メキシコ最後の晩餐は、絶品タコス店「Taqueria El Tío」で!

メキシコ最終日の夜!
最後に悔いが残らないように、何を食べるかと言えば、
やっぱり定番タコスをしっかり食べておきたい(^_-)-☆

ということで、数日前、宿ペンションアミーゴの近くで
たまたま見つけて、なんとなく気になっていたお店に行きました!

✨Taqueria El Tío✨

※すみません、正直、お店の名前は、自信がありません!
場所的にはこのあたりでグーグルマップで調べたところ、
このお店が出てきたので、予測で書いております。
もし行ったことある方いましたら、合っているか教えてください!

こじんまりとしたローカルな店内に、手書きのメニュー。
でも、こういうお店こそ、何だか本当に美味いタコスがありそうな
予感がしていて、数日前からずっと気になっていたのです!!

お客は私一人だけ・・・。
しかも、店員さん隣のテーブルで仕込みしてるし。笑
写真を取らせていただきました。



そんなこんなしているうちに、
出てきたのがこちら!

手前のがQUESO CARNE。チーズ+お肉です。奥のは忘れちゃった!
じゃがいもマッシュもあって、ボリュームたっぷりです。
アボカドのワカモレと、トマトのサルサロハをかけ、
ライムを添えれば・・・

なんて美味しそうなんでしょう!
そして一口。。。
やっぱりこのお店アタリだ~!!
めちゃくちゃ美味しいです💗お肉の味が良かった!
とってもハッピーな気持ちでいると、初めて現地のメキシコ人に話しかけられました。
ちょこっと料理の話などを雑談し、お店を出ようとすると、
その方が、代わりにタコス代をごちそうしてくれました(T_T)

なんてメキシコ人は親切なんだ~!
ありがとうございました(#^▽^#)

ペンションアミーゴに滞在される方は近いのでぜひ行ってみてね♬
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


メキシコのオーガニック情報・その1!~THE GREEN CORNER~

最初、旅を始めた目的は、オーガニックのお店を周るため!
というぐらい、オーガニック大好き&マニアの私。
最近は、食に対する興味の幅が、かなり広がっていきましたが、
今でも、どの土地に行っても、オーガニックショップ&レストラン巡りは欠かせません。
ということで、メキシコでもそのようなお店をチェックしていきました。

THE GREEN CORNER

早速潜入~☆

メイク、スキンケア用品コーナー。

おやつ類

Blue Skyのオーガニックコーラがこんなにたくさん!
いろんなフレーバーがあるみたいですね。

甘味料。

冷蔵商品。チーズやジュースがありました。



大好きなミルク系のラインナップもたくさん!

ココナッツジュースや、7穀ドリンク、ライスミルクなど色々♬  お米コーナー。ジャスミン米、バスマティ米、SUSHI米(ジャポニカ米?!)など多品種あります!
油もたくさんの種類があります。
キャノーラオイル、フラックスシード、グレープシード、ゴマ油
オーガニック野菜。
メキシコ料理に欠かせないアボカドもオーガニック♬
 テラスには、カフェスペースがあり、ドリンクや軽食がいただけます。
メニューはこんな感じです↓ 
miso soup、yakimeshi、Udonなどの日本語も、ところどころに見られます。

和食は、世界共通の自然食なのでしょうね✨(*^▽^*)

今回は時間がなかったのでオレンジジュースだけでしたが、
ここのお料理は、どれも安全なものを使っていると思うので、
メキシコで体調を整えたいときにはここで食事されてみてください♪
それでは!

THE GREEN CORNER


以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


ベルギーの最高にウマい前菜「トマト・オ・クルヴェット」(レシピ付)

ヨーロッパの料理の定番といえば、フレンチ、イタリアン、スペインが人気ですよね。
でも、ベルギー料理も、繊細で大変美味しく、隠れた美食の国だなぁ~と感じています。
その中でも印象に残った料理の一つがこれ!

