レストラン・店舗情報

博多劇場の餃子100個企画が凄い!ニューオープン丸の内店のクチコミ!【感想】

みなさんは、博多(福岡)の屋台はお好きですか?

さとみん
さとみん
実は、地元民の私は、行ったことがなく、
その魅力もよくわかっていませんでした。

しかし、上京して福岡の話をすると、みんな口をそろえて
「屋台が楽しかった!」と言う感想をいただくことが多かったので、
そこから興味が湧き、初めて屋台に行ったのが5年前。
今は、たまに観光案内などや遊びに行くようになりました(^^♪

あわせて読みたい
福岡中洲デートの夜景バーmitubachi(ミツバチ)&定番屋台の中洲十番とっても雰囲気のあるBARへ行きました(^_-)-☆ ✨Mitsubachi(ミツバチ)✨ ...

今回は、そんな博多の屋台を都内でも楽しめるお店をご紹介します!

屋台屋 博多劇場丸の内店

ここは、2018年11月28日、ニューオープンの、
九州・博多の屋台をコンセプトにした活気ある居酒屋です!
経営しているのは、
「日本一のおもてなし集団」を目指す
一家ダイニングプロジェクトという会社。
店舗は関東のみで、これで直営店は41店舗目だそうです。

この博多劇場、ぞくぞく新店舗がオープンしています。
博多の屋台文化が関東でも人気なんだなぁと思うと、
嬉しくなりますね(*^▽^*)

博多劇場のクチコミ!行ってみた感想は?

ということで早速 お店の レポートです!
メニューはこちら!

このお店は サラリーマンの方に特に人気で、
会社帰りなど の飲みの場としてとても最適な大衆居酒屋。
店員さんは とても元気があり、最初のドリンクでは
みんなで「お疲れ様でした!」と掛け声をくれたりと、おもてなし精神を感じます。

店内は、お店の中に 屋台 のような看板のディスプレイがあったり、
カウンターキッチンがあったり使われている椅子など、ところどころに屋台感が満載です♬

博多劇場のメニュー紹介!おすすめは?

このお店の看板メニューは 鉄鍋餃子明太もつ鍋
もつ鍋は一人からでも注文することができて、
お値段も980円からと、かなりリーズナブルです。
カウンター席があるので、お一人様でも気軽に 鍋料理を楽しめるのは 嬉しいですね♬

まずはビールで乾杯!

生ビールは大好きなプレモルの香るエール580円です♬
なんと1ℓ のどでかいジョッキ もあるんですよ!
腕も鍛えられそう・・!!笑

選べる小鉢(酒の肴〉は、どんぐり180円をチョイス。

どんぐりとはウズラの卵の醤油漬けのことで、うずらが大好きな私には嬉しい一品です♬

炙り明太子のポテトサラダ 450円


このお店のおすすめサラダ!
揚げた餃子の皮につけていただきました。
粗く潰されたジャガイモサラダの食感と、
皮のパリパリとした食感との組み合わせが楽しいですね。

馬刺し

にんにくまたは生姜と、九州らしい甘めのタレでいただきます。
馬刺しは、柔らかくて癖がなく、食べやすかったです!

そして、この店の名物の鉄鍋餃子!

一人前6個入りで290円で、注文は2人前からになっています。
福岡には、有名な「鉄なべ」という名前のお店があるんですよね。
そのスタイルで、鉄なべでアツアツ、パリパリの餃子がいただけます♪

博多の餃子は小ぶりな所が特徴。
一つ一つちゃんと 手包みで作られていているんだとか。
外側カリッと香ばしく焼かれて、中はジューシー。
味がしっかりしているので そのままでも美味しく食べられました!
これが一番お気に入りかも(^^♪

最後にもうひとつの おすすめがもつ鍋です。

今回は明太もつ鍋をいただきました。
辛味レベルはレベル1:ピリ辛、レベル2:激辛、レベル3:超激辛の3種類から選べ、
一番 優しいレベル1のピリ辛にしたのですが、それでも結構辛かったです(;´・ω・)

キャベツ・ニラ・マルチョウのもつ鍋の上には、どーんと明太子&バターが乗っています。
ビールがゴクゴク進むような、しっかりうまみとコクのある味付けです!!
〆のおすすめはチーズリゾットが人気なんだとか(^^♪
辛いのが苦手な方には、普通のもつ鍋もありますよ。
もつはトロトロで臭みがなく、旨味たっぷりで美味しかったです!

これ以外にも 博多らしく、焼き鳥では豚バラがオススメだったり、
屋台のとんこつラーメンが あったり、博多名物の酢もつやごまさば
家庭料理のがめ煮(筑前煮)もありましたよ。
明太子が入ったメニューが多いので、明太子好きにはたまらないでしょうね♬
ちなみに、博多とりかつという料理がありましたが、
これだけは今まで聞いたことありません。 笑

博多劇場の餃子100個チャレンジ企画が話題!
失敗した時の値段は??

このお店のユニークなアイデアは、コンセプトだけではありません。
店内に貼ってあったチラシには、「鉄鍋餃子100個食べきったらタダ」という文字が!
実際にチャレンジしている方も、結構いるみたいです。

気になったので詳しく調べてみました。

餃子100個食べきったら 無料になるルールはこちらです。

①一人で食べ切るべし
②味わって食べるべし
③制限時間60分一本勝負

成功者への特典は、餃子100個分の代金が無料になるうえに、
餃子の年間パスポートを贈呈するとのこと!これは1日2人前までとなっています。

逆に失敗者は、餃子代金として5130円税込を支払わなければいけません。
ちなみに餃子100個は重量にして1.5 kg 自信のある方はチャレンジしてみられてはいかがでしょうか??
1グループあたり3人 同時に チャレンジできるのだそうですよ。

60分という制限時間は長めの設定で、完食できる人も結構多いみたいです。

さとみん
さとみん
大食いの私も、できそうな気がします。

博多劇場はアプリの特典が凄い!!

関東で人気爆発中の博多劇場ですが、
アプリを活用して居酒屋会員になることで
とてもお得な 特典を受けることができるのも人気の秘訣(^^♪

アプリはスタンプカード形式になっていて、
3個スタンプを貯めるとVIP会員、
10個スタンプを集めるとプレミアム会員になることができます。

会員になると、特典にはこのようなものがあります。

お通しが一生無料

博多劇場の 会員の入会金は200円なのですが、
2回目以降の来店ですぐに元が取れます。

なぜかと言うと、
通常なら300円のお通しが、会員になれば一生無料になるからです
一回だけでもお得になるというのに、
一生無料というインパクトがすごいですよね。

毎月13日や誕生月には鉄鍋餃子が大サービス!

そのほか、毎月13日は餃子の日で、
一人前の鉄鍋餃子が半額の130円でいただくことができたり、

誕生月なら、歳の数だけ鉄なべ餃子をプレゼントというサービスもあります。
(誕生日の餃子プレゼントの予約方法は、まずアプリでチケットを確認し、
使用店舗へ事前に予約して、そのチケットを店員さんに見せればいいとのことです)

通常価格でドリンクが1ℓのどでかジョッキにサイズアップ

3回来店してスタンプを集めて、誰か一人がVIP会員になると
そのグループは全員、乾杯ドリンクがドデカジョッキにサイズアップするのです。
通常サイズの価格で1ドル分の飲み物が飲めるということ!
これ、隣の人たちが飲んでいましたが、すごいボリュームなんですよ!

博多劇場はプレミアム会員になれば、100個餃子をプレゼント

10回来店しスタンプが10個たまると、餃子100個プレゼントサービスというものもあるんですよ!
こちらは、制限時間はないかと思いますので、何人か 同僚 連れて行けば 喜ばれること間違いなしです。

このように、お客さんが 楽しみながら、
つい通いたくなってしまうような仕組みを作っているのが、
人気の秘訣なんだろうなぁと感じました。勉強になります・・!!

博多劇場はクレジットカードは使えるの?

皆さん、お支払いは、出来ればクレジットカードで
支払いできたらいいなという方も多いのではないでしょうか?
調べてみたところ、どうやら
博多劇場は クレジットカードが使える店と、使えないお店があるようです。
屋台屋 博多劇場 竹ノ塚店
屋台屋 博多劇場 四街道店
などは、クレジットカード利用不可と書いてあります。
なので、各店舗 に直接問い合わせた方が 確実かと思います。

【雑談】福岡と博多は違う!一緒にしてはNGです。

ちなみに、余談の小ネタですが、
みなさんがよく勘違いされている話をひとつ!
県外の方は、福岡と博多の関係性について、
福岡=博多とか、福岡の中心=博多というイメージを持たれがちなのですが、
北海道と札幌、宮城と仙台、愛知と名古屋のような関係性でもない。

歴史から見ると、博多と福岡は、エリアも文化も違うんです。
博多は商人の街、福岡は武士の街で、お互いに行き来が出来なかったそうです。
そして、福岡の市の名前を決めるときは、
福岡市か博多市かで争った、ライバル同士の関係でもあります。
市民の感覚からすると、福岡の中心地は、博多ではなく「天神」です。

以前は、福岡エリアと博多エリアで完全に違っていた街ですが、
現在の博多は、かなり狭く、あくまでも「博多区」という区の一つです。
なので、福岡出身者は、県外の人に「博多の人?」って聞かれると、
結構、違和感を感じる人が多いです。(※私もその一人)

東京で例えるなら、「東京出身です」と言うと、
相手から 「新宿の人か! いいね~! 僕は新宿が大好きなんだ !」
って切り替えされるような感覚だったりします。
「いえ、都内ですが、私新宿の人ではないし…!」ってなりませんか?笑

自分は「博多」の人間だ!というアイデンティティを持っている人は、
そんなに多くないと思います。

「博多」というと福岡より言葉の響きが良く、ウケがいいのですが、
櫛田神社付近で生まれ育ち、山笠にも参加する生粋の博多人でなければ、
「博多出身」とは名乗ってはいけないような感覚なのです。
もし、福岡出身者に出会ったときは、話のネタにしてみてくださいね。

以上、博多あるあるな小ネタでした。

まとめ

博多劇場は サラリーマンで賑わっている明るい雰囲気のお店でした。
分煙はされていないので 煙が気になる方は注意が必要です。
鉄なべ餃子が美味しかったので100個チャレンジしてみたい。笑
次回はぜひ、もつ鍋の〆のチーズリゾットも食べてみたい♪
都内の主要駅にはほとんどあるし、価格もリーズナブル。
機会があればまた行けたらいいなと思いました!

ぜひ、みなさんも福岡の中洲屋台エリアに出張に来たような気分を
博多劇場で味わってみてはいかがでしょうか?

関連ランキング:もつ鍋 | 東京駅有楽町駅二重橋前駅

ちなみに、このモニターサイトでは、
以下のように、飲食店の覆面調査をしていることもあるので、
よかったらチェックしてみられるといいと思いますよ!

会員登録すれば謝礼付きで美味しいものが食べれるのでおすすめです!
それでは♪

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.