧品や無添加化粧品を探されている方
・シワ、たるみ、ほうれい線が気になっている方
・アンチエイジングが気になっている方
・敏感肌、肌の乾燥が気になっている方
30代から50代にかけてのスキンケアとして、オススメですよー(^^♪

産後でちょっと疲れ気味の私のお肌にも、最適です。
しかも、地元福岡の会社なので親近感が湧いちゃいました。

興味ある方はぜひ!
最安値980円のページはコチラから
※キャンペーンはいつ終了するかは不明です。終わっていたらスミマセン。

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


バリのオーガニックカフェ「ZULA Vegetarian Paradise」(ズーラ)@インドネシア

これからは、ここ1年半の間に 行った旅行情報を、
順不同になりますが まとめていこうと思います
(お店紹介&旅行記を分けて アップする予定です
まずは2012年11月に行った、インドネシア・バリ島から
 

Zula Vegetarian Paradise(ズーラ)
ここは、バリの観光地・スミニャックにある
オーガニック・マクロビ・ベジタリアンカフェです
大通り沿いにあったので、結構分かりやすかったです

このお店は、ハワイで有名な
DOWN TO EARTHの 系列店のようです。
もうひとつ、近くに同じ系列の「EARTH CAFE」もあります。(これはまた今度

店内には、見たことのないオーガニック製品が色々
プライベートブランドのドライフルーツやナッツ、
フルーツバーや シリアルバー、瓶詰めが多く、
インスタント食品などは 少なかったです。

冷蔵庫には、気になるお団子の数々・・・
フルーツやナッツを 色々まぜたお菓子です

レオニー(バリ&爬虫類マニアの友人)が好きそうな カエルの置物(笑)
メニューは英語表記で、かなり豊富にあり、興味をそそられるものが たくさんです

とりあえず、ココナッツジュースを注文

でかいっ
半分にパカッと割ったら ココナッツの実が見えました。
味はうすら甘く、何かに似てる。。。、
そうまるでヨーグルトの上澄み(乳清)のような味でした




料理は、mediterranean plattar(Rp.48000)を注文

カウンターに並ぶ惣菜を、少しずつ全部ついでくれる、
色々食べたい方に オススメのメニューなのです
料理は、中近東(レバノン)のような感じ
インドネシアで 別の国の料理かよと突っ込まれそうですが、
福岡では食べられないので 許してくださいまし~(笑)、

ジャーン

フムス・ファラフェル・タブリ・ババガヌシュなどを
ピタパンに入れて いただきます

外国のベジ料理って、なんとなく大味な イメージだったのですが、
どれも、思った以上に 味付けが上手で ビックリしました
ババガヌシュは、きちんと焼きナスの 香ばしい風味がしたし
ピタパンも ふわっと風味がよくて 私好みで美味しかったです

スイーツも

(左)豆腐レモンチーズケーキ、(Rp.28000)
ストロベリーソースがかかっていて、大きいです
味は、結構 豆腐感があったと思います。
(右)デーツココナッツボール(Rp.12000)と、
オメガチョコレートボール(Rp.15000)。
日本円にして、120円と150円ってところ・・・安いかも

チョコレートのほうは、ライスパフが入っていました。
私も、普段のおやつに 作ってみようかな~

Zula Vegetarian Paradise(ズーラ)
住所 JL.DYANA PURA NO.5 SEMINYAK BALI INDONESIA

電話番号 0361-731080
営業時間 8:00-24:00
休業日 無し
クレジットカード 可
日本語 不可
喫煙 テラス席のみ
行き方 ビンタンマーケットをクロボカン方面に直進、
ラヤ・スミニャック通りからディヤナプラ通りを50M入った左手。

それでは!!

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


 

BALI BUDDHA(バリ・ブッダ)@インドネシア

【この記事は、2013/06/23 (Sun)にFC2ブログで書かれた記事です】


インドネシアで有名な オーガニックショップ&カフェBALI BUDDHA(バリ・ブッダ)
バリ島の スピリチュアル・スポットであるウブド店に 行きました
ドアとかはなく、開放的な入口。
パンなどが たくさん並んでいます
虫よけ防止の網で 覆われていて、セルフでとるスタイル。
(ずっとおいていたら 乾燥するんじゃないかな~、
でもビニールに入れても 蒸れて カビるのかも・・・)棚を見ていたら 珍しいビンものを発見

オーガニックの サンバル(辛い調味料)です
辛さが 2タイプあり、マイルドなほうを購入
しかし・・・味見すると、辛ーーーっっ
一口でノックアウトされました、とほほ・・・

また、グリーンマンゴージャムなるものもGET
サンバルの、予想外の味のトラウマで、
こっちはまだ 勇気がなくて 開けていません。
(イベントのときに みんなで食べようかなぁ・・・




8月に福岡で開催された、田中さゆりさんの
ローフードスイーツの本が 置いてありました
オーガニックのドライフルーツ類が たくさんあり、
雑然とした感じで 並べられています。

冷蔵庫に、手作りスイーツ発見
・・・これも 雑然としとるな~(笑)

大きなチーズケーキ(Rp.21000)と、ピーナツバターボール(Rp.14000)を購入
チーズケーキはマクロビじゃなかったのですが、意外と 普通に 美味しかったです
ピーナツバターボールは、ココナツ油がこってりでした

2階のカフェも行ってみたかったな

BALI BUDDHA(バリ・ブッダ)ウブド店
※クロボカン店など、何店舗かあるそうです。
TEL (0361) 976324/978963
住所 Ubud, Mas, Gianyar 80571

営業時間 8:00-22:00

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


福岡の有名なお寿司処!「やま中本店」(薬院)

今日はずっと行ってみたかった、福岡のお寿司屋さんへ行きました🎵

やま中 本店(薬院店)✨

このお店は、全国の食通が通いこむ名店と言われる高級寿司割烹。
今回は、おまかせで料理コースをいただきました♬
まずは前菜。

おかひじきを和えたものはシャキシャキの食感。鯵はしょうがの薬味が爽やか🎵

これは、ふぐ・・・とおもいきや、ハゼというお魚の薄造り。
繊細なネギがたっぷりのポン酢につけていただきます。

これからが旬のソラマメと、赤貝のお刺身。ほか、マグロのお刺身などもありました。

スプーンに盛られたウニ。一口で食べてびっくり。雑味がなくとろける食感と旨味!

「ねぎま」。ねぎとマグロなのですが、脂身のある部位を使っているので、
いただいた瞬間、お口の中で溶けてめちゃくちゃ美味しい!感動しました。
うなぎの蒲焼き。山椒ふんわりです。うなぎの心臓もついていました。
手前はたけのこと、ピンクのものは玉ねぎ。さっぱりお口直しに最高です。


さぁ、料理はまだまだ続きますよ~♬

これは、カニの身!!沢ガニちゃんはトッピングですが甘く煮ていて食べられるそうです。
昔、沢ガニとよく遊んだな~とか思い出すと、なんか食べにくくなって食べれなかった(;’∀’)

お次は握り!!
  コハダとイカです。
シャリは、口に入れるとほろほろっとした食感になり、プロの味だな~!と感じました。
イカは塩がかかっているのですが、ふんわりゆずの香りで、ねっとり柔らかく美味しかったです。
 海老。素材の味が生きています。
夢中になっていたので、私にしては珍しく、撮り忘れがあるかも・・・笑 
卵焼きがまた上品!アナゴは柔らかく焼かれています。
そして中央のトロは軽くあぶってあり、これまた脂が口の中で溶ける溶ける!!
お寿司ってなんでこんなに美味しいんでしょう。しかもたくさん入るから困っちゃう。笑

〆はしじみ汁。これでもかってぐらいしじみが詰め込まれています笑
デザートにはイチゴとメロンをいただきました。
いや~本当に美味しかったです💗
旬を楽しめる和食はいいですね。福岡の自慢のお店です。
それでは!!

やま中 本店
予約・お問い合わせ 092-731-7771
住所 福岡県福岡市中央区渡辺通2-8-8
営業時間 11:30~21:30(ランチもあります🎵)
定休日 日曜日
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


メキシコのオーガニック情報・その2!~NANTI organic market & Origenes~

今回はメキシコシティにある2か所のオーガニック店を巡りました!

一店舗目はこちら!
Nanti Organic Market✨
※現在、このお店は残念ながら閉店されているとのことです!!
こじんまりとした店内には、こだわりの商品が並んでおりました。 
大好きなナッツドリンク系。綺麗に陳列されています!

サルサソースもとっても美味しそう!
世界一周中なので食材をむやみに買えないのが残念でした~。

店名 Nanti Organic Market

ここから歩いて、8分のお店に移動!フツーに植木にサボテンがあるのが、メキシコっぽいですね。



そして、お目当ての二店舗目に到着!

Origenes Organicos

入口はテラス席になっていて、開放的な雰囲気になっています。

このお店は、加工食品だけでなく、手作りのお惣菜やスイーツも充実しています(^_-)-☆

ドリンクメニューや、お料理メニュー。たくさん!

さっそく1品、注文してみました。

パンの上に、ほぐしたチキンのサラダ、アボカドがのっている料理です。

さっぱりとしていました~(*^▽^*)
テラスなので、荷物には十分気を付けながら、のんびりとした時間を過ごしました♬

種子が色々入ったパンは、サービスでついていました♬
せっかくなので、マンゴーのスムージーも注文。濃厚です(^_-)-☆
ヘルシーメニューが豊富にあるので、 
 毎日通っても飽きなさそうなお店でした!

店名 Origenes Organicos


ボディセンス

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


メキシコのオーガニック情報・その1!~THE GREEN CORNER~

最初、旅を始めた目的は、オーガニックのお店を周るため!
というぐらい、オーガニック大好き&マニアの私。
最近は、食に対する興味の幅が、かなり広がっていきましたが、
今でも、どの土地に行っても、オーガニックショップ&レストラン巡りは欠かせません。
ということで、メキシコでもそのようなお店をチェックしていきました。

THE GREEN CORNER

早速潜入~☆

メイク、スキンケア用品コーナー。

おやつ類

Blue Skyのオーガニックコーラがこんなにたくさん!
いろんなフレーバーがあるみたいですね。

甘味料。

冷蔵商品。チーズやジュースがありました。



大好きなミルク系のラインナップもたくさん!

ココナッツジュースや、7穀ドリンク、ライスミルクなど色々♬  お米コーナー。ジャスミン米、バスマティ米、SUSHI米(ジャポニカ米?!)など多品種あります!
油もたくさんの種類があります。
キャノーラオイル、フラックスシード、グレープシード、ゴマ油
オーガニック野菜。
メキシコ料理に欠かせないアボカドもオーガニック♬
 テラスには、カフェスペースがあり、ドリンクや軽食がいただけます。
メニューはこんな感じです↓ 
miso soup、yakimeshi、Udonなどの日本語も、ところどころに見られます。

和食は、世界共通の自然食なのでしょうね✨(*^▽^*)

今回は時間がなかったのでオレンジジュースだけでしたが、
ここのお料理は、どれも安全なものを使っていると思うので、
メキシコで体調を整えたいときにはここで食事されてみてください♪
それでは!

THE GREEN CORNER


以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


辛い?甘い?唐辛子×チョコの不思議なソース「モーレ」(メキシコ料理)に挑戦!


メキシコシティに着いて最初に食べて撃沈した激マズ料理、モーレ。
そのときの記事はこちら→ ~激マズ料理から始まる、世界一周目の始まり~

モーレソースとは、メキシコのプエブラ州発祥で、

正式には、モーレ・ポブラーノ(mole poblano、プエブラのモーレ)と呼ばれるもの。唐辛子とチョコレートをベースに、トマト、アーモンド、ピーナッツ、胡桃、ゴマ、干しぶどう、パン、トルティージャ、玉葱、ニンニク、胡椒、シナモン、砂糖、ラード、月桂樹の葉、シナモン、クミンや塩を材料とする、重複雑なソースです。
なんと、地元のお店が、ネットショップでモーレを販売してました→

日本でも食べられるところがあるとは・・・!