Tomates aux Crevettes(トマト・オー・クルヴェット)✨

これは、ベルギーのフランドル地方(オランダ語圏)の名物となる前菜。
トマトまるまる1個をくりぬき、そこにクルヴェット・グリーズ ( Crevettes Grises ) と呼ばれる、
北海でとれる灰色の小エビと茹で卵を詰めた、マヨネーズ仕立てのサラダです。

この小エビがとても美味しかった!「北海のキャビア」とも呼ばれているんだって。
今回は、むきエビで代用し、このお料理に挑戦します(*^▽^*)

<材料>ミディトマト9個分
むきエビ(茹でる) 150g程度
ゆで卵 2個
マヨネーズ 適量
ケチャップ 適量
パプリカパウダー 少々
ウイスキー 小さじ半分程度
塩コショウ 少々
パセリ 少々

ミディトマト 9個



<作り方>
ミディトマトは、上面をカットし、スプーンで中をキレイにくりぬきます。

茹で海老、ゆで卵を刻み、マヨネーズをまぜ、塩コショウで味付け。
ちなみにマヨネーズは、松田のマヨネーズがお気に入り。辛口がオススメです!

【 松田のマヨネーズ 辛口 300g 】
マヨネーズ 松田 ななくさの郷

 

ケチャップも少し入れ、パプリカパウダー少々を振って軽く赤みをつけます。

隠し味にウイスキーを入れます。パセリも少し加えます。
これを、スプーンでくり抜いたトマトに詰めていきます。

あっというまに完成です~🎵

これ、結構シンプルな材料であるにもかかわらず、
ビックリするほど美味しい。
一口で食べると、全部が一体化してるような味。ミディトマトで作って正解かも?
トマトと海老とゆで卵。ありそうでなかった最高の組み合わせでした。
ちょっとくり抜くのはメンドイけど、ぜひお試しくださいね♬
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


メキシコと中東のミックス料理、タコス・アラベ!(Tacos Árabes)@プエブラB級グルメ

メキシコシティから気軽に行ける人気の観光地、プエブラ!
バスターミナルに到着し、さっそく近くにあったお店に潜入しました。

El Harbano

バスで到着してからの最初のミッションは、
タコス・アラベという、プエブラ発祥のB級グルメを食べること♬
タコス・アラベは、プエブラに多いアラブ系(レバノン系)移民の影響を受けたタコスで、
ドネル・ケバブのように、マリネした薄切り牛肉や豚肉を串に刺していき、
塊にしたものをじっくりと焼いたものを薄く削って、具にしたもの。
これを、小麦粉で作られたトルティージャに巻いていただきます。

イメージとしては、シャワルマみたいなかんじでしょうか。
この、大きいほうがタコスアラベ、小さいのがタコスオリエンタル。
あ、ちなみに現地ではタコスのことをタコ🐙って言うんだよね。

メキシコのトウモロコシのトルティーヤは、予想以上に重たいのですが、
タコスアラベの小麦粉のトルティーヤは、さっぱりいただける感じがします♬


エビ出汁のピリ辛スープ、コンソメ・デ・カマロン。

タコスと相性のよいサルサソース風の海老のスープなのですが、
私には、濃厚すぎ&エビのモザモザ感が、ちょっと苦手でした。

プエブラに言ったら是非押さえておきたいグルメ紹介でした💗
店名 Tacos Arabes El Harbano
住所 Central de Autobuses de Puebla (Blvd. Norte 4222)72050 México

それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


 

メキシコの美味しいビーフステーキ「Carne Asada(カルネアサダ)」!

※このお店は、2017年に閉店したとのことです。

メキシコの人気の料理、Carne Asada(カルネアサダ)。
牛肉を塩や唐辛子でマリネしたステーキのことです。
これが美味しいと有名な老舗に行ってきました。

fonda el Refugio(フォンダ・エル・レフヒオ)✨

高級感あふれる店内。
バックパッカーの私は、若干場違い感あり・・・・
メニューチェック。伝統的なメキシコ料理が色々ありました。

モーレも美味しいらしいですが、今回は、目的のカルネアサダまっしぐら✨


まずは、メキシコのボヘミアビールと、軽いおつまみで乾杯~♪
(※一人ですが。)

ボヘミアビールは、コクがあって美味しいです(^_-)-☆
そして、メインの料理が来ました!

CARNE ASADA A LA TABASQUENA(カルネアサダ・ア・ラ・タバスケーナ)
タバスコ州のテンダーロイン(ひれ肉)のステーキです!
ライス・フライドバナナ・リフライドビーンズ・ワカモーレが添えられています。
リフライドビーンズとは、ピントビーンズ(うずら豆)を柔らかく煮てつぶし、
さらに油で炒めたもので、タコスの具などのに用いられるペーストです。
さすが、人気店だけあり、お肉の質が良く、とても美味しかったです!

せっかくなのでデザートもいただいちゃいました。

NALLILAS(ナチラス)
スペイン発祥のスイーツ。メキシコ式クレームブリュレと記されています。
ミルク、砂糖、バニラ、卵、シナモンで作られたカスタードプリンです。
どことなく懐かしい味でした!

メキシコは、お肉は当たり外れが大きそうなので、
美味しいお店で是非カルネアサダを試してみてくださいね!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


スイッチ一つで簡単&絶品シンガポール料理!海南鶏飯(レシピ付)

初めての東南アジア一人旅で行った国、シンガポール。
ここに、ホーカーズという手軽なフードコートがあります。
そこでいただいた、シンガポールを代表する人気の定番料理が、
海南鶏飯こと、シンガポールチキンライスです。

タイで言うならカオマンガイ。鶏とご飯を一緒に炊いたものです。
現地でいただいたときの写真は、こんな感じでした✨

タイガービールと一緒にいただきました。ごはんはパラっとした感じで、鶏の旨味が染みています。
これを今回は、現地よりさらに美味しくアレンジして再現しました!!

✨スイッチ一つで絶品!シンガポールチキンライス✨

<材料>
米 4合
鶏モモ肉 360g
☆塩小さじ2
☆砂糖小さじ2
☆酒 小さじ2
おろしにんにく 1片
おろししょうが 1片
中華スープの素 大さじ2
塩 小さじ1
(飾り)かいわれ、青ネギ、ミニトマトなど
(タレ)しょうが醤油、スイートチリソースなど


<作り方>
①鶏モモ肉は、☆の材料をもみこみ、10分以上下味をつけておきます。
②あとは簡単。といだお米に、調味料を入れ、水を分量まで注ぎ、
①の鶏肉をどーんといれて、スイッチを入れます。

炊けました!!!
ごはんを盛り、鶏肉をカットして並べて、しょうが醤油をかけたら、完成~♪

こんなシンプルな料理なのに、
めちゃくちゃ美味しいー!!
しいて言えば、ちょっとご飯の比率が多すぎて、鶏が足りなかったかも・・・
鶏肉1枚なら、お米は2合で良かったかもしれません。
スイートチリソースとしょうが醤油、どちらも試しましたが、
個人的にはしょうが醤油のほうが好きでした🎵
簡単だしパーティーメニューでも喜ばれるし、これは試してみる価値ありですよ!
他の各国料理レシピ集はコチラをクリック!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


野菜たっぷり!中央アジアの肉うどん「ラグマン」(レシピ付)

中央アジア各国の定番の麺料理、ラグマン!!
現地に行ったときに、楽しみだった1品です。

ラグマンは、パプリカなどの野菜がたっぷりの具沢山の手延べうどん。
現地でいただいたときは、その麺の長さにまずびっくりしました。切れない!!笑
そして、コシと小麦の風味がしっかりした麺が絶品。味付けも、日本人好みの味でした。

こちらは、カザフスタンで食べた、回族料理のレストラン
(ウイグル自治区の郷土料理)のラグマン。

麺が長すぎて、取り分けようとしても、全然切れない。笑

ラグマンは、うどんでいうなら野菜の「ぶっかけ」スタイルと、
汁に浸かっている「かけうどん」スタイルがあります。
こちらは、ウズベキスタンでいただいた、汁スタイルのラグマン。

やはりこちらも、麺が長くてコシがあります。

今回、このラグマンを、さぬきうどんで代用して作ってみました!
ぶっかけスタイルで、食べやすく美味しいですよ(*^▽^*)

✨中央アジアの手延べうどん、ラグマン✨

<材料>8人分ぐらい
牛バラ肉 300g
にんにく(みじん切り) 1片
にんじん(角切り) 1本
パプリカ(角切り) 2個
玉ねぎ(角切り) 2個
じゃがいも(角切り) 2個
カットトマト 300g
油 適量

塩大さじ1
クミン大さじ2
コリアンダー 小さじ2
チリペッパー 少々
胡椒 少々

さぬきうどん 500gぐらい


<作り方>
野菜は全部角切りにします。
鍋に油をひき、にんにくをいため、香りが出たら具材を炒めていきます。

トマト缶と適量の水を注ぎ、塩・スパイスで味付けします。

味見して、塩加減は調整してみてください♪
これを、茹でたさぬきうどんの上にかければ、完成です✨

パセリなど緑のものを散らすと、彩りキレイになります。
うどんって、しょうゆや麺つゆのイメージですが、
パプリカやトマト、そしてクミンなどのスパイスとも、意外と合うんですよね。
※実際、現地でラグマンばかり食べていると、醤油味がむっちゃ恋しくなりますが。笑
他の各国料理レシピ集はコチラをクリック!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


包まない餃子?!ウズベキスタン料理・マンティ/ハニム(レシピ付)

中央アジアで食べた、小籠包ならぬ大籠包、マンティ(manti/мәнті)。

とっても大きくて、食べ応えのある蒸し餃子なのです。
小麦粉と塩で作られた生地に、中身は挽肉(牛肉や馬肉や羊肉)と玉ネギが入っています。
スメタナ(サワークリーム)やバター、トマトソースなどでいただくのが現地流。

これと同じような料理に、(グリ:花)ハニム(hanum)というものもあります。
こちらは、小麦の生地を大きく伸ばして、具をのせ、
巻きずしのようにクルクルとまき、包丁でカットして蒸したもの。
具材は、マンティのようにひき肉をはじめ、じゃがいもやかぼちゃなどもあります。

これはウズベクで食べたハニム。じゃがいもでボリュームたっぷりでした!

今回は、このハニムを現地では使用しない豚肉で作りました。
(中央アジアはイスラム教なので、通常豚肉は用いません)

包まない餃子!豚肉のハニム✨

<材料>大12個分
(生地)
小麦粉 375g
水 200g弱 (170cc~こねて、様子を見ながら調整します)

(具材)
豚ミンチ 340g
玉ねぎ(スライス) 1.5個
塩 小さじ1.5
コリアンダーパウダー 小さじ1.5
クミンパウダー 小さじ1.5
牛乳 小さじ3
胡椒 少々
(ソース)
・トマトソース
・ヨーグルト+塩のソース


<作り方>
①生地は、小麦粉に水を加えて、滑らかになるまでこね、寝かせます。
強力粉を使うともちもち食感になりますが、今回は薄力粉で作りました。
強力で作るときはもう少し水分が必要になるかもしれません。
②具材をボウルに入れ、全部しっかり混ぜ合わせます。
スプーンではうまく混ざらないので、手でコネコネしました。
 
③生地を麺棒で薄く伸ばし、具材を薄くまんべんなく広げていきます。

④クルクルと手前からまき、包丁でカット。
⑤クッキングペーパーにのせ、強火で15~20分ほど、お肉に火が通るまで蒸せば完成!

このままでも、味がありますが、トマトソースをかけるとすごく合います。
現地ではスメタナというサワークリームを添えるのですが、代用として
ヨーグルトに少し塩を加えたものでもOK。
そして、トマトソース&ヨーグルトソースのミックスが一番美味しいです!
乾燥したり冷めると固くなるので、ラップをして温めなおしたり、
トマトソースでそのまま煮込みにしても、美味しいですよ。
包まないスタイルの餃子なので、一気に作れてラクチンです!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


メキシコシティ庶民の台所、ラ・メルセー市場へ行こう!

メキシコシティ内の市場で、一番行ってよかったところがココ!

メルセー市場

料理の勉強には、まず、その土地の食文化について知ることから!(^^♪
メキシコシティにあるメルセー市場(Mercado Merced)には、
メキシコでしか見られない、独特の食材がたくさんあり、魅力的です!!

さっそく潜入!
(何か暗くて、ちょっと怖いけど・・・・?!)

まずは肉コーナー!!!

リングイーサ(Longaniza)という、唐辛子入りのウインナーや、
チチャロン(Chicharon)という豚の皮をカリカリに揚げた加工食品から、

海外の市場でよくある、グロテスクな生肉類までたくさんあります。
生肉エリアは、衛生的に大丈夫なんかなっていうニオイのきつさで、しんどかったです(;´・ω・)

お次は、大好きな野菜コーナー♪

まるでプラスティックかのような、ツヤツヤの可愛い唐辛子たち。

市場の色んなところで見られるノパレス(Nopales)。
ウチワサボテンです!トロっとしたインゲンのような味がするんですよ~!
メキシコと言えばアボカドですよね。
本場のものはとっても大きくて立派です。

お次はスパイスや調味料などのコーナー。

たくさんの乾燥唐辛子やチリソース。 
これは、モーレの素です!
モーレとは、チョコレートと唐辛子のソースのこと。
見た感じでは、土以外の何物にも見えません!!笑

これはいったい何なんでしょう?ジュースの素なのかな・・・??
それぞれに、色んなフレーバーの名前が書いてありますが、
色があまりにもきつすぎて、まったく試してみたいとは思えない、謎の粉末でした。

コックコート類や、調理関連用品も充実していました。

ちょうど、私もコックコートのネクタイをなくしていたため、探してみました!
エンジ色のタイをゲット!すぐ見つかってよかったです♪


さぁ、こっからは食べ歩き♪
市場の周りには、色々なお店が出ています。
たくさんの人が集まっているタコスやさんへ!

具材は、指さし形式で注文。なんだか手作り感があってとっても美味しそうです。
野菜のツナサラダっほい感じ。めちゃくちゃおいしくてビックリ!!!

これは、チキンとノパレス(サボテン)!
サボテンは初体験でしたが、とっても美味しい味付けでした!

次は、チキンスープ(CALDO DE GALLINA)を探しにいきました!
 
念願のスープが来ましたが、イメージとなんか違う・・・・
アボカドがのってない( ˘•ω•˘ )
ということで、買っていたアボカドをスプーンでカットして乗せました。笑

これで満足です。笑
中には、ひよこ豆なども入っていて、癖がない美味しさのスープでした♪

※注意※
2017年、ここで日本人が首絞め強盗にあった事件がありました。
邦人を狙った強盗犯罪は年々増加しているそうなので、
市場に行かれるときは、スリ・強盗にくれぐれも注意してくださいね!!

名前 Mercado de la merced(メルカド・デ・ラ・メルセー)
住所:Calle Rosario s/n, Merced Balbuena, Zona Centro, 15810 Venustiano Carranza, CDMX, メキシコ
地下鉄1号線メルセー(Merced)駅下車すぐ

営業時間:毎日5:00頃~19:00頃まで(店によって変わる)
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


キルギスの肉じゃが?!ドゥンダマ(レシピ付)

キルギスに行ったときに美味しかった家庭料理です!

✨ドゥンダマ(дындама)✨

ウズベキスタンでは、「ディムラマ」とも呼ばれるこの料理。
お肉と野菜を、油と塩でじっくり蒸し煮した料理なのですが、
素材の味がじっくり引き出されていて、とても美味しく、印象に残っています。

現地では、このようなツボに入っておりました。
これを、今回は再現してみます!!

<材料>約8人分
ラム肉(もも)500g・・・※☆の材料をもみこみ、下味をつけておきます。
☆塩 小さじ1
☆にんにく(すりおろし)
キャベツ(ざく切り) 200g
じゃがいも 中8個
トマト缶 300g
にんじん(乱切り) 2本
にんにく(みじんぎり) 1片
玉ねぎ(スライス) 2個

塩 大さじ1
クミン 大さじ2
コリアンダー 大さじ1
オリーブオイル 100cc
お湯 200cc


<作り方>
工程は、とっても簡単!!
重ね煮なので、とにかく具材を重ねていきます。
鍋底から、玉ねぎ→キャベツ→じゃがいも→にんじん→
→トマト缶→にんにく→ラム肉→塩・スパイス類の順に重ねていきます。

やばい。入りきれなくなってきたぞ・・・(;´・ω・)
最後に、オリーブオイル・水を回しかけて、
弱火でじっくり全体に火が通るまで、じっくり30分ほど蒸し煮します。

全体に火が入ったら、大きく混ぜていきます。
ちょっと、じゃがいもが煮崩れてしまいました・・・(;’∀’)
今回は男爵だったけど、メークインでつくればよかった!
何はともあれ、完成~♪(*^▽^*)
ラム肉は臭みがなく、やわらかくてとっても美味しい!
塩だけのシンプルな味付けですが、トマトなどでうまみがあり、
素材の味がよく引き出されて調和が取れています(^^♪
どの国でも、肉じゃがはほっとする家庭の味わいですね。
簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。
他の各国料理レシピ集はコチラをクリック!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!