LINE@で更新を受け取る!
マクロビスイーツ

アイスボックスクッキーのレシピ!プロが教えるサクサク理論とは?(マクロビ)

発見しました!!!
さっくりの秘密は、繊維の向きだった
今回は、卵なし、バターなしのマクロビでもサクサクに仕上げるヒミツも紹介します!

レーズンとひまわりの種の全粒粉クッキー

IMG_7301.jpg

<材料>
A 薄力粉 70g
A 全粒粉 20g
A 米粉 10g
A 塩 1g
菜種油 28g
B 水 15g
B きび砂糖 30g
有機サルタナレーズン 20g
有機ひまわりの種 15g

(材料について)
菜種油は、平田産業の圧搾一番しぼりがオススメです!

平田 純正菜種油 一番搾り 紙パック(1250g)【rank_review】【HOF13】【平田産業】

created by Rinker

これは、薬剤を使わずに抽出している安心なもので、
さらにクセがないので、かなり使いやすいです。
どうしても揃わない場合は、市販のサラダ油でも大丈夫です。

(下ごしらえ)
Bは水分が蒸発しない程度に少し温め、冷ましておきます
サルタナレーズンは、柔らかくなるように蒸しておきます。

 

アイス ボックスクッキー生地の作り方

Aをフードプロセッサーにいれ、回し、
菜種油を入れて回します
Bを加えてさらに回したら、ボウルに取り出し、
レーズンとひまわりの種も加えて切り混ぜます。
スケッパーで、縦に切って、押し重ねて、をくりかえします

これで生地は完成

棒状にしてラップに包み、冷凍庫へ
固まったら、はしっこから切って、天板に並べていきます


160度のオーブンで20分、上段で3分焼いたら完成
レーズンを蒸すのが、大事なポイントみたいです

このあと、同じような配合比で、
刻んだプルーンを、今度は蒸さずに作ってみたのですが
水分が飛びすぎて、ドライフルーツが固くなっちゃいました

このことから、ドライフルーツは蒸すか、時間があるときは
ラム酒やリンゴジュース、水に浸して戻すという工程はマストだと
いうことが分かりました(^_-)-☆

出来たクッキーはナッツの香りとドライフルーツのバランスが最高!
サクサクでとっても美味しく、素材感を味わえるクッキーです。

アイスボックスクッキーのコツ!サクサクの秘訣は?

あと、アイスボックスクッキーが、
ベーキングパウダーも入れないのに、
どうしてこんなにサックリと、食感がよく、
美味しくなるのかにも、気づいてしまいました!!

それは、噛むときに繊維を断ち切っているからなんですね。

スケッパーで 半分に切って、押し重ねて、を
繰り返した生地は、繊維が横に走っているんです。
だからこれを、輪切りカットしたクッキーは、
噛んだときに、繊維が切れて、さっくりするというわけです!

逆に、麺棒でのばして型抜きされたクッキーは、
繊維が横に走っているから、噛んだときに、
垂直に走っている繊維が 抵抗するんです。
だから、アイスボックスクッキーほどには、
歯切れのよい食感にはならないんですよね~

これ、野菜と同じなんです
野菜を横向けて、輪切りにしたら、
繊維が切れて、歯切れがいいのと一緒なのです

というわけで、

アイスボックスクッキーをサクサクに仕上げるコツは!
とにかく生地を、包丁でカットした時に繊維が切れるように、
スケッパーでカットした生地を上に重ねて押さえ、また上に重ねて押さえ、
層を作っていくこと!!
焼いているうちに横に伸びて、そのスキマがサクサク感に繋がります!!

こんなこと、一生懸命考えていたら、
クッキー研究家と呼ばれるのも無理はないですね・・・?!
(この前、とある保育園にお伺いしたとき、
クッキー研究家の方がこられています」と
私のことを紹介されていたので、びっくりしました。)

さとみん
さとみん
このまま、クッキー界のノーベル賞を目指して頑張ります!笑

それでは♪

⇒さとみんのマクロビスイーツレシピをもっと見る!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.