 

ということで、もう一度この料理をリベンジすべく、
モーレ発祥の地、プエブラで美味しいと評判の名店に行ってみました!
Fonda La Mexicana
これで美味しくなかったら、もう諦めがつきます。

店内はとてもオシャレで、オープンな雰囲気♬

まずはビール「victoria」をいただきます。135年の歴史あるビールなんだって!

パンはサービスでついています♬

店内がいい雰囲気だから、写真も映えますな~♬

まずは、手始めにこの地域のスープをいただきます。
「sopa poblana」(ソパ・ポブラナ)

プエブラの、コーンとトルティーヤ、大きなチリ・ポブラノの入ったボリュームあるスープです!
ズッキーニやチーズが入ったクリーミーな味で、トルティーヤはどっしり食べ応えがあります。
かなり好みの味♬このレストラン、期待できますぞ!(#^^#)


「more poblano con pollo」(モーレ・ポブラーノ・コン・ポジョ)
来ました!!今回のお目当ての、リベンジのモーレです!

Arroz Mexicana(アロスメヒカーナ)という、赤いトマトピラフも添えられていて、とっても綺麗!
鶏肉にたっぷりかけられたモーレソース。さて、お味はいかに・・・??

おおお、美味しい!!!
前に食べたものとは、全然違います✨
チョコレートと唐辛子の風味がマッチしているとは、やはり思えないのですが、
ちゃんと調和されていて、繊細な味わいで、鶏肉も美味しかったです(*^▽^*)!

美味しかったのでテンションが上がり、さらにModeloというビールも注文。

ついつい、ビールも進んじゃいました!飲みやすいビールです。

モデロ エスペシアル 355ml x 24本 [瓶] [ケース販売] [メキシコ/Modelo especial/輸入ビール]

というわけで、当たりはずれの多いモーレは、このお店で決まりです✨
ぜひプエブラへお越しの際はいかれてみてくださいね♬

店名 Fonda La Mexicana

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


店名 Fonda La Mexicana

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


メキシコと中東のミックス料理、タコス・アラベ!(Tacos Árabes)@プエブラB級グルメ

メキシコシティから気軽に行ける人気の観光地、プエブラ!
バスターミナルに到着し、さっそく近くにあったお店に潜入しました。

El Harbano

バスで到着してからの最初のミッションは、
タコス・アラベという、プエブラ発祥のB級グルメを食べること♬
タコス・アラベは、プエブラに多いアラブ系(レバノン系)移民の影響を受けたタコスで、
ドネル・ケバブのように、マリネした薄切り牛肉や豚肉を串に刺していき、
塊にしたものをじっくりと焼いたものを薄く削って、具にしたもの。
これを、小麦粉で作られたトルティージャに巻いていただきます。

イメージとしては、シャワルマみたいなかんじでしょうか。
この、大きいほうがタコスアラベ、小さいのがタコスオリエンタル。
あ、ちなみに現地ではタコスのことをタコ🐙って言うんだよね。

メキシコのトウモロコシのトルティーヤは、予想以上に重たいのですが、
タコスアラベの小麦粉のトルティーヤは、さっぱりいただける感じがします♬


エビ出汁のピリ辛スープ、コンソメ・デ・カマロン。

タコスと相性のよいサルサソース風の海老のスープなのですが、
私には、濃厚すぎ&エビのモザモザ感が、ちょっと苦手でした。

プエブラに言ったら是非押さえておきたいグルメ紹介でした💗
店名 Tacos Arabes El Harbano
住所 Central de Autobuses de Puebla (Blvd. Norte 4222)72050 México

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!