FOOD

博多っ子のソウルフード!コスパ最強、大地のうどん博多駅地下店

博多グルメ満喫ツアーは麺類ハシゴに決定です( ✧Д✧)!!
やっぱり博多に来たらラーメンも欠かせないけど、
それ以上に地元で人気なのがうどんなのです( ・`ω・´)

福岡はうどん発祥地という説があるのですが、
香川の讃岐うどんとは全く違う、
「コシがない麺」というのが特徴。

私、博多っ子だけど、うどんは絶対コシがあるほうがいい!と思っていたのに
なぜかじわじわハマるのが博多のうどんの魔力なのです( ・`ω・´)

でも、博多のうどんはそれだけではありません!
私も勘違いしていましたが、福岡のうどん屋さんには、
北九州市発祥の津田谷流 豊前裏打会というものが存在していて、
麺や出汁をとことん追求し、独自の製法を編み出しているんだとか。

私、福岡が本店のうどん屋さん=博多うどんと思ってました。
以前行った「和助」も、この「豊前裏打会」の加盟店。

私が好きだったのは、博多うどんではなく、
「豊前裏打会系のうどん」だったことが判明しました。
どうりで、牧のうどんとかは、あまり好きじゃないわけだ。笑
次回帰省した時は、裏打会系のお店を意識しながら制覇したいなぁ!

というわけで今回は博多のうまいもん通りにある、
ずっと前から行ってみたかった大地のうどんへ。  たくさんお店があると思いきやあんまり店舗は多くなく、
福岡市内ではこの博多駅の店舗が一番アクセスが良いです。



大地のうどん

外の看板には大地のうどんの公式キャラクター、ゴボウの大ちゃんが。
“うまい、安い、遅いがモットーだよ!
つまり、この店儲かってないよ!”

とのコメント。ちょっと面白い(笑)

店内は薄暗い独特の雰囲気です。

メニューはこちら↓↓↓

博多のうどんといえば、「ごぼ天うどん」を頼みたいところですが、
今回はぶっかけうどんの中では一番リーズナブルな野菜天ぶっかけ 630円を注文。
いろんなバリエーションの野菜を楽しんでみたい気分です♪

うまい、安い、遅いをモットーと書いてあるだけあって
提供には思ったよりも時間がかかりますが、わかっていたので特に気にならないレベル。

そして到着!

なんと、薬味が多すぎてうどんが見えません!!笑
野菜の天ぷらも申し分なしのボリューム。
東京で頼んだら天ぷら単品だけでも1000円ぐらいするんじゃないの???
これで630円とか恐ろしすぎるコスパですよ(;´Д`)

天ぷらの揚げ加減も最高!
薄い青じそも驚くほどパリパリのサクサク!
いい音を立ててくれます♪

他にもしめじ、千切りの人参、レンコン、かぼちゃ、なす、
太いごぼう、大きなピーマン
があり、
それぞれ素材の味がはっきりわかってとっても美味しい(⑅๑╹ڡ╹)!
特に人参は甘かったです☆

薬味の鰹節、葱、生姜もいい仕事をしているし、
うどんはツルツルのもちもちの細めで透明感のある麺でした。  この独特の吸い付くような食感とのど越しがクセになります!
たまりません(*´﹃`*)

大地のうどんについて調べていると衝撃事実が発覚(0ω0´●)☆

なんとこのお店、とうとう福岡を飛び出し、
東京の高田馬場店にオープン
しているんだとか!!

大好きな福岡のうどんが都内でも食べれるなんて嬉しすぎます(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾

これが基本的に県外の人に受けるのかはちょっと分からないですが…!

東京の皆さん、是非福岡名物のゴボ天うどんを食べに行って感想を聞かせてくださいヽ(=´▽`=)ノ
ピタピタッとした食感が、案外癖になるかもしれませんよ♪

それでは!

大地のうどん 博多駅ちかてんうどん / 博多駅祇園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています