LINE@で更新を受け取る!
マクロビスイーツ

マクロビタルトレシピ!本格派みかんとかぼちゃのキラキラタルト

旅する料理研究家さとみんです。

以前マクロビスイーツ工房をしていたときに販売していた、
プロのタルトレシピをご紹介しますー☆
卵・乳製品・白砂糖不使用なので、アレルギーのお子さんにも安心です!
IMG_5768.jpg
寒天のグラサージュをかけた、
みかみ農園の無農薬みかんの美味しいオーガニックタルトですよ

みかんとかぼちゃのキラキラ☆タルト

<材料>

(タルト台)
A 薄力粉 50g
A 全粒粉 40g
A 塩 1g
菜種油 30g
みかんの絞り汁 18g
(フィリング)
B 蒸しかぼちゃ 100g
B 有機豆乳 50g
C みかん絞り汁と果肉 合わせて100g
C 本くず粉 6g
C 有機メープルシロップ 30g
C 甜菜糖 30g
C 粉末寒天 小さじ1
C 塩 少々
C 水 30g
C ブランデー 小さじ1
(きらきらのモト(グラサージュ))
水 40g
みかんの絞り汁 10g
有機メープルシロップ 15g
粉末寒天 小さじ1/2
(飾り)
無農薬みかん(皮むき、果肉をカットする)正味200g
有機かぼちゃの種 5g

・かぼちゃをさつまいもに置き換えても美味しいです!みかんの酸味とよく合います♪

・なるべく有機のものを使っていますが、有機じゃなくても大丈夫です!

<作り方>
Aをフードプロセッサーにかけ、菜種油を入れて回します
みかんの絞り汁も加えて、ガッガッと回して生地を作ります
IMG_5751_20101125142241.jpgIMG_5752.jpg
生地を麺棒で薄く丸く延ばし、タルト台にしきこみます
フォークで穴をあけ、170度のオーブンで15分焼きます
IMG_5754_20101125142241.jpgIMG_5756_20101125142219.jpg
焼いている間にフィリングの準備をします
Bをフードプロセッサーにかけ、Cは小鍋に入れ混ぜながら加熱します
IMG_5755.jpgIMG_5757.jpg
くずの粉っぽさが残りやすいのでしっかりグツグツ3分ぐらい加熱
Bを入れて、さらに混ぜ、軽く煮立って混ざったら火を止めます
これを、温かいうちにタルト台に流し込み、冷やし固めます
IMG_5759.jpgIMG_5760.jpg
みかんは皮むきカットしたものを200gぐらい用意して、
固まったタルトの上に平たく並べます。そのうえにかぼちゃの種も飾ります
ちなみに、みかんは「カルティエ」というカット方法がオススメ
(先に皮を全部包丁で向き、V時に切り込みを入れて実だけを取り出す方法です)
IMG_5762.jpgIMG_5764.jpg
仕上げの「きらきらのモト」を作ります
材料全てを小鍋にかけ、1分沸騰させます
火からおろし、タルトの上にまんべんなく流して完成です
タルト台が、みかんの酸のおかげか、超サックサクでした

 

ちょっとした記念日や、女子会、
小さなお子様のいる友人へのプレゼントなどに
作っていけば、喜ばれることまちがいなしです♪

フードプロセッサーがなくても、出来ないことはないです。
そのときは生地はボウルで混ぜ、フィリングは裏ごししてくださいね。
でもやはり一台あったほうが便利です!
私は昔からブラウンのマルチクイックを愛用してます。

お手頃価格で長持ちする、コスパの良い製品です!
掃除もラクで、使いやすいですよ♪

それでは!

ABOUT ME
旅する料理研究家さとみん
旅する料理研究家さとみん
㈱BIOTRIP代表取締役。管理栄養士。 心身のバランスを崩したのをきっかけに食の大切さに気づき、料理教室講師、マクロビスイーツ工房経営を経験。1000を超えるレシピを制作。 さらなる食の追求のため、日本一周したのち、世界の食卓を巡り、旅×食×人を繋ぐ、世界一周・料理修行の女一人旅をクラウドファンディングで達成。2か月で150万円を集める。行った飲食店は1万店舗、使った資産は1000万以上。私の使命は、人の人生が加速する繋がりやきっかけを創ること、勇気をだして一歩踏み出す人の背中を押すことです。 レシピや旅情報はLINE@でも配信中!
こんな記事も読まれています
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.