【ベジ】どう見たってひき肉!サルサソースのベジタコライス☆(レシピ付)

   
イベントでも大人気の、肉なしのマクロビタコライスが出来ました
以前作ったときは、レタスの代わりにキュウリを使ってたり、かなりアレンジが入っていますが、
今回は、サルサソース&アボカドを使用し、よりメキシカンな仕上がりに
(といっても、タコライス自体は 沖縄料理(発祥)なんですけどね。笑
そして、お肉の代わりに使うのは、なんと雑穀の「たかきび」です!美肌メニュー♡たかきびの本格タコライス

✅ たかきびとは?

高きびは、小麦や米、トウモロコシ、大豆につづく世界五大穀物。
(その割にはマイナーですよね・・・?頑張れ、たかきび!笑)
イネ科の一年草で、アフリカ原産。中国、韓国を経て渡来しました。

日本では、もろこしと呼ばれたり、英語ではソルガム、中国では高梁(こうりゃん)、
韓国ではススと呼ばれる、大変グローバルな食材です。
日本で食されているものはもち種で、ほのかな甘味があり、
アレルゲンが少ないため、アレルギー代替食品としても利用されています。
↓楽天市場で販売されている、こだわりの国産たかきびです。

✅ たかきびの栄養・効能は??
食物繊維は白米の20倍、鉄分は白米の10倍も含まれています。
→つまり、便秘や貧血予防、美肌づくりに効果的。
その他にも必須アミノ酸(タンパク質)、ビタミンB群、ビタミンE、その他マグネシウム・カルシウム・マンガン・カリウム・リン・ナイアシンといったミネラルも豊富です。
ナイアシンは胃腸の機能を正常に保ち皮膚症状の改善に役立つため、
アトピー性皮膚炎によく、ほかの
アレルギーにも有効です。
しかも、カロリーは肉の1/5。カラダの中から綺麗になり、ダイエット効果も抜群です。
それでは、作り方いってみましょう!

<材料>2~3人分 ※下線はオススメ商品の詳細ページに飛びます。

玄米ごはん 食べたいだけ
オーガニックサルサソース 1/2ビン
レタス 1/4玉
オーガニックのアボカド 1個
トマト 1個

(たかきびミート)
たかきび 80g
水 130g
にんにく 1片
オリーブ油 ちょい多め
玉ねぎ 1/2ケ

A 醤油「純」 大さじ1.5~2
A サルサソース(入れなくてもOK)大さじ1
A 酒 小さじ2
A 米酢 小さじ1
A 紅玉梅酢 小さじ1/2
A 塩コショー 少々
A こんぶ茶(オーサワ) 少々



<作り方>
IMG_3187_20120516014030.jpgIMG_3167.jpg
たかきびは、ザルでさっと洗い、分量の水と一緒に、
シラルガンの圧力鍋に入れ、火にかけます。
沸騰し、圧がかかってから弱火15分ほど加熱して火を止め、
そのまま自然と圧が下がるのを待ち、全体を混ぜたら完成

炊きあがったたかきびは、もちもち&ぷちぷちの食感で、ひき肉みたい!!
しみじみとした、滋味深い味わいがあり、そのままでも美味しいです
この高きび、まとめて炊いて冷凍保存しておくと、すぐ使えて便利です。
ハンバーグやカレー、マーボー豆腐やミートソースなど、色々な応用がききますよ。

今回感動したのが、自然食品店で購入したオーガニックのアボカド
職場でとても好評だったので ずっと気になってましたが、やっと試すことが出来ました~
完熟で 青臭みがなく、緻密で コクがありました
ザ・良質って感じです。

オーガニックのサルサソースは、
福岡市中央区平尾の大好きなスーパーmakiiで 販売していました
このソース、野菜の味が フレッシュで と~っても美味しいのですよ
パンに乗せても 良く合います
IMG_3188.jpgIMG_3189.jpgIMG_3190.jpg
玉ねぎ、にんにくは、みじん切りにし、
アボカド、トマトは角切り、レタスは 太めの千切りにします

フライパンに オリーブ油を熱し、にんにく、たまねぎ、たかきびを炒め、Aで 味をつけます
酢の酸味が 飛んで、旨みだけが残るまで、しっかりと炒めます

玄米ごはんに、レタスをしいて、サルサソース、
トマト、アボカド、たかきびを トッピングして完成
野菜と雑穀だけなのに食べ応えがあり、めちゃウマですよ!!試してみてね

そういえば、前ベジガーデンで酒粕のタコライスを食べたことがあったな~
酒かすとかを入れて アレンジしてみても いいかもね

あと、今回使った梅酢について、補足説明します(^_-)-☆

✅ 調味料の意外な万能選手!「紅玉梅酢」

海の精という、とっても美味しい伊豆大島の塩で漬けた梅から出た汁です。
鮮やかな赤色は、しその葉からの色素で、酸味と塩気がしっかりあります。
色んなメーカーの梅酢がありますが、私はこれが一番キリっとしていて良質で好みです。
用途としては、酢の物など、ただ酸味を付けたいときだけではもったいなくて、
なんといっても 料理の味を引き締めたいときに効果を発揮します。
たとえば、炒め物など、「料理の味が、な~んかいまひとつだなぁ」というときの
救世主の隠し味として、驚くほどバツグンの効果を発揮しますよ。
そのほか、夏場のミネラル補給としてソーダ割にしてスポーツ飲料の代わりに飲んだり、
チーズ風味を付けるときや、スイーツに入れたり、とにかく万能調味料的な存在です。
※塩気もしっかりしているので、入れすぎに注意してくださいね。

それでは!!

以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


風邪に効く!とろ~りコラーゲンサムゲタン【参鶏湯】(レシピ付)

韓国料理の人気メニューのひとつ、参鶏湯(サムゲタン)。
鶏肉を丸ごと使った、おかゆのようなスープです。
新大久保(東京のコリアンタウン)にも、美味しいお店は沢山ありますが、
たまにはお家で、楽しんでみるのもいかがでしょうか?(^_-)-☆

本格的に作るには、クコの実やなつめなどの薬膳材料や、
少量のもち米など、ちょっと材料をそろえるのが面倒で、
ハードルが高い料理として敬遠してしまっていました。

でも、これらを一切使わなくても、少ない材料で
とっても簡単で美味しいサムゲタン(風)スープが出来ちゃうのです。

こちらは、クックパッドのレシピを参考に、アレンジして作りました。
圧力鍋で身はホロホロ、スープにはコラーゲンが溶け出しています。
生姜入りで風邪の日にオススメのほっとするレシピです。(*^▽^*)

✨風邪に効く!とろ~りコラーゲン参鶏湯【サムゲタン】✨

<材料>
手羽元 6本(手羽先でもOKです)
下ごしらえ用の塩(海の精) 小さじ1
下ごしらえ用のお酒 少々
水 500ml
お酒(みやこの料理酒) 100ml
生姜(すりおろし) 2片
にんにく(すりおろし)1片
お米 大さじ2
長ねぎの白い部分(スライスする) 1本
しめじ 1/2パック
塩・コショウ 適量



<作り方>
とっても簡単!
鶏肉には、あらかじめ塩とお酒をもみこんでおきます。
圧力鍋に全ての材料を入れ火にかけます。
沸騰したら蓋をし、圧がかかったら15分ほど加熱します。
塩コショウで味を調えたら完成です!
お好みでブラックペッパー・ごま油などを加えてくださいね♪

お味は・・・、とっても美味しいです!!!
塩とお酒だけでこんなに美味しくなるのか?!と感動しました。
圧力鍋のない方は、炊飯器でも出来ますよ!
材料をいれて、普通に炊飯のスイッチを入れたらOKです♪(#^^#)
白菜など、お好みの野菜を入れてもいいかもしれません。

また、やっぱり本格的なサムゲタンをお家で楽しみたい!という方は、
宮崎のふるさと納税の参鶏湯がおすすめですよ✨

宮崎県ブランド認定のみやざき地頭鶏を使用し、にんにく、なつめ、もち米、栗、高麗人参を詰め込みじっくり煮込んだサムゲタンです。鶏肉、もち米、にんにくは地元産で、
高級食材である高麗人参は5年根を使用しています。(6年根が最上級品です)
無添加だし、納税しながら、楽天ポイントもたまるのでオススメですよん(^_-)-☆

あぁ、記事書いてたらおなかすいてきた・・・(-_-)
それでは!
スムージー推し
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!

スイッチ一つで簡単&絶品シンガポール料理!海南鶏飯(レシピ付)

初めての東南アジア一人旅で行った国、シンガポール。
ここに、ホーカーズという手軽なフードコートがあります。
そこでいただいた、シンガポールを代表する人気の定番料理が、
海南鶏飯こと、シンガポールチキンライスです。

タイで言うならカオマンガイ。鶏とご飯を一緒に炊いたものです。
現地でいただいたときの写真は、こんな感じでした✨

タイガービールと一緒にいただきました。ごはんはパラっとした感じで、鶏の旨味が染みています。
これを今回は、現地よりさらに美味しくアレンジして再現しました!!

✨スイッチ一つで絶品!シンガポールチキンライス✨

<材料>
米 4合
鶏モモ肉 360g
☆塩小さじ2
☆砂糖小さじ2
☆酒 小さじ2
おろしにんにく 1片
おろししょうが 1片
中華スープの素 大さじ2
塩 小さじ1
(飾り)かいわれ、青ネギ、ミニトマトなど
(タレ)しょうが醤油、スイートチリソースなど


<作り方>
①鶏モモ肉は、☆の材料をもみこみ、10分以上下味をつけておきます。
②あとは簡単。といだお米に、調味料を入れ、水を分量まで注ぎ、
①の鶏肉をどーんといれて、スイッチを入れます。

炊けました!!!
ごはんを盛り、鶏肉をカットして並べて、しょうが醤油をかけたら、完成~♪

こんなシンプルな料理なのに、
めちゃくちゃ美味しいー!!
しいて言えば、ちょっとご飯の比率が多すぎて、鶏が足りなかったかも・・・
鶏肉1枚なら、お米は2合で良かったかもしれません。
スイートチリソースとしょうが醤油、どちらも試しましたが、
個人的にはしょうが醤油のほうが好きでした🎵
簡単だしパーティーメニューでも喜ばれるし、これは試してみる価値ありですよ!
他の各国料理レシピ集はコチラをクリック!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


野菜たっぷり!中央アジアの肉うどん「ラグマン」(レシピ付)

中央アジア各国の定番の麺料理、ラグマン!!
現地に行ったときに、楽しみだった1品です。

ラグマンは、パプリカなどの野菜がたっぷりの具沢山の手延べうどん。
現地でいただいたときは、その麺の長さにまずびっくりしました。切れない!!笑
そして、コシと小麦の風味がしっかりした麺が絶品。味付けも、日本人好みの味でした。

こちらは、カザフスタンで食べた、回族料理のレストラン
(ウイグル自治区の郷土料理)のラグマン。

麺が長すぎて、取り分けようとしても、全然切れない。笑

ラグマンは、うどんでいうなら野菜の「ぶっかけ」スタイルと、
汁に浸かっている「かけうどん」スタイルがあります。
こちらは、ウズベキスタンでいただいた、汁スタイルのラグマン。

やはりこちらも、麺が長くてコシがあります。

今回、このラグマンを、さぬきうどんで代用して作ってみました!
ぶっかけスタイルで、食べやすく美味しいですよ(*^▽^*)

✨中央アジアの手延べうどん、ラグマン✨

<材料>8人分ぐらい
牛バラ肉 300g
にんにく(みじん切り) 1片
にんじん(角切り) 1本
パプリカ(角切り) 2個
玉ねぎ(角切り) 2個
じゃがいも(角切り) 2個
カットトマト 300g
油 適量

塩大さじ1
クミン大さじ2
コリアンダー 小さじ2
チリペッパー 少々
胡椒 少々

さぬきうどん 500gぐらい


<作り方>
野菜は全部角切りにします。
鍋に油をひき、にんにくをいため、香りが出たら具材を炒めていきます。

トマト缶と適量の水を注ぎ、塩・スパイスで味付けします。

味見して、塩加減は調整してみてください♪
これを、茹でたさぬきうどんの上にかければ、完成です✨

パセリなど緑のものを散らすと、彩りキレイになります。
うどんって、しょうゆや麺つゆのイメージですが、
パプリカやトマト、そしてクミンなどのスパイスとも、意外と合うんですよね。
※実際、現地でラグマンばかり食べていると、醤油味がむっちゃ恋しくなりますが。笑
他の各国料理レシピ集はコチラをクリック!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


包まない餃子?!ウズベキスタン料理・マンティ/ハニム(レシピ付)

中央アジアで食べた、小籠包ならぬ大籠包、マンティ(manti/мәнті)。

とっても大きくて、食べ応えのある蒸し餃子なのです。
小麦粉と塩で作られた生地に、中身は挽肉(牛肉や馬肉や羊肉)と玉ネギが入っています。
スメタナ(サワークリーム)やバター、トマトソースなどでいただくのが現地流。

これと同じような料理に、(グリ:花)ハニム(hanum)というものもあります。
こちらは、小麦の生地を大きく伸ばして、具をのせ、
巻きずしのようにクルクルとまき、包丁でカットして蒸したもの。
具材は、マンティのようにひき肉をはじめ、じゃがいもやかぼちゃなどもあります。

これはウズベクで食べたハニム。じゃがいもでボリュームたっぷりでした!

今回は、このハニムを現地では使用しない豚肉で作りました。
(中央アジアはイスラム教なので、通常豚肉は用いません)

包まない餃子!豚肉のハニム✨

<材料>大12個分
(生地)
小麦粉 375g
水 200g弱 (170cc~こねて、様子を見ながら調整します)

(具材)
豚ミンチ 340g
玉ねぎ(スライス) 1.5個
塩 小さじ1.5
コリアンダーパウダー 小さじ1.5
クミンパウダー 小さじ1.5
牛乳 小さじ3
胡椒 少々
(ソース)
・トマトソース
・ヨーグルト+塩のソース


<作り方>
①生地は、小麦粉に水を加えて、滑らかになるまでこね、寝かせます。
強力粉を使うともちもち食感になりますが、今回は薄力粉で作りました。
強力で作るときはもう少し水分が必要になるかもしれません。
②具材をボウルに入れ、全部しっかり混ぜ合わせます。
スプーンではうまく混ざらないので、手でコネコネしました。
 
③生地を麺棒で薄く伸ばし、具材を薄くまんべんなく広げていきます。

④クルクルと手前からまき、包丁でカット。
⑤クッキングペーパーにのせ、強火で15~20分ほど、お肉に火が通るまで蒸せば完成!

このままでも、味がありますが、トマトソースをかけるとすごく合います。
現地ではスメタナというサワークリームを添えるのですが、代用として
ヨーグルトに少し塩を加えたものでもOK。
そして、トマトソース&ヨーグルトソースのミックスが一番美味しいです!
乾燥したり冷めると固くなるので、ラップをして温めなおしたり、
トマトソースでそのまま煮込みにしても、美味しいですよ。
包まないスタイルの餃子なので、一気に作れてラクチンです!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


残り野菜で!簡単すきやき丼🎵(レシピ付)

今日のご飯は何にしようかな~っというときに!
余っている野菜をテキトーに放り込んで作りました(*^▽^*)

✨残り野菜で!簡単すき焼き丼✨

<材料>3人分ぐらい

牛肉細切れ 250g
玉ねぎ(スライス)半分
人参 1/4本
ねぎ 1本
白菜 1/4個
菜種油 適量
醤油 大3
酒 大3
砂糖 大3
水 大3
みりん 大1.5
無添加かつおだし顆粒 1本
卵 2~3個
ごはん 食べたいだけ♪


<作り方>
野菜・お肉は全部食べやすい大きさにカットします。

フライパンに油をひき、人参をいため、他の野菜も炒めていきます。

野菜をフライパンの半分に寄せ、牛肉を入れて炒めます。
そこに、調味料類を一気に加え、味がつくように絡めます。
卵はお好みで!
溶き卵でとじて半熟に仕上げてもいいし、あとから生卵を乗せてもOKです。
ほかほかごはんの上にのっけてどんぶりスタイルで召し上がれ~♪

なんとなく、お肉と野菜は分けたほうがきれいに見える気がします🎵
家族ウケ抜群のものが出来ました(*^▽^*)
あまり野菜は、シイタケとかのキノコ類や葉物など、なんでもお好みで!
お弁当に入れる場合は、卵はしっかり加熱してくださいね。
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


キルギスの肉じゃが?!ドゥンダマ(レシピ付)

キルギスに行ったときに美味しかった家庭料理です!

✨ドゥンダマ(дындама)✨

ウズベキスタンでは、「ディムラマ」とも呼ばれるこの料理。
お肉と野菜を、油と塩でじっくり蒸し煮した料理なのですが、
素材の味がじっくり引き出されていて、とても美味しく、印象に残っています。

現地では、このようなツボに入っておりました。
これを、今回は再現してみます!!

<材料>約8人分
ラム肉(もも)500g・・・※☆の材料をもみこみ、下味をつけておきます。
☆塩 小さじ1
☆にんにく(すりおろし)
キャベツ(ざく切り) 200g
じゃがいも 中8個
トマト缶 300g
にんじん(乱切り) 2本
にんにく(みじんぎり) 1片
玉ねぎ(スライス) 2個

塩 大さじ1
クミン 大さじ2
コリアンダー 大さじ1
オリーブオイル 100cc
お湯 200cc


<作り方>
工程は、とっても簡単!!
重ね煮なので、とにかく具材を重ねていきます。
鍋底から、玉ねぎ→キャベツ→じゃがいも→にんじん→
→トマト缶→にんにく→ラム肉→塩・スパイス類の順に重ねていきます。

やばい。入りきれなくなってきたぞ・・・(;´・ω・)
最後に、オリーブオイル・水を回しかけて、
弱火でじっくり全体に火が通るまで、じっくり30分ほど蒸し煮します。

全体に火が入ったら、大きく混ぜていきます。
ちょっと、じゃがいもが煮崩れてしまいました・・・(;’∀’)
今回は男爵だったけど、メークインでつくればよかった!
何はともあれ、完成~♪(*^▽^*)
ラム肉は臭みがなく、やわらかくてとっても美味しい!
塩だけのシンプルな味付けですが、トマトなどでうまみがあり、
素材の味がよく引き出されて調和が取れています(^^♪
どの国でも、肉じゃがはほっとする家庭の味わいですね。
簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。
他の各国料理レシピ集はコチラをクリック!
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


ウガンダの紅茶で!トロピカルアフリカンティー♪(レシピ付)

先日、旅する映画監督・内田俊介のウガンダのイベントにて
プロデュースさせていただいた、フルーツのアイスティーです!
果物で酵素を作るところから始めたので、手が込んでいます。

✨トロピカルアフリカンティー✨

意外ですが、世界の紅茶の17%がアフリカで作られています。
しかも、茶葉が病気になりにくいことから、
ほとんどのアフリカの紅茶は無農薬栽培だそうです!
そんなアフリカ紅茶でも、ウガンダは第三位の生産量を誇ります。
茶葉は、細かく抽出されやすいCTC製法で作られており、
癖がなくてとても飲みやすく、爽やかでフレッシュな味ですよ。

ウガンダの紅茶が手に入らないときは、
インドやイギリスの紅茶で代用してみてくださいね!

<材料>作りやすい分量
(酵素シロップ) ※大量に出来ます!
パイナップル 500g
いよかん 500g
白砂糖 1100g
ウガンダ紅茶 25g
水 2L

(飾り)ミントなどあれば可愛いです♬



<作り方>
①まず、酵素シロップを仕込みます。
酵素の配合費は果物:砂糖=1:1.1が基本!
(本当は、オレンジを使おうかと思ったのですが、
市販されている輸入ものは、毒性の高い防カビ剤がついているので、
今回は国産で皮からも良い香りが抽出しやすい、いよかんを使用しました。)

果物を適当にカットし、砂糖とよく混ぜ合わせます。

そのまま常温に3日ぐらい放置。たまに混ぜてあげてください。
砂糖の浸透圧で果物からエキスが抽出され、シロップが完成します。
(夏場などさらに長く置いておくと、発泡したりお酒になったりします)

②あとは簡単!
紅茶は、ティーカップに150ccに対して茶葉2gぐらいの比率がベスト。
そして、酵素は200㎖に対して40gぐらいの比率がベストです。
なので、2リットル作る場合は400gぐらいのシロップをいれてくださいね。
結構甘いので、もうすこし少な目でもいいかも◎(*^▽^*)
酵素シロップで使った果物を入れても美味しいですよ~!

酵素シロップは、そのほか、ソーダ割にしたり、
スイーツの甘味料としても色んな用途で使えますので、
その季節で取れる色んな果物で試してみてくださいね!

それでは!!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


爽やかな酸味!タイのスープ・トムカーガイ(レシピ付)

タイのさっぱり美味しい手抜きのスープレシピ!

✨トムカーガイ✨

タイの酸っぱいスープと言えば、トムヤムクンが有名ですが、
もう一つ、外せない絶品スープ、それがトムカーガイです!
「トム(ต้ม)」は、タイ語で茹でるや煮るという意味、
「カー(ข่า)」は、タイで使われる生姜(ガランガル)、
「ガイ(ไก่)」は、鶏肉のことを意味しています。
要約すると、鶏肉としょうがのココナッツスープとなります(^_-)-☆

タイのトムカーガイでの味付けには、ガランガル(生姜)、
バイマックルー(コブミカンの葉)、レモングラス、トウガラシ(タイ・チリペッパー)、
コリアンダー=パクチー(あるいは、ラオスでイノンドと呼ばれるハーブ)、
フクロタケ(あるいはシイタケなど)、鶏肉、ナンプラー、ライム果汁が使われますが、
なんせ、ここは日本!簡単に全部は揃えられません。

ということで今回はペーストを使いました。

<材料>10人分
トムカーガイペースト 150g
パプリカ(スライス) 2個
しめじ 2パック
玉ねぎ(スライス) 2個
マギー無添加コンソメ 1本
鶏手羽元 10本(お好みでいくつでもどうぞ)
ナンプラー 大2
水 1ℓ
ココナッツミルク 800ml


<作り方>
①鍋に水、玉ねぎ、鶏手羽元を入れ、煮込みます。
②しめじ、パプリカ、ブイヨン、ナンプラー、ペーストを入れ煮込みます。
③最後にココナッツミルクを入れ、さっと煮れば完成です。
簡単すぎますね笑!

でも、大変美味しくて、ホームパーティーでも好評でした♬
爽やかな酸味とココナッツミルクのコクのバランスが良いです!
いろんな具材で試してみてくださいね!
今度はペースト使わず1からチャレンジしてみたいと思っています♪
それでは!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!


簡単!焼売の皮で作るヨルダン料理「サンブーサ」(レシピ付)

今日は、ビールのおつまみにピッタリ!
スパイスが香る揚げ餃子の「サンブーサ」をご紹介します。

サンブーサ(samboosak/سنبوسة)とは、アラブ圏の料理で、
アフガニスタンなどの中東からアフリカまで、幅広く食べられている餃子です。
ヨルダンのホテルで食べたサンブーサは、こんな感じでした!

春巻きのような皮で、ひき肉やチーズを包み、揚げていました。
インドの「サモサ」にも似ているので、繋がりがあるのかもしれません。
スパイスが効いていて、パリッとした食感がとても美味しかったです!!

今回は、この料理を、正方形の焼売の皮を使ってアレンジ♬

焼売の皮で!「サンブーサ」
<材料>
ひき肉 400g(※現地はイスラム圏なので牛or羊ですが、今回は豚肉で)
玉ねぎ(みじん切り) 1玉
にんにく(みじん切り) 1片
パセリ粉末 大1
油 少々
塩、コショー 少々
クミンパウダー 大1~お好みで
ナツメグパウダー 少々
卵 1個
焼売の皮 40枚程度
揚げ油 適量
(好みで)スイートチリソース・ケチャップ


<作り方>
①フライパンに油を熱し、にんにく、玉ねぎを炒め、ひき肉を入れます。
全体に火が通ったら、塩コショウとスパイスで味付けします。
(辛くしたい方はチリペッパー、本場風にしたいならフェンネルなど、
お好みのスパイスを入れて、調整してみてくださいね♬)

②これを火からおろして粗熱をとったあと、溶き卵を混ぜます。
③さて、ここからが地道な作業。
この生地を焼売の皮で三角形になるように、包みます。
(対角線沿いに半分に折って、フチを止めるだけだけどね)
④あとは、揚げ油でカリっと揚げるだけ!

完成です✨
このサンブーサ、そのまま食べたり、塩をかけても 十分に美味しいのですが、
スイートチリソースや、ケチャップを付けていただくのもオススメです!
おつまみレシピに最適なので、気軽に作ってみてね。
それでは!!
以下の、二つのブログランキングに参戦しております✨
こちらの2つのバナーをクリックし、応援していただけますと幸いです。
にほんブログ村 料理ブログへ 
1位目指して頑張りますので、よろしくおねがいいたします!