FOOD

牛肉なしのハヤシライス!激うまハッシュドポーク(レシピ付)

突然、ハヤシライスがムショーに食べたくなる時って、ありません??笑
ハヤシライスといえば、牛肉(ビーフ)で作るのが 基本ですよね。
でも、面倒くさがり&引きこもり症の私は、
別に無理に牛肉を買いに行かなくても、ストックしてた豚こま肉で出来るんじゃね?と思い、
今回は牛肉よりお手頃価格の豚肉で、気軽にハヤシライスにチャレンジしてみました!

ハッシュドポーク✨

<材料>
にんにく(みじん切り) 1片
バター 10g
ローリエ 1枚
玉ねぎ(スライス) 1個
しめじなどのキノコ類(小房に分ける) 1パック
A 豚こま肉 250g
A 小麦粉 大2
A 塩 小1/2
赤ワイン 100cc
カットトマト缶 1缶(400g)
水 200g
塩、コショー しっかり
無添加コンソメ 2本
ケチャップ 大2
中濃ソース(またはウスター) 大1
みそ 小1
しょうゆ 小1
クローブ(あれば)3粒
(飾り)イタリアンパセリ
(付け合わせ)ごはん



<作り方>
①豚こま肉は適当な大きさに切り、Aの材料は混ぜ合わせて、なじませます。
②鍋にバターを溶かし、にんにく、たまねぎ、ローリエ、クローブを炒め、Aの豚肉を炒めます。
③しめじ(キノコ類)を加えたら赤ワイン、水、コンソメ、塩をいれて、
圧力鍋で5~10分かけるか、コトコト全体に味がなじむまで良く煮込みます。

④トマト缶、ケチャップやソース、醤油、味噌を加え、さらに煮込みます。
味見をして、塩コショウで調整し、全体が調和したら完成ですー(^_-)-☆

これ、作りたてのときは、本当に味付けに悪戦苦闘しまくりでした。
ただ、一日寝かせておいたら、一気に味がなじみ、美味しくなりました(^◇^)
(翌日のお弁当にしたところ、味が落ちるどころかレベルアップした!と家族も驚いてました。)
味に深みが出るかな?と思い、味噌、醤油を入れましたが、それがいい選択だったのかも?
自然食のトマトベースシチューにも、よく八丁味噌を隠し味にいれるんですよね(^^♪

出来立てよりも、前日仕込みでいただくのがオススメの、作り置きにぴったりメニューです♪
今回は白米ですが、バターライスにしても良さそう(^◇^)。熱いうちに召し上がれ!

最後に豆知識ですが、実は、ハヤシライス/ハッシュドビーフは、日本の料理。
ハヤシライスの語源は、ハッシュドビーフをごはんにかけた「ハッシュドライス」がなまった説のほか、丸善の創始者である早矢仕有的(はやしゆうてき)氏が考案されたとする説もあるそうです。
後者が語源だとするならますます、世界の料理感がなくなりますよね。笑 雑学ネタでした~。

それでは!にほんブログ村 料理ブログへ




ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室や講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを作る。 その後、さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